Outlook on the web で「いいね!」と @ メンションの機能を提供開始


(この記事は 2015 年 9 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Likes and @Mentions coming to Outlook on the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

この数年で、ソーシャル ネットワークは私たちのコミュニケーションの形に変化をもたらしました。プライベートでは、Facebook で友人が近況を報告したら「いいね!」で賛同を表現でき、Twitter でメンション機能を使用してメンションの相手に投稿への注目を促すことができます。職場においても Yammer などのエンタープライズ ソーシャル ツールが利用され、ソーシャルの概念が浸透しています。この記事では、マイクロソフトが新たなステップとして提供を開始する Outlook on the web の「いいね!」と @ メンションの各機能についてご紹介します。

「いいね!」 – 優れたアイデアを目立たせる

電子メールは、友人や同僚とアイデアを共有したり、共同で作業したり、計画を作成したり、合意を形成したりするには有効な手段です。ディスカッショ ンが進む過程でさまざまな提案、意見、反論が重ねられ、電子メール スレッドがどんどん長くなることが多々あります。Outlook on the web の新しい「いいね!」機能を使用すると、特定の電子メールへの支持を表明したり、支持する意見やアイデアへの注目を集めたりといったことが簡単にできるよ うになります。

メッセージに「いいね!」を付けるには、閲覧ウィンドウの親指を立てたアイコンをクリックします。そうすると、アイコンの色が灰色 から青に変わり、「いいね!」を付けた電子メール内に「You like this」と表示され、電子メールのリスト ビューに親指を立てたアイコンが追加されます。スレッドに参加している全員が「いいね!」を付けることができ、それはメッセージ内にも反映されます。電子 メールに対して「いいね!」が押されると、その作成者に通知が届きます。

「いいね!」を使用すると個別のメッセージに簡単に注目を集めることができます。

メンション個人に焦点を当てる

「いいね!」の対象が特定の電子メールであるのに対し、メンションの対象は特定のユーザーです。電子メールを使用して共同作業を行う場合、一般的に は相手のユーザーに声をかけて作業の依頼や要求を行います。また別のケースとしては、自分が参加しているスレッド内に疑問を解決できる人物がいないとわ かった場合などに、適切なユーザーを既存のスレッドに追加してその内容に注目するように促します。メンション機能を使用すると、メンションされた人物は依 頼に気付くことができるうえ、スレッドに参加できます。

メンション機能を使用するには、電子メールの本文に「@」記号を追加します。そうすると、よくやり取りする連絡先が表示され、ディレクトリへのアクセスも行われます。焦点を当てたい人物を選択すると、もともとスレッド含まれていないユーザーの場合は [To:] に自動的に追加されます。また、メッセージ内では名前が青で強調され、メンションされたユーザーの画面では、メッセージ横の受信トレイのビュー内に「@」 フラグが表示されます。さらに、「@」付きのメッセージで並べ替えを行うと、自分がメンションの対象となっているすべてのメッセージに確実に返信すること ができます。

メンション機能で充実したエクスペリエンスを実現 – 「@」記号を使用すると、作業を依頼する人物の名前を目立たせることができます。

自分がメンションされると、メッセージの横に「@」フラグが付き、メンションで並べ替えられるようになります。

機能の提供

今回 Outlook on the web の「いいね!」機能は、Office 365 プランに Exchange Online が含まれており、なおかつ Office 365 の先行リリース プログラムに参加されているお客様に対して提供が開始されます。10 月下旬からは対象となる Office 365 をご利用の法人のお客様に幅広く提供される予定です。メンション機能は、10 月中旬に先行リリース プログラムに参加されているお客様に対して提供が開始され、11 月中旬には対象となる Office 365 をご利用のすべての法人のお客様に提供されます。

また、新バージョンのサービス (英語) に移行された Outlook.com ユーザーの皆様には、12 月にメンション機能の提供が開始される予定です。

 

よく寄せられる質問

Q. のバージョンの Outlook 「いいね!」とメンションの機能をサポートする予定はありますか。

A. メンション機能は、2016 年の前半に Windows および Mac 向け Office 2016 クライアントや、iOS および Android 向け Outlook での提供開始が予定されています。「いいね!」機能については、後日更新プログラムでの提供が予定されています。

Q. Outlook on the web で「いいね!」やメンションの機能を利用できるのはどの Office 365 プランですか。

A. 「いいね!」とメンションの機能は、Business、Enterprise、教育機関向け、政府機関向けの各プランなど、Outlook on the web を含む Office 365 のすべての一般法人向けサブスクリプションで利用できます。

Skip to main content