Word のリアルタイム共同編集機能の詳細

(この記事は 2015 年 10 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Word real-time co-authoring—a closer look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日、ついに Office 2016 が正式に公開されました。そこで、今回は Office スイートでも注目の新機能であるリアルタイム共同編集の詳細をご紹介します。Word チームは、Windows 用 Office 2016 においてこの新機能をリリースできたことをたいへん嬉しく思います。 今日の職場環境では、必ずしも面と向かって共同作業が行えるわけではなく、アイデアや情報の共有に時間をかけてもいられ ません。実のところ、今回のブログ記事をお届けするために数多くの共同作業がリアルタイムで行われました。異なる建物にいるエンジニアリング チームとマーケティング チームが協力し、コメントやコンテンツをまとめ上げたのです。時には、複数の担当者がドキュメントを同時に編集することもありました。 それを可能にしたのが Word 2016 のリアルタイム共同編集機能です。実際には、2013 年に Office Online のリアルタイム共同作業機能として導入されたのが最初です。しかし、Office 2016 ではこの機能がさらに進化し、クライアント内から利用できるようになったことで、柔軟性も大幅に向上しました。これにより、従来のように他のアプリケー ションで共同作業を行ってから、変更点やコメントを統合し、ドキュメントの最終版を完成させるといった具合に、クライアントの内外で作業を行う必要がなく なりました。そのため、ユーザーは共同作業中に Office のすべての機能を活用することができます。リアルタイム共同編集機能では、アプリケーション内から瞬時に共同作業に参加できるため、面と向かって作業を 行っている感覚により近づきました。共同作業を行っているユーザーは、Windows 用 Office または Office Online を使用して、より効率的かつ迅速にドキュメントの細部まで調整し、完成させることができます。 リアルタイム共同編集機能の利用開始 リアルタイム共同編集機能の利用を開始するには、Word 2016 ドキュメントを…


Sway に OneDrive for Business を統合、iPhone および iPad 用 Sway を更新

(この記事は 2015 年 10 月 8 日に Office Blogs に投稿された記事 Sway adds OneDrive for Business integration, Sway for iPhone and iPad updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   数週間前、マイクロソフトは全世界に向けて Office 2016 をリリース (英語) しました。新しい Office では、共同作業、ユーザーに合わせて動作するアプリ、Windows 10 との完全な連携が重点的に強化され、Office 365 サブスクリプションをご利用のお客様に新しい価値を提供します。Sway は、シームレスな共同作業を実現できるように設計された、まったく新しいアプリケーションであり、クラウドでホストされる強力なデザイン アシスト機能を備えています。Windows 10 用の強力な Sway アプリでは、Web 版 Sway のリッチな機能に加え、PC およびタブレット向けの新機能を利用できます。 Sway の一般提供が 8 月に開始 (英語) されて以来、Sway チームはプレビュー期間中と同様に、継続的に更新をリリースしてお客様からのフィードバックにお応えしています。そして今回、職場および学校の Office 365 アカウントを使用して…


新しくなった OneDrive for Business をお試しください

(この記事は 2015 年 9 月 30 日に OneDrive Blog に投稿された記事 Meet the new OneDrive for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   昨年は OneDrive for Business の導入が大幅に進み、実際の使用率ではなんと 179% の成長を遂げました。また、クラフト・ハインツ (英語)、エア・カナダ (英語)、ブーズ・アレン・ハミルトン (英語)、Projectline Inc. (英語)、ロータス F1 チーム (英語) などのお客様から、すばらしい成功事例が寄せられています。マイクロソフトはお客様からの声に耳を傾けるだけでなく、今年 5 月に初めて開催された Ignite カンファレンス (英語) で大胆なロードマップを公開しました。本日、これまでにない重要な更新をリリースし、大きな一歩を踏み出します。最大のポイントとなるのは、新たに導入された強固な同期クライアントです。その他にも新しいブラウザー エクスペリエンスや、モバイル アプリの新機能、まったく新しい IT 管理機能が導入され、開発者向けオプションが拡張されており、OneDrive for Business でさらに多くのことが可能になります。 [View:https://youtu.be/NVQ9hae8pyI:0:0]   きわめて強固な同期クライアント 本日、企業向けの次世代同期クライアント (NGSC) のプレビュー版がリリースされます。このプレビュー クライアントでは、既に多数の方にご利用いただいている個人ユーザー向けの OneDrive クライアントに…


Office 365 の一般法人向けプランでモバイル デバイス管理機能の一般提供を開始

(この記事は 2015 年 3 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Built-in mobile device management now generally available for Office 365 commercial plans の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 チームのテクニカル プロダクト マネージャーを務める Shobhit Sahay の記事をご紹介します。 数か月前に開催された TechEd Europe において、マイクロソフトはモバイル デバイス管理 (MDM) 機能を Office 365 に組み込む計画を 発表しました。そしてこのたび、Office 365 の MDM 機能の一般提供を開始いたしました。Office 365 の MDM 機能を利用すると、iOS、Android、Windows Phone デバイスなど、さまざまなスマートフォンやタブレット上で Office 365 のデータへのアクセスを管理できます。また、今回の発表に関してさらに嬉しいお知らせがあります。組み込みの…


学校から Office を無料で入手できるかどうかを世界中の学生が簡単に確認しインストール可能に

 (この記事は 2015 年 2 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 Students worldwide can now check eligibility for free Office from their school の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先週、ニューヨーク市教育局の公式イベントにおいて、ニューヨーク市議会議長 Melissa Mark-Viverito 氏より、同市 110 万人の生徒と教師全員に Office が無料で提供されることが発表 (英語) されました。この朗報に、会場に詰めかけていた生徒や教師たちからは大歓声が湧き上がりました。 しかし、ニューヨークだけが特別なわけではありません。 学校から Office を無料で入手できる適用条件を満たす学生の数は、全世界で数百万にも上ります。そして今回、対象者である世界各地の学生自身がサインアップを行うことで無料の Office 365 を簡単に入手、インストールできるようになりました。* 対象となる学生は、日本はもちろん、オーストラリアで 550 万名、ドイツで 500 万名弱、ブラジルで 700 万名以上に上るほか、トルコ・アナドル大学の学生 130 万名や香港全土の学生なども含まれます。 このサービスは、これまで米国内でのみ提供されていましたが (英語)、本日より、Office 365 の提供地域にお住まいで適用条件を満たしている学生と教師の皆様全員にご利用いただけるようになりました。サインアップには、学校から提供されている有効な電子メール アドレスが必要です。 現在日本でこのセルフサインアップをご利用頂ける教育機関はこちらからご確認下さい。https://aka.ms/getoffice/sa…


Mac および iOS デバイス向け OneDrive for Business の更新情報

(この記事は 2015 年 1 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 OneDrive for Business comes to Mac and iOS devices の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 チームのディレクターを務める Reuben Krippner の記事をご紹介します。 このたび、Mac および iOS デバイス向けの OneDrive for Business の機能が更新され、ファイルへのアクセス方法と管理方法が新しくなりました。 数か月前には、Android/Windows Phone 向けのモバイル エクスペリエンスが刷新され、1 つのアプリから個人用と仕事用の両方の OneDrive ストレージにアクセスできるようになりましたが、今回の更新によって iOS 向け OneDrive アプリからも同様に、個人用と仕事用の両方のストレージにアクセスできるようになりました。この更新版のリリースをもって、仕事用とプライベート用の OneDrive のエクスペリエンスを統一するという、モバイル関連の取り組みの第 1 段階が完了しました。 また、Mac ユーザーの皆様からは OneDrive for Business のファイルに簡単にアクセスし、オフラインで利用したいというご意見が寄せられていました。この声にお応えするために、今回…


Salesforce、新たなユニバーサル ファイル共有ソリューションで OneDrive for Business および SharePoint と統合

(この記事は 2014 年 12 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Salesforce to integrate with OneDrive for Business and SharePoint in new universal file sharing solution の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)  セールスフォースドットコムはこのたび、一元化されたユニバーサル ファイル共有ソリューションである「Salesforce Files Connect」を発表しました。このソリューションを利用すると、企業のお客様はどのリポジトリに保存されているファイルでも、閲覧、検索、共有のすべ てを単一のユーザー インターフェイスからシームレスに行えるようになります。また、最初のファイル共有プラットフォームとして OneDrive for Business と SharePoint が Salesforce Files Connect と統合されることも発表されました。 この統合により、セールスフォースドットコムとマイクロソフトは 2014 年 5 月に初めて発表した (英語) 戦略的パートナーシップにおいて、さらに新たな一歩を踏み出しました。 OneDrive および SharePoint 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Chris…


OneDrive for Business のユーザー エクスペリエンスが向上

(この記事は 2014 年 5 月 13 日に Office Blogs に投稿された記事 OneDrive for Business updates user experience および OneDrive Blog に投稿された記事 OneDrive for Business updates user experience および の翻訳をもとに独自に編集したものです。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   3 月に開催された SharePoint Conference 2014 で、マイクロソフトは、Office 365 の OneDrive for Business に「近いうちに」便利な機能を追加することを発表しました。それから 2 か月がたち、このたび、シンプルなコントロール、サイト フォルダー、より高度な検索といった、ユーザー エクスペリエンスを刷新、改良する新機能のロールアウトを開始しました。 シンプルなコントロール: 新規作成、アップロード、同期、編集、管理、共有を行う新しいボタンが導入され、最も一般的な操作を簡単に実行できるようになります。 サイト フォルダー: フォローしている SharePoint サイトのドキュメントライブラリを、OneDrive for Business のメインの Web ビュー内から直接表示できます。 より高度な検索: 検索範囲が、共有ドキュメントやサイト フォルダー、OneDrive for…


大手建設会社の Walsh Group が Office 365 ProPlus により IT の柔軟性向上と合理化を実現

(この記事は 2014 年 5 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Construction leader builds in flexibility and streamlines IT with Office 365 ProPlus の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Walsh Group (英語) のイノベーション マネージャーを務める Patrick Wirtz 氏の寄稿記事をご紹介します。 建設業界というと、多くの方は、鉄骨や巨大なクレーン、釘を打ち込む工具などを思い浮かべるのではないでしょうか。確かに、これらは今も建設業界で利用されるツールの一部ではありますが、プロジェクトを成功させるためには、もっと別のツールが必要になります。たとえば、今日 Walsh Group では、従来の測量の代わりにレーザー スキャナーを使用し、舗装の傾斜や角度の確認に GPS を使用することで、施工日程を数日単位で短縮しています。 当社にもたらされた進化はこれだけではありません。技術的な意思決定において最も重要だったのが、Microsoft Office 365 ProPlus の導入でした。Microsoft Office 365 ProPlus は Office 365 のサービスとして提供される Microsoft Office の一種で、デスクトップやデバイスにインストールして使用します。生産性アプリケーションをクラウドベースに切り替えたところで、大した違いは生まれないとお考えの方もいるかもしれません。しかし、このツールを導入したことで、技術者や営業担当者はどこにいても簡単に作業できるようになり、IT 担当者がアップグレードや更新といった作業に費やす時間や労力もほとんどゼロになりました。 ProPlus の機能で最も便利なのは、おそらくクイック実行です。Office の最新かつ最高のバージョンを瞬時に現場に届けることができます。クイック実行によって、1 回の簡単な操作で新機能を有効にしたり、更新プログラムを配布したりすることができます。IT チームで環境を設定する必要がないため、より迅速に、従業員の日々の作業の効率化を手助けすることができます。…


OneDrive, OneDrive for Business, Office 365, SharePoint の違いは?

この記事の内容は最新ではありません。最新の情報を入手するには、記事「【2017年版】OneDrive, OneDrive for Business, Office 365, SharePoint の違いは?」をご覧ください。 1 年前に「SkyDrive と SkyDrive Pro の違いは?」という記事を書きましたが、おかげさまで大変好評をいただきました。クラウド ストレージは、メールと並んで最も馴染みのあるクラウド サービスだと思います。この分野は市場の変化が大変激しく、多くのクラウド ベンダーがしのぎを削っているところでもあります。マイクロソフトでも、サービス名を SkyDrive から OneDrive に変更したり、ストレージの大きさ、提供方法の変更、マルチプラットフォーム化など、様々な変更が加えられました。今回の記事では、これらの変更点を踏まえて、改めて無料の OneDrive、有料の OneDrive for Businessをはじめとするサービスの違いについて解説したいと思います。   OneDrive とは? OneDrive for Business の話をする前に、まず前からある無償の OneDrive がどういうサービスかということについて、おさらいしておきましょう。   OneDrive は、もともと、一般消費者向けの無償クラウドサービスのブランドである Windows Live サービスの 1 つとして 2008 年から日本でもサービスを行っている大容量クラウド ストレージサービスです。アカウントを作成することで、無償で 7 GB のディスク容量をクラウド上に持つことができます。Windows や Office と統合される機能を持っていることが特長で、Office ファイルをアップロードすると、Office Web Apps で閲覧や編集を行うことも可能です。Windows…