Android 向け Skype for Business の提供開始

(この記事は 2015 年 12 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business for Android now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Android 向け Skype for Business アプリの提供が開始されました。この数か月間、プレビュー プログラム (英語) に参加されたユーザーの皆様から貴重なフィードバックを頂きました。そして今回、この新しいアプリの一般提供により、多くの皆様が外出先での生産性を向上できることを嬉しく思います。 以下に、Android 向け Skype for Business アプリの機能の一部をご紹介します。 外出先のシナリオに最適化 ダッシュボードのデザインが刷新され、連絡先の検索バー、今後の会議予定、最新の会話履歴が 1 か所にまとめて表示されるようになりました。予定の右側に表示される [Quick Join] アイコンをタップするだけで、会議に参加することできます。また、会議名をタップすると詳細を確認できます。最新の会話履歴は、使用しているデバイスを問わず簡単に確認できます。さらに、ビデオ通話が全画面表示され、通話関連のコントロール ボタンが大きくなったことで消音や会議への参加者の追加がしやすくなり、外出先での共同作業が簡単になりました。 連絡先管理の強化 連絡先の検索バーでは、名前、メール アドレス、そして電話番号からでもグローバル アドレス一覧を検索できます。また、設定した Skype for Business グループ内の連絡先をすぐに検索して、グループに連絡先を追加または削除できます。 高度な認証およびセキュリティ オプション Android 向け Skype for…


プランニングの将来像: クラウドでのオンライン プロジェクト計画

(この記事は 2015 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 The future of planning—online project planning in the cloud の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   ほとんどの企業はその規模にかかわらず、物事を整理し、その状態を維持するためにプロジェクト管理が欠かせません。利用可能なさまざまなプロジェクト管理ツールは、リソースの管理、コストの予測と抑制、複数のチーム メンバーとの効果的なコミュニケーション、あらゆるプロジェクトの進捗管理に役立ちます。こうしたツールには、個々のネットワーク コンピューター上にソフトウェアとしてインストールできるものもありますが、多くは Web ベース、つまりクラウドで提供されます。   クラウドベースのプロジェクト管理ツールのメリット 「クラウド コンピューティング」という言葉に怖気付く方もいらっしゃると思いますが、ここで少し、実際の価値を考えてみましょう。オンプレミスのプロジェクト管理ツールにも存在意義がありますが、クラウドベースのソフトウェアにも次のようにさまざまなメリットがあります。 先行投資を抑制: オンプレミスのプロジェクト管理ソフトウェアを使用する場合、ソフトウェア ライセンス、サーバー ハードウェア、IT 部門のサポート担当者、時間のかかる導入作業など、多くの要素に投資する必要があります。一方、クラウドベースのソリューションで一般に必要となるのは、月または年単位の料金だけです。 かつてないほどの高度なセキュリティ: 企業幹部の間における定説とは異なり、クラウドが備えるセキュリティはオンプレミスのソリューションに引けを取りません。ただ、企業が物理的なサーバーを管理しないというだけです。Forbes 誌の最近の記事 (英語) にあるように、「クラウド コンピューティングのセキュリティは矛盾した表現ではなくなった」のです。 どこからでもアクセス可能: インターネットに接続されている限り、どこからでもクラウド上のプロジェクト管理ソフトウェアにアクセスできます。Web ブラウザー経由でアクセスするため、チーム メンバーが PC 以外のデバイスからドキュメントを表示、編集、管理することも可能です。 チームの連携: 従業員どうしが遠く離れている場合でも、クラウドベースのソリューションを利用すれば 1 つのグループに属しているという感覚を得ることができます。すべての関係者に最新の情報が届くため、だれ 1 人として誤って会話から除外されることはありません。さらに、会話を (電子メールではなく) プロジェクト専用のスペースで行ったり、後で参照するために保存したりすることも可能です。 生産性の向上:…


共同作業に対応した Outlook 2016 のファイル添付機能

(この記事は 2015 年 11 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 Attachments in Outlook 2016—ready for collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)  直前まで作業していたファイルを添付しようとして探し回ったり、共有されたリンクを探して後からメールの山をあさったり するのは面倒です。Windows 版 Outlook 2016 のリリースにより、ファイルの添付が大幅に簡単になりました。今後は、PC、スマートフォン、タブレットのいずれを使用している場合にも、ファイルの検索 や共有に伴う手間が省けます。 新しくなったファイル添付機能で最初に目に付くのは、[Recent Items] として最近アクセスしたドキュメントの一覧が表示されることです。[Recent Items] リストには、ローカル ハード ドライブに加えて、OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint のドキュメントが表示されるため、お手持ちのあらゆるデバイスからアクセスしたファイルを簡単に選択できます。 目的のファイルが [Recent Items] リストに表示されない場合は、[Browse Web Locations] を選択すると OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に簡単に移動できます。また、PC に保存した他のファイルを添付する場合は、[Browse this PC] を選択するとエクスプローラーが開きます。 OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存されたファイルを共有する場合、Outlook の新しいファイル添付機能では、受信者に付与する権限をひとめで確認することができます。これらの権限を変更することはもちろん、共有する代わりにファイ ルのコピーを添付することも可能です。いずれの操作もファイルが保存されている場所まで自分で移動する必要はありません。 メールを送信すると、Outlook…


Office ドキュメントと iOS 向け Outlook の統合を強化

(この記事は 2015 年 8 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Deeper integration between Office documents and Outlook for iOS の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Outlook とその他の主要な iPhone および iPad 向け Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint) の統合が強化されました。外出先での Office ドキュメントの共同編集や共有がこれまで以上に簡単になります。ビジネス シーンにおいて Word、Excel、PowerPoint のドキュメントは、戦略文書、営業用プレゼンテーション、連絡先、市場分析など、インフォメーション ワーカーが生み出す知識と経験を大量に記録するために、多くの企業で利用されています。またプライベートでは、To-Do リスト、旅程表、毎月の家計表などとしても使用されています。そして、こういった情報は Outlook のメールを使用して他のユーザーと頻繁に共有されているのが現状です。 今回、iOS 向け Outlook では、添付ファイルとして送信された Office ドキュメントを従来の簡易ビューアーに代わって、対応するアプリで直接開けるようになりました。また、添付ファイルとして送信されたファイルの共同編集を 行うための手順も簡素化されています。今回更新された機能と、Outlook の優先受信トレイや緊密に統合された予定表、カスタマイズ可能なスワイプ ジェスチャ、予測検索などを併用することで、小さな画面からでもさらに効率的に作業を進められるようになります。 では、これらの新機能について見ていきましょう。 Outlook から直接添付ファイルを開く 添付ファイルとして送信された Office ドキュメントの編集をすばやく簡単に行えるようになりました。Outlook の添付ファイルをタップすると、対応する…


約 15,000 台のセルフ式コーヒー マシンをわずか 1 年強で日本中のコンビニに設置する大規模プロジェクト

本日公開した Office 365 ファミリの Project Onlineの最新導入事例を紹介します。 UCCグループのラッキーコーヒーマシン株式会社は、コーヒー関連機器の販売およびコーヒー関連マシン設置からアフターメンテナンスまで、全国のビジネス パートナーと共に万全のサポート体制を整えています。そして、2014 年。3 つのコンビニエンス ストア チェーン、全国 10,000 店以上を対象に、セルフ式コーヒーマシンをわずか 1 年 4 か月で設置するという、かつてない大規模なプロジェクトを、効率的に管理するためのツールとして選択したのが、マイクロソフトのクラウド サービスである、Microsoft Project Online with Project Pro for Office 365 でした。   ユーザーコメント 「最大のメリットは、円滑な情報共有が実現したことです。膨大な Excel シートを 1 枚にまとめることはヒューマン エラーを誘発しますし、データの入力業務のリソースが集中してしまいます。しかし、Project Online と Project Lite を活用すれば、実績管理に必要な情報入力業務を分散できると共に、即時に、全国で同一の情報を共有できます」。 ラッキーコーヒーマシン株式会社 管理部 管理課 担当課長 岩浅 英明 氏   ラッキーコーヒーマシン様の詳細な事例はこちらからご覧いただけます。 Project Onlineの導入には、ライセンスと設定、トレーニングがセットになったProject Online定額導入パックが便利です。 導入方法を直接相談されたいお客様は、Project 導入相談会へご来場ください。   開催日時と場所…


Project Online 最新導入事例紹介 秋山土建株式会社様

2014年11月にProject Onlineのトライアルへご参加いただいたお客様の事例をBlogでご紹介しましたが、本日はProject Onlineを導入した建設業のお客様の最新事例をご紹介します。   山梨県富士吉田市で、100 年以上の歴史を誇る秋山土建株式会社は、かねてより ICT 活用に積極的に取り組み、業務の効率化を図ってきました。そして 2014 年 11 月、各地に点在する施工現場事務所と本社をリアルタイムでつなぎ、「人」と「モノ」と「お金」の管理を明確にする実績管理環境を実現するために導入されたのが、Microsoft Office 365 に連なるビジネス向けクラウド サービスである、Microsoft Project Online with Project Pro for Office 365 でした。 ユーザーコメント 「当社は大企業には程遠い規模です。ICT へ投資できる金額も限られています。それが今、無理なく投資できるコストで、大企業と同等のシステムを活用できています。これは、非常にありがたい話です。もしも、このシステムで実現したプロジェクト管理を、Excel や PowerPoint などのツールで実現しようと思っても無理ですよ。人手がかかり過ぎて、コストも何も釣り合いません。考えるだけ無駄です。それだけ、このサービスは有効だと実感しています」。 秋山土建株式会社 オーナー 秋山 隆信 氏 – 秋山土建株式会社様の導入イメージ。Gaiaの見積もりデータをProjectのリソースとして登録。 工事の拠点では入力を簡素化したテンプレートを使って毎日出来高を入力する – 比較的小規模なお客様でもProject Onlineを導入して、事業の可視化と効率改善を行っていることがわかる秋山土建株式会社様の事例はこちらをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/akiyamadoken.aspx   Project Onlineの概要 と Project Onlineの技術情報 Project Onlineをすぐに使ってみたいお客様は、パートナー企業が提供するProject Onlin定額導入パックを併せてご覧ください。


追加開催のお知らせ: 導入検討法人向け Visio 2013入門セミナー

導入検討法人向けのVisio 2013入門セミナーを好評につき追加開催します! 講師は 今年度 Visio MVP クリエ・イルミネート社 石田かのこ さんです。   セミナーでは、中堅から大企業のお客様を対象に、社内の各部署で持っているExcelやSharePoint List等の様々なデータをVisioで可視化(データリンクとデータグラフィック)し、Office 365のSharePointの一部である、Visio Servicesを使って可視化したデータを共有する方法などを、デモを交えて分かりやすくに解説します。   ”Office365は最近社内に導入したけど、Visioの活用方法が良く分からない”、という導入検討担当者の方は、是非この機会に本セミナーにご参加ください。   セミナーの概要とお申し込みはこちらから 以下ではセミナーで解説するそれぞれの機能を短いビデオでご覧いただけます。データリンクはVisio Professional 2013またはVisio Pro for Office 365でのみ利用できる機能です。 本ブログの最後に30日間の無料トライアルへのリンクを貼りましたので、セミナーに参加される方は是非お試しください。   データリンクとデータグラフィックとは?   SharePoint OnlineのVisio Serviceを使った図面の共有 Visio Professionalと同じ機能が使える、”Visio Pro for Office 365”の30日間の無料トライアルでは、一人最大5台のPCやデバイスにインストールしてご利用いただけます。 次のぺージにある、”無料で今すぐ試す” ボタンからお申込みください。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx


Project Online 新規事例;中期経営計画に紐づく30のプロジェクトの横断的可視化に成功

Project Onlineは、プロジェクトマネージャーだけでなく、ポートフォリオマネージャーや経営層が、各プロジェクトの進捗把握のために使うProject Serverのクラウド版サービスです。 本日公開した 日本ビジネスシステムズ株式会社(以後JBS社)では、Project Online を中期経営計画に紐づく6分野、30のプロジェクト管理のために導入し、各プロジェクトの日次進捗の把握に成功。 従来サーバー構築でかかっていた費用と工数を、クラウド版を利用するユーザーのトレーニングに振り向けたことで、50名のメンバーがWBSを書くことができるようになり、スムーズな導入と活用が進みました。 日本ビジネスシステムズ株式会社 代表取締役社長 牧田 幸弘様が語る、Project Online導入成功の秘訣は、こちらの事例をご覧ください。 事例リンク⇒ http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/jbs3.aspx   ※ JBS社内のプロジェクト管理画面の例。各プロジェクトの進捗はアラートで一目瞭然となっている。   Project Onlineの概要がすぐにわかるビデオはこちらからからどうぞ。   日本マイクロソフトでは、Project OnlineやProject Pro for Office 365 の導入検討をされる法人企業様向けに、毎月無償セミナーを開催しております。 詳しくはこちらをご覧ください。  


PMBOKとMicrosoft Projectで学ぶ プロジェクト マネジメント入門セミナー(無料)を4月に開催

日本マイクロソフトと PMI 日本支部は、20 代から 30 代前半までの若手プロジェクト・マネージャーと学生を対象にした "プロジェクト マネジメント入門セミナー" (無料) を、 2015 年 4 月に東京、大阪、名古屋の 3 都市で共同で開催します。   登録はこちらから ; PMBOKとMicrosoft Projectで学ぶプロジェクトマネジメント入門セミナー(無料)   PMI (Project Management Institution) は世界共通のプロジェクト マネジメントの知識体系である PMBOK (Project Management Body of Knowledge) を発行する非営利団体で、PMBOK をベースとした国際認定資格 PMP (Project Management Professional) を主催しています。 本セミナーでは、プロジェクト マネジメントを体系的に学びたいと考えている 20 代から 30 代前半までの若手プロジェクト・マネージャーのみならず、学生、企業や組織に勤務する方までを対象に、PMBOK の概要と、プロジェクトの管理と進行を支援するツール Microsoft Project の使い方を、初めての方にも分かりやすく解説するセミナーです。   アジェンダ PMBOK ガイドに準拠したプロジェクト マネジメントのご紹介 ~…


Visio最新版とアドオンで実現する、”SharePointアクセス権マップ”

SharePointを利用されているお客様から、個々のサイト、フォルダ、ドキュメントのアクセス権を簡単に把握することができないかというご相談をいただくことがあります。その際に役立つのが、本日ご紹介するVisioのアドオンツール ”SharePointアクセス権マップ” です。 SharePointのアクセス権における課題 SharePoint では、個々のサイト、ライブラリ、リスト、フォルダ、ドキュメントなどに対して、細かく権限を設定することが可能です。 しかし、複雑な設定を行うと管理が煩雑になり、誰にどのようなアクセス権限が付与されているかを、把握することが困難になります。 出力形式は、Visio形式またはExcel形式となります。  SharePoint アクセス権マップとは SharePoint に設定した、アクセス権情報をレポート出力する Visio のアドオン ツールです。 サイトやコンテンツのアクセス権、権限の継承状況、サイトにアクセスできるグループ情報(メンバー情報など)を一覧することが可能です。 コンテンツ毎に一つずつ手作業で確認する必要がなくなり、「アクセス権の棚卸し」や「過剰なアクセス権の把握」する作業を効率化します。 出力形式は、Visio形式またはExcel形式となります。       Visio形式で出力                         Excel形式で出力   アクセス権マップの特徴 SharePoint アクセス権マップは、次の事項を実現します。   ・ SharePoint グループおよびユーザーを一覧表示するレポートを作成  ・ 固有の権限設定を持つサイト コンテンツを抽出・可視化するレポートを作成 (権限の継承していないコンテンツを特定するレポート)  ・ SharePoint サイト コンテンツの全件を一覧表示するレポートを作成(コンテンツの棚卸しに活用できるレポート)  ・ Windows クライアントで動作するため、エンドユーザーでも利用が可能(サイト管理者権限が必要)  ・ SharePoint Online 、SharePoint Server 2013 、SharePoint Server 2010 に対応   本アドオンツールは、株式会社マイスター様が提供するフリーソフトです。マイクロソフトでは、本ツールについての技術サポートは提供しておりませんのでご注意ください。 詳細およびダウンロードはこちらからどうぞ。 http://www.visio.jp/dl/sharepointrights   システム要件 サーバー側 SharePoint…