Project Lite を 5 月 1 日から提供開始

(この記事は 2014 年 3 月 31 日に Office Blogs に投稿された記事 Project Lite available on May 1 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、2014 年 5 月 1 日に Microsoft Project Lite の提供を開始することを発表しました。Project Lite はMicrosoft Project のクラウド製品 Project Online に新たに加わるクラウド製品で、プロジェクト チームのメンバーによるタイムシートの編集や送信、プロジェクト関連ドキュメントでの共同作業、タスクの更新、懸念事項の記録など、さまざまな機能が搭載されており、1 ユーザーあたり月額 7 ドル(米国価格)ですべての機能をご利用いただけます。Project Lite は、複数のプロジェクトや作業の進捗を企業が効率的に管理し評価するうえで役立ちます。ただし、Project Lite は Microsoft Project Online で管理されているプロジェクトにのみ使用可能となっていますので、ご注意ください。 Project Online と Project Lite の併用により、プロジェクトの管理と共同作業がますます強化されることは間違いありません。 Project Lite の機能…


次期 Project のご紹介

先般、新しい Microsoft Project 2013 の プレビュー版 をリリースしました。新しい Project の機能を体験し、強化されたすべての機能をご利用いただくことができます。 新しい Project 2013 のコンセプトは、”高度なプロジェクト ポートフォリオ管理 (PPM) にも 日常的な業務にも対応する高い柔軟性を持ったソリューション” です。 高い柔軟性とは、すなわちこれまでの容易な操作性に加え、クラウド型サービスをリリースさせて頂くことで、システム適用の柔軟性も加わった、ということです。 それでは、Online版のご紹介を含め、この記事でプレビュー版について強化された機能を中心に、Project 2013 の概要をご紹介致します。 Project Online:  クラウド上で Office 365 と一緒に使える Project新しい Project Online では、関与するプロジェクトやリソースの全体的な状況をポートフォリオですばやく確認し、イニシアティブ間の優先順位を決め、SharePoint との高い親和性を生かして効果的にプロジェクトを進行できます。 ポートフォリオの選択、ワークフロー、リソース能力計画、ダッシュボードなど、充実したプロジェクト ポートフォリオ管理 (PPM) 機能をすぐに使い始め、気軽に使いこなすことができます。   Project Web App (PWA)今回のバージョンでは、プロジェクト管理を簡易的に始められるようにすることを重視しました。 新しい PWA のインターフェイスは、プロジェクトの管理に必要となる重要な作業手順がタイル式に表示され、自由度が高い Project の PPM 機能をすぐに使いこなせるようになっています。 おなじみのツールを使ってコラボレーションコラボレーションといえば SharePoint です。このリリースでは、Project と SharePoint との連携がいっそう強化されました。 使い勝手がよい SharePoint の機能により、メンバーはチーム サイトに簡単にアクセスしてタスクの状況を更新できます。…