IT プロフェッショナルおよび開発者向けの Office 2016 Preview を発表

(この記事は 2015 年 3 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the Office 2016 IT Pro and Developer Preview の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 クライアント アプリおよびサービス チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 マイクロソフトは、IT プロフェッショナルおよび開発者を対象とした Windows デスクトップ用 Office 2016 Preview を発表しました。Office 2016 Preview プログラムは、数か月間の非公開プレビューを経て、対象範囲を商用 Office 365 のユーザーの皆様にまで拡大する準備が整いました。これは本プログラムにとって重要な進展であり、IT プロフェッショナルおよび開発者の皆様が次期リリースのテストを開始するきっかけとなります。なお、初期ビルドのプレビュー版には、最終製品版への実装が 予定されている機能のうち、一部がまだ実装されていませんのでご注意ください。プレビュー期間中、月次更新を実施して新機能を追加していく予定です。 今後導入されるエンド ユーザー向けの機能強化については後日詳細をお伝えいたしますが、今回の記事では、IT プロフェッショナルおよび開発者向けの重要な更新点について簡単に概要をご説明します。 データ損失防止機能 (DLP) — マイクロソフトはここ数年間、Exchange、Outlook、OneDrive for Business、SharePoint…


SharePoint の進化

(この記事は 2015 年 2 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Evolution of SharePoint の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office プロダクト マネージメント チームのゼネラル マネージャーを務める Julia White の記事をご紹介します。 お 客様やパートナー様からたびたび、SharePoint は Office 365 でどのように進化するのか、オンプレミスの SharePoint の将来はどうなるのか、といったご質問を頂いています。そこで今回は、SharePoint に関する今後の展望をお伝えしたいと思います。2015 年を迎え、Office 365 に新たなイノベーションを続々と展開し、オンプレミス サーバーの次期リリースを間近に控えている今こそ、絶好の機会ではないでしょうか。 当初、SharePoint はチーム サイトに焦点を当てたコンテンツ共同作業ソリューションという位置付けでした。製品が進化するにつれ、ポータル、検索、ビジネス インテリジェンス (BI)、エンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) といった新しい機能が追加されました。SharePoint では、これらすべての機能に共通して一貫した管理レイヤーが提供されており、お客様による制御を実現します。また、SharePoint は拡張性の 高いプラットフォームとして設計されているので、お客様やパートナー様は、事前設定不要のエクスペリエンスを自由に強化できます。皆様からは主に、機能、 管理、拡張性に対してご好評を頂いております。これら 3 つの要素は、SharePoint の取り組みを推し進める中で、サーバーと Office 365 の両方において今後も中心的な役割を果たします。 ク ラウドを利用することで、SharePoint…


SharePoint 2013 Visio Services 評価ガイドをリリース

Visio Pro for Office 365で描いたビジネスグラフィックスは、SharePoint ServerやSharePoint Onlineに実装されているVisio Servicesを使うとブラウザ上で簡単に多くの人と共有することができます。 このVisio Servicesの概要は以前のBlogや、Technetでもご紹介しましたが、この度新たに評価ガイドをリリースしましたので是非お試しください。   ⇒ SharePoint 2013 Visio Services 評価ガイドへのリンクはこちら この評価ガイドは、Visioを使った図面をSharePointで共有する流れを分かり易く解説しており、必要な資料へのリンクをご案内しています。   評価ガイドに含まれる内容 1.Visio Serviceとは 2.事前準備 3.Visio図面にデータをインポートする 4.SharePointでVisio図面を表示する   Visio Servicesについては、新しく作成した動画を近日公開しますので是非お楽しみに。   評価ガイドに含まれる内容と重複しますが、Visioの最新の機能やVisio Servicesをお知りになりたい方は、次のセミナーにご参加ください。   Visioを使ってビジネスを見える化! Visio 2013 入門セミナー ~いまさら聞けないVisioの基本の「き」と開発方法の初級編をご紹介~ セミナーの概要と申し込みはこちらから (1月30日@東京)   Visioを使ってビジネスを見える化! Visio 2013入門セミナー  ~いまさら聞けないVisioの基本とExcelやAccessのデータの可視化~ セミナーの概要と申し込みはこちらから (2月19日@東京)   更に一歩進んでVisioのスマートシェイプの実装方法や、VBAを使った簡単なカスタマイズや自動化など知りたいかたはこちらのセミナーにご参加ください。 業務でVBAを使っている方でしたら直ぐに理解できる入門編のセミナーです。このカスタマイズ入門セミナーは隔月開で開催します。   Visioカスタマイズ入門セミナー   ~Visioのスマートシェイプ開発~ セミナーの概要と申し込みはこちらから (2月26日@東京)   最新のVisioの機能は簡単な動画でもご紹介しておりますので、ご利用のヒントとしてご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx   また、最新のVisioを試してみたい方は、30日間の無料トライアルを是非お試しください。…


Visio を使ってビジネスを見える化 !Visio 2013入門セミナー 11月開催分を終えて

去る11月28日に日本マイクロソフト品川本社において、”Visioを使ってビジネスを見える化!Visio 2013 入門セミナー”を開催しました。 セミナーではVisioの基本機能のご紹介と適用事例、簡単なカスタマイズと開発までを3時間に渡りご紹介しましたが、その濃い内容に参加者の皆様から非常に高いご評価をいただきました。   参加された方のアンケートによると、セミナーで特に興味を持たれた点は大きく2つでした。 ① Excelのデータを図形データとリンクできる、”データリンク機能” ② スマートシェイプとVBAを使った自動作図   Visioはシェイプ(クリップアートのような図形)を使ったきれいな作図ができるだけの製品と思われがちですが、実はExcelや各種DBのデータを図と連携(データリンク)する機能を使ってデータを可視化(データグラフィック)できるのです。   セミナーで実際にご紹介したスライド。フロチャートに作業進捗管理用のエクセルを”データリンク”したところ。     データリンク後にデータグラフィック機能を使って進捗状況を可視化。Visioに閾値を設定すると、進捗を表すシグナルを緑/黄色/赤などで表現できる。よってフローのどこで作業が詰まっているかを一目で把握できるようになる。 参加者の方は実際のデモをご覧になったことで、データリンクとデータグラフィックについて理解を深めることができたようです。 スマートシェイプでは作図を自動化する機能を持ったシェイプについて解説をしました。 VBAは広く使われていますが、VisioでVBAを使って自動的に作図をするやり方をこのセミナーで初めて知ったというお声をいただきました。 3時間と少し長めのセミナーは途中退席される方もなく、あっという間に終了。セミナー後の質疑応答ではたくさんのご質問をいただきました。   内容盛りだくさんのVisio2013入門セミナーは年内と年明けの2回開催しますので、ご興味を持たれた方は是非ご参加ください。 (参加特典:仕事で使える Visio 特製ノートパッド) お申し込みはこちらからどうぞ。 12月19日(金曜日)開催分 開催時間 14時―17時 @ 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 1月30日(金曜日)開催分  開催 時間 15時ー18時 @ 日本マイクロソフト株式会社 品川本社   2月以降は入門セミナーのうち、Visioの基本機能とOffice 365のVisio Servicesを中心にご紹介する入門セミナー(毎月開催)と、開発に特化した入門セミナー(2月、4月、6月各1回づつ開催)にそれぞれリニューアルします。 セミナー情報はVisioの製品サイトから告知しますので定期的にご確認ください。   30日間無償で一人最大5台のPCにVisio の最新版(Visio Pro for Office 365)をインストールしてお試しいただけます。 ダウンロードはこちらからどうぞ。


Visio を使ってビジネスを見える化! Visio 2013 入門セミナー開催のお知らせ ~いまさら聞けない Visio の基本の「き」と開発方法の初級編をご紹介~

最新のVisioではデータリンク機能で様々なデータベースと連携して図面を使ってデータの可視化を行い、SharePointのVisio Servicesで簡単に作成した描画の共有が行えます。こうした機能に興味はあるけど外部の勉強会も少ないし困ったなーという法人のお客様とパートナ企業様向けに、11月よりVisioセミナーを定期的に開催します!   本セミナーは、Visio の導入検討をされている法人や組織のお客様ならびに、Visio を使った提案をされるパートナー企業を対象にしたセミナーです。 新しい Visio 2013 は従来の描画ツールとしての機能にさらに磨きをかけるとともに、SQL サーバー、Azure SQL、各種 DB との連携を実現するデータ リンク機能やデータ グラフィック機能、SharePoint Online との連携を実現する Visio Service といった機能がご利用いただける、ビックデータや IOT との連携、データ可視化ソリューションとして活用できる製品となりました。   本セミナーでは、いまさら聞けない Visio の基本機能を事例とともにご紹介する第一部 (70 分) と、自社用にカスタマイズをしたいというニーズに応える Visio を使った開発方法をご紹介する第二部 (90 分) から構成されています。  第一部の講師は本年度 Visio MVP の石田かのこ (株式会社クリエ・イルミネート) が担当、第二部は野澤宇一郎 (株式会社マイスター) が担当いたします。 Visio を使ったプロフェッショナルな描画や、Office 365 の SharePoint Online を使った情報の可視化、社内のさまざまなデータの可視化を実現するヒントを求められているお客様および法人向けにVisioとOffice 365を使ったソリューション提案をされるパートナー様はぜひこの機会にご参加ください。   【参加登録方法と日程】 セミナーの詳細なアジェンダと参加登録は以下のサイトにてご確認ください。 2014年11月28日開催分 …


Project Online でパフォーマンスとスケーラビリティを向上

(この記事は 2014 年 10 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Performance and scale improvements to Project Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Project エンジニアリング チームのシニア プログラム マネージャー リードを務める Chris Boyd と、Project プロダクト マーケティング チームのシニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Krishna Mamidipaka の記事をご紹介します。 マイクロソフトは、ユーザー エクスペリエンスの向上、および一部の最大規模のお客様が運用されているスケールのサポート強化を目的として、Project Online テナントのパフォーマンス強化の適用を全世界で開始しました。この変更は、一部のお客様には目に見える明らかな形で適用されますが、その他のお客様にとっては潜在的なものとなります。 今回の変更によって、主に以下の点が強化され、さらに快適に利用できるようになります。 プロジェクト センター: 特定のプロジェクトからプロジェクト センターに移動する際の操作が特に強化され、最適化により中間の手順が省略可能になりました。 Web 上でのプロジェクト操作: パフォーマンスの最適化により、SQL 層から Web UI まですべてのユーザー エクスペリエンスの速度が向上しています。 プロジェクトの作成および公開: プロジェクトの作成および公開に必要なキュー ジョブを改良しました。これにより、シームレスな切り替えが可能で、またプロジェクトの次の段階の作業を開始するまでの所要時間が大幅に短縮されます。 タイムシートの送信: ページのパフォーマンスが向上したため、タイムシートを迅速に送信できるようになります。 上記の他にも、お客様の企業にさらに多くの価値をご提供できるように、Project Online 管理者向けの新機能をご用意しました。こちらの機能は、プロジェクト作成時、プロジェクト詳細ページでの作業時、およびプロジェクト公開時のパフォーマンス向上を目的として設計されています。内容は次のとおりです。 エンタープライズ…


新しい Lync SDN インターフェイスの提供を開始

(この記事は 2014 年 9 月 29 日に Office Blogs に投稿された記事 New version of Lync SDN interface now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Lync チームのプロジェクト マネージャーを務める Jamie Stark の記事をご紹介します。 ユニファイド コミュニケーション (UC) 環境でソフトウェアによるネットワーク制御 (SDN、英語) を活用するしくみについて TechEd でご紹介してから、数か月が経ちました。それ以降、業界では、ネットワーク内のメディアの問題が発生した場所の診断から、サービスの品質 (QoS) の自動化まで、さまざまなシナリオにおける UC SDN の活用についての話題が絶えることがありません。 その間、Lync チームでは 3 つの取り組みに注力してきました。1 点目は、Lync Server SDN インターフェイスの統合、テスト、品質保証を行うパートナーの拡大で、最近では Meru Networks (英語) と Extreme Networks (英語) が加わりました。この 2 社の他に、Aruba Networks (英語)、Nectar Services (英語)、HP Networking…


Lync と Software-Defined Networking

(この記事は 2013 年 12 月 17 日に The Lync Team Blog に投稿された記事 "Lync and Software-Defined Networking" の翻訳です) あまり知られていませんが、Lync と Skype のエンジニア チームのメンバーは、多くが Windows Server コア ネットワーク部門の出身です。世界中で優秀な統合コミュニケーション ソフトウェア パッケージとして高く評価されている Lync では、その基盤となるユーザー インターフェイスや機能を構成するために、非常に数多くのネットワーク プロトコル (英語) が使用されています。無線の場合も有線の場合も、通信を利用してさまざまなことが行われていることは、Lync の展開、構成、運用に少しでも関わったことのある方ならおわかりかと思います。 ネットワークは Lync の根幹となるものであるため、この業界で Software-Defined Networking (SDN、英語) が注目を集め始めたとき、私たちは大いに興味をひかれました。SDN の定義については多岐にわたるため、別途お調べいただければと思いますが、一般的には、低レベルのネットワーク機能をソフトウェアベースのプラットフォームで制御される一般的なハードウェアに分離すること、およびアプリケーションのネットワーク要件をソフトウェア コントローラーに伝達することの 2 点であると考えられます。この概念はクラウド規模で運用されるデータ センターから生まれたもので、企業のネットワーク アーキテクチャでの有効性が認識されるようになり、一般市場にも普及してきました。 SDN は、基盤となるネットワーク構造とは独立して仮想マシンを管理するために使用される場合が最も一般的です。また、Lync を導入している組織においては、統合コミュニケーションを利用できるという点も大きなメリットとなります。どのような統合コミュニケーションを導入する場合であっても、ルーター、リバース プロキシ、侵入検知システム、アプリケーション配信コントローラー、ファイアウォール、セッション ボーダー コントローラーなど多数のネットワーク要素が存在する環境で、そのすべてを正しくプロビジョニングして構成しなければ、適切なメディア フローは実現しません。SDN では、これらの要素をすべて個別に構成する必要がなく、単一のポリシーに基づく運用手法が利用できます。この場合、アプリケーションがネットワークに対して何が必要であるかを指示します。 これは大きなパラダイム…

0

Office/SharePoint 用アプリ開発者トレーニング

新しい Office 2013 では、Apps for Office (Office 用アプリ)、Apps for SharePoint (SharePoint 用アプリ) と呼ばれる、クラウド対応のアプリケーション開発展開フレームワークが採用されました。Apps for Office/SharePoint によりユーザーは、クラウドのパワーをデスクトップやサイトに取り込み、様々なインターフェースを通して利用できるようになります。開発者は、JavaScript や REST といった Web 標準技術の組み合わせにより Office や SharePoint 用のアドインを開発できるため、既存の技術知識やアプリケーション資産をそのまま活用ができ、すばやく柔軟なサービスを提供できるようになります。さらに、マイクロソフトが提供する Office ストア上でアプリを販売いただくことも可能です。 今回、このアプリ開発にご興味をお持ちの技術者様向けに、トレーニング イベントを実施いたします。 開催日時は 2013 年 9 月 17 日 (火) 9:30 ~ 18:00、場所は品川インターシティ、講師はクリエイルミネートの奥田理恵さんです。座学+セルフペースのハンズオン、という構成になっております。内容う際は下記お申込みページをご参照ください。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032559070&Culture=ja-JP&community=0 なお、開発環境がインストールされているノート PC のご持参が必要です。環境の必要要件もお申込みページに記載しておりますので、必ずご参照、および事前準備をお願いいたします 

0