Office 365 が新たなステージへ

あらゆる組織のワークスタイル変革実現のために大幅に強化され、法人向けの新しいプラン「Office 365 Enterprise E5 」を本日より提供開始 ! 日本マイクロソフトは、本日より法人向けのOffice 365 を、コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの3つの分野にわたって大幅に強化し、新しい法人向けのプラン「Office 365 Enterprise E5 (以下、E5)」としてご提供を開始します。 Office 365 E5は、史上最高の統合的な生産性ソリューションであり、最強のセキュリティを備えたOffice 365 です。E5 のご提供を通じて、人々が、変化の激しい時代に、対応力を備え、よりいきいきと働ける「モダンワークスタイル」の実現をご支援してまいります。   組織横断で人をつなぐ “新たなコラボレーション”の強化 これまで日本マイクロソフトは、Word、Excel といったOffice アプリケーション、メールやチャット、ビデオ会議、エンタープライズソーシャル等のコミュニケーションツールをクラウドから一元的にご提供し、時間と空間 を問わない働き方をご支援してまいりました。今回のOffice 365の強化では、新たに電話をクラウドから提供。12月1日から、Cloud PBXを提供開始し、内線電話のクラウド化により、電話のクラウド化の第一歩を踏み出します。クラウド上でのITと電話の管理統合により、より一層、 「人」を起点にしたコミュニケーションツールの統合を進め、人と人が素早くつながることのできるコラボレーションを強化します。 なお北米では、世界に先駆けて外線電話のクラウド化を実現する公衆電話網(PSTN)通話が本日より提供開始となります。日本市場に置いても今後提供を予定しております。(尚、提供開始時期は現時点では未定となり、2016年以降を予定しています。) また、Skype for Business のオンライン会議も同時に大幅な強化がなされ、社長訓辞や大規模な社員総会など、参加者が数千を超える規模の通達型の会議にも対応します。ユーザーは社内 外からあらゆるブラウザー、デバイスで会議参加が可能になります。提供開始時点では最大10,000人のライブ視聴をサポートし、また、クラウドに録画さ れたコンテンツはオンデマンド型で視聴が可能です。 Skype Meeting Broadcast  画面   気づきを与える “インテリジェントツール” またデータがあふれる時代、データに埋もれることなく、クラウドのパワーを活用し、人が何をしたいのかを先回りして察知し気づきを与えるインテリジェントツールが、データやナレッジをビジネスのパワーに変えていく支援をしていきます。 新たに提供開始となる、Delve Analyticsでは、組織がどのような業務にどれ位時間を費やしているのか、どのような組織・人が連携しているのかを分析・可視化し、それに基づき、 より有効なナレッジを持っている人、連携した方がよさそうな人等、組織横断の連携のヒントを得て、より効果的なコラボレーションを実現します。 またデータ活用も進化しています。今回、Office 365 として提供されるPower BI Pro は誰もが簡単な操作でデータ分析を行え、クラウドで簡単に共有できるため、従来のように一部の専門家が専用のツールを使い、時間をかけてレポートが共有さ れるというスピード感ではなく、現場社員を含む誰もが自分の手元でデータ分析を行い、ビジネスや市場の状況をリアルタイムに把握することができます。 Delve…


Skype for Business iOS アプリの提供を開始

(この記事は 2015 年 10 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business iOS app now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   出張中に重要な会議に参加する、コーヒーを買いに行く間に簡単なメッセージを送信するといったように、どこにいても仕事 を進められること、そして、他のユーザーと共同作業を行えることは、これまでになく重要になっています。マイクロソフトでは、Skype for Business のユーザーの皆様がどのデバイスを使用しているかに関係なく生産性を維持できるように全力で取り組んでおり、iOS 向け Skype for Business のプレビューを発表 (英語) したときには大きな反響がありました。そしてこのたび、iOS デバイス向けの新しい Skype for Business アプリの一般公開を発表します。 新しいアプリでは、以下にご紹介する機能に加え、iOS 9 で Lync 2013 をご利用いただいている一部のお客様に生じていたサインインの問題も解決されています。 ワンタッチで会議に参加 ダッシュボードが更新され、連絡先の検索バー、今後の会議予定、最新の会話が 1 つの画面で確認できるようになりました。連絡先の検索バーでは、姓、名、電子メールのエイリアス、電話番号を入力してグローバル アドレス一覧から連絡先を検索できます。最新の会話は、デバイスを切り替えたときでもすぐに確認できます。また、今後の会議予定をひとめで確認することも可能です。左側をタップすると会議の詳細を表示でき、右側のアイコンをタップするとすぐに会議に参加できます。 会議におけるエクスペリエンスを向上 ビデオの全画面表示により、さらに臨場感あふれる会議が実現します。また、ミュート ボタンが大きくなり、参加者の追加機能や通話の管理機能が搭載されたため、移動中の会議進行もはるかに簡単になります。共有しているコンテンツと発表者のビデオを同時に表示できるため、一瞬たりとも見逃すことはありません。 今後の更新では、会議で PowerPoint スライドも表示できるようになりますので、どうぞご期待ください。それまでの間は、デスクトップ共有によって PowerPoint プレゼンテーションを表示することが可能です。 認証とセキュリティに関するオプションの追加…


9 月 23日よりOffice 2016 を Office 365 ユーザーに提供開始!

昨日、Office 365 テクニカル プロダクト マネージメント担当ゼネラル マネージャー Julia White から Office 2016 の提供開始に関する発表がありました。 日本市場においては、法人向けおよび個人向けOffice 365 ユーザー(Office Premium を含む)に対し、日本時間9月23日より提供開始します。ボリューム ライセンス契約を締結されているお客様は、10 月 1 日よりボリューム ライセンス サービス センター から Office 2016 をダウンロード可能です。また個人向けのOffice 2016 永続ライセンス版 の提供開始日については後日、本ブログにてご案内させていただきます。  Office の更新モデルの強化 現在 Office 365 ProPlus (企業および組織のお客様向けの Office アプリのサブスクリプション版) をご利用のお客様には、従来同様、機能更新プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが月 1 回の頻度で提供されます。今後、常に最新の状態が維持されるこの更新モデルは Current Branch と呼ばれます。このモデルでは、常に最新の Office アプリと機能が展開されます。次の Current Branch は 9 月 22 日にリリースされ、Office…


FEST2015でのOffice 365関連ブレークアウトセッションを紹介

日本マイクロソフトでは、2015年9月2日から4日まで、ザ・プリンスパークタワー(東京)に於いて、日本マイクロソフト最大のイベント”FEST 2015”を開催します。 FEST 2015概要 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/   FEST 2015のDay2 とDay3では、お客様向けのキーノートを始めに、Office 及びOffice 365関連のブレークアウトセッションにてお客様導入事例や最新情報をご紹介します。 ブレークアウトセッションの詳細とご登録はこちらのページをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/session.aspx#day2   Day セッションID セッションタイトル 2 SPN-202 乗り換えも安心!日本企業の求める機能はそのまま。より信頼できるクラウドサービスへ 2 SPN-204 HP Enterprise Service for Office 365 をお客様が選択される理由とその価値 2 SPN-205 Office 365 のプランニング ~サポート・活用促進をワンストップで提供 2 SPN-207 ネットワークに強い KDDI がおススメするセキュアなクラウドの使い方 2 SPN-211 100 万ユーザー突破! 導入事例に見る、Office 365 × HDE One 〜HDE One がなかったら、Office 365 を導入していなかった〜 2 PRD-211 ビジネスを創造する新たなワークスタイル Office…


Outlook on the web の新機能のご紹介

(この記事は 2015 年 8 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 New features coming to Outlook on the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 の Web 版 Outlook の新機能をご紹介します。Web 上のメールや予定表でさらに充実した機能を提供する一環として、ユーザー インターフェイス (UI) と新機能をリリースします。これにより、作業効率が向上するだけでなく、受信トレイが把握しやすく、予定表がより効果的に管理できるようになります。これ まで Outlook Web App (OWA) という名称でご愛用いただいていたブラウザー ベースの Outlook 機能は、「Outlook on the web」として生まれ変わります。新しくなった機能について詳しく見てみましょう。 洗練された外観で効率アップ Outlook on the web では、ユーザーの効率を向上させるシンプルで洗練された UI が採用されています。まずはメール、予定表、連絡先、タスクの上部に表示される操作バーが新しくなりました。操作バーでは、受信トレイを空にする、メール の返信、予定表へのイベント追加など、最もよく使用されるコマンドにすばやくアクセスできます。 使いやすいデザインを実現するために、調整と改良を何度も繰り返しました。メールの件名は以前よりも大きく目立つように 表示され、閲覧ウィンドウのメッセージはインデント表示されるため読みやすくなりました。予定表では、ボタン表示が見やすくなったことで簡単に新しい会議 出席依頼を作成でき、予定表内でのナビゲーションがしやすくなりました。 統合された新しい操作ツール…


Office 365 Midsize Business / Small Business を契約しているお客様の2015 年 10 月 1 日以降の更新プロセス

2014 年 10 月に告知させていただいた「Office 365 で新たに中小企業向けのプランを発表」の続報です。 Office 365 Small Business、Small Business Premium、Midsize Business を契約しているお客様は、2015 年 10 月 1 日以降、以下のガイダンスに沿ってプランの更新を行っていただく必要があります。 2015 年 10 月 1 日以降の最初の更新時に新しいプランに移行する場合 2015 年 10 月 1 日以降の更新プロセスについて Office365.com またはアドバイザー パートナーからサブスクリプションを直接購入したお客様の場合 サ ブスクリプションを Office365.com またはアドバイザー パートナーから直接購入したお客様は、2015 年 10 月 1 日以降、現在のサブスクリプションの有効期限が切れる際に新しい中小規模向けプランへの更新が必要になります。 新しい中小規模向けプランへの更新時にダウンタイムやデータ損失が発生することはありません。移行プロセスは、Office 365 管理センターでプランの切り替えウィザードを使用して行えます。 プランの切り替えウィザードの詳細については、こちらのページを参照してください。 リセラー から前払い式のプロダクト キーとしてサブスクリプションを購入したお客様の場合 リ セラーまたはディストリビューターから前払い式のプロダクト キーを購入したお客様は、2015 年…


法人企業向け Mirosoft Project 製品導入相談会を7月末から10月まで開催

Microsoft Projectの導入検討に当たり、ご不明な点はございませんか? 日本マイクロソフトでは、期間限定で、日本マイクロソフト及び導入支援の豊富な経験を持つパートナー企業のMicrosoft Project専門家による、無償の導入相談会を開催しております。 本相談会では法人企業のお客様を対象に、導入検討時によくある次のようなお悩みについてProjectの専門家がご相談にのります。 検討にあたり、どのエディションやサービスを導入するのが最適か、うまく整理ができないので教えてほしい。 導入にあたって自社ならではの課題があり、どのように解決すればよいかアドバイスを受けたい。 クラウド版かサーバーか、はたまたデスクトップ版か、どれを導入すればよいか悩んでいる。 自社の課題を踏まえて使いこなしのための有償の支援やトレーニングを検討している。具体的に何をしてもらえるのか詳しい話を聞いてみたい。 製品導入相談会の日程と詳細および参加方法は、Project製品サイトをご覧ください。


追加開催のお知らせ: 導入検討法人向け Visio 2013入門セミナー

導入検討法人向けのVisio 2013入門セミナーを好評につき追加開催します! 講師は 今年度 Visio MVP クリエ・イルミネート社 石田かのこ さんです。   セミナーでは、中堅から大企業のお客様を対象に、社内の各部署で持っているExcelやSharePoint List等の様々なデータをVisioで可視化(データリンクとデータグラフィック)し、Office 365のSharePointの一部である、Visio Servicesを使って可視化したデータを共有する方法などを、デモを交えて分かりやすくに解説します。   ”Office365は最近社内に導入したけど、Visioの活用方法が良く分からない”、という導入検討担当者の方は、是非この機会に本セミナーにご参加ください。   セミナーの概要とお申し込みはこちらから 以下ではセミナーで解説するそれぞれの機能を短いビデオでご覧いただけます。データリンクはVisio Professional 2013またはVisio Pro for Office 365でのみ利用できる機能です。 本ブログの最後に30日間の無料トライアルへのリンクを貼りましたので、セミナーに参加される方は是非お試しください。   データリンクとデータグラフィックとは?   SharePoint OnlineのVisio Serviceを使った図面の共有 Visio Professionalと同じ機能が使える、”Visio Pro for Office 365”の30日間の無料トライアルでは、一人最大5台のPCやデバイスにインストールしてご利用いただけます。 次のぺージにある、”無料で今すぐ試す” ボタンからお申込みください。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx


Sway の更新: インタラクティブなグラフの作成、画像のフォーカス ポイント、アクセント、ドキュメント埋め込みの簡易化、および iPhone 用 Sway の更新

(この記事は 2015 年 4 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Sway updates—create interactive charts, image Focus Points, Accent, easier document embeds and Sway for iPhone updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日、Sway の共同編集機能で同時編集と編集内容の共有が可能になったこ とが発表されました。これにより友人や家族、同僚とのインタラクティブな共同作業が可能になり、従来よりも簡単にアイデアを実現できるようになりました。 フィードバック フォーラムでは Sway での共同作業に関するご要望が非常に多くの方から寄せられていましたが、これがプレビュー版 Sway を大きく前進させるきっかけとなり、更新を重ねて今回の発表に至りました。   Sway でインタラクティブなグラフの作成が可能に Sway のリリース (英語) 以降、チームはインタラクティブなグラフのサポートに取り組んでいました。今後は豊富なマルチメディア機能を駆使し、ナレーションをインタラクティブな視覚データで裏付けるといった使い方が可能になります。1 月には埋め込みコードを使った Excel Online でのグラフ埋め込み (英語) が新たにサポートされて大きく進化しましたが、さらに今回は、Sway 内でインタラクティブなグラフを作成できるようになりました。 ネイティブなグラフが追加されたため、縦棒グラフ、積み上げ縦棒グラフ、横棒グラフ、積み上げ横棒グラフ、折れ線グラ フ、円グラフ、ドーナツ グラフ、面グラフ、積み上げ面グラフ、連絡先アイコン付きの棒グラフなど、インタラクティブな視覚データを簡単に追加して、Sways で充実したコンテンツを作成できます。Sway のインタラクティブなグラフのサンプル…


日本ユニシス、1万ユーザーが利用する Office を常に最新機能が利用できる Office 365 ProPlus に全面移行

~Office バージョンアップのコストを抑制とともに、Lync や Yammer、SharePoint の活用も開始し、ワーク スタイル変革を推進する基盤に~ ICT による経営革新を強力に支援し、自らも 2008 年から在宅勤務制度を開始するなど、ワーク スタイル変革に積極的に取り組んでいる日本ユニシス株式会社。ここではその基盤として、Microsoft Office 365 が活用されています。その第一歩として行われたのが、Office 365 ProPlus の全社展開。これによってバージョンアップ時に発生するコストと作業負担を大幅に軽減すると共に、最新機能を継続的に利用できる環境を整備しました。その一方で Microsoft Lync Online や Yammer、Microsoft SharePoint Online の活用も草の根運動的に徐々に拡大。ロケーション ギャップを解消し、いつでもどこでもコラボレーションに参加できるしくみによって、ワークスタイル変革の新たなステージへと向かいつつあります。 Office 365 ProPlus 導入効果: バージョンアップ時の展開の手間とコストを抑制、長期的なコスト削減を実現した。 最新機能を月次リリースするOffice 365 ProPlusに移行したことで、モバイルワークや、データ分析など業務に活かせる機能をすぐに利用できるなど、業務の効率が向上した。 Office アプリケーションに加えて、ビデオ会議や社内 SNS なども利用できるため、コミュニケーションの円滑化やワーク スタイル変革にも大きな貢献を果たしている。   導入の経緯: 新規導入 PCにOS と Office 365 ProPlusをプリインストールし、2013 年 12 月から配布を開始 展開システムの立ち上げおよび動作検証と、最初の Office 365 ProPlus の展開は約…