Skype for Business iOS アプリの提供を開始

(この記事は 2015 年 10 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business iOS app now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   出張中に重要な会議に参加する、コーヒーを買いに行く間に簡単なメッセージを送信するといったように、どこにいても仕事 を進められること、そして、他のユーザーと共同作業を行えることは、これまでになく重要になっています。マイクロソフトでは、Skype for Business のユーザーの皆様がどのデバイスを使用しているかに関係なく生産性を維持できるように全力で取り組んでおり、iOS 向け Skype for Business のプレビューを発表 (英語) したときには大きな反響がありました。そしてこのたび、iOS デバイス向けの新しい Skype for Business アプリの一般公開を発表します。 新しいアプリでは、以下にご紹介する機能に加え、iOS 9 で Lync 2013 をご利用いただいている一部のお客様に生じていたサインインの問題も解決されています。 ワンタッチで会議に参加 ダッシュボードが更新され、連絡先の検索バー、今後の会議予定、最新の会話が 1 つの画面で確認できるようになりました。連絡先の検索バーでは、姓、名、電子メールのエイリアス、電話番号を入力してグローバル アドレス一覧から連絡先を検索できます。最新の会話は、デバイスを切り替えたときでもすぐに確認できます。また、今後の会議予定をひとめで確認することも可能です。左側をタップすると会議の詳細を表示でき、右側のアイコンをタップするとすぐに会議に参加できます。 会議におけるエクスペリエンスを向上 ビデオの全画面表示により、さらに臨場感あふれる会議が実現します。また、ミュート ボタンが大きくなり、参加者の追加機能や通話の管理機能が搭載されたため、移動中の会議進行もはるかに簡単になります。共有しているコンテンツと発表者のビデオを同時に表示できるため、一瞬たりとも見逃すことはありません。 今後の更新では、会議で PowerPoint スライドも表示できるようになりますので、どうぞご期待ください。それまでの間は、デスクトップ共有によって PowerPoint プレゼンテーションを表示することが可能です。 認証とセキュリティに関するオプションの追加…


Skype for Business クライアントの「Lync モード」

昨年11月にアナウンスさせていただいたブランド変更に伴い、Lync 2013 クライアントがSkype デザインを取り入れた Skype for Business クライアントへと更新されます。 皆様には新しく生まれ変わった UI を一日も早くご利用いただきたいと思っておりますが、1. クライアントの更新を制御いただく、または 2. 管理者の方が Lync モードを設定いただく 事で、従来の Lync UI でのご利用を継続いただく事が可能と先日のブログでご案内致しました。2.の Lync モード UI はボタン配置、動作その他ユーザー操作は従来お使いいただいた Lync の操作感をそのままご利用になれますが、製品そのものは Skype for Business クライアントにアップデートされているため、Lync モード利用時も以下いくつかの変更点がございます。    1.タスクバーアイコンのイメージが異なります タスクバーに表示されるアイコンは Lync では無く Skype for Business のイメージアイコンになります。   2.タイトルバーの表示が変わります Lync モードの Skype for Business クライアントのタスクバー表示は「Skype for Business(Lync)」と変更されます。   3.パソコンでアプリケーションを検索した際、「Skype for Business」と表示されます Lync、及び Skype for…


Office 365 ProPlus の Skype for Business クライアント更新

先日以下ブログで掲載させていただいた通り、この4月からLyncがSkype for Businessに名称変更され新しく生まれ変わります。   [Blog] Skype for Business へのアップグレード準備を [Blog] Skype for Business のリリースを発表 – 新時代の幕開け   Skype for Business は、世界中の人々に利用されている優れた使い勝手を持つ Skype と、ビジネスシーンで信頼される Lync のメリットを併せ持つ強力なコミュニケーションプラットフォームです。 この名称変更に伴って4月から順次 Office 365 が更新されますが、Office 365 ProPlus をご利用の皆様は、ProPlus に含まれるLync 2013 クライアントもこの更新で新しい UI の Skype for Business クライアントに切り替わります。   ■ Office 365 Pro Plus をご契約いただき自動更新されているお客様のクライアントは、更新後 Skype for Business に変更され、新しい UI をご活用いただけます。 ■ 名称や UI…


Skype for Business へのアップグレード準備を

(この記事は 2015 年 3 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Get ready for Skype for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Skype for Business チームのゼネラル マネージャーを務める Giovanni Mezgec の記事をご紹介します。 本日、米国アトランタで開催された Microsoft Convergence 2015 (英語) において、マイクロソフトの CEO である Satya Nadella は、ユーザーや企業により高い成果をもたらすインテリジェントなコラボレーション ツールを使用したオープンな情報交換を推進していくと宣言しました。世界中の人々がつながって議論をしたり、情報を共有したり、協力し合うためのテクノ ロジを提供することが、生産性の改革を使命とするマイクロソフトの重要課題です。 私たちは昨年 11 月に、Microsoft Lync の新バージョンが Skype for Business として生まれ変わることを発表しました。その予告通り、本日 Skype for Business クライアントのテクニカル プレビュー をリリースしました。また、新しいクライアント、サーバー、オンライン サービスの一般提供は 4 月を予定しています。現在…


Project Online 新規事例;中期経営計画に紐づく30のプロジェクトの横断的可視化に成功

Project Onlineは、プロジェクトマネージャーだけでなく、ポートフォリオマネージャーや経営層が、各プロジェクトの進捗把握のために使うProject Serverのクラウド版サービスです。 本日公開した 日本ビジネスシステムズ株式会社(以後JBS社)では、Project Online を中期経営計画に紐づく6分野、30のプロジェクト管理のために導入し、各プロジェクトの日次進捗の把握に成功。 従来サーバー構築でかかっていた費用と工数を、クラウド版を利用するユーザーのトレーニングに振り向けたことで、50名のメンバーがWBSを書くことができるようになり、スムーズな導入と活用が進みました。 日本ビジネスシステムズ株式会社 代表取締役社長 牧田 幸弘様が語る、Project Online導入成功の秘訣は、こちらの事例をご覧ください。 事例リンク⇒ http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/jbs3.aspx   ※ JBS社内のプロジェクト管理画面の例。各プロジェクトの進捗はアラートで一目瞭然となっている。   Project Onlineの概要がすぐにわかるビデオはこちらからからどうぞ。   日本マイクロソフトでは、Project OnlineやProject Pro for Office 365 の導入検討をされる法人企業様向けに、毎月無償セミナーを開催しております。 詳しくはこちらをご覧ください。  


Lync と新しい Polycom CX5100 および CX5500 ユニファイド カンファレンス ステーションにより、さらに高品質なオンライン会議を実現

(この記事は 2015 年 1 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 Online meetings get better with Lync and new Polycom Unified Conference Stations, CX5100 and CX5500 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   長い間優れたテクノロジに慣れ親しんでいると、他の人々もそのテクノロジを知っていて、使用しているものと当たり前のように考えてしまうことがあります。これは、Lync と、マイクロソフトがポリコムとの提携の下で開発した Lync RoundTable デバイス (現在の Polycom CX5000) にも言えることです。マイクロソフトでは、世界中の各拠点に分散するチーム間で共同作業を行うために、これらのデバイスを日常的に使用しています。RoundTable デバイスを使用したことがない方は、その使いやすさ、会議室全体を映す 360° のパノラマ映像、音声品質、発言者の自動検出機能に感動することでしょう。RoundTable は、会議室にふさわしい、シンプルでデザイン性に優れたテーブルトップ デバイスです。 以下のスクリーンショットでは、実際に RoundTable が動作しているようすをご確認いただけます。この Lync オンライン会議には 10 名が参加しており、そのうち 5 人は Lync 会議室用システムの Polycom CX8000 を完備した会議室で、Polycom…


よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (3)

特集記事 よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (1) よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (2)  よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (3) <この記事> 前の 2 回で、Office 365 が持っている同じ用途 (たとえばファイル共有、予定共有をしたい) を実現する機能について、どの機能をどのような考え方で使い分ければいいのか、また、どのような用途にどのように展開をするのが良いのかという解説のうち、下記の 3 つについて取り上げてきました。 予定共有や施設予約を行いたいのだが、予定表は Exchange と SharePoint の両方が持っている。どちらを使えばいいのか。 SharePoint はオンラインとオンプレミスの選択肢があるが、社内でどのように活用していけばいいのか。 ファイルの保管場所はどこを使えばいいのか 最終回のこの記事では、Office 365 が持っているソーシャル機能を中心に使い分けを解説していきたいと思います。 ソーシャル機能は SharePoint と Yammer のどちらを使えばいいのか。   組織におけるコミュニケーションと共同作業についての分類 本題に入る前に、組織内でのコミュニケーションについて「共有範囲」と「緊急性」の 2 つの軸で分類してみたいと思います。 コミュニケーションの共有範囲については第一回でも取り上げましたが、全社、拠点、チーム、個人での共有により利用すべきツールが異なってきます。また、緊急性の面で見ると、緊急度が高い内容はリアルタイム性が求められます。メールはビジネスの世界では帰ってくるまでの期待値が 4 時間というデータもありますので、緊急を要するコミュニケーションには適していません。…


Lync Room System の機能を更新

(この記事は 2014 年 12 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Lync Room System feature updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   編集メモ: この記事は、今回の更新内容が Lync Room System (LRS) バージョン 15.12.01 に関連することが明確になるように改訂されました。 マイクロソフトでは、Lync の優れたビデオ エクスペリエンス会議室でも最大限にご活用いただくための継続的な取り組みの一環として、このたび Lync Room System (LRS、機械翻訳) バージョン 15.12.01 の提供開始を発表しました。また、この機能更新に加えて、管理性向上のために LRS Administrative Web Portal サーバー側アプリケーション (英語) を刷新すると共に、LRS Deployment Guide (英語) に構成関連の補足情報を追加しています。 この記事では、LRS バージョン 15.12.01 の機能更新のほか、LRS Administrative Web Portal アプリケーションと LRS…


よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (2)

特集記事 よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (1) よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (2) <この記事> よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (3) 前回の記事「よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (1)」では、主に Exchange と SharePoint の予定表の使い分けについて解説いたしました。今回は、ファイルの置き場所をどこにするかについて考えてみたいと思います。 ファイルの保存場所として候補に挙がるのは、組織内のファイルサーバー、組織内の SharePoint などのグループウェア、そしてパブリック クラウドサービスである Office 365 など (SharePoint Online チームサイト、OneDrive for Business) でしょう。ファイルと一言で言っても、仕事の中で使われるファイルには、様々な用途に使われる様々な種類のものがあります。また、内容によっても置場を考えなければならないことがあります。たとえば、誰にでも公開してよいものなのか、個人情報などの機密情報なのか、によっても保管場所は変える必要があります。どういったことを検討すべきかについて順にみていきましょう。   SharePoint かファイルサーバーか~ファイルの種類により分けよう ファイルをどこに保存すべきかについて、ファイルの種類やサイズの観点から分類してみました。 Office 関連ファイル: Word 文書、Excel ブック、PowerPoint…


Android 向け Lync の新機能 — 匿名による参加、パッシブ認証、連絡先の管理

(この記事は 2014 年 12 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 New Lync features for Android—Anonymous Join, Passive Authentication and Contact Management の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Lync チームのプロダクト マネージャーを務める Barak Manor の記事をご紹介します。 Skype for Business チームから Android ユーザーの皆様にすばらしいクリスマス プレゼントをお届けします。今回の新しいリリースでは、匿名による参加、証明書認証とパッシブ認証、連絡先の管理の各機能を導入すると共に、大幅なパフォーマンス強化とバグ修正を実施しました。マイクロソフトは、モバイル プラットフォームでもあらゆる機能を使用できるようにすることが、モバイルファーストの世界を目指すうえで必要不可欠だと考えています。これらの新機能の導入と機能強化は、マイクロソフトのビジョンの実現に向けた重要な一歩です。 匿名による参加 Windows Phone と iOS デバイスでは既に匿名による参加が可能ですが、今回 Android でもこの機能が使用できるようになりました。これにより、Lync アカウントを持たないユーザーでも Lync 会議に参加できます。同僚やパートナー、顧客を Lync 会議に招待した場合に、相手が Android モバイル デバイスを含め、どのデバイスから参加しても、高品質な音声と動画を利用したり、PIN や電話番号を使用せずに安全に通話したりできるようになりました。 では、Lync アカウントを持たない Android…