Excel 2013 で作成したファイルを開くと起動すると「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」エラーが表示される


<現象>

Excel で作成したファイルをダブルクリックして開こうとしても、以下エラーとなり、Excel 2013 の起動ができない

「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」

 

 

<環境>

Excel 2013 がインストールされた Windows 7 や Windows 8、Windows 8.1 など。

 

<主な原因>

・Excel のオプション設定

・互換モードの設定が有効になっている

・Office 2013 のインストール情報破損

 

 

<対処方法>

  1. 既存ファイルをダブル クリック等で開くことはできないが、Excel アプリの起動は可能な場合
    Excel を起動し、[ファイル] > [オプション] > [詳細設定] > [Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] のチェックを外します。

  2. Excel のプロパティ設定で [互換性] タブの各項目にチェックがついていないか確認します。
    1.Excel アプリのショートカットや実行ファイル (EXCEL.EXE) を右クリックし、プロパティを開きます
    2.[互換性] タブを確認し、チェックがついているものがあれば外します
      ※この際、「特権レベル」の項目についてもチェックがついている場合は外します

  3. 上記 1 ~ 2 の設定にチェックが入っていないにも関わらず、エラーが発生している場合は Office 2013 のインストール情報が破損している可能性があります。
    その場合、Fix it:9815935 で、Office 2013の削除を実施後、Office 2013を再インストールすることで解決する場合があります。
    ※Office 2013の削除を行う前に、Office 2013 の再インストール方法を確認しておきます。

【Office 2013 の再インストール方法】

Office 2013の再インストールなど、インストール関連の情報は、下記のページにまとまっております。

 

Office インストール

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/setup/default.aspx

 

 

【Office 2013 の削除方法】

Office 2013の削除には、Microsoft Fix it 9815935 を使用します。Microsoft Fix it 9815935 は、下記の KB にリンクされています。

 

Microsoft Office 2013 または Office 365 のアンインストール

http://support.microsoft.com/kb/2739501/ja

 

  KB内にある Microsoft Fix it マークをクリックして、実行します。

  

Microsoft Fix it の完了後、Office 2013 を再インストールし、Office 2013 のアプリケーションが起動するか、確認します。

Comments (0)

Skip to main content