Office 365 Midsize Business / Small Business を契約しているお客様の2015 年 10 月 1 日以降の更新プロセス

2014 年 10 月に告知させていただいた「Office 365 で新たに中小企業向けのプランを発表」の続報です。 Office 365 Small Business、Small Business Premium、Midsize Business を契約しているお客様は、2015 年 10 月 1 日以降、以下のガイダンスに沿ってプランの更新を行っていただく必要があります。 2015 年 10 月 1 日以降の最初の更新時に新しいプランに移行する場合 2015 年 10 月 1 日以降の更新プロセスについて Office365.com またはアドバイザー パートナーからサブスクリプションを直接購入したお客様の場合 サ ブスクリプションを Office365.com またはアドバイザー パートナーから直接購入したお客様は、2015 年 10 月 1 日以降、現在のサブスクリプションの有効期限が切れる際に新しい中小規模向けプランへの更新が必要になります。 新しい中小規模向けプランへの更新時にダウンタイムやデータ損失が発生することはありません。移行プロセスは、Office 365 管理センターでプランの切り替えウィザードを使用して行えます。 プランの切り替えウィザードの詳細については、こちらのページを参照してください。 リセラー から前払い式のプロダクト キーとしてサブスクリプションを購入したお客様の場合 リ セラーまたはディストリビューターから前払い式のプロダクト キーを購入したお客様は、2015 年…


Project Online および Project Server 2016 の統合スケジューリング エンジンと API

(この記事は 2015 年 7 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 A unified scheduling engine and API in Project Online and Project Server 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Project Server 2013 および Project Online では、サーバーサイド スケジューリング エンジンから Project Calculation Service (PCS) に移行し、Project Professional スケジューリング エンジンの機能をブラウザーで活用できるようになりました。この新サービスでは、クラウドに対応した新しい Project API である、クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) も導入されています。ただし、PCS と CSOM へ全面的に移行したわけではなく、Project Web App (PWA) や以前の API、Project…


法人企業向け Mirosoft Project 製品導入相談会を7月末から10月まで開催

Microsoft Projectの導入検討に当たり、ご不明な点はございませんか? 日本マイクロソフトでは、期間限定で、日本マイクロソフト及び導入支援の豊富な経験を持つパートナー企業のMicrosoft Project専門家による、無償の導入相談会を開催しております。 本相談会では法人企業のお客様を対象に、導入検討時によくある次のようなお悩みについてProjectの専門家がご相談にのります。 検討にあたり、どのエディションやサービスを導入するのが最適か、うまく整理ができないので教えてほしい。 導入にあたって自社ならではの課題があり、どのように解決すればよいかアドバイスを受けたい。 クラウド版かサーバーか、はたまたデスクトップ版か、どれを導入すればよいか悩んでいる。 自社の課題を踏まえて使いこなしのための有償の支援やトレーニングを検討している。具体的に何をしてもらえるのか詳しい話を聞いてみたい。 製品導入相談会の日程と詳細および参加方法は、Project製品サイトをご覧ください。


Office 365 の新しい Skype for Business サービスのプレビュー版を発表

(この記事は 2015 年 7 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing preview of new Skype for Business services in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Skype for Business チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Zig Serafin の記事をご紹介します。 今年初めに Skype for Business を公開し た際に、今夏のテクニカル プレビューを皮切りとして、Office 365 に新しい Skype for Business の音声通話や会議の機能を導入する計画をお伝えしていました。これらの新機能は、既存の Skype for Business のエクスペリエンスを強化するものであり、マイクロソフトはこうした機能を実装することで、完成度の高いエンタープライズクラスのコミュニケーション ソリューションを Office 365 の一部としてグローバル規模に提供できるようになります。 今回は、そのテクニカル プレビュー版をリリースいたします。本日より Office…


追加開催のお知らせ: 導入検討法人向け Visio 2013入門セミナー

導入検討法人向けのVisio 2013入門セミナーを好評につき追加開催します! 講師は 今年度 Visio MVP クリエ・イルミネート社 石田かのこ さんです。   セミナーでは、中堅から大企業のお客様を対象に、社内の各部署で持っているExcelやSharePoint List等の様々なデータをVisioで可視化(データリンクとデータグラフィック)し、Office 365のSharePointの一部である、Visio Servicesを使って可視化したデータを共有する方法などを、デモを交えて分かりやすくに解説します。   ”Office365は最近社内に導入したけど、Visioの活用方法が良く分からない”、という導入検討担当者の方は、是非この機会に本セミナーにご参加ください。   セミナーの概要とお申し込みはこちらから 以下ではセミナーで解説するそれぞれの機能を短いビデオでご覧いただけます。データリンクはVisio Professional 2013またはVisio Pro for Office 365でのみ利用できる機能です。 本ブログの最後に30日間の無料トライアルへのリンクを貼りましたので、セミナーに参加される方は是非お試しください。   データリンクとデータグラフィックとは?   SharePoint OnlineのVisio Serviceを使った図面の共有 Visio Professionalと同じ機能が使える、”Visio Pro for Office 365”の30日間の無料トライアルでは、一人最大5台のPCやデバイスにインストールしてご利用いただけます。 次のぺージにある、”無料で今すぐ試す” ボタンからお申込みください。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx