Office 365 Exchange Online Archiving が SEC Rule 17a-4 の要件に準拠

(この記事は 2015 年 11 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 Exchange Online Archiving now meets SEC Rule 17a-4 requirements の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 のインプレース アーカイブ機能は、お客様のストレージの容量節約に大きく貢献しています。マイクロソフトの革新的なインプレース機能とシームレスなアーカイブ エクスペリエンスは、市場で数多くの方々にご利用いただいています。現在、Office 365 では、数百万のアーカイブ メールボックスがアクティブに使用されています。 ほとんどの場合は既存のアーカイブ ソリューションで問題ありませんが、お客様によっては、記録保持に関する業界独自の規制要件に準拠することが必要な場合があります。たとえば、銀行や証券 会社などの金融サービス企業では、米国証券取引委員会 (SEC) の規則 17a-4 の電子データ保持に関する要件を遵守することが求められます。規則 17a-4 では、記録保持の期間、形式、品質、利用可能性、説明責任、およびその他の項目について定められています。多くの場合、アーカイブ ソリューションが規則 17a-4 の要件に対応しているかどうかが、SEC の規制遵守が必要なお客様にとってテクノロジを採用する鍵となります。 Exchange Online Archiving (EOA) サービスはこのようなお客様の規制遵守の義務に対応しており、このことを十分にご理解いただくために、特に規則 17a-4 の要件について説明する Exchange Online Archiving のホワイトペーパーを公開しました。 このホワイトペーパーでは、規則…


Outlook Web Access (OWA) に新規のセキュリティ脆弱性が存在しないことを確認

(この記事は 2015 年 10 月 7 日に Office Blogs に投稿された記事 No new security vulnerability in Outlook Web Access (OWA) の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日より、Microsoft Exchange Server のコンポーネントである OWA に新しいセキュリティ脆弱性が見られることがインターネット上で報告されています。マイクロソフトにとって、自社製品のセキュリティを確保することは、お客様に対する最大の役目です。   そこで報告内容を調査した結果、Exchange Server が適切に展開されセキュリティ保護されている場合には、これらの投稿で言及されている攻撃の影響を受けることはないと 判断しました。中には、システムが適切に管理および保護され最新の状態に更新されている場合に攻撃者がどのようにして「きわめて重要性の高いアセットへの 足掛かりを得る」のかという重要な詳細について説明していない投稿もありました。ここで言及されている「攻撃」は、サーバーのファイル システムおよびサービスに対して管理用アクセス権を持ったユーザーか、Exchange Server コンソールにログオンして Exchange のシステム ファイルを置き換える権限を持ったユーザーが、インターネット インフォメーション サービス (IIS) のリセットを実行した場合にのみ発動します。   これらの報告で説明されているような状況を回避するために、IT 管理者の皆様には、最新の製品とサービスを使用すると共に、IT 管理に関する業界のベスト プラクティスに準拠することをお勧めします。   Exchange チーム


Outlook on the web で「いいね!」と @ メンションの機能を提供開始

(この記事は 2015 年 9 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Likes and @Mentions coming to Outlook on the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   この数年で、ソーシャル ネットワークは私たちのコミュニケーションの形に変化をもたらしました。プライベートでは、Facebook で友人が近況を報告したら「いいね!」で賛同を表現でき、Twitter でメンション機能を使用してメンションの相手に投稿への注目を促すことができます。職場においても Yammer などのエンタープライズ ソーシャル ツールが利用され、ソーシャルの概念が浸透しています。この記事では、マイクロソフトが新たなステップとして提供を開始する Outlook on the web の「いいね!」と @ メンションの各機能についてご紹介します。 「いいね!」 – 優れたアイデアを目立たせる 電子メールは、友人や同僚とアイデアを共有したり、共同で作業したり、計画を作成したり、合意を形成したりするには有効な手段です。ディスカッショ ンが進む過程でさまざまな提案、意見、反論が重ねられ、電子メール スレッドがどんどん長くなることが多々あります。Outlook on the web の新しい「いいね!」機能を使用すると、特定の電子メールへの支持を表明したり、支持する意見やアイデアへの注目を集めたりといったことが簡単にできるよ うになります。 メッセージに「いいね!」を付けるには、閲覧ウィンドウの親指を立てたアイコンをクリックします。そうすると、アイコンの色が灰色 から青に変わり、「いいね!」を付けた電子メール内に「You like this」と表示され、電子メールのリスト ビューに親指を立てたアイコンが追加されます。スレッドに参加している全員が「いいね!」を付けることができ、それはメッセージ内にも反映されます。電子 メールに対して「いいね!」が押されると、その作成者に通知が届きます。 「いいね!」を使用すると個別のメッセージに簡単に注目を集めることができます。 メンション –…


ハイブリッド展開のベスト プラクティス

(この記事は 2015 年 8 月 10 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Hybrid deployment best practices の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 のハイブリッド展開は、移行プロセスの柔軟性に優れ、各種の共存シナリオに対応し、オンボーディング時には非常にシームレスなユーザー エクスペリエンスを実現します。このため、お客様の多くがハイブリッド展開オプションを利用しています。ただし、このような柔軟性のメリットをもたらす一方で、計画や展開のフェーズにおいていくつかの選択を誤ると、移行プロセスが妨げられたり、サポート対象外の構成になってしまったり、ユーザー エクスペリエンスが低下したりといった事態を招く可能性があります。今回の記事では、よくある間違いを回避しながらハイブリッド構成で最善の選択を行う方法を紹介します。Exchange のハイブリッド構成の詳細については、こちらのページを参照してください。 * この記事の発行時点で、Exchange Server 2016 のプレビュー版の提供が開始されています。プレビュー版は、運用環境での使用を想定してリリースされたものではないため、運用環境にはインストールしないでください。 オンプレミス版 Exchange の展開を適切に行う ハイブリッド構成に関する便利なガイダンスが Exchange Server 展開アシスタント (EDA) で提供されていますが、この展開アシスタントではオンプレミスとハイブリッドの構成が別々に紹介されています。ハイブリッドのガイダンスでは、明示的に書かれていないものの、オンプレミス環境で現行バージョンの Exchange を適切に展開し共存プロセスを完了していることが前提となっています。このため、Exchange のハイブリッド構成に着手するよりも先に、既存の環境を適切に展開しなければなりません。 つまり、お客様環境で使用している Exchange のうち最も新しいバージョンが Exchange 2010 である場合、通常の接続とオンプレミス環境の全メールボックスのメール フローの負荷を処理できる適正な数の 2010 サーバーを展開する必要があるのです。同様に、お客様環境で使用している最も新しいバージョンが Exchange 2013 であれば、負荷を処理するのに十分な数の 2013 サーバーを展開する必要があります。オンプレミス版 Exchange Server のサイジングの詳細については、こちらのページ…


FEST2015でのOffice 365関連ブレークアウトセッションを紹介

日本マイクロソフトでは、2015年9月2日から4日まで、ザ・プリンスパークタワー(東京)に於いて、日本マイクロソフト最大のイベント”FEST 2015”を開催します。 FEST 2015概要 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/   FEST 2015のDay2 とDay3では、お客様向けのキーノートを始めに、Office 及びOffice 365関連のブレークアウトセッションにてお客様導入事例や最新情報をご紹介します。 ブレークアウトセッションの詳細とご登録はこちらのページをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/session.aspx#day2   Day セッションID セッションタイトル 2 SPN-202 乗り換えも安心!日本企業の求める機能はそのまま。より信頼できるクラウドサービスへ 2 SPN-204 HP Enterprise Service for Office 365 をお客様が選択される理由とその価値 2 SPN-205 Office 365 のプランニング ~サポート・活用促進をワンストップで提供 2 SPN-207 ネットワークに強い KDDI がおススメするセキュアなクラウドの使い方 2 SPN-211 100 万ユーザー突破! 導入事例に見る、Office 365 × HDE One 〜HDE One がなかったら、Office 365 を導入していなかった〜 2 PRD-211 ビジネスを創造する新たなワークスタイル Office…


Outlook on the web の新機能のご紹介

(この記事は 2015 年 8 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 New features coming to Outlook on the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 の Web 版 Outlook の新機能をご紹介します。Web 上のメールや予定表でさらに充実した機能を提供する一環として、ユーザー インターフェイス (UI) と新機能をリリースします。これにより、作業効率が向上するだけでなく、受信トレイが把握しやすく、予定表がより効果的に管理できるようになります。これ まで Outlook Web App (OWA) という名称でご愛用いただいていたブラウザー ベースの Outlook 機能は、「Outlook on the web」として生まれ変わります。新しくなった機能について詳しく見てみましょう。 洗練された外観で効率アップ Outlook on the web では、ユーザーの効率を向上させるシンプルで洗練された UI が採用されています。まずはメール、予定表、連絡先、タスクの上部に表示される操作バーが新しくなりました。操作バーでは、受信トレイを空にする、メール の返信、予定表へのイベント追加など、最もよく使用されるコマンドにすばやくアクセスできます。 使いやすいデザインを実現するために、調整と改良を何度も繰り返しました。メールの件名は以前よりも大きく目立つように 表示され、閲覧ウィンドウのメッセージはインデント表示されるため読みやすくなりました。予定表では、ボタン表示が見やすくなったことで簡単に新しい会議 出席依頼を作成でき、予定表内でのナビゲーションがしやすくなりました。 統合された新しい操作ツール…


初めてのOffice 365管理者トレーニング 開催のお知らせ

Office 365の導入をされるお客様の、システム管理者の方を対象にした運用管理トレーニングを、日本ビジネスシステムズ社が開催します。   お申込みはこちらから   以前、Office 365の導入事例としてご紹介した日本航空様を始め、国内外の大手企業のお客様に Office 365 を導入、サポートしてきた日本ビジネスシステムズ社だからこそできる、 Office 365 の運用管理のノウハウがぎっしり詰まったハンズオンセミナーです。 導入後の継続サポートも別メニューでご用意していますので、導入や導入後の運用も自社中心で進めることができるようになります。   日本データセンターの開設で、更に安心してご利用いただけるようになったOffice 365を、しっかり運用・活用するためには、管理者の方のトレーニングは欠かせません。是非本セミナーの受講をご検討ください。


よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (3)

特集記事 よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (1) よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (2)  よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (3) <この記事> 前の 2 回で、Office 365 が持っている同じ用途 (たとえばファイル共有、予定共有をしたい) を実現する機能について、どの機能をどのような考え方で使い分ければいいのか、また、どのような用途にどのように展開をするのが良いのかという解説のうち、下記の 3 つについて取り上げてきました。 予定共有や施設予約を行いたいのだが、予定表は Exchange と SharePoint の両方が持っている。どちらを使えばいいのか。 SharePoint はオンラインとオンプレミスの選択肢があるが、社内でどのように活用していけばいいのか。 ファイルの保管場所はどこを使えばいいのか 最終回のこの記事では、Office 365 が持っているソーシャル機能を中心に使い分けを解説していきたいと思います。 ソーシャル機能は SharePoint と Yammer のどちらを使えばいいのか。   組織におけるコミュニケーションと共同作業についての分類 本題に入る前に、組織内でのコミュニケーションについて「共有範囲」と「緊急性」の 2 つの軸で分類してみたいと思います。 コミュニケーションの共有範囲については第一回でも取り上げましたが、全社、拠点、チーム、個人での共有により利用すべきツールが異なってきます。また、緊急性の面で見ると、緊急度が高い内容はリアルタイム性が求められます。メールはビジネスの世界では帰ってくるまでの期待値が 4 時間というデータもありますので、緊急を要するコミュニケーションには適していません。…


よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (2)

特集記事 よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (1) よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (2) <この記事> よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (3) 前回の記事「よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合 (1)」では、主に Exchange と SharePoint の予定表の使い分けについて解説いたしました。今回は、ファイルの置き場所をどこにするかについて考えてみたいと思います。 ファイルの保存場所として候補に挙がるのは、組織内のファイルサーバー、組織内の SharePoint などのグループウェア、そしてパブリック クラウドサービスである Office 365 など (SharePoint Online チームサイト、OneDrive for Business) でしょう。ファイルと一言で言っても、仕事の中で使われるファイルには、様々な用途に使われる様々な種類のものがあります。また、内容によっても置場を考えなければならないことがあります。たとえば、誰にでも公開してよいものなのか、個人情報などの機密情報なのか、によっても保管場所は変える必要があります。どういったことを検討すべきかについて順にみていきましょう。   SharePoint かファイルサーバーか~ファイルの種類により分けよう ファイルをどこに保存すべきかについて、ファイルの種類やサイズの観点から分類してみました。 Office 関連ファイル: Word 文書、Excel ブック、PowerPoint…


カールスバーグ、「グローカル」戦略推進へ Office 365 を採用

140 の国と地域で 500 のブランドを展開する大手ビール会社、カールスバーグは、グローバルな生産効率の向上と地域市場に根差した製品やサービスを提供すべく、 Microsoft Office 365 の採用を決めた。営業担当者は、国や地域の違いを越え、お互いの顧客についての情報を共有し、地ビールをはじめ、幅広い製品を世界の顧客に提供できるよう になった。 11.18.2014  The Lounge お客様事例 デンマークのビール醸造会社 Carlsberg Group は、世界中に展開された事業を束ねるため Microsoft Office 365 (以下、Office 365) を採用しました。 160年前に J・C・ヤコブセン氏が創業した同社は、2000 年の段階ではわずか 6 市場でビールを現地生産する企業でしたが、現在は 500 のブランドを擁する世界第 4 位の醸造企業に成長しています。 世界中に分散する事業の運営を統合し、生産性を高め、従業員間の連携を強化する目的で、Carlsberg は Office 365 を導入しました。これは、グローバルな生産効率の向上とローカライズ サービスの提供を目指す同社の「グローカル (GloCal)」戦略の一環です。 Carlsberg の IT 担当副社長、エティエンヌ・ドック氏は、「Office 365 の導入は、社員どうしの連携を支援する方法の 1 つです。このクラウド サービスは、使用する端末の違いやお互いの距離といった従来の交流の障壁を取り除いてくれ、われわれは世界最高のビールの醸造に集中できます。」と話して います。 Carlsberg は、同社のサプライ チェーン全体を効率化する「Carlsberg サプライ チェーン (CSC)」の立ち上げに際しても、Office…