Office 365 が新たなステージへ


あらゆる組織のワークスタイル変革実現のために大幅に強化され、法人向けの新しいプラン「Office 365 Enterprise E5 」を本日より提供開始 !

日本マイクロソフトは、本日より法人向けのOffice 365 を、コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの3つの分野にわたって大幅に強化し、新しい法人向けのプラン「Office 365 Enterprise E5 (以下、E5)」としてご提供を開始します。

Office 365 E5は、史上最高の統合的な生産性ソリューションであり、最強のセキュリティを備えたOffice 365 です。E5 のご提供を通じて、人々が、変化の激しい時代に、対応力を備え、よりいきいきと働ける「モダンワークスタイル」の実現をご支援してまいります。

 

組織横断で人をつなぐ “新たなコラボレーション”の強化

これまで日本マイクロソフトは、Word、Excel といったOffice アプリケーション、メールやチャット、ビデオ会議、エンタープライズソーシャル等のコミュニケーションツールをクラウドから一元的にご提供し、時間と空間 を問わない働き方をご支援してまいりました。今回のOffice 365の強化では、新たに電話をクラウドから提供。12月1日から、Cloud PBXを提供開始し、内線電話のクラウド化により、電話のクラウド化の第一歩を踏み出します。クラウド上でのITと電話の管理統合により、より一層、 「人」を起点にしたコミュニケーションツールの統合を進め、人と人が素早くつながることのできるコラボレーションを強化します。
なお北米では、世界に先駆けて外線電話のクラウド化を実現する公衆電話網(PSTN)通話が本日より提供開始となります。日本市場に置いても今後提供を予定しております。(尚、提供開始時期は現時点では未定となり、2016年以降を予定しています。)

また、Skype for Business のオンライン会議も同時に大幅な強化がなされ、社長訓辞や大規模な社員総会など、参加者が数千を超える規模の通達型の会議にも対応します。ユーザーは社内 外からあらゆるブラウザー、デバイスで会議参加が可能になります。提供開始時点では最大10,000人のライブ視聴をサポートし、また、クラウドに録画さ れたコンテンツはオンデマンド型で視聴が可能です。

Skype Meeting Broadcast  画面

 

気づきを与える “インテリジェントツール”

またデータがあふれる時代、データに埋もれることなく、クラウドのパワーを活用し、人が何をしたいのかを先回りして察知し気づきを与えるインテリジェントツールが、データやナレッジをビジネスのパワーに変えていく支援をしていきます。

新たに提供開始となる、Delve Analyticsでは、組織がどのような業務にどれ位時間を費やしているのか、どのような組織・人が連携しているのかを分析・可視化し、それに基づき、 より有効なナレッジを持っている人、連携した方がよさそうな人等、組織横断の連携のヒントを得て、より効果的なコラボレーションを実現します。
またデータ活用も進化しています。今回、Office 365 として提供されるPower BI Pro は誰もが簡単な操作でデータ分析を行え、クラウドで簡単に共有できるため、従来のように一部の専門家が専用のツールを使い、時間をかけてレポートが共有さ れるというスピード感ではなく、現場社員を含む誰もが自分の手元でデータ分析を行い、ビジネスや市場の状況をリアルタイムに把握することができます。

Delve Analytics 画面

 Power BI Pro 画面

 

クラウドとデバイス両面にわたっての”エンタープライズグレードのセキュリティ”

更に、万一の際のセキュリティ対策も大きく強化。例えば 、Advanced Threat Protection (ATP)は、受信したメールにマルウェアに感染した可能性のあるファイルが添付されていた場合や、メール本文に記載されたURLが悪意のあるものである とクラウド側で判断した場合、それがユーザーの手元に届く前に、検知し、対策を講じることができます。こういった万一の対策を万全に行うことで、ユーザー がうっかりメールを開いて組織内へ感染を広めたりすることなどを防止します。ATPは高度な知識がなくても簡単に導入できるため、あらゆる規模の組織に於 いてユーザーが安心して働ける環境を実現します。

 

生産性 “統合” ソリューションの価値

日本マイクロソフトは、現代の企業、組織に必要な、生産性の向上ソリューションを統合的にご提供することのできる唯一の企業であると自負しております。
変化の激しい時代、コラボレーション、インテリジェントツールの活用、セキュリティを統合的に利用できることは、変化への対応力を生み出し、人々がいきい きと活躍することにつながり、ひいては更なるビジネスの成長につながると信じています。また管理の側面においても、個別最適のクラウドソリューションを組 み合わせるのではなく統合化を図ることが大きな管理、コスト効果を生み出します。

そして日本マイクロソフトは、このような新たな働き方「モダンワークスタイル」が皆様のビジネスの成長をもたらすと信じOffice 365 E5 のご提供を通じてご支援を強化してまいります。

価格:1ユーザー辺り3,590円/月 (ボリュームライセンスにおける参考価格)
正式名称:Office 365 Enterprise E5
提供開始日:2015年12月1日

 

E5の無料トライアルはこちら

https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-enterprise-e5-business-software

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content