Android 向け Skype for Business の提供開始

(この記事は 2015 年 12 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business for Android now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Android 向け Skype for Business アプリの提供が開始されました。この数か月間、プレビュー プログラム (英語) に参加されたユーザーの皆様から貴重なフィードバックを頂きました。そして今回、この新しいアプリの一般提供により、多くの皆様が外出先での生産性を向上できることを嬉しく思います。 以下に、Android 向け Skype for Business アプリの機能の一部をご紹介します。 外出先のシナリオに最適化 ダッシュボードのデザインが刷新され、連絡先の検索バー、今後の会議予定、最新の会話履歴が 1 か所にまとめて表示されるようになりました。予定の右側に表示される [Quick Join] アイコンをタップするだけで、会議に参加することできます。また、会議名をタップすると詳細を確認できます。最新の会話履歴は、使用しているデバイスを問わず簡単に確認できます。さらに、ビデオ通話が全画面表示され、通話関連のコントロール ボタンが大きくなったことで消音や会議への参加者の追加がしやすくなり、外出先での共同作業が簡単になりました。 連絡先管理の強化 連絡先の検索バーでは、名前、メール アドレス、そして電話番号からでもグローバル アドレス一覧を検索できます。また、設定した Skype for Business グループ内の連絡先をすぐに検索して、グループに連絡先を追加または削除できます。 高度な認証およびセキュリティ オプション Android 向け Skype for…


プランニングの将来像: クラウドでのオンライン プロジェクト計画

(この記事は 2015 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 The future of planning—online project planning in the cloud の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   ほとんどの企業はその規模にかかわらず、物事を整理し、その状態を維持するためにプロジェクト管理が欠かせません。利用可能なさまざまなプロジェクト管理ツールは、リソースの管理、コストの予測と抑制、複数のチーム メンバーとの効果的なコミュニケーション、あらゆるプロジェクトの進捗管理に役立ちます。こうしたツールには、個々のネットワーク コンピューター上にソフトウェアとしてインストールできるものもありますが、多くは Web ベース、つまりクラウドで提供されます。   クラウドベースのプロジェクト管理ツールのメリット 「クラウド コンピューティング」という言葉に怖気付く方もいらっしゃると思いますが、ここで少し、実際の価値を考えてみましょう。オンプレミスのプロジェクト管理ツールにも存在意義がありますが、クラウドベースのソフトウェアにも次のようにさまざまなメリットがあります。 先行投資を抑制: オンプレミスのプロジェクト管理ソフトウェアを使用する場合、ソフトウェア ライセンス、サーバー ハードウェア、IT 部門のサポート担当者、時間のかかる導入作業など、多くの要素に投資する必要があります。一方、クラウドベースのソリューションで一般に必要となるのは、月または年単位の料金だけです。 かつてないほどの高度なセキュリティ: 企業幹部の間における定説とは異なり、クラウドが備えるセキュリティはオンプレミスのソリューションに引けを取りません。ただ、企業が物理的なサーバーを管理しないというだけです。Forbes 誌の最近の記事 (英語) にあるように、「クラウド コンピューティングのセキュリティは矛盾した表現ではなくなった」のです。 どこからでもアクセス可能: インターネットに接続されている限り、どこからでもクラウド上のプロジェクト管理ソフトウェアにアクセスできます。Web ブラウザー経由でアクセスするため、チーム メンバーが PC 以外のデバイスからドキュメントを表示、編集、管理することも可能です。 チームの連携: 従業員どうしが遠く離れている場合でも、クラウドベースのソリューションを利用すれば 1 つのグループに属しているという感覚を得ることができます。すべての関係者に最新の情報が届くため、だれ 1 人として誤って会話から除外されることはありません。さらに、会話を (電子メールではなく) プロジェクト専用のスペースで行ったり、後で参照するために保存したりすることも可能です。 生産性の向上:…


新しくなった OneDrive for Business をお試しください

(この記事は 2015 年 9 月 30 日に OneDrive Blog に投稿された記事 Meet the new OneDrive for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   昨年は OneDrive for Business の導入が大幅に進み、実際の使用率ではなんと 179% の成長を遂げました。また、クラフト・ハインツ (英語)、エア・カナダ (英語)、ブーズ・アレン・ハミルトン (英語)、Projectline Inc. (英語)、ロータス F1 チーム (英語) などのお客様から、すばらしい成功事例が寄せられています。マイクロソフトはお客様からの声に耳を傾けるだけでなく、今年 5 月に初めて開催された Ignite カンファレンス (英語) で大胆なロードマップを公開しました。本日、これまでにない重要な更新をリリースし、大きな一歩を踏み出します。最大のポイントとなるのは、新たに導入された強固な同期クライアントです。その他にも新しいブラウザー エクスペリエンスや、モバイル アプリの新機能、まったく新しい IT 管理機能が導入され、開発者向けオプションが拡張されており、OneDrive for Business でさらに多くのことが可能になります。 [View:https://youtu.be/NVQ9hae8pyI:0:0]   きわめて強固な同期クライアント 本日、企業向けの次世代同期クライアント (NGSC) のプレビュー版がリリースされます。このプレビュー クライアントでは、既に多数の方にご利用いただいている個人ユーザー向けの OneDrive クライアントに…


Office 365 ProPlus の Skype for Business クライアント更新

先日以下ブログで掲載させていただいた通り、この4月からLyncがSkype for Businessに名称変更され新しく生まれ変わります。   [Blog] Skype for Business へのアップグレード準備を [Blog] Skype for Business のリリースを発表 – 新時代の幕開け   Skype for Business は、世界中の人々に利用されている優れた使い勝手を持つ Skype と、ビジネスシーンで信頼される Lync のメリットを併せ持つ強力なコミュニケーションプラットフォームです。 この名称変更に伴って4月から順次 Office 365 が更新されますが、Office 365 ProPlus をご利用の皆様は、ProPlus に含まれるLync 2013 クライアントもこの更新で新しい UI の Skype for Business クライアントに切り替わります。   ■ Office 365 Pro Plus をご契約いただき自動更新されているお客様のクライアントは、更新後 Skype for Business に変更され、新しい UI をご活用いただけます。 ■ 名称や UI…


Skype for Business のリリースを発表 – 新時代の幕開け

(この記事は 2015 年 3 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business is here—and this is only the beginning の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Skype for Business チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Zig Serafin の記事をご紹介します。 生産性を改革し、ユーザー 1 人ひとりが時間を余すことなく活用できるようにするには、人と人とをつなげることが重要です。これはマイクロソフトが掲げる使命の 1 つであり、話し言葉、書き言葉、視覚情報、感情といった、人間が持つあらゆる表現方法を通じてコミュニケーションを図るための手段を皆様に提供することが 私たちの役目です。今日の職場環境における生産性向上の鍵となっているのが「会話」です。文字を通じた会話、直接会って行う会話、電話会議やビデオ会議を 通じた会話など、さまざまな場面で会話の重要性が増しています。こうしたことから、人々はできるだけ自然なかたちで取り入れることができ、場所やデバイス を選ばずに使用できるコミュニケーション ツールを求めています。 マイクロソフトはお客様とパートナーの協力のもとで、企業におけるコミュニケーションのあり方を変革してきました。現 在、1 億人を超える人々が職場で Microsoft Lync を使用しており、米国企業のうち、現在通話に Lync を使用している企業と今後 Lync の導入を検討している企業を合わせると、79% にも上ります。一方 Skype は、一般消費者向けのコミュニケーション ツールとして多くの人々に愛用されてきました。Skype は友達や家族とのコミュニケーションのあり方を大きく変革しました。今では月間 500…


Skype for Business へのアップグレード準備を

(この記事は 2015 年 3 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Get ready for Skype for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Skype for Business チームのゼネラル マネージャーを務める Giovanni Mezgec の記事をご紹介します。 本日、米国アトランタで開催された Microsoft Convergence 2015 (英語) において、マイクロソフトの CEO である Satya Nadella は、ユーザーや企業により高い成果をもたらすインテリジェントなコラボレーション ツールを使用したオープンな情報交換を推進していくと宣言しました。世界中の人々がつながって議論をしたり、情報を共有したり、協力し合うためのテクノ ロジを提供することが、生産性の改革を使命とするマイクロソフトの重要課題です。 私たちは昨年 11 月に、Microsoft Lync の新バージョンが Skype for Business として生まれ変わることを発表しました。その予告通り、本日 Skype for Business クライアントのテクニカル プレビュー をリリースしました。また、新しいクライアント、サーバー、オンライン サービスの一般提供は 4 月を予定しています。現在…


特別対談ビデオ公開! ~「介護と仕事の両立」を支える Office 365~

(この記事は 2015 年 2 月 27 日に Office Blog に掲載された記事のクロスポストです) 2014年11月に Office 365 が HR アワード受賞したことを記念し、ワークスタイル変革の特別対談が行われました。対談テーマは、「介護と仕事の両立」 と 「Office 365 の活用」 です。  HRアワード( http://hr-award.jp/ )は、人事関連のアワードとして最も権威のある賞として知られており、Office 365 が企業の最前線でワークスタイル改革に携わっている人事関係者の皆様にご評価いただいたことは大変名誉なことであるとともに、企業におけるワークスタイル変革とICT活用に対する検討の本格化を強く感じさせるものです。 そのOffice 365 は具体的にどのようにワークスタイル変革を支援することができるのか。本対談では、喫緊の経営課題といわれている「介護と仕事の両立」をメインテーマに掲げ、ICT 及び Office 365 の活用を含む、企業の取り組むべき課題について意見をかわします。対談は、ワークスタイル変革のオピニオンリーダーであり、内閣府 参事官「子ども・子育て会議」他複数公務を兼務するワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室叔恵氏と、自らも家族の介護を担いながら、グローバルビジネスの最先端で活躍する日本マイクロソフト業務執行役員の 越川 慎司氏によりお届けします。お二人が共に実践する、“いつでもどこでも成果を上げる働き方” を実例と共にご覧ください。   ビデオ:https://aka.ms/hrc2015 対談記事:https://aka.ms/hr2015    株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室淑恵氏 900社以上へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方見直しコンサルティング」に定評がある。2児の母として子育てをしながら効率の良い働き方を実践。『6時に帰るチーム術』など著書多数。消費増税集中点検会合、内閣府「子ども・子育て会議」他複数公務を兼務。金沢工業大学客員教授。  


Lync と新しい Polycom CX5100 および CX5500 ユニファイド カンファレンス ステーションにより、さらに高品質なオンライン会議を実現

(この記事は 2015 年 1 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 Online meetings get better with Lync and new Polycom Unified Conference Stations, CX5100 and CX5500 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   長い間優れたテクノロジに慣れ親しんでいると、他の人々もそのテクノロジを知っていて、使用しているものと当たり前のように考えてしまうことがあります。これは、Lync と、マイクロソフトがポリコムとの提携の下で開発した Lync RoundTable デバイス (現在の Polycom CX5000) にも言えることです。マイクロソフトでは、世界中の各拠点に分散するチーム間で共同作業を行うために、これらのデバイスを日常的に使用しています。RoundTable デバイスを使用したことがない方は、その使いやすさ、会議室全体を映す 360° のパノラマ映像、音声品質、発言者の自動検出機能に感動することでしょう。RoundTable は、会議室にふさわしい、シンプルでデザイン性に優れたテーブルトップ デバイスです。 以下のスクリーンショットでは、実際に RoundTable が動作しているようすをご確認いただけます。この Lync オンライン会議には 10 名が参加しており、そのうち 5 人は Lync 会議室用システムの Polycom CX8000 を完備した会議室で、Polycom…


1月の Modern Workplace :生産性向上のための10のビジネスヒントとは?(New Year's Special: Top 10 Business Takeaways)

大好評オンラインシリーズ「Modern Workplace」1月のコンテンツ 世界で成功を収めるイノベーターたちの思考・経験・ビジネス創出のエッセンスをオンラインシリーズで視聴してみませんか?マイクロソフトでは、 “Modern Workplace” と題して、毎月第1火曜日に様々なゲストを招き、世界同時のライブ配信を実施しています。 世界のビジネスマンを対象とするコンテンツのためビデオは英語となりますが、日本の皆様にもご覧いただくべく視聴に必要な登録サイトの日本語版、オンデマンドでのアーカイブも日本語字幕付きでもご覧いただけるようになっております。 1月のコンテンツは、  "Top 10 Business Takeaways"(ビジネスのヒント:トップ10) と題して米国時間の1月6日午前に配信されます。日本の皆様にはその後オンデマンドにて公開されるアーカイブを是非ご覧いただければと思います。 視聴には簡単なご登録が必要となります。 こちらの登録フォームで登録後、登録に使ったメールアドレスでサインインください。登録までの手順はこちらに記載しています。 日本語字幕にも対応したことから、日本の方の登録も増えて参りました。是非、皆様の日々のビジネス現場での生産性向上のヒントとしてご活用いただければ幸いです。   これまでのコンテンツ 2014年10月 : Innovative Strategies2014年11月 : Social in the Enterprise2014年12月 : How Millennials Are Changing Business   関連サイト・情報 – Modern Workplace 公式サイト(英語)- 視聴するための事前登録フォーム(英語)- 視聴するための事前登録フォーム(日本語) ■過去の関連ブログ記事:- 登録~視聴までの流れ:新しい時代の「働き方」のヒントを得るためのオンラインシリーズ ”Modern Workplace" を展開中です!- 12月のコンテンツも公開!:世界のキーパーソンから今後の「働き方」のヒントを得る大好評のオンラインシリーズ ”Modern Workplace" ■ソーシャルネットワークでの告知:- Office Facebook (米国)- Office Twitter (米国)- Office LinkedIn (米国) – Microsoft Office 365 -…


「テレワーク推奨強化週間 2014」活動のご報告 ~参加者の意識調査のご紹介と、今後のテレワーク推進への意気込み~

(この記事は 2014 年12 月 19 日にマイクロソフト公式ブログに掲載された弊社執行役 常務 パブリックセクター担当 織田 浩義の記事『「テレワーク推奨強化週間 2014」活動のご報告』の再投稿です) 皆さん、こんにちは。 日本マイクロソフトで公共機関のお客様を担当しています織田です。日々の業務に加えて、全社で推進していますテレワークプロジェクトも担当しています。 今回はテレワークプロジェクトである「テレワーク推奨強化週間 2014」の活動報告をさせていただきます。 2014年10月27日から31日の5日間、「テレワーク推奨強化週間 2014」と題し、「日本におけるテレワーク推進への貢献」を目指した全社を挙げた実証活動を実施しました。 この「テレワーク推奨強化週間 2014」は、日本マイクロソフトだけではなく、最終的に32もの法人(企業、自治体、社団法人など)の皆様のご支援、ご賛同も得て連携して、弊社社員と合わせて、合計 3,000 名規模の関係者からなるテレワーク活動を実施できました。 テレワークを2011年から先行して実証している私たち日本マイクロソフトと、本年の「テレワーク推奨強化週間 2014」にご賛同いただきました法人の皆さまのご活動、またその実施後に行ったアンケート結果をご紹介させていただきます。   【活動の背景】 日本政府の提唱する「世界最先端 IT 国家創造宣言」(平成25 年6月14 日閣議決定、平成26 年6月24 日「改定」閣 議 決 定)の中の「雇用形態の多様化とワーク・ライフ・バランス(「仕事と生活の調和」)の実現」では、テレワークの推進・ワークスタイルの変革について、「2020 年にテレワーク導入企業を2012 年度比で3倍」、「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上を目指す」と掲げられています。「テレワーク推奨強化週間 2014」の活動の目的として、日本マイクロソフトが積極的に推進する「多様な働き方」や「ワークスタイル変革」の実証経験を公開することで、政府の目標である日本のテレワーク推進に貢献したいという構想があります。   【賛同法人の皆さまの声】 今回このような日本マイクロソフトの構想に、32もの法人の皆様にご賛同いただくことができました。賛同法人の活動内容は、「テレワーク推奨強化週間 2014」(Microsoft Telework Week 2014)のWebサイトで紹介しています。 各社の事業内容に沿った、様々なテレワークを実施いただくことができました。 その中で、以下の3社の皆さまから、活動後のコメントをいただいていますので、ご紹介します。 株式会社岡村製作所様 様岡村製作所様施設である Future Work Studio “Sew” を活用し、日本マイクロソフト社員および賛同法人各社のテレワーカー向けに、5日間の全日程でテレワークポイントをご提供いただきました。  ■岡村製作所様からのコメント今回の活動を通じて、自社社員がテレワークをサポートする空間、サービスを身近なものとして考えることができました。オカムラがご提案する「Focus…