プランニングの将来像: クラウドでのオンライン プロジェクト計画

(この記事は 2015 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 The future of planning—online project planning in the cloud の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   ほとんどの企業はその規模にかかわらず、物事を整理し、その状態を維持するためにプロジェクト管理が欠かせません。利用可能なさまざまなプロジェクト管理ツールは、リソースの管理、コストの予測と抑制、複数のチーム メンバーとの効果的なコミュニケーション、あらゆるプロジェクトの進捗管理に役立ちます。こうしたツールには、個々のネットワーク コンピューター上にソフトウェアとしてインストールできるものもありますが、多くは Web ベース、つまりクラウドで提供されます。   クラウドベースのプロジェクト管理ツールのメリット 「クラウド コンピューティング」という言葉に怖気付く方もいらっしゃると思いますが、ここで少し、実際の価値を考えてみましょう。オンプレミスのプロジェクト管理ツールにも存在意義がありますが、クラウドベースのソフトウェアにも次のようにさまざまなメリットがあります。 先行投資を抑制: オンプレミスのプロジェクト管理ソフトウェアを使用する場合、ソフトウェア ライセンス、サーバー ハードウェア、IT 部門のサポート担当者、時間のかかる導入作業など、多くの要素に投資する必要があります。一方、クラウドベースのソリューションで一般に必要となるのは、月または年単位の料金だけです。 かつてないほどの高度なセキュリティ: 企業幹部の間における定説とは異なり、クラウドが備えるセキュリティはオンプレミスのソリューションに引けを取りません。ただ、企業が物理的なサーバーを管理しないというだけです。Forbes 誌の最近の記事 (英語) にあるように、「クラウド コンピューティングのセキュリティは矛盾した表現ではなくなった」のです。 どこからでもアクセス可能: インターネットに接続されている限り、どこからでもクラウド上のプロジェクト管理ソフトウェアにアクセスできます。Web ブラウザー経由でアクセスするため、チーム メンバーが PC 以外のデバイスからドキュメントを表示、編集、管理することも可能です。 チームの連携: 従業員どうしが遠く離れている場合でも、クラウドベースのソリューションを利用すれば 1 つのグループに属しているという感覚を得ることができます。すべての関係者に最新の情報が届くため、だれ 1 人として誤って会話から除外されることはありません。さらに、会話を (電子メールではなく) プロジェクト専用のスペースで行ったり、後で参照するために保存したりすることも可能です。 生産性の向上:…


Project Online の 3 つの機能強化

(この記事は 2015 年 12 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 3 new enhancements to Project Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   マイクロソフトは、イノベーションを継続するという方針の下、ユーザーの皆様からのご要望にお応えし Project Online で新たに 3 つの機能強化をロールアウトします。 メール通知 チーム メンバー、プロジェクト マネージャー、リソース マネージャーは、各自に割り当てられたタスクや、他のメンバーが完了を待っている保留中の項目について常に把握しておく必要があります。これを支援するために、Project Online のメール通知機能の強化を実施しました。この機能を使用すると、今後の予定が常に通知され、それぞれの期限や現在すべきことを把握できます。   メール通知機能を活用する方法については、以下の資料をお読みください。 Project Online で通知を有効にする Project Online の作業に関してメール通知を受け取る   この機能は、本日からすべての Project Web App (PWA) サイトでご利用いただけます。 プロジェクト ID 新規プロジェクトに対して一意のプロジェクト ID を生成する機能についても、皆様から継続的にご要望を頂いていました。プロジェクト名は変更される可能性がありますが、この機能を使用するとプロジェクト名に依存せずにプロジェクトを参照できます。これまでは、プロジェクト作成時に手動で順次番号を入力してワークフローに組み入れたり、カスタム イベント ハンドラーを使用したりするなど、各企業はさまざまな方法で対処していました。マイクロソフトでは、カスタム ソリューションを構築したり手動の手順を踏んだりせずに、こうした機能をサービスに実装するべきだと考え、プロジェクト作成時に独自のプロジェクト ID を生成する新機能を導入することにしました。…


Project Online: リソース計画の移行に関するQAと注意点

(この記事は 2015 年 10 月 21 日に Microsoft Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: Resource Plan migration expectations の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Project Online をご利用のお客様に向けたリソース予約機能のロールアウトが完了し、すべての方にアクティブ化していただけるようになりました。まずは、運用環境ではないテナントでこの機能をアクティブ化し、お試しいただくことをお勧めします (PWA インスタンスは最大 7 つまで作成可能ですので、必要に応じて新しく作成してください)。今回は、サポートに寄せられた機能に関する質問にお答えします。 Q. 黄色いバナーを非表示にすることはできますか。この機能をまだアクティブ化したくないのですが。 A. いいえ。残念ながら非表示にはできません。ただし、このバナーは PWA の管理者、厳密にはサーバー構成管理のグローバル アクセス権を持つユーザーのみに表示されるものです。また、Project Online の移行を永久的に延期することはできません。ちょうど 1 年後の 2016 年 10 月には、まだこの機能がアクティブ化されていないサイトも含め、すべてのサイトでアクティブ化することを予定しています。もちろん、その際には事前に通知を行います。 Q. 使用中のリソース計画で、移行されないものがあるようです。 A. 考えられる理由はいくつかあります。移行されるのは、発行済みのリソース計画のみです。リソース計画とプロジェクト計画は発行の手順が異なるため、リソース予約に移行する必要のあるリソース計画が発行されていることを必ず確認してください。他にも、リソース計画にタイムフェーズ データが含まれていないことが挙げられます。時間範囲に関する実データを含まない一連のリソースで構成されているリソース計画は移行されません。タイムフェーズ データを含むリソースと含まないリソースが混在している場合は、タイムフェーズ データを含むリソースのみが移行されます。チーム全体のデータが引き継がれるのではなく、行単位でデータが移行されることになります。これについては、記事の後半で例をご紹介します。 Q. なぜ別の PWA インスタンスでテストする必要があるのでしょう。マイクロソフトで検証を済ませているのではないのですか。 A. この新機能が実際に動作するかどうかはマイクロソフトにてテスト済みです。しかし、リソース予約機能では、以前の Project…


Project 2016 の新機能

(この記事は 2015 年 9 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 What’s new in Project 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたびマイクロソフトは Project 2016 のリリースを発表しました。今回のバージョンでは、Project Professional、Project Pro for Office 365、Project Online の機能が大幅に更新されています。Project 2016 には、リソース管理やリソース最大利用可能時間の計画に関してお客様から多数のご要望が寄せられていた機能を実装しています。これらの主要機能は、新しい リソース予約、リソース マネージャー向けの新しいエクスペリエンス、最大利用可能時間のヒート マップなどとして提供されます。Project 2016 は、リソース使用率の管理と最適化に必要なエンドツーエンドのエクスペリエンスを実現します。 リソース管理機能のほか、タイムライン機能の改善、操作アシストの統合、Office アドインのフル サポートなど、Project での生産性向上に役立つ多くの機能強化や新機能が提供されています。 リソース予約 プロジェクト マネージャーは、リソースを確保しプロジェクトのスタッフを適切に配置しなければならないという問題を常に抱えています。Project 2016 を利用すれば、リソースを体系的に要請でき、そのリクエストが承認された場合にはリソースを確保しておくことができます。 予約を作成して承認を求めて提出すると、簡単なワークフローが開始され、リソース マネージャーはそこで要請を承認または却下することができます。 プロジェクト マネージャーは、Project Professional 2016 または Project Pro for Office 365…


Office 365 — モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界に対応するプロジェクト&ポートフォリオ管理 (PPM)

(この記事は 2015 年 9 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365—project and portfolio management (PPM) for the mobile-first, cloud-first world の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)  Office 365 — モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界に対応するプロジェクト&ポートフォリオ管理 (PPM) マイクロソフトは 4 か月ほど前に、高い評価を得ているタスク管理アプリ「Wunderlist」を買収したことを発表しました。先週は、簡単にプロジェクトを管理するための新機能「Office 365 Planner」のプレビュー版について発表を行い、引き続いて今回は、パートナー企業である Sensei Project Solutions, Inc. および Projectum ApS 社から Project Online 向けのアプリケーションとアドインを買収したことを発表する運びとなりました。これにより、Wunderlist、Office 365 Planner、Project Online を相互に活用してお客様のニーズに合わせたカスタムのクラウドベース ソリューションをご利用いただけるようになり、シンプルなタスクから、きわめて高度なプロジェクト、プログラム、ポートフォリオに至るまで、あらゆるもの をいつでもどこでもどのデバイスからでも管理できるようになります。マイクロソフトのパートナーは、モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界に向けて革新的なテクノロジを提供するべく継続的に取り組み、その一環として Office 365 のためのさまざまなソリューションを作成しています。Sensei…


Project Online: リソース管理とキャパシティ プランニング

(この記事は 2015 年 9 月 23 日に Microsoft Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: Resource Management and Capacity Planning の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   本日 Project Online テナントにアクセスしたところ、リソース管理とキャパシティ プランニングの新しい機能がロールアウトされていました。ロールアウトは本日 (2015 年 9 月 23 日) から開始され、すべてのテナントで有効化できるようになるまでにはしばらく時間がかかります。これらの機能がまだ表示されていない場合は、もう少々お待ちください。最初に、すべての Project Online テナントを対象として管理センター内のメッセージ センターに通知が配信されます。テナント管理者はこの情報を利用して、新機能についてユーザーに通知することができます。  「Complete action by」の日付はここではあまり重要ではなく、緊急の対応が必要な処理はありません。むしろ、運用環境のシステムで有効化する前に、テスト用 PWA サイトで新機能をじっくりお試しいただくことをお勧めします。 *** 9 月 25 日更新 – このメッセージは「Awareness」に変更され、「Complete action by」の日付は削除されました。そのため、上記のスクリーンショットとは多少異なります。*** 新機能がテナントにロールアウトされると、ホーム ページ、リソース センター、PWA の [Server Settings]…


約 15,000 台のセルフ式コーヒー マシンをわずか 1 年強で日本中のコンビニに設置する大規模プロジェクト

本日公開した Office 365 ファミリの Project Onlineの最新導入事例を紹介します。 UCCグループのラッキーコーヒーマシン株式会社は、コーヒー関連機器の販売およびコーヒー関連マシン設置からアフターメンテナンスまで、全国のビジネス パートナーと共に万全のサポート体制を整えています。そして、2014 年。3 つのコンビニエンス ストア チェーン、全国 10,000 店以上を対象に、セルフ式コーヒーマシンをわずか 1 年 4 か月で設置するという、かつてない大規模なプロジェクトを、効率的に管理するためのツールとして選択したのが、マイクロソフトのクラウド サービスである、Microsoft Project Online with Project Pro for Office 365 でした。   ユーザーコメント 「最大のメリットは、円滑な情報共有が実現したことです。膨大な Excel シートを 1 枚にまとめることはヒューマン エラーを誘発しますし、データの入力業務のリソースが集中してしまいます。しかし、Project Online と Project Lite を活用すれば、実績管理に必要な情報入力業務を分散できると共に、即時に、全国で同一の情報を共有できます」。 ラッキーコーヒーマシン株式会社 管理部 管理課 担当課長 岩浅 英明 氏   ラッキーコーヒーマシン様の詳細な事例はこちらからご覧いただけます。 Project Onlineの導入には、ライセンスと設定、トレーニングがセットになったProject Online定額導入パックが便利です。 導入方法を直接相談されたいお客様は、Project 導入相談会へご来場ください。   開催日時と場所…


Project Online 最新導入事例紹介 秋山土建株式会社様

2014年11月にProject Onlineのトライアルへご参加いただいたお客様の事例をBlogでご紹介しましたが、本日はProject Onlineを導入した建設業のお客様の最新事例をご紹介します。   山梨県富士吉田市で、100 年以上の歴史を誇る秋山土建株式会社は、かねてより ICT 活用に積極的に取り組み、業務の効率化を図ってきました。そして 2014 年 11 月、各地に点在する施工現場事務所と本社をリアルタイムでつなぎ、「人」と「モノ」と「お金」の管理を明確にする実績管理環境を実現するために導入されたのが、Microsoft Office 365 に連なるビジネス向けクラウド サービスである、Microsoft Project Online with Project Pro for Office 365 でした。 ユーザーコメント 「当社は大企業には程遠い規模です。ICT へ投資できる金額も限られています。それが今、無理なく投資できるコストで、大企業と同等のシステムを活用できています。これは、非常にありがたい話です。もしも、このシステムで実現したプロジェクト管理を、Excel や PowerPoint などのツールで実現しようと思っても無理ですよ。人手がかかり過ぎて、コストも何も釣り合いません。考えるだけ無駄です。それだけ、このサービスは有効だと実感しています」。 秋山土建株式会社 オーナー 秋山 隆信 氏 – 秋山土建株式会社様の導入イメージ。Gaiaの見積もりデータをProjectのリソースとして登録。 工事の拠点では入力を簡素化したテンプレートを使って毎日出来高を入力する – 比較的小規模なお客様でもProject Onlineを導入して、事業の可視化と効率改善を行っていることがわかる秋山土建株式会社様の事例はこちらをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/akiyamadoken.aspx   Project Onlineの概要 と Project Onlineの技術情報 Project Onlineをすぐに使ってみたいお客様は、パートナー企業が提供するProject Onlin定額導入パックを併せてご覧ください。


FEST2015でのOffice 365関連ブレークアウトセッションを紹介

日本マイクロソフトでは、2015年9月2日から4日まで、ザ・プリンスパークタワー(東京)に於いて、日本マイクロソフト最大のイベント”FEST 2015”を開催します。 FEST 2015概要 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/   FEST 2015のDay2 とDay3では、お客様向けのキーノートを始めに、Office 及びOffice 365関連のブレークアウトセッションにてお客様導入事例や最新情報をご紹介します。 ブレークアウトセッションの詳細とご登録はこちらのページをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/session.aspx#day2   Day セッションID セッションタイトル 2 SPN-202 乗り換えも安心!日本企業の求める機能はそのまま。より信頼できるクラウドサービスへ 2 SPN-204 HP Enterprise Service for Office 365 をお客様が選択される理由とその価値 2 SPN-205 Office 365 のプランニング ~サポート・活用促進をワンストップで提供 2 SPN-207 ネットワークに強い KDDI がおススメするセキュアなクラウドの使い方 2 SPN-211 100 万ユーザー突破! 導入事例に見る、Office 365 × HDE One 〜HDE One がなかったら、Office 365 を導入していなかった〜 2 PRD-211 ビジネスを創造する新たなワークスタイル Office…


Project Online および Project Server 2016 の統合スケジューリング エンジンと API

(この記事は 2015 年 7 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 A unified scheduling engine and API in Project Online and Project Server 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Project Server 2013 および Project Online では、サーバーサイド スケジューリング エンジンから Project Calculation Service (PCS) に移行し、Project Professional スケジューリング エンジンの機能をブラウザーで活用できるようになりました。この新サービスでは、クラウドに対応した新しい Project API である、クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) も導入されています。ただし、PCS と CSOM へ全面的に移行したわけではなく、Project Web App (PWA) や以前の API、Project…