SharePoint 2013 Visio Services 評価ガイドをリリース

Visio Pro for Office 365で描いたビジネスグラフィックスは、SharePoint ServerやSharePoint Onlineに実装されているVisio Servicesを使うとブラウザ上で簡単に多くの人と共有することができます。 このVisio Servicesの概要は以前のBlogや、Technetでもご紹介しましたが、この度新たに評価ガイドをリリースしましたので是非お試しください。   ⇒ SharePoint 2013 Visio Services 評価ガイドへのリンクはこちら この評価ガイドは、Visioを使った図面をSharePointで共有する流れを分かり易く解説しており、必要な資料へのリンクをご案内しています。   評価ガイドに含まれる内容 1.Visio Serviceとは 2.事前準備 3.Visio図面にデータをインポートする 4.SharePointでVisio図面を表示する   Visio Servicesについては、新しく作成した動画を近日公開しますので是非お楽しみに。   評価ガイドに含まれる内容と重複しますが、Visioの最新の機能やVisio Servicesをお知りになりたい方は、次のセミナーにご参加ください。   Visioを使ってビジネスを見える化! Visio 2013 入門セミナー ~いまさら聞けないVisioの基本の「き」と開発方法の初級編をご紹介~ セミナーの概要と申し込みはこちらから (1月30日@東京)   Visioを使ってビジネスを見える化! Visio 2013入門セミナー  ~いまさら聞けないVisioの基本とExcelやAccessのデータの可視化~ セミナーの概要と申し込みはこちらから (2月19日@東京)   更に一歩進んでVisioのスマートシェイプの実装方法や、VBAを使った簡単なカスタマイズや自動化など知りたいかたはこちらのセミナーにご参加ください。 業務でVBAを使っている方でしたら直ぐに理解できる入門編のセミナーです。このカスタマイズ入門セミナーは隔月開で開催します。   Visioカスタマイズ入門セミナー   ~Visioのスマートシェイプ開発~ セミナーの概要と申し込みはこちらから (2月26日@東京)   最新のVisioの機能は簡単な動画でもご紹介しておりますので、ご利用のヒントとしてご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx   また、最新のVisioを試してみたい方は、30日間の無料トライアルを是非お試しください。…


Office Delve にボードを導入 — 新しい方法でドキュメントの整理と共有が可能に

(この記事は 2015 年 1 月 7 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing boards in Office Delve—a new way to organize and share work の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office 365 のビジネス ユーザーの皆様に対して Office Delve の提供が進む中、皆様がこの新しい革新的なエクスペリエンスをどのように利用して、ご自身やチームの業務に関連するコンテンツを見つけ、把握しているのか について、ご意見をお伺いすることができ、たいへん嬉しく思っています。Delve では、Office 365 上のコンテンツや会話に機械学習を適用するインテリジェントなファブリックである Office Graph が使用されており、ユーザーは適切なドキュメントに再びアクセスしたり、共有された関連性の高いコンテンツを見つけ出したり、興味のあるテーマに関連する 情報を検索したりできます。 次のステップとして、Delve に表示されるすべての有用なコンテンツを簡単に整理できるようになりました。今回ご紹介する Delve の新機能「ボード」は、コンテンツを整理するための機能です。これを利用すると、必要なときにすぐにアクセスできる状態になり、他のユーザーとの共有も簡単に行えます。 Delve では、ボードを使用して、関連ドキュメントをグループにまとめ、共有できるようになります。たとえば、ボードを作成して、チームが取り組んでいる特定のプ ロジェクトに関連するすべてのドキュメントを収集、整理できます。組織内のすべてのユーザーは、既存ボードの表示や編集、新しいボードの作成を行うことが できます。ただし、表示したり、開いたりすることができるのは、アクセス権限を付与されたドキュメントのみです。 ボードを活用して Office 365 のさまざまなコンテンツを整理する方法については、以下のビデオをご覧ください。   自分のボードに追加する、新しいボードを見つける 他のユーザーと共同作業を行うと、情報が錯綜してしまいがちです。しかし、心配はありません。ボードを使用すれば、簡単かつ効果的な方法でアイデアやトピックを整理できます。そのためには、[+ Add to board]…