Office 365 が新たなステージへ

あらゆる組織のワークスタイル変革実現のために大幅に強化され、法人向けの新しいプラン「Office 365 Enterprise E5 」を本日より提供開始 ! 日本マイクロソフトは、本日より法人向けのOffice 365 を、コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの3つの分野にわたって大幅に強化し、新しい法人向けのプラン「Office 365 Enterprise E5 (以下、E5)」としてご提供を開始します。 Office 365 E5は、史上最高の統合的な生産性ソリューションであり、最強のセキュリティを備えたOffice 365 です。E5 のご提供を通じて、人々が、変化の激しい時代に、対応力を備え、よりいきいきと働ける「モダンワークスタイル」の実現をご支援してまいります。   組織横断で人をつなぐ “新たなコラボレーション”の強化 これまで日本マイクロソフトは、Word、Excel といったOffice アプリケーション、メールやチャット、ビデオ会議、エンタープライズソーシャル等のコミュニケーションツールをクラウドから一元的にご提供し、時間と空間 を問わない働き方をご支援してまいりました。今回のOffice 365の強化では、新たに電話をクラウドから提供。12月1日から、Cloud PBXを提供開始し、内線電話のクラウド化により、電話のクラウド化の第一歩を踏み出します。クラウド上でのITと電話の管理統合により、より一層、 「人」を起点にしたコミュニケーションツールの統合を進め、人と人が素早くつながることのできるコラボレーションを強化します。 なお北米では、世界に先駆けて外線電話のクラウド化を実現する公衆電話網(PSTN)通話が本日より提供開始となります。日本市場に置いても今後提供を予定しております。(尚、提供開始時期は現時点では未定となり、2016年以降を予定しています。) また、Skype for Business のオンライン会議も同時に大幅な強化がなされ、社長訓辞や大規模な社員総会など、参加者が数千を超える規模の通達型の会議にも対応します。ユーザーは社内 外からあらゆるブラウザー、デバイスで会議参加が可能になります。提供開始時点では最大10,000人のライブ視聴をサポートし、また、クラウドに録画さ れたコンテンツはオンデマンド型で視聴が可能です。 Skype Meeting Broadcast  画面   気づきを与える “インテリジェントツール” またデータがあふれる時代、データに埋もれることなく、クラウドのパワーを活用し、人が何をしたいのかを先回りして察知し気づきを与えるインテリジェントツールが、データやナレッジをビジネスのパワーに変えていく支援をしていきます。 新たに提供開始となる、Delve Analyticsでは、組織がどのような業務にどれ位時間を費やしているのか、どのような組織・人が連携しているのかを分析・可視化し、それに基づき、 より有効なナレッジを持っている人、連携した方がよさそうな人等、組織横断の連携のヒントを得て、より効果的なコラボレーションを実現します。 またデータ活用も進化しています。今回、Office 365 として提供されるPower BI Pro は誰もが簡単な操作でデータ分析を行え、クラウドで簡単に共有できるため、従来のように一部の専門家が専用のツールを使い、時間をかけてレポートが共有さ れるというスピード感ではなく、現場社員を含む誰もが自分の手元でデータ分析を行い、ビジネスや市場の状況をリアルタイムに把握することができます。 Delve…


Project Online: OData でフィルタリングの文字列に関する問題が発生する場合について

(この記事は 2015 年 11 月 13 日に Office Blogs に投稿された記事 Project Online: Having problems filtering with strings in OData? の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このブログの提案者の Alex と、解決策を発見した Excel チームの同僚に感謝します。今回説明する問題は、Project Online から OData をプルする際に、Excel 上ではフィルタリングの文字列は正常に動作するにもかかわらず、その Excel ファイルから作成されるレポートを Web 上で更新できないというものです。 以下の図は、4 つのフィールドを選択してプロジェクト名でフィルタリングした非常に簡単なレポートです。これを Excel Online で更新すると、下記のエラーが発生します。 Excel ではこのレポートは正常に更新されます。OData への接続を作成するときに Excel にフィードしたリンクは次のとおりです。 https://brismithpjo.sharepoint.com/sites/pwa/_api/ProjectData/Projects? $select=ProjectName,ProjectStartDate,ProjectFinishDate,ProjectDuration& $filter=ProjectName eq 'BriSmithAlertTest654' ここでは以下の 4 つのフィールドを選択し、ProjectName eq 'BriSmithAlertTest654' という文字列のフィルターを適用しています。…


Word のリアルタイム共同編集機能の詳細

(この記事は 2015 年 10 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Word real-time co-authoring—a closer look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日、ついに Office 2016 が正式に公開されました。そこで、今回は Office スイートでも注目の新機能であるリアルタイム共同編集の詳細をご紹介します。Word チームは、Windows 用 Office 2016 においてこの新機能をリリースできたことをたいへん嬉しく思います。 今日の職場環境では、必ずしも面と向かって共同作業が行えるわけではなく、アイデアや情報の共有に時間をかけてもいられ ません。実のところ、今回のブログ記事をお届けするために数多くの共同作業がリアルタイムで行われました。異なる建物にいるエンジニアリング チームとマーケティング チームが協力し、コメントやコンテンツをまとめ上げたのです。時には、複数の担当者がドキュメントを同時に編集することもありました。 それを可能にしたのが Word 2016 のリアルタイム共同編集機能です。実際には、2013 年に Office Online のリアルタイム共同作業機能として導入されたのが最初です。しかし、Office 2016 ではこの機能がさらに進化し、クライアント内から利用できるようになったことで、柔軟性も大幅に向上しました。これにより、従来のように他のアプリケー ションで共同作業を行ってから、変更点やコメントを統合し、ドキュメントの最終版を完成させるといった具合に、クライアントの内外で作業を行う必要がなく なりました。そのため、ユーザーは共同作業中に Office のすべての機能を活用することができます。リアルタイム共同編集機能では、アプリケーション内から瞬時に共同作業に参加できるため、面と向かって作業を 行っている感覚により近づきました。共同作業を行っているユーザーは、Windows 用 Office または Office Online を使用して、より効率的かつ迅速にドキュメントの細部まで調整し、完成させることができます。 リアルタイム共同編集機能の利用開始 リアルタイム共同編集機能の利用を開始するには、Word 2016 ドキュメントを…


共同作業に対応した Outlook 2016 のファイル添付機能

(この記事は 2015 年 11 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 Attachments in Outlook 2016—ready for collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)  直前まで作業していたファイルを添付しようとして探し回ったり、共有されたリンクを探して後からメールの山をあさったり するのは面倒です。Windows 版 Outlook 2016 のリリースにより、ファイルの添付が大幅に簡単になりました。今後は、PC、スマートフォン、タブレットのいずれを使用している場合にも、ファイルの検索 や共有に伴う手間が省けます。 新しくなったファイル添付機能で最初に目に付くのは、[Recent Items] として最近アクセスしたドキュメントの一覧が表示されることです。[Recent Items] リストには、ローカル ハード ドライブに加えて、OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint のドキュメントが表示されるため、お手持ちのあらゆるデバイスからアクセスしたファイルを簡単に選択できます。 目的のファイルが [Recent Items] リストに表示されない場合は、[Browse Web Locations] を選択すると OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に簡単に移動できます。また、PC に保存した他のファイルを添付する場合は、[Browse this PC] を選択するとエクスプローラーが開きます。 OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存されたファイルを共有する場合、Outlook の新しいファイル添付機能では、受信者に付与する権限をひとめで確認することができます。これらの権限を変更することはもちろん、共有する代わりにファイ ルのコピーを添付することも可能です。いずれの操作もファイルが保存されている場所まで自分で移動する必要はありません。 メールを送信すると、Outlook…


Project Online: 通知機能を近日提供開始

(この記事は 2015 年 10 月 28 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: Notifications coming soon! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このトピックに関する他の記事を既にご覧になっているかもしれませんが、Project Online の通知機能 (通知や事前通知) の提供が近日中に開始される予定です。[Additional Server Settings] で通知のオプションをご覧になったことがある方や、通知をオンにするオプションをご存知なかったにもかかわらずメールによる通知が開始された方がいらっ しゃるかと思います。この点については後ほど詳しく触れることにしますが、その前に、通知がどのように機能するかについてご説明します。[PWA Settings] の [Additional Server Settings] を選択すると、ページの最下部に [Notification Email Settings] という新しいオプションが追加されています。このオプションは、使用可能になった時点では既定で無効になっています。 このオプションを有効化すると、[PWA Settings] の [Personal Settings] セクションの下にさらに新しいオプションが表示され、そこで受信を希望するメールを選択できます (これは Project Server アクセス許可モードの状態です。これによって通知に違いが生じるわけではありませんが、同じ設定が表示されない可能性もあるので、念のためお知らせしてお きます)。 これらのオプションでは、さまざまな通知を設定できます。機能を試してみた結果、私は多くのオプションを有効にしました。 次のようなメールが届きます。 通知メールは、PWA のリソースに関連付けられたメール アドレスに送信されます。リソースがユーザーでもある場合、Office 365 アカウントまたは AD から自動入力されます…


iOS および Android 向け Outlook が急速に普及、デザインを刷新

(この記事は 2015 年 10 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook for iOS and Android gains momentum, gets new look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Outlook チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Javier Soltero の記事をご紹介します。 1 月の提供開始 (英語) 以来、iOS および Android 向け Outlook アプリを多くの皆様にご利用いただき、Microsoft Outlook チーム一同たいへん感謝しております。当初申し上げましたように、私たちの目標は、すべてのモバイル プラットフォームに真の Outlook メール エクスペリエンスを提供するというものです。おかげさまで、現在、スマートフォンやタブレットで Outlook を利用するアクティブ ユーザーは約 3,000 万人に達しています。そのうちおよそ 5 人に 1 人が複数のアカウントに接続しています。また、会社の中でも外でも Outlook を日常的に利用しているという話をお客様から何度となくうかがっています。その規模は、1 か月あたり…


Lync Room System に Skype for Business のデザインを導入

(この記事は 2015 年 11 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 A new Skype for Business look for Lync Room Systems! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   2015 年 3 月に、Microsoft Lync ブランドが Skype for Business としてリニューアルされ、ご好評いただいているお馴染みの Skype エクスペリエンスが、信頼性の高いエンタープライズクラスの Lync プラットフォームと 1 つになり、企業環境で使用できるようになりました。 今回、Lync Rooms System が更新され、Skype for Business のエクスペリエンスが導入されることが発表されました。11 月 10 日より、現在 Crestron、Polycom、SMART の各社から提供されている Lync Room System の累積更新プログラムのロールアウトが開始され、ユーザー インターフェイス (UI)…


Project Online: リソース計画の移行に関するQAと注意点

(この記事は 2015 年 10 月 21 日に Microsoft Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: Resource Plan migration expectations の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Project Online をご利用のお客様に向けたリソース予約機能のロールアウトが完了し、すべての方にアクティブ化していただけるようになりました。まずは、運用環境ではないテナントでこの機能をアクティブ化し、お試しいただくことをお勧めします (PWA インスタンスは最大 7 つまで作成可能ですので、必要に応じて新しく作成してください)。今回は、サポートに寄せられた機能に関する質問にお答えします。 Q. 黄色いバナーを非表示にすることはできますか。この機能をまだアクティブ化したくないのですが。 A. いいえ。残念ながら非表示にはできません。ただし、このバナーは PWA の管理者、厳密にはサーバー構成管理のグローバル アクセス権を持つユーザーのみに表示されるものです。また、Project Online の移行を永久的に延期することはできません。ちょうど 1 年後の 2016 年 10 月には、まだこの機能がアクティブ化されていないサイトも含め、すべてのサイトでアクティブ化することを予定しています。もちろん、その際には事前に通知を行います。 Q. 使用中のリソース計画で、移行されないものがあるようです。 A. 考えられる理由はいくつかあります。移行されるのは、発行済みのリソース計画のみです。リソース計画とプロジェクト計画は発行の手順が異なるため、リソース予約に移行する必要のあるリソース計画が発行されていることを必ず確認してください。他にも、リソース計画にタイムフェーズ データが含まれていないことが挙げられます。時間範囲に関する実データを含まない一連のリソースで構成されているリソース計画は移行されません。タイムフェーズ データを含むリソースと含まないリソースが混在している場合は、タイムフェーズ データを含むリソースのみが移行されます。チーム全体のデータが引き継がれるのではなく、行単位でデータが移行されることになります。これについては、記事の後半で例をご紹介します。 Q. なぜ別の PWA インスタンスでテストする必要があるのでしょう。マイクロソフトで検証を済ませているのではないのですか。 A. この新機能が実際に動作するかどうかはマイクロソフトにてテスト済みです。しかし、リソース予約機能では、以前の Project…


マイクロソフトが、ガートナー マジック クアドラントのソーシャル ソフトウェア分野で 7 年連続「リーダー」に

今回は、モダン コラボレーション担当シニア ディレクターを務める Bryan Goode の記事をご紹介します。 Yammer は、以前からソーシャル ネットワーク機能がオフィスでの情報共有を改革する力があると認識しており、2008 年にエンタープライズ ソーシャル ネットワークを初めてリリースしました。それ以来、Fortune 500 企業の 85% を含む 50 万社以上が Yammer を採用し、情報をオープンにやり取りしたり積極的な関与を促したりしながら業務を進められることのメリットを実感しています。 また、Yammer は Office 365 の中核的なコンポーネントとして、共同作業に関するマイクロソフトのアプローチの中で重要な役割を果たしています。Office 365 グループや Office Graph、Office 365 レポートのダッシュボードなどの Office 365 に搭載されている最新テクノロジの大半は、Yammer から直接着想を得た機能です。このように Office 365 は、Yammer のおかげで重要なコンポーネントが実装され、真にソーシャルかつインテリジェントな生産性アプリとして日々数百万ものユーザーにご愛用いただけるようにな りました。それと同時に Yammer は、Office 365 に統合されたことで、従来よりも大規模なスケールに対応するプラットフォームを使用できるようになっています。 マイクロソフトが 2015 年のガートナー マジック クアドラントのワークプレース向けソーシャル ソフトウェア分野でリーダーに 業界のアナリストによってこの取り組みが評価され、マイクロソフトはガートナー社が発表したワークプレースのソーシャル ソフトウェアのマジック クアドラント 2015 年版…


OneNote for iPhone のノートのプレビュー機能と OneNote for Mac のノートブック共有機能の強化

(この記事は 2015 年 3 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote for iPhone note previews and OneNote for Mac notebook sharing enhancements の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)    今回は、OneNote チームのプログラム マネージャーを務める Anav Silverman の記事をご紹介します。   このたび、OneNote for iPhone にノートのプレビュー機能とノートブックの並べ替え機能が追加され、OneNote for Mac のノートブック共有機能が強化されることとなりました。これに加え、先日には Mac およびデスクトップ版 Windows 向け OneNote Clipper (英語) の更新版もリリースされています。   OneNote for iPhone: ノートのプレビュー機能とノートブックの並べ替え機能 ノートのプレビュー機能は、外出先で特定のノートを急いで見つけなければならないときに特に便利です。ページの一覧 ([Recent Notes] リスト) を表示すると、写真や手書き入力した内容などの視覚的なコンテンツを含むノートの一部を確認できるため、閲覧または編集したいノートをすぐに特定すること…