管理者によるプレビュー版 Office 365 Planner への対応準備

(この記事は 2015 年 12 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Admins—get ready for Office 365 Planner preview! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   マイクロソフトは先日、Office 365 Planner を発表しました。Office 365 Planner は、シンプルかつ視覚的な方法でチームの作業を整理できる Office 365 の新機能です。Planner を使用すると、計画の作成、作業の整理と割り当て、ファイルの共有、進行中の作業に関するチャット、進捗状況の確認などをチームで簡単に行うことができます。 このたび、Office 365 先行リリースに参加されているお客様を対象として、プレビュー版 Planner のロールアウトを開始しました。お客様のテナントでプレビュー版をご利用いただけるようになった時点で、Office 365 管理者の皆様にプレビュー版のセットアップ手順が記載されたメールが送信されます。管理者の皆様が必要な操作を完了すると、ユーザーは Office 365 アプリ起動ツールから Planner を起動して利用を開始できるようになります。 プレビューに参加される場合は、今後の Planner の開発にご協力いただければ幸いです。ぜひご意見やご感想を UserVoice (英語) までお寄せください。引き続き Planner の機能強化に役立ててまいります。 —Office 365 Planner チーム よく寄せられる質問 Q….


OneNote for iPhone のノートのプレビュー機能と OneNote for Mac のノートブック共有機能の強化

(この記事は 2015 年 3 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote for iPhone note previews and OneNote for Mac notebook sharing enhancements の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)    今回は、OneNote チームのプログラム マネージャーを務める Anav Silverman の記事をご紹介します。   このたび、OneNote for iPhone にノートのプレビュー機能とノートブックの並べ替え機能が追加され、OneNote for Mac のノートブック共有機能が強化されることとなりました。これに加え、先日には Mac およびデスクトップ版 Windows 向け OneNote Clipper (英語) の更新版もリリースされています。   OneNote for iPhone: ノートのプレビュー機能とノートブックの並べ替え機能 ノートのプレビュー機能は、外出先で特定のノートを急いで見つけなければならないときに特に便利です。ページの一覧 ([Recent Notes] リスト) を表示すると、写真や手書き入力した内容などの視覚的なコンテンツを含むノートの一部を確認できるため、閲覧または編集したいノートをすぐに特定すること…


Skype for Business iOS アプリの提供を開始

(この記事は 2015 年 10 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business iOS app now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   出張中に重要な会議に参加する、コーヒーを買いに行く間に簡単なメッセージを送信するといったように、どこにいても仕事 を進められること、そして、他のユーザーと共同作業を行えることは、これまでになく重要になっています。マイクロソフトでは、Skype for Business のユーザーの皆様がどのデバイスを使用しているかに関係なく生産性を維持できるように全力で取り組んでおり、iOS 向け Skype for Business のプレビューを発表 (英語) したときには大きな反響がありました。そしてこのたび、iOS デバイス向けの新しい Skype for Business アプリの一般公開を発表します。 新しいアプリでは、以下にご紹介する機能に加え、iOS 9 で Lync 2013 をご利用いただいている一部のお客様に生じていたサインインの問題も解決されています。 ワンタッチで会議に参加 ダッシュボードが更新され、連絡先の検索バー、今後の会議予定、最新の会話が 1 つの画面で確認できるようになりました。連絡先の検索バーでは、姓、名、電子メールのエイリアス、電話番号を入力してグローバル アドレス一覧から連絡先を検索できます。最新の会話は、デバイスを切り替えたときでもすぐに確認できます。また、今後の会議予定をひとめで確認することも可能です。左側をタップすると会議の詳細を表示でき、右側のアイコンをタップするとすぐに会議に参加できます。 会議におけるエクスペリエンスを向上 ビデオの全画面表示により、さらに臨場感あふれる会議が実現します。また、ミュート ボタンが大きくなり、参加者の追加機能や通話の管理機能が搭載されたため、移動中の会議進行もはるかに簡単になります。共有しているコンテンツと発表者のビデオを同時に表示できるため、一瞬たりとも見逃すことはありません。 今後の更新では、会議で PowerPoint スライドも表示できるようになりますので、どうぞご期待ください。それまでの間は、デスクトップ共有によって PowerPoint プレゼンテーションを表示することが可能です。 認証とセキュリティに関するオプションの追加…


新学期に向けて Office 365 Education に新しいセキュリティ機能を導入

(この記事は 2015 年 9 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 New school year brings new security features to Office 365 Education の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   新学期を前にして、各学校では生徒たちを教室に再び迎えるための準備が進められているかと思います。そんな中、Office 365 には学校や教師、生徒の皆様のニーズに対応する機能が追加されることになりました。 今日の授業や学習の場では、グループ作業を行う機会が増え、クラウド活用も拡大傾向にあります。こうした現状を受け、マイクロソフトは Office 365 Education を変更します。この変更によって、教育機関のセキュリティやコンプライアンスに関するニーズにもっと簡単に対応できるようになります。 今回の更新では教育機関向けのラインアップが簡略化されて 1 種類になり、すべての教育機関に無料でご利用いただけるようになります。また、セキュリティおよびコンプライアンス関連の要件に対応するために役立つ新機能もいくつか追加されます。 無料版の Office 365 Education には、Office Online や 1 TB の OneDrive ストレージ、Exchange メール、Skype などの基本サービスに加え、新たに下記の高度な機能が追加されます。 訴訟ホールドおよび電子情報開示: 法的な要求や犯罪捜査のために、電子的なコンテンツを検索、保存、分析、およびパッケージ化するときに役立ちます。この機能はメール、ドキュメント、インスタント メッセージングに対して使用できます。 Rights Management サービス: 適切なユーザー資格情報を持たないユーザーからのアクセスをファイル レベルで防止します。…


9 月 23日よりOffice 2016 を Office 365 ユーザーに提供開始!

昨日、Office 365 テクニカル プロダクト マネージメント担当ゼネラル マネージャー Julia White から Office 2016 の提供開始に関する発表がありました。 日本市場においては、法人向けおよび個人向けOffice 365 ユーザー(Office Premium を含む)に対し、日本時間9月23日より提供開始します。ボリューム ライセンス契約を締結されているお客様は、10 月 1 日よりボリューム ライセンス サービス センター から Office 2016 をダウンロード可能です。また個人向けのOffice 2016 永続ライセンス版 の提供開始日については後日、本ブログにてご案内させていただきます。  Office の更新モデルの強化 現在 Office 365 ProPlus (企業および組織のお客様向けの Office アプリのサブスクリプション版) をご利用のお客様には、従来同様、機能更新プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが月 1 回の頻度で提供されます。今後、常に最新の状態が維持されるこの更新モデルは Current Branch と呼ばれます。このモデルでは、常に最新の Office アプリと機能が展開されます。次の Current Branch は 9 月 22 日にリリースされ、Office…


Office 365 の最新情報まとめ

(この記事は 2015 年 8 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news roundup の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 「変化に対応することこそが最大の安定 (英語)」 — ボブ ディラン Office 365 サービスのリリースによって生産性向上や共同作業を支援する製品にかつてないほど多くの技術革新や変化がもたらされたことは、間違いありません。マイクロ ソフトは、お客様のご要望とフィードバックにお応えすると共に、生産性を改革するために、また、皆様の共同作業を支援する高品質のサービス群を提供するた めに絶えず努力することで、現在も継続して製品に改良を加えています。Office 365 では、昨年 1 年間に大規模なものから小規模なものまでを含め 450 を超す更新がリリースされました (英語)。何度も更新がリリースされるとユーザーにとっては対応が煩雑になるため、このようなスピーディな変化に常に対応できるようにツールやプロセス (英語) の改良にも取り組んでいます。 マイクロソフトはすべてのプラットフォームの生産性に変革をもたらすことを目指しており、その一環としてこの 2 週間に Apple Watch 版の Outlook や Yammer、Android Wear 版の OneNote や OneDrive など、ウェアラブル デバイス用の新しいアプリ セットをリリースしました。また、新たに iOS および Android 用の Skype…


SharePoint Server 2016 IT Preview とクラウド ハイブリッド検索の提供開始を発表

(この記事は 2015 年 8 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing availability of SharePoint Server 2016 IT Preview and cloud hybrid search の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、SharePoint チームのシニア テクニカル プロダクト マネージャーを務める Bill Baer による記事をご紹介します。  「私たちは前進を続け、新たな扉を開き、新たなことに挑戦していく。なぜなら、私たちは好奇心が旺盛だからだ。好奇心はいつだって新しい道を教えてくれる」— ウォルト ディズニー    今年 4 月、マイクロソフトは SharePoint Server 2016 のビジョン、戦略、今後のスケジュールを公表しました。その中で、慣れ親しんだ直観的なユーザー エクスペリエンス、ハイブリッドを中心とするクラウドを活かしたインフラストラクチャ、強力なセキュリティとコンプライアンスという 3 つの重点分野への取り組みについてもご紹介しました。  そしてこのたび、SharePoint Server 2016 IT Preview と SharePoint Server 2013…


FEST2015でのOffice 365関連ブレークアウトセッションを紹介

日本マイクロソフトでは、2015年9月2日から4日まで、ザ・プリンスパークタワー(東京)に於いて、日本マイクロソフト最大のイベント”FEST 2015”を開催します。 FEST 2015概要 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/   FEST 2015のDay2 とDay3では、お客様向けのキーノートを始めに、Office 及びOffice 365関連のブレークアウトセッションにてお客様導入事例や最新情報をご紹介します。 ブレークアウトセッションの詳細とご登録はこちらのページをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/session.aspx#day2   Day セッションID セッションタイトル 2 SPN-202 乗り換えも安心!日本企業の求める機能はそのまま。より信頼できるクラウドサービスへ 2 SPN-204 HP Enterprise Service for Office 365 をお客様が選択される理由とその価値 2 SPN-205 Office 365 のプランニング ~サポート・活用促進をワンストップで提供 2 SPN-207 ネットワークに強い KDDI がおススメするセキュアなクラウドの使い方 2 SPN-211 100 万ユーザー突破! 導入事例に見る、Office 365 × HDE One 〜HDE One がなかったら、Office 365 を導入していなかった〜 2 PRD-211 ビジネスを創造する新たなワークスタイル Office…


Sway のユース ケース③: 小規模ビジネスでの活用例

(この記事は 2015 年 7 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Sway Use Case series #3: Small business Sways の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   デジタル ストーリーテリング アプリである Sway を活用すれば、学生、教師、各業界の専門家そして一般ユーザーのだれもが、斬新かつインタラクティブな方法で、さまざまな場面の物語を伝えることができま す。このブログ シリーズでは、異なる分野のお客様がそれぞれのアイデアを魅力的に表現した個性あふれる Sway を紹介しています。 以前の Sway ユース ケースの記事 (英語) では、シェフ、美食家、料理研究家による料理をテーマにした美味しそうな Sway をご堪能いただきました。今回は、小規模 ビジネスや各業界の専門家が、Sway を社内や顧客向けの本格的なストーリーテリング、共同作業、アイデア共有の新たな手段としてどのように活用しているかを見ていきたいと思います。以下の活 用例をご覧ください。 イベント会場のパンフレットで見込み顧客にアピール Maudsley Learning (@MaudsleyLearn) でセールス アンド マーケティング マネージャーを務める Jonathan Price 氏 (ロンドン在住、@JonnoPrice) は、ロンドンの ORTUS ラーニング アンド…


Office 365 Midsize Business / Small Business を契約しているお客様の2015 年 10 月 1 日以降の更新プロセス

2014 年 10 月に告知させていただいた「Office 365 で新たに中小企業向けのプランを発表」の続報です。 Office 365 Small Business、Small Business Premium、Midsize Business を契約しているお客様は、2015 年 10 月 1 日以降、以下のガイダンスに沿ってプランの更新を行っていただく必要があります。 2015 年 10 月 1 日以降の最初の更新時に新しいプランに移行する場合 2015 年 10 月 1 日以降の更新プロセスについて Office365.com またはアドバイザー パートナーからサブスクリプションを直接購入したお客様の場合 サ ブスクリプションを Office365.com またはアドバイザー パートナーから直接購入したお客様は、2015 年 10 月 1 日以降、現在のサブスクリプションの有効期限が切れる際に新しい中小規模向けプランへの更新が必要になります。 新しい中小規模向けプランへの更新時にダウンタイムやデータ損失が発生することはありません。移行プロセスは、Office 365 管理センターでプランの切り替えウィザードを使用して行えます。 プランの切り替えウィザードの詳細については、こちらのページを参照してください。 リセラー から前払い式のプロダクト キーとしてサブスクリプションを購入したお客様の場合 リ セラーまたはディストリビューターから前払い式のプロダクト キーを購入したお客様は、2015 年…