Office ドキュメントと iOS 向け Outlook の統合を強化

(この記事は 2015 年 8 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Deeper integration between Office documents and Outlook for iOS の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Outlook とその他の主要な iPhone および iPad 向け Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint) の統合が強化されました。外出先での Office ドキュメントの共同編集や共有がこれまで以上に簡単になります。ビジネス シーンにおいて Word、Excel、PowerPoint のドキュメントは、戦略文書、営業用プレゼンテーション、連絡先、市場分析など、インフォメーション ワーカーが生み出す知識と経験を大量に記録するために、多くの企業で利用されています。またプライベートでは、To-Do リスト、旅程表、毎月の家計表などとしても使用されています。そして、こういった情報は Outlook のメールを使用して他のユーザーと頻繁に共有されているのが現状です。 今回、iOS 向け Outlook では、添付ファイルとして送信された Office ドキュメントを従来の簡易ビューアーに代わって、対応するアプリで直接開けるようになりました。また、添付ファイルとして送信されたファイルの共同編集を 行うための手順も簡素化されています。今回更新された機能と、Outlook の優先受信トレイや緊密に統合された予定表、カスタマイズ可能なスワイプ ジェスチャ、予測検索などを併用することで、小さな画面からでもさらに効率的に作業を進められるようになります。 では、これらの新機能について見ていきましょう。 Outlook から直接添付ファイルを開く 添付ファイルとして送信された Office ドキュメントの編集をすばやく簡単に行えるようになりました。Outlook の添付ファイルをタップすると、対応する…


Outlook on the web の新機能のご紹介

(この記事は 2015 年 8 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 New features coming to Outlook on the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 の Web 版 Outlook の新機能をご紹介します。Web 上のメールや予定表でさらに充実した機能を提供する一環として、ユーザー インターフェイス (UI) と新機能をリリースします。これにより、作業効率が向上するだけでなく、受信トレイが把握しやすく、予定表がより効果的に管理できるようになります。これ まで Outlook Web App (OWA) という名称でご愛用いただいていたブラウザー ベースの Outlook 機能は、「Outlook on the web」として生まれ変わります。新しくなった機能について詳しく見てみましょう。 洗練された外観で効率アップ Outlook on the web では、ユーザーの効率を向上させるシンプルで洗練された UI が採用されています。まずはメール、予定表、連絡先、タスクの上部に表示される操作バーが新しくなりました。操作バーでは、受信トレイを空にする、メール の返信、予定表へのイベント追加など、最もよく使用されるコマンドにすばやくアクセスできます。 使いやすいデザインを実現するために、調整と改良を何度も繰り返しました。メールの件名は以前よりも大きく目立つように 表示され、閲覧ウィンドウのメッセージはインデント表示されるため読みやすくなりました。予定表では、ボタン表示が見やすくなったことで簡単に新しい会議 出席依頼を作成でき、予定表内でのナビゲーションがしやすくなりました。 統合された新しい操作ツール…


初めてのOffice 365管理者トレーニング 開催のお知らせ

Office 365の導入をされるお客様の、システム管理者の方を対象にした運用管理トレーニングを、日本ビジネスシステムズ社が開催します。   お申込みはこちらから   以前、Office 365の導入事例としてご紹介した日本航空様を始め、国内外の大手企業のお客様に Office 365 を導入、サポートしてきた日本ビジネスシステムズ社だからこそできる、 Office 365 の運用管理のノウハウがぎっしり詰まったハンズオンセミナーです。 導入後の継続サポートも別メニューでご用意していますので、導入や導入後の運用も自社中心で進めることができるようになります。   日本データセンターの開設で、更に安心してご利用いただけるようになったOffice 365を、しっかり運用・活用するためには、管理者の方のトレーニングは欠かせません。是非本セミナーの受講をご検討ください。


1月の Modern Workplace :生産性向上のための10のビジネスヒントとは?(New Year's Special: Top 10 Business Takeaways)

大好評オンラインシリーズ「Modern Workplace」1月のコンテンツ 世界で成功を収めるイノベーターたちの思考・経験・ビジネス創出のエッセンスをオンラインシリーズで視聴してみませんか?マイクロソフトでは、 “Modern Workplace” と題して、毎月第1火曜日に様々なゲストを招き、世界同時のライブ配信を実施しています。 世界のビジネスマンを対象とするコンテンツのためビデオは英語となりますが、日本の皆様にもご覧いただくべく視聴に必要な登録サイトの日本語版、オンデマンドでのアーカイブも日本語字幕付きでもご覧いただけるようになっております。 1月のコンテンツは、  "Top 10 Business Takeaways"(ビジネスのヒント:トップ10) と題して米国時間の1月6日午前に配信されます。日本の皆様にはその後オンデマンドにて公開されるアーカイブを是非ご覧いただければと思います。 視聴には簡単なご登録が必要となります。 こちらの登録フォームで登録後、登録に使ったメールアドレスでサインインください。登録までの手順はこちらに記載しています。 日本語字幕にも対応したことから、日本の方の登録も増えて参りました。是非、皆様の日々のビジネス現場での生産性向上のヒントとしてご活用いただければ幸いです。   これまでのコンテンツ 2014年10月 : Innovative Strategies2014年11月 : Social in the Enterprise2014年12月 : How Millennials Are Changing Business   関連サイト・情報 – Modern Workplace 公式サイト(英語)- 視聴するための事前登録フォーム(英語)- 視聴するための事前登録フォーム(日本語) ■過去の関連ブログ記事:- 登録~視聴までの流れ:新しい時代の「働き方」のヒントを得るためのオンラインシリーズ ”Modern Workplace" を展開中です!- 12月のコンテンツも公開!:世界のキーパーソンから今後の「働き方」のヒントを得る大好評のオンラインシリーズ ”Modern Workplace" ■ソーシャルネットワークでの告知:- Office Facebook (米国)- Office Twitter (米国)- Office LinkedIn (米国) – Microsoft Office 365 -…


Office 365 に標準装備されている電子メールの誤送信防止機能 5 点

巷では昨今、情報漏えいやその代償について大きく話題となっています。いったん情報漏えいをしてしまうと企業はとても大きな代償を払わなければなりません。過去の事例を見るとその値段は漏えいした内容によって様々ですが、1 件当たり 500 円とも 1 万円とも言われています。場合によっては 1 件当たり数万円の代償を支払っているケースもあるようです。漏えいの原因としてはハッキングや内部犯行、盗難などもありますが、一般的にその割合は合計で 20% 未満、圧倒的に多いのは管理ミスや操作ミスといわれています。その中でも、メールの誤送信については対策を講じておく必要があります。Office 365 では標準で様々な誤送信対策を講じることができます。Exchange Online 導入の際は、以下の 5 つの設定を行っておくとよいでしょう。   1. メールヒント メールヒントは、あらゆるプランの Exchange Online や Office 365 のメールで Outlook Web App または Outlook 2010 以上の Outlook クライアントを組み合わせて利用する場合に利用可能です。 組織外の受信者を To/CC に指定すると警告を表示します。      2. 遅延送信 Outlook を利用している場合は、仕分けルールを使って Exchange の遅延送信を設定することができます。たいていの場合、送信ボタンを押した後すぐに間違えに気づくため、1 分から数分くらいの遅延を設定しておけばほとんどの事故は防げるでしょう。これは、エンドユーザーが個別に設定します。   この設定を行うと、送信ボタンをクリック後、指定した時間だけメールが送信トレイに滞留し、その後本当に送信されます。設定方法の詳細については、ブログ記事「Outlook で Exchange Online メールの遅延送信オプションを設定する」を参照してください。   3….


日本大学の全学生がOffice 365 を利用可能に

Office 365 Education プラン A3 のサービスを導入し、学生のクラウド利用率向上を図る 日本最大の学生数を誇る日本大学では、これまで学部ごとだった学生の ID 管理シ ステムを 2008 年に統合、約 10 万人の学生が利用できる共通認証基盤を構築し、メール システ ムとして Google Apps を導入しました。しかし、学生の利用率が想定より低かったため、より よい学生サービス提供をするため、2013 年には全学部の学生を対象に、Microsoft Office 365 Education の導入を決定、2014 年 4 月から運用を開始しました。導入の目玉は、最小限のコストでのアプリケーション不正利用の防止と、最新版の Office 365 ProPlus を常に利用できる環境の実現、学部事務担当のアプリケーション配布や管理負荷をなくすことです。今回日本大学では、Office 365 Educationを導入し、日本大学の学生は、Office 365 EducationのプランA3に含まれるサービスを利用できるようになりました。各学部、学生共に Office が自由に利用できることへの期待は高いものがあり、総合学術情報センターではクラウド 利用率の向上を目指して、Office 365 Education の活用促進を図っていく考えです。  Microsoft Office 365 Educationでは、Office 365 Education プラン A3に含まれる Office 365 ProPlus(※2) が、パッケージ版よりも安価に利用でき、常に最新バージョンが利用できるので、古いバージョンの Office をそのまま使い続けるようなこともありません。また、学生が…


Office 365 でユーザー アカウントを乗っ取り被害から保護するには?

皆様あけましておめでとうございます。今日から仕事が始まる方もたくさんいらっしゃると思いますが、正月は少しゆっくりできましたでしょうか。 さて、正月早々なのですが、ちょっと気になるニュースとその対処法についてお知らせします。昨年のクリスマス頃から年末にかけて、「Gmail アカウント乗っ取りが相次ぐ」というニュースが国内で大きく取り上げられました。報道によると、パスワードの推測や総当たり攻撃によってパスワードを破られた可能性があるということでした。幸い、Office 365 では同様の報告は挙がってきていませんが、Office 365 でも同様のリスクがあるのではないかと心配されるお客様もいらっしゃるのではないかと思います。そこで、今回の記事は、リスク別の対処法について解説したいと思います。   1. パスワードの推測に対する対策 一番重要かつすぐにできる対策は、お使いのパスワードを推測されにくいものに変更し、かつ定期的に変更することです。Office 365 では、パスワードポリシーに従った複雑なパスワードのみしか設定できないようになっていますが、下記のページで紹介されているような危険なパスワードやそれに類似するような方法で作成されたパスワードは利用しないように気を付けてください。 あなたは大丈夫? 使ってはいけないパスワードランキング 2011 年版最もダメなパスワード よく使われる危険なパスワードトップ 500 また、Office 365 では、マシンアカウント用などに、パスワード期限切れポリシーを解除することができますが、セキュリティの観点からはマイクロソフトはこの方法を推奨していません。ユーザーに広く無期限のパスワードを配るようなことは絶対に避けてください。   2. 総当たり攻撃に対する対策 「総当たり攻撃」とは、パスワードとして成立する可能な文字列の組み合わせを1つずつすべて試していくことによってパスワードを破る方法です。時間さえあれば人間には入力が面倒でもコンピュータはすべてのパターンを試すことが可能です。Gmail/Google Apps のパスワード認証画面では、2012 年 12 月末現在、総当たり攻撃に対する対策がなされていないシナリオがある (つまり間違ったパスワードを何度でも受け入れる場合がある) ようですが、Office 365 をはじめとするマイクロソフトのクラウドサービスでは、間違ったパスワードを一定回数以上入力すると、追加の認証を要求したり、入力元をブロックしたりする仕組みが実装されていますので、Gmail に比べると総当たり攻撃に対するガードは格段に高くなっています。   Office 365 で一定回数以上パスワードを間違えると、画像で表示されている文字列を入力する追加の認証を行う必要がある   Windows Live Hotmail で一定回数以上パスワードを間違えると、入力がブロックされる   このように、マイクロソフトでは、アカウントの乗っ取り攻撃を想定した上で、お客様のユーザーアカウントを攻撃から守るための様々な対策をすでに講じています。このため、ユーザーアカウントの正しい運用がされていれば Gmail で報告されたようなアカウント乗っ取りは Office 365 では起こりにくいと考えられます。   より安全性を上げるには AD FS…


ルーマニアの教育支援機関 Educativa が Google Apps からOffice 365 へ切り替え生産性倍増

(この記事は Whymicrosoft.com に 2012 年 12 月 21 日に投稿された記事の翻訳です) 教育支援機関 Educativa は、クラウドベースのメッセージングサービスGoogle Mail を採用しましたが、Googleは既存のインフラストラクチャと統合できるほど機敏ではないと、すぐ気が付きました。その理由を、Educativa ビジネスマネージャーの Bogdan Kochesch に聞きました。   Q: Educativa について教えてくれますか? Bogdan Kochesch: Educativa は、ルーマニアの学生がヨーロッパとアメリカの学校や大学に入学しやすいように、教育関連の製品とサービスを開発しています。本社はブカレストにあり、社員20名は60校以上の大学、何百もの高校と、何千人ものルーマニアの学生を含むネットワークを管理しています。 Q: メッセージングとコラボレーションを管理するため、なぜクラウドサービスを調べたのですか? Kochesch: Educativa 社員は、急速に拡がる学生と組織のネットワークと、主にメールと電子ニュースレターを使ってコミュニケートします。大量のメールトラフィックをサポートするため、Linux ベースのメールサーバーを含む様々なメッセージングとコラボレーションのソリューションをテストしたところ、すぐにこのソリューションはスケーラブルではない、または信頼に足らないと気付きました。クラウドベースソリューションは、社内設置型オプションより費用効率が高いと確信しました。   Q: なぜGoogle Apps よりOffice 365 を選んだのですか? Kochesch: 最初はGoogle Apps クラウド サービスを選び、社内で既存のMicrosoft Outlook メッセージングおよびコラボレーション クライアントと、Google Mail クラウドベース メッセージング サービスを統合しました。まもなく、クライアント アプリケーションとオンライン サービスの同期の問題が発生し、メールが配信されないばかりか、送信トレイに留まったままのメールもあり、社員は何回も同じメールを送信する羽目になりました。   10か月間 Google Apps…


過去の電子メール紛失とはもうオサラバ!Exchange Online と Outlook で実現する最強のメール バックアップ

(この記事は、Office 365 アドベントカレンダー 2012 の記事としてお送りしています。アドベントカレンダーとは、クリスマスカウントダウンの日めくりカレンダーのことで、一日ずつ Office 365 関連のネタを様々な方が投稿する企画です) みなさんはおそらく過去に一度は「いままでのメールが消えた!」という経験をしたことがあるのではないかと思います。   「PCを新しくしたときに過去のメールデータが取り出せなかった」 「メールを格納しているファイルが破損していままでのデータが吹っ飛んだ」 「メールサーバーのハードディスクが壊れたけど、バックアップを取っていなかった」 「うっかり削除ボタンを押してしまって元に戻せなかった」 「メールボックスがいっぱいになってしまったので古いメールは消さざるを得なくなった」   など、理由は様々考えられますが、いろいろなところから「あるある!」といった声が聞こえてきそうです。メールを利用するうえで一番基本的なニーズとして、データが消えずにサクサク使え、かつ安い!といったことがあげられると思いますが、そのような基本的なニーズにきちんと答えられるのが、Exchange Online + Outlookの環境なのです。この組み合わせでは、予定との連携などできることは他にも色々あるのですが、今回はこの基本的なニーズに特化してみてみたいと思います。   まだPOP3メールを使っていますか? 通常、メールというと、POP3を使ってOutlook Express、Windows Mail、もしくは他のPOP3メールソフトを使っているかもしれません。POP3だとメールをメールソフトに読み込むとサーバーからはメールが消えてしまいます。また、PCのハードディスクにデータが溜まっていきますが、バックアップを定期的にとらなければこの場所が唯一の情報の保存場所となります。また、他のデバイスから参照することもできません。 メールサーバーがインターネット上からアクセスできるようになっていれば、最近よく使われているスマートフォンからPOP3のメールを読むこともできます。スマートフォンから読み込む場合は、サーバー上のメールを消さない設定になっているため、スマートフォンで見た後にPCからも同じメールをダウンロードすることができます。ただし、スマートフォンに残っているメールとPCに残っているメールは、両者から読み込むタイミングによっては違ったものが残ってしまいます。 メールサーバーがインターネットからアクセスできない場合は、会社のメールを携帯電話やフリーメールのアドレスに転送しておくことになります。ただし、会社の機密情報を、利用規約によって保存データの機密性が守られていないメールシステムに不用意に転送することはリスクになります。   Exchange Online + Outlookで実現する「大事なデータをなくさない」メール環境 メールサーバーとして、パブリッククラウドの形態で提供されているExchange Online を利用することで、POP3で課題となっていたいろいろな問題を簡単に解決することができます。Exchange OnlineはOutlook Web AppというWebブラウザーベースの画面だけでも利用できるようになっており、データはクラウド上に格納しておけるので、世界中どこからでも同じデータを参照でき、かつデータは安全に保管しておくことが可能です。さらに、Outlookを組み合わせると追加で便利になることがあります。(Outlookを使ったときのみの追加機能は * をつけています) サーバー側にデータが格納されているので、クライアントPCの買い替えなどに依存せずデータ保持が可能。 サーバー側にデータがあると、他のPCやスマートフォンなどから、どこからでも同じデータを閲覧可能。 しかも、ストレージは大容量の25GB。オプションで容量無制限のアーカイブを足すこともできます。 ごみ箱などから削除しても、(最低)14日間は復元が可能。( * ) サーバー側のデータは地理的に離れた2拠点で、それぞれクラスタ構成でデータが同期されて保持されているので、万が一サーバーが壊れてもデータが失われることなく、継続して使い続けることができます。災害対策にも有効。 オフライン環境に備えて、データはOutlook側にも保持しておくことが可能。( * ) 稼働率は99.9%が保証されている。 データはお客様のものであり、マイクロソフトではデータの内容を閲覧しないことが規約で定められている。 値段は電子メールだけの標準価格だとたった330円/ユーザー/月と、同業者の中でもずば抜けて安価。1GBでOutlookが使えないオプションはなんと160円/ユーザー/月。ユーザーに応じてどちらで使うかを選ぶことができ、任意の割合にすることができます。TCO削減に効果があります。 このように、メール機能の原点に戻った基本的な機能について、Exchange Online はきちんと満たすことができます。これが、日頃から安心してメールを使える、という信頼感につながっていき、仕事の効率も向上させます。 …


大きな成長を遂げた Exchange 2013 と Outlook 2013 のメール

(この記事は Whymicrosoft.com に 2012 年 12 月 14 日に投稿された記事の翻訳です) 1971年MIT の名代としてRay Tomlinson が、世界で初めてネットワーク メールの送信ボタンを押してから、メールがどれほど長い年月を旅してきたかを思うと興味は尽きません。25年以上かけて、メールはコミュニケーションのビジネス スタンダードとして、従来の郵便とファックスを抑え、何百万人に利用されるコミュニケーション手段として発達しました。 ソーシャル メディアの台頭にもかかわらず、メールは今も、インターネット コミュニケーションで最もよく使われる手段です。 メールの発達に伴い、その使い勝手にも期待が持たれています。今日のビジネスでは、メールをいつも確実に使えるように期待されます。一流の生産性の実現が望まれます。つまりメールは、単に良いだけでは満足されない、ずば抜けていることが求められるのです。 新しいOffice では、それができます。エンド ユーザーにも、IT 管理者にも、クラウドでも、オンプレミスでも、メールは Office 365 という新バージョンへの大きな一歩を踏み出しました。   新しいOutlook のご紹介 新しいOutlook では、同一のユーザー インターフェース (UI) に、ユーザーが好んでよく使う機能を合わせて、どこからでもメールにアクセスできます。魅力の一部をご紹介しましょう。 Windows 8 スタイルUI –  クリーンでモダン、直感的なユーザー インターフェースをご覧ください。ユーザーインターフェースは、プレミアム スクリーン サイズに最適化され、どのデバイスでも没入型の、いつもと同じ環境を実現します。 Outlook アプリ – Outlook とOutlook Web Appからサードパーティー製Web アプリを使える、新しいOfficeの拡張性をご活用ください。   管理しやすい – 画面を切り替えずに、その場で素早くメッセージを書き、送信できる「インライン コンポーズ」機能。今作ったメールに、ファイルを添付しますと書けば、「添付忘れ リマインダー」も登場します。  …