Office 365 のプライバシー、セキュリティ、コンプライアンスの向上

(この記事は 2014 年 11 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 offers greater privacy, security and regulatory compliance の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 チームのプロダクト マーケティング マネージャーを務める Malavika Rewari の記事をご紹介します。 あらゆる良好な関係を築くうえで基盤となるのは、信頼です。これは、ビジネスにも友情にも当てはまることでしょう。今日、世界 12 億を超えるユーザーが、ビジネス向けのプライバシー、セキュリティ、コンプライアンスの機能を備え、データの安全性を確保する、信頼性の高い生産性ソ リューションとして、マイクロソフトの Office に信頼を寄せてくださっています。クラウドに移行する企業が増加し、Office 365 などのクラウドベース サービスを使用して、時間や場所を選ばず多種多様なデバイス上で業務を行うユーザーが増加する中で、信頼はかつてないほどに重要性を増しています。 過去 12 か月間に、Fortune 500 企業の 75% に Office 365 をご購入いただきました。これらの企業が信頼を寄せるのは、マイクロソフトが次の 3 つの主要な目的を達成するうえで非常に高い成果を挙げているためです。 お客様のプライバシーの保護 クラウド内のお客様データのセキュリティ確保 お客様が規制標準を遵守するためのご支援 今回の記事では、お客様企業のデータをクラウドに移行する際、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの要件を満たすためにマイクロソフトが どのような取り組みを行っているのかについて、詳しくご紹介します。また、これらの分野におけるマイクロソフトと競合他社のサービスの比較については、Office 365 の信頼性に関するホワイト…


テレフォニー市場におけるリーダーポジションを獲得 ~単なるテレフォニー以上の価値を提供する Lync

(この記事は 2014 年11 月 10 日に The Official Microsoft Blog に掲載された記事 Leadership in telephony is about much more than telephony の翻訳です。最新情報は翻訳元の記事をご参照ください。)   Lync プロダクト マーケティング ディレクターBJ Haberkorn   先月、ガートナーは 2014 Magic Quadrant for Corporate Telephony を公開しました。そして、Lync のポジションが今年初めてリーダー・クアドラントになったことにワクワクしました。このレポートでは、リーダーは「幅広いポートフォリオ、大きな市場シェアを持っており、幅広い地域の市場をカバーし、テレフォニーの未来に関する明確なビジョンを持っている、そしてテレフォニーソリューション提供の折り紙付きの実績があるベンダー」と定義されています。また、「リーダーの会社はユニファイド コミュニケーションと共同作業 (UCC) テクノロジーに関してビジネス戦略への集中的な取り組みや買収の決定により、従来の法人向けテレフォニーの領域に取って代わろうとしている」とも書かれています。 この図表はより大きな調査資料の中でガートナーにより公開されたもので、発行物全体の中で評価される必要があります。このガートナーの著作物はマイクロソフトのリクエストにより確認することができます。 ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。   (続きは翻訳元の記事 Leadership in telephony is about much more than telephony  をご参照ください)


Office 365 が 140 の市場で購入可能になりました

(この記事は 2014 年 11 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365—now available in 140 markets の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   2010 年、Office 365 は単純なアイディアから生まれました。Office、SharePoint Online、Exchange Online、Lync Online を含むマイクロソフトの生産性向上アプリケーションを一緒にして、常に最新のものが使えるクラウドサービスとして提供し、予測可能な月額課金の形で提供するのはどうかと。   過去 5 年の間、このビジョンは地球中に拡張されました。2011 年には 40 の市場 (英語) で、2012 年には 88 の市場で、2013 年には 127 の市場で購入が可能になりました。そして、本日この数字が 140 となりました。Office 365 が下記の 9 つの市場でお客様が購入可能になったことを発表します。 アフガニスタン ボツワナ エチオピア ナミビア ネパール タジキスタン タンザニア ウガンダ ザンビア 加えて、Office…


Exchange の国内マーケットシェアが 10 年連続で第 1 位となりました

おかげさまで、国内eメールアプリケーションマーケットシェアで 2004 年以来、10 年連続で第 1 位を獲得しました。Office 365/Exchange Online の好調が要因の 1 つに挙げられています。 タイトル:国内eメールアプリケーション市場 2013年マーケットシェア(売上実績) 出典: IDC Japan August/2014 国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場2013年の分析と2014年~2018年の予測 (#J14400106)   より詳しい情報については、以下のページをご覧ください。 Exchange のアナリストによる評価


引き続き日本で Office 365 の採用が急速に広がっています: 日経 225 銘柄企業 70% 利用、2 年で 5.5 倍規模の成長

昨年に引き続き、今年も Office 365 の採用が大きく進んでいます。10 月 17 日より個人向け Office 365 の販売を開始したことに加え、法人向け Office 365 においても大手企業から中堅中小規模企業まであらゆる規模のお客様における Office 365 の採用が広がっています。 Office 365 はサービス開始後から継続的に急成長つづけ、5期連続で顧客数の伸びが3桁となり、収益も全世界で4,600億円に達しました。日本国内では、日経 225 銘柄企業での採用率も70%を超え、売上規模は 2 年間で 5.5 倍なりました。これは、より多くのお客様が、加速度的にビジネスのプラットフォームをクラウドに移行している、という事のあらわれとなります。クラウドの活用が全世界的ななトレンドになっている中で、多くのお客様が Office 365 を選択され、ビジネスの一層の成長を目指されています。     Office 365 をご採用頂いたお客様のうち公開事例になっていただいているところはごくわずかであり、多くの企業ですでに導入が進んでいます。この記事では、2014 年 10 月現在の日経 225 銘柄企業のうち公開事例になっていただいているお客様の事例をご紹介します。 (順番は上記の日経ホームページでの紹介順です)  リコー (電気機器)  タブレット端末に、Microsoft Office 365 を導入する先進的なコミュニケーション環境の構築を推進。リコー ジャパンでは、進取の精神をもって、いち早く "次代のワークスタイル" の実現に取り組んでいます。SharePoint Online に Exchange Online、そして相手のプレゼンス (在席情報) を見ながらチャットや音声通話などを使い分けることのできる Lync Online までをフルに使って、"いつでも、どこでも" コミュニケーションが図れる環境を整えます。 シャープ (電気機器)  次の成長に向けた中期経営計画に合わせた社内風土改革。Yammer による社内コミュニケーション活性化によって経営陣と社員間、部門や地域間の障壁を払い、構造改革へ。…


ガートナー、ソーシャル ソフトウェアのビジョンの完全性と実行能力において、マイクロソフトを最高評価の "リーダー" に認定

(この記事は 2014 年 9 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Gartner recognizes Microsoft as a Leader positioned highest in ability to execute and furthest in completeness of vision for social softwareの翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたびマイクロソフトは、ガートナー社が発表した「職場環境におけるソーシャル ソフトウェアのマジック クアドラント 2014 年版 (英語)」において "リーダー" に認定されました。このレポートは、ビジョンの完全性と実行能力という観点からベンダー各社を評価したもので、広く普及しているソーシャル ソフトウェアや共同作業支援ツールを提供する成熟したベンダーには "リーダー" の評価が与えられます。 この光栄な評価を糧に、マイクロソフトは Work like a network – ネットワークのようにつながり働くというエンタープライズ ソーシャルのビジョンをさらに推進してまいります。Office 365 に Yammer のコンポーネントを統合することで独自の価値をお客様にご提供していくと共に、ユーザーの皆様の生産性向上や共同作業の効率化を目指して優れた新製品を投入していきます。その一環としてリリースされた Office Delve (英語) は、仕事にかかわるすべてのものから、関連性が高い情報を見つけ出したり関係性を把握したりするための新しい手段です。この機能では、Office Graph を活用してユーザーが現在携わっている仕事や周囲のトレンド情報などのインサイトを引き出し、それに基づいて適切な情報を表示します。 今後も、ワークスタイルに変革をもたらす取り組みを継続すると共に、お客様がソーシャル活用において成功を収めることができるようにパートナーとしてご支援してまいります。既に多くの企業がネットワークのようにつながり働くことで高い成果を上げており…


コミュニケーション市場に関するトピック: お客様とアナリストの反応

(この記事は 2014 年 8 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Communications market update: customer response and analysts’ assessments の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Lync プロダクト マーケティング ゼネラル マネージャ Giovanni Mezgec 私は日頃から、組織がそのように Lync を使って人々をつなげているのかを見ています。最近の事例で、ニュージャージーのハッケンサック大学医療センターが Lync を使って、患者と離れた場所にいある患者の家族と Lync を使ってつなげるという試みがあります。これはまさにマイクロソフトのテクノロジーが可能にするエクスペリエンスや機会の典型です。そして、この例はユニバーサルコミュニケーションのビジョンに従ってお届けするものを誰でもわかる形で表現しています。   このストーリーは Lync が世の中を変えているたくさんの実例の一つにすぎません。我々のお客様は Lync を毎日使って仕事の仕方を変革、拡張しており、業界もそれを認識しています。Lync がどのように認識されているかを見るために、エンタープライズ コミュニケーション業界、そして特に Lync の最新動向を追っている専門家がどのように述べているかを共有したいと思います。 まず、ガートナーの 2014 Magic Quadrant for Unified Communications (UCMQ) から紹介します。これにははじめからマイクロソフトが含まれています。我々は今年、マイクロソフトがリーダー クアドラントに配置されたことをうれしく思います。ガートナーのレポートでは「リーダーは UC の完全なオファリングを提供し、強力な市場での存在感があり、この領域で成功している。彼らは関連市場でも高い存在感を発揮し、UC での足跡を広げようとしている。これらのベンダーとそのチャネルパートナーは UC…


Office 365 Education の国内ユーザーが 170万人を突破

マイクロソフトでは、教職員・児童・生徒・学生用の電子メール、ウェブ会議、ドキュメント編集、オンラインストレージなどのグループウェア機能をクラウド経由で利用できる Office 365 Education を、2012年6月より、教育機関に対して無償で提供しています。Office 365 は、日経225採用銘柄企業の60%で利用されているクラウドグループウェアで、教育機関は、企業向けのOffice 365 Enterpriseと同じサービスを、無償で利用することが可能です。また2013年12月から教育機関向けの特典として“Student Advantage” の提供を開始し、すでに国内47教育機関の30万の生徒・児童・学生がこの特典を通じ Office 365 ProPlus  を利用しています。 このたび、Office 365 Education が国内 100 大学で利用され、教育機関向け無償クラウドサービスとしては国内最大級であることを発表します。詳しくは、以下のプレスリリースをご覧ください。 Office 365 Education の国内ユーザーが 170万人を突破 ~国内 100 大学が利用し、教育機関向け無償クラウドサービスとしては国内最大級に~ 今後も日本マイクロソフトでは、児童・生徒・学生の学習環境の充実と、教職員の校務効率化をクラウドの側面から支援します。 また、現在公開されている教育機関のお客様の代表的な事例を集めてみました。 東京工科大学: Microsoft Azure 上に Oracle データベースを移行するとともに、Office 365、Dynamics CRM などのテクノロジー & サービスを活用することで、将来を見据えた全学フル クラウド システムを実現 筑波大学附属駒場中・高等学校: 日本の将来を担う人材育成の一助に IT 環境を整備。Surface と Office 365 の採用により、デバイスとクラウド サービスのシナジーが生むコラボレーション環境を活用。 國學院大學:  1 万人余りの学生と教職員が使うメール…


日経 225 銘柄企業の 60% で Office 365 が利用されています

(この記事は 2013 年 12 月 24 日に Office Blog に投稿された記事のクロスポストです) この記事に関する最新記事が公開されています。記事「引き続き日本で Office 365 の採用が急速に広がっています: 日経 225 銘柄企業 70% 利用、2 年で 5.5 倍規模の成長」をご覧ください。 今年も残すところあと僅かとなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。今週で今年の業務を終えられる企業の皆様も多いかと思います。 さて、記事「2013 年のテーマ: Office 365 に移行しているお客様が増えてきています」でもご紹介したように、この一年は Office 365 への移行が進んだ年でした。日本航空、ヤマハ発動機、大林組、パソナなどの大手企業をはじめとして、大手企業から中堅中小規模企業まであらゆる規模のお客様が Office 365 を利用し始めています。 Office 365 の利用が広がっていることを示す指標の一つとして、この記事では、「日経 225 銘柄企業のうちの利用割合」をご紹介します。日経 225 銘柄企業の利用率を調べてみると 60% の企業で Office 365 ファミリーのサービスが利用されていることがわかりました。公開事例になっていただいているところはごくわずかであり、多くの企業ですでに導入が進んでいます。この記事では、2013 年 12 月現在の日経 225 銘柄企業のうち公開事例になっていただいているお客様の事例をご紹介します。 (順番は上記の日経ホームページでの紹介順です) リコー (電気機器)  タブレット端末に、Microsoft Office…


2013 年のテーマ: Office 365 に移行しているお客様が増えてきています

(この記事は 2013 年 12 月 17 日に Office 365 for business blog に投稿された記事をベースに作成されました) 2013 年がもうすぐ終わりますが、Microsoft Office 365 のモメンタムはどんどん広がっています。この 1 年間だけでも、多くのお客様が Google Apps から Office 365 に移行しています。いくつかのお客様は大手のお客様になります。 お客様が Microsoft Office 365 を選択する理由は簡単です。Google Apps を試したお客様は、効率的に仕事をするためのプロダクティビティ ツールが Google Apps には含まれていないと一様に言います。彼らは Google Apps が低コストに見えたので Google Apps を採用しただけであり、採用の結果、そうでないことがわかったのです。Google Apps は限定的な機能のみしか提供していないので、お客様はそのギャップを埋めるための追加のサービスを導入する必要がありました。これは結局、高コストで複雑な複数のテクノロジーを導入してしまったことを意味します。Google Apps は、機能、サポート、予測可能なロードマップといった意味においてビジネスの成長を保てていません。 Office 365 を選択したお客様は必要なツールをすべて入手できており、ツールはビジネスが急成長しているにもかかわらずビジネスの成長とともに成長しています。 ヤマハ発動機 (製造業): Google Apps と…