Android 向け Skype for Business の提供開始

(この記事は 2015 年 12 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business for Android now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Android 向け Skype for Business アプリの提供が開始されました。この数か月間、プレビュー プログラム (英語) に参加されたユーザーの皆様から貴重なフィードバックを頂きました。そして今回、この新しいアプリの一般提供により、多くの皆様が外出先での生産性を向上できることを嬉しく思います。 以下に、Android 向け Skype for Business アプリの機能の一部をご紹介します。 外出先のシナリオに最適化 ダッシュボードのデザインが刷新され、連絡先の検索バー、今後の会議予定、最新の会話履歴が 1 か所にまとめて表示されるようになりました。予定の右側に表示される [Quick Join] アイコンをタップするだけで、会議に参加することできます。また、会議名をタップすると詳細を確認できます。最新の会話履歴は、使用しているデバイスを問わず簡単に確認できます。さらに、ビデオ通話が全画面表示され、通話関連のコントロール ボタンが大きくなったことで消音や会議への参加者の追加がしやすくなり、外出先での共同作業が簡単になりました。 連絡先管理の強化 連絡先の検索バーでは、名前、メール アドレス、そして電話番号からでもグローバル アドレス一覧を検索できます。また、設定した Skype for Business グループ内の連絡先をすぐに検索して、グループに連絡先を追加または削除できます。 高度な認証およびセキュリティ オプション Android 向け Skype for…


Project Online の 3 つの機能強化

(この記事は 2015 年 12 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 3 new enhancements to Project Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   マイクロソフトは、イノベーションを継続するという方針の下、ユーザーの皆様からのご要望にお応えし Project Online で新たに 3 つの機能強化をロールアウトします。 メール通知 チーム メンバー、プロジェクト マネージャー、リソース マネージャーは、各自に割り当てられたタスクや、他のメンバーが完了を待っている保留中の項目について常に把握しておく必要があります。これを支援するために、Project Online のメール通知機能の強化を実施しました。この機能を使用すると、今後の予定が常に通知され、それぞれの期限や現在すべきことを把握できます。   メール通知機能を活用する方法については、以下の資料をお読みください。 Project Online で通知を有効にする Project Online の作業に関してメール通知を受け取る   この機能は、本日からすべての Project Web App (PWA) サイトでご利用いただけます。 プロジェクト ID 新規プロジェクトに対して一意のプロジェクト ID を生成する機能についても、皆様から継続的にご要望を頂いていました。プロジェクト名は変更される可能性がありますが、この機能を使用するとプロジェクト名に依存せずにプロジェクトを参照できます。これまでは、プロジェクト作成時に手動で順次番号を入力してワークフローに組み入れたり、カスタム イベント ハンドラーを使用したりするなど、各企業はさまざまな方法で対処していました。マイクロソフトでは、カスタム ソリューションを構築したり手動の手順を踏んだりせずに、こうした機能をサービスに実装するべきだと考え、プロジェクト作成時に独自のプロジェクト ID を生成する新機能を導入することにしました。…


Sway の新しい管理機能 – ユーザー単位のライセンス管理、[挿入] タブのソースの制御など

(この記事は 2015 年 12 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 New Sway admin controls—per-user licensing, Insert tab source controls and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Sway の一般提供が 8 月に開始 (英語) され、世界中で Office 365 の対象企業および対象教育機関のユーザーが Sway を使用できるようになりました。マイクロソフトでは、引き続きお客様からのフィードバック (英語) に耳を傾け、よく寄せられるご要望にお応えするべく全力で取り組んでいます。こうした取り組みの成果として、このたび Sway に新しい管理機能を追加いたしました。この機能により、Office 365 管理者が組織内での Sway の利用を管理、カスタマイズする際のエクスペリエンスが改善されます。 Sway にユーザー単位のライセンス モデルを導入 Sway にユーザー単位のライセンス モデルが実装されました。これにより、Office 365 管理者は Sway へのアクセスを、組織レベルではなくユーザーまたはグループ単位で割り当てられるようになります。よりきめ細かい管理ができるだけでなく、Sway を組織全体に展開する前に一部のユーザーだけで簡単にパイロット プログラムを実行することも可能になります。ユーザーに対して Sway を無効化すると、そのユーザーには…


Outlook グループ アプリ: 新たに 11 言語に対応し、新機能も追加

(この記事は 2015 年 11 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook Groups now supports 11 new languages and more! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今年、モバイル デバイス上でチーム メンバーと連携するための新しいモバイル アプリ「Outlook グループ」がリリースされました。Outlook グループ アプリは Windows Phone、iOS、Android に対応しています。このアプリがあれば、会話を続けたり、SharePoint に格納されているファイルを表示して編集したり、OneNote の共有ノートブックにアクセスしたり、同僚やグループ宛ての @ メンションを挿入したメッセージを投稿したり、さらには関連するグループを見つけることも可能です。Outlook グループ アプリはこちらのページ (英語) からダウンロードできます。詳しい使用方法については、こちらの記事を参照してください。 リリース以降、皆様から Outlook グループに関する貴重なご意見を頂いています。そして今回、新機能の追加と英語以外の複数言語への対応が実現することになりました。 新機能には次のようなものがあります。 Office 365 グループの新規作成。 既存のグループのメンバーおよび所有者の追加と削除。 連絡先情報などを含む、ユーザーのプロファイル カードの表示。この情報は各企業およびグループ メンバーシップのリストに合わせた形式にすることができます。   アプリから Office 365 グループを作成  …


すべての Yammer ユーザーに向けて EU モデル条項および HIPAA BAA に関する更新をリリース

(この記事は 2015 年 11 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 EU Model Clauses and HIPAA BAA update now available for all Yammer customers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Yammer チームのシニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Juliet Wei による記事をご紹介します。   Yammer の使命は、チームのオープンな共同作業を可能にすることです。マイクロソフトは、共同作業には適切なレベルのプライバシー、セキュリティ、コンプライアンスが欠かせないことを理解しています。Yammer は、Fortune 500 企業の 85% 以上の共同作業に使用されています。こうしたお客様に業界最先端のプライバシーとセキュリティをお届けすることが、マイクロソフトの目標です。   このたび、Yammer がコンプライアンスに関して大きく前進し、ヨーロッパのユーザーの皆様に向けて個人データ保護の取り組みを強化したことが発表されました。「EU モデル条項 (EUMC)」として一般に知られる、データ処理に関する欧州委員会の標準契約条項に準拠したデータ処理契約が、既にすべてのお客様に提供されています。これは、EU 諸国から米国に個人データを転送する際に利用できます。   さらに、Yammer ユーザーにマイクロソフトの企業向けオンライン サービスに関する標準 HIPAA 事業提携者契約 (HIPAA BAA) が提供されるようになりました。…


Office 365 が新たなステージへ

あらゆる組織のワークスタイル変革実現のために大幅に強化され、法人向けの新しいプラン「Office 365 Enterprise E5 」を本日より提供開始 ! 日本マイクロソフトは、本日より法人向けのOffice 365 を、コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの3つの分野にわたって大幅に強化し、新しい法人向けのプラン「Office 365 Enterprise E5 (以下、E5)」としてご提供を開始します。 Office 365 E5は、史上最高の統合的な生産性ソリューションであり、最強のセキュリティを備えたOffice 365 です。E5 のご提供を通じて、人々が、変化の激しい時代に、対応力を備え、よりいきいきと働ける「モダンワークスタイル」の実現をご支援してまいります。   組織横断で人をつなぐ “新たなコラボレーション”の強化 これまで日本マイクロソフトは、Word、Excel といったOffice アプリケーション、メールやチャット、ビデオ会議、エンタープライズソーシャル等のコミュニケーションツールをクラウドから一元的にご提供し、時間と空間 を問わない働き方をご支援してまいりました。今回のOffice 365の強化では、新たに電話をクラウドから提供。12月1日から、Cloud PBXを提供開始し、内線電話のクラウド化により、電話のクラウド化の第一歩を踏み出します。クラウド上でのITと電話の管理統合により、より一層、 「人」を起点にしたコミュニケーションツールの統合を進め、人と人が素早くつながることのできるコラボレーションを強化します。 なお北米では、世界に先駆けて外線電話のクラウド化を実現する公衆電話網(PSTN)通話が本日より提供開始となります。日本市場に置いても今後提供を予定しております。(尚、提供開始時期は現時点では未定となり、2016年以降を予定しています。) また、Skype for Business のオンライン会議も同時に大幅な強化がなされ、社長訓辞や大規模な社員総会など、参加者が数千を超える規模の通達型の会議にも対応します。ユーザーは社内 外からあらゆるブラウザー、デバイスで会議参加が可能になります。提供開始時点では最大10,000人のライブ視聴をサポートし、また、クラウドに録画さ れたコンテンツはオンデマンド型で視聴が可能です。 Skype Meeting Broadcast  画面   気づきを与える “インテリジェントツール” またデータがあふれる時代、データに埋もれることなく、クラウドのパワーを活用し、人が何をしたいのかを先回りして察知し気づきを与えるインテリジェントツールが、データやナレッジをビジネスのパワーに変えていく支援をしていきます。 新たに提供開始となる、Delve Analyticsでは、組織がどのような業務にどれ位時間を費やしているのか、どのような組織・人が連携しているのかを分析・可視化し、それに基づき、 より有効なナレッジを持っている人、連携した方がよさそうな人等、組織横断の連携のヒントを得て、より効果的なコラボレーションを実現します。 またデータ活用も進化しています。今回、Office 365 として提供されるPower BI Pro は誰もが簡単な操作でデータ分析を行え、クラウドで簡単に共有できるため、従来のように一部の専門家が専用のツールを使い、時間をかけてレポートが共有さ れるというスピード感ではなく、現場社員を含む誰もが自分の手元でデータ分析を行い、ビジネスや市場の状況をリアルタイムに把握することができます。 Delve…


Word のリアルタイム共同編集機能の詳細

(この記事は 2015 年 10 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Word real-time co-authoring—a closer look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日、ついに Office 2016 が正式に公開されました。そこで、今回は Office スイートでも注目の新機能であるリアルタイム共同編集の詳細をご紹介します。Word チームは、Windows 用 Office 2016 においてこの新機能をリリースできたことをたいへん嬉しく思います。 今日の職場環境では、必ずしも面と向かって共同作業が行えるわけではなく、アイデアや情報の共有に時間をかけてもいられ ません。実のところ、今回のブログ記事をお届けするために数多くの共同作業がリアルタイムで行われました。異なる建物にいるエンジニアリング チームとマーケティング チームが協力し、コメントやコンテンツをまとめ上げたのです。時には、複数の担当者がドキュメントを同時に編集することもありました。 それを可能にしたのが Word 2016 のリアルタイム共同編集機能です。実際には、2013 年に Office Online のリアルタイム共同作業機能として導入されたのが最初です。しかし、Office 2016 ではこの機能がさらに進化し、クライアント内から利用できるようになったことで、柔軟性も大幅に向上しました。これにより、従来のように他のアプリケー ションで共同作業を行ってから、変更点やコメントを統合し、ドキュメントの最終版を完成させるといった具合に、クライアントの内外で作業を行う必要がなく なりました。そのため、ユーザーは共同作業中に Office のすべての機能を活用することができます。リアルタイム共同編集機能では、アプリケーション内から瞬時に共同作業に参加できるため、面と向かって作業を 行っている感覚により近づきました。共同作業を行っているユーザーは、Windows 用 Office または Office Online を使用して、より効率的かつ迅速にドキュメントの細部まで調整し、完成させることができます。 リアルタイム共同編集機能の利用開始 リアルタイム共同編集機能の利用を開始するには、Word 2016 ドキュメントを…


共同作業に対応した Outlook 2016 のファイル添付機能

(この記事は 2015 年 11 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 Attachments in Outlook 2016—ready for collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)  直前まで作業していたファイルを添付しようとして探し回ったり、共有されたリンクを探して後からメールの山をあさったり するのは面倒です。Windows 版 Outlook 2016 のリリースにより、ファイルの添付が大幅に簡単になりました。今後は、PC、スマートフォン、タブレットのいずれを使用している場合にも、ファイルの検索 や共有に伴う手間が省けます。 新しくなったファイル添付機能で最初に目に付くのは、[Recent Items] として最近アクセスしたドキュメントの一覧が表示されることです。[Recent Items] リストには、ローカル ハード ドライブに加えて、OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint のドキュメントが表示されるため、お手持ちのあらゆるデバイスからアクセスしたファイルを簡単に選択できます。 目的のファイルが [Recent Items] リストに表示されない場合は、[Browse Web Locations] を選択すると OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に簡単に移動できます。また、PC に保存した他のファイルを添付する場合は、[Browse this PC] を選択するとエクスプローラーが開きます。 OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存されたファイルを共有する場合、Outlook の新しいファイル添付機能では、受信者に付与する権限をひとめで確認することができます。これらの権限を変更することはもちろん、共有する代わりにファイ ルのコピーを添付することも可能です。いずれの操作もファイルが保存されている場所まで自分で移動する必要はありません。 メールを送信すると、Outlook…


iOS および Android 向け Outlook が急速に普及、デザインを刷新

(この記事は 2015 年 10 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook for iOS and Android gains momentum, gets new look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Outlook チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Javier Soltero の記事をご紹介します。 1 月の提供開始 (英語) 以来、iOS および Android 向け Outlook アプリを多くの皆様にご利用いただき、Microsoft Outlook チーム一同たいへん感謝しております。当初申し上げましたように、私たちの目標は、すべてのモバイル プラットフォームに真の Outlook メール エクスペリエンスを提供するというものです。おかげさまで、現在、スマートフォンやタブレットで Outlook を利用するアクティブ ユーザーは約 3,000 万人に達しています。そのうちおよそ 5 人に 1 人が複数のアカウントに接続しています。また、会社の中でも外でも Outlook を日常的に利用しているという話をお客様から何度となくうかがっています。その規模は、1 か月あたり…


Lync Room System に Skype for Business のデザインを導入

(この記事は 2015 年 11 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 A new Skype for Business look for Lync Room Systems! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   2015 年 3 月に、Microsoft Lync ブランドが Skype for Business としてリニューアルされ、ご好評いただいているお馴染みの Skype エクスペリエンスが、信頼性の高いエンタープライズクラスの Lync プラットフォームと 1 つになり、企業環境で使用できるようになりました。 今回、Lync Rooms System が更新され、Skype for Business のエクスペリエンスが導入されることが発表されました。11 月 10 日より、現在 Crestron、Polycom、SMART の各社から提供されている Lync Room System の累積更新プログラムのロールアウトが開始され、ユーザー インターフェイス (UI)…