Google よりもマイクロソフトを選択した大学が、IT に関連する時間の短縮とストレージの削減を実現

(この記事は Whymicrosoft.com に 2011 年 6 月 13 日に投稿された記事の翻訳です) 本日は、アラブ首長国連邦 (UAE) 大学の事例により、Sun のメッセージング システムから Exchange と Live@Edu への移行においてマイクロソフトが最善の選択であった理由をご紹介します。 「Exchange Server は、現在利用できる最も強力な電子メール ソリューションの 1つであるため、教育産業における標準になりつつあると当大学は考えています。Live@edu はクラウドで同様の操作性を無料で得られるところが気に入っています」   UAE 大学電子メールおよび共同作業サービス管理者、Muhammad Imran 氏     アラブ首長国連邦大学 アラブ首長国連邦大学 (UAE 大学) は人文科学、社会科学、教育、ビジネス、医学、法律などの専攻分野において在学生、大学院生、博士、社会人のためのプログラムを提供しています。アル アインにある同大学には、約 12,500 人の学生と 750 人の教職員が在籍しています。   IT 上の課題 UAE 大学は、電子メールやその他のコミュニケーションおよび共同作業ツールに大きく依存しています。学生や教職員はそれらのツールを日常業務で利用しています。また、同大学では生涯にわたって利用する電子メール アカウントをその卒業生 55,000 人に提供するという方針を取っています。 約 3 年前の段階で、UAE 大学の Sun Java SystemMessaging Server 電子メール…