Office 365 Video の全世界へのロールアウトの開始とモバイル化


(この記事は 2015 年 4 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 Video begins worldwide rollout and gets mobile の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

今回は、Office 365 チームのシニア プロダクト マネージャーを務める Mark Kashman による、Office 365 Video に関する記事をご紹介します。

 

「1 枚の絵は千の言葉に値する」という言い回しがありますが、それなら動画はジェームズ ジョイスの長編小説でさえも短く感じさせることでしょう。動画は、効果的かつ訴求力のある社内のコミュニケーション手段として注目を集め、その重要性を増 しつつあります。そして、企業全体で動画コンテンツを安全に投稿、共有、検索できる動画エクスペリエンスである Office 365 Video もまた成長を遂げています。Office 365 に埋め込まれているため、IT 部門のニーズに対応し、ユーザーの心をつかむことができます。

このたび Office 365 Video が、対象となる世界中の Office 365 企業ユーザーのお客様にロールアウトされました。さらに、新しい iPhone アプリと最新の Web エクスペリエンスが提供され、Office 365 Video の「モバイル化」が実現されました。

[View:https://youtu.be/WFpRM5akYFQ:0:0]

Office 365 Video に関する Office Mechanics の動画では、ホスト役の Jeremy Chapman が Mark Kashman と共にモバイル化に関連した強化、機能の概要、今後のイノベーションについて説明しています。

 

Office 365 Video のモバイル化

新しいネイティブ iPhone アプリ

最初の Office 365 Video アプリが App Store でリリースされました。このアプリでは、Web エクスペリエンスと同レベルのアクセスと機能がネイティブで提供され、スムーズかつ直観的に利用することができます。

手元のデバイスで動画を利用したり、経営幹部からのメッセージや現 場で明らかになった情報、トレーニング コンテンツなどを企業全体でより簡単に伝達したりといったことが、外出先からでも可能になります。iPhone 用 Office 365 Video を利用することで、自社の動画の検索や再生が非常に容易になります。iPhone で動画を作成または撮影して、Office 365 Video の任意のチャンネルに直接アップロードすることも可能です。アップロードされた動画は、Azure Media Services を通じて、iPhone での再生に最適化された HLS 形式で出力されます。

iPhone 用 Office 365 Video アプリでは、チャンネル間を移動したり、動画を検索、再生したり、自社の Office 365 Video ポータルに新しい動画を直接アップロードしたりできます。

お客様のテナントへの Office 365 Video の提供が開始されたら、iPhone 用 Office 365 Video をインストールしてご利用いただけます。使用方法の詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

応答性に優れたポータル ページと新しい HTML5 プレーヤー

Office 365 Video は、今日の BYOD の世界にも対応しています。マイクロソフトは Office 365 Video のポータル ページを刷新するために重点的に取り組んできました。それにより、ポータル ページがあらゆるデバイスで見やすくなり、スマートフォン、タブレット、デスクトップ (Windows PC、Windows Phone、Mac、Android、iOS) のすべての Web ブラウザーで動画を再生できるようになりました。ページは動的に調整され、プレーヤーのサイズ、列の幅、メニューなどが最適化されます。まずは個別の動画 再生ページで応答性が向上し、その他のすべてのポータル ページも近日中に更新される予定です。

また、新しい HTML5 プレーヤーが導入され、閲覧しているデバイスを問わず、動画を再生できるようになりました。HTML5 プレーヤーは、当初導入された Flash Player に追加してサポートされます。今後は、どのモバイル ブラウザーから Office 365 Video にアクセスしたとしても、再生ページで再生ボタンをクリックすると、安全なアダプティブ ビデオ ストリーミングを視聴できます。問題なく動作し、自分のメッセージも他のすべてのユーザーに公開できます。

Office 365 Video のポータル ページ (ホーム、チャンネル、再生、検索などのメニューがある) では、すべてのデバイスで優れたユーザー エクスペリエンスを実現できるように、ページ要素とビデオ プレーヤーのサイズが拡大、縮小されます。

すべてのブラウザー要件や HTML5 のサポートについては、Office 365 Video の紹介 (英語) ページをご覧ください。

 

先行リリースのフィードバックに基づく追加の機能強化

この数か月間、さまざまなチャネルを通じて多数のフィードバックが 寄せられました。マイクロソフトはこれを真摯に受け止め、定期的にすべてのフィードバックに目を通しています。ユーザー インターフェイス、管理コントロール、全体的なサービス パフォーマンスに関する追加の機能強化について、以下に簡単にまとめました。

  • お勧め機能の改善: Office Graph の活用によって、より各個人に関連性の高い動画をお勧めします。
  • メールでの共有: Yammer でも簡単に共有できますが、今回の機能強化により、各再生ページでメール アイコンをクリックして、動画への直接リンクを記載したメールを送信できるようになりました。
  • 組み込みの CDN: すべての動画が組み込みのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) でサポートされ、全世界での再生パフォーマンスが改善します。
  • より詳細なアクセス許可の管理: チャンネル内で所有者、編集者、視聴者という 3 つのアクセス許可レベルをユーザーに割り当てられるようになりました。また、グローバル テナント管理者はすべての動画チャンネルにアクセスできます。
  • 全体的なパフォーマンスの向上: すべてのアップロード作業、チャンネル作成、検索クロールの速度が大幅に改善されました。

ご意見をお寄せいただいた皆様に感謝申し上げます。皆様のフィードバックにより、Office 365 Video は日々進化を続けています。

 

今後の展望

ここで、Office 365 Video の今後の展望について簡単にご案内します。近日中に各ユーザーによるサムネイルの選択、ポータル以外 (サイト ページ、社内のブログ記事、Yammer フィード) への動画の埋め込み、開発者による動画のパブリック API (プレビュー版を公開中 (英語)) の使用、SharePoint Server 2016 のハイブリッド環境を利用したオンプレミスから Office 365 Video への接続の簡素化といった機能の追加が予定されています。

今後追加する Office 365 Video の機能についてご提案がございましたら、UserVoice (英語) ページにアクセスして、フィードバックの投稿や他のアイデアへの投票にご協力ください。

5 月 4 ~ 8 日にシカゴで開催される Ignite (英語) において、さらなる詳細のご紹介とデモを実施します。皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

 

YamJam への参加と質問

Office 365 ネットワークでは、4 月 17 日 (金) 午前 9 ~ 10 時 (太平洋夏時間) / 4 月 18 日 (土) 午前 1 ~ 2 時 (日本時間) に Office 365 Video YamJam を開催します。YamJam をあまりご存じない方は、Twitter の "TweetJam" や Reddit の "Ask Me Anything (AMA)" の Yammer 版とお考えください。この YamJam では、お客様やパートナー様が今回の発表に関する不明点や詳細について直接 Office 365 Video 製品チームに質問することができます。参加するには、Office 365 Video グループ (英語) にご加入ください。

1 枚の絵に相当するよりも長い記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。Office 365 Video をぜひご活用ください。

—Mark Kashman

 

よく寄せられる質問

Q. iPhone 以外のプラットフォーム用のネイティブ アプリをリリースする予定はありますか。

A. Office 365 Video のモバイル性を向上するために、まずはネイティブ アプリ (第 1 弾は iPhone 用)、HTML5 プレーヤー、応答性に優れた Web ページへの取り組みを行いました。引き続きモバイル化を推進し、Web およびアプリ コンポーネントへのさらなる取り組みを検討します。

Q. すべての Office 365 Video のポータル ページの応答性が改善され、本日よりロールアウトが開始されるのですか。

A. はい。まずは個別の動画再生ページに対して応答性に優れたデザインを導入しました。今後数か月のうちにサービスを更新し、ホーム、チャンネル、検索結果、管理ページにも同じく、新しいデザインを適用する予定です。

Q. Office 365 Video Office 365 のどのプランで利用できますか。

A. Office 365 Video は、Office 365 E1、E2、E3、E4 サブスクリプション プラン (および対応する教育機関向けの E1、E3、E4 プラン) に含まれます。政府機関向けプランは計画の最終段階にあり、近日中に追加される予定です。また、現在は他のプラン (Kiosk など) を利用しているお客様の動画に対するニーズと、それらのシナリオに適切なソリューションを実現する方法について検討しています。

Q. Azure Media Services を利用するにあたって追加の料金は発生しますか。

A. 統合された Azure Media Services を利用する際には、追加料金は発生しません。ただし、Office 365 に保存された動画は、SharePoint Online チーム サイトのプール済みストレージとして計算されます。

Q. Office 365 Video を機能させるためには、どの Office 365 サービスを展開する必要がありますか。

A. Office 365 Video には、SharePoint Online が必要です。対象となるお客様 (上記の質問を参照) へのロールアウトが完了すると、対象のプランのいずれかをご利用中で SharePoint Online のライセンスをお持ちのすべてのユーザーの皆様に Office 365 Video をご利用いただけるようになります。

Q. Office 365 Video はいつからテナントで利用できるようになりますか。

A. 本日より、世界中の対象となる Office 365 の企業ユーザーのお客様に Office 365 Video のロールアウトが開始されます。今後 1 ~ 2 か月のうちに全世界への提供が完了する見込みです。

Q. テナントで Office 365 Video を無効にすることはできますか。

A. はい。SharePoint Online 管理センターで有効/無効を切り替えることができます。

Q. Office 365 Business プラン ( Small Business プラン) または Office 365 Dedicated プランで Office 365 Video を利用できますか。

A. いいえ。Office 365 Business プランまたは Office 365 Dedicated プランをご利用のお客様は、Office 365 Video をご利用いただけません。

Comments (0)

Skip to main content