教師の皆様へのお知らせ – OneNote 活用トレーニング、授業計画の作成、Class Notebook Creatorの日本語版リリースについて


(この記事は 2015 年 1 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote for teachers—training, lesson plans and new languages for Class Notebook Creator の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

OneNote と OneNote Class Notebook Creator の開発に携わっている中で、魅力的な製品を開発することは、教育に変化をもたらすための第一歩にすぎないということに気付きました。製品を開発した後に は、OneNote の使用方法について、教師の皆様向けに日々の学校生活と直接関連するかたちのトレーニングを積極的に用意し、今後のカリキュラム作成の基盤として役立つコ ンテンツを提供することが求められます。教師専用の新しいサイト OneNoteforTeachers.com (英語) では、約 1 時間の無料のトレーニングを通じて、OneNote を初めてご利用になる教師の皆様を OneNote のエキスパート「OneNote Ninja (英語)」へと導きます。OneNote の「ワザ」を習得したら、Bing in the Classroom (英語) の授業計画を取り入れ、ジャッキー・チェンさえうらやむような高度な専門知識を活かすことができます。

 

OneNoteforTeachers.com: クリック操作が可能なコンテンツと段階的なトレーニング

OneNoteforTeachers.com (英語) では、無料の対話型トレーニングを受講することが可能で、教師 (および管理者) の皆様には次のようなメリットがあります。

  1. 基本から応用までのシナリオに対応: このガイドは、OneNote を初めて利用する方に向けた "Teacher Basics (教師の基本)" のタスクから始まります。その後、Office 365 や OneNote の授業用ノートブックを使用する、より高度な "Teacher Scenarios (教師向けシナリオ)" に進みます。これらのシナリオ内では多数の機能を紹介しており、好きな順序で何回でもガイドを受講することができます。
  1. 教師の皆様からのフィードバックに基づくシナリオ: このトレーニングの内容を決定するうえで、既に OneNote を使用している先進的な教師の皆様に、利用開始前に理解しておくべき事項について意見を伺いました。
  1. それぞれのペースで進められる無料の革新的なコンテンツ: このナレーション付きのガイドは、クリック操作によって対話形式で進めることが可能なほか、時間調節のオプションをカスタマイズすることができます。各ガ イドの所要時間は約 5 分で、再生および一時停止のオプションを利用できます。まるで隣に講師がいて、どこをどういう理由でクリックする必要があるのかを説明してくれているかの ように感じられます。しかも、OneNote と同様に、このトレーニングも完全に無料で、複数のデバイスに対応しています (ガイドには、Silverlight および HTML5 が必要です)。
  1. 組み込みの共有機能: OneNote のトレーニングは 1 か所にまとめられていますが、各リンクを使用して個別にアクセスすることも可能です。そのため、同僚にも有用だと思われるトレーニングを見つけたら、リン クをコピーして貼り付けるか、各トレーニングの右上にある共有ボタンを使用して、同僚と共有することができます。さらに、こちらの記事 (英語) で紹介しているように、主要な Web サイトやブログにトレーニングを埋め込むこともできます。

このサイトを公開して以来、教師のコミュニティの皆様には積極的に活用していただいています。サイトを訪問した方は、平均して 1 つのガイドを見終わるまでの時間よりも長く滞在し、このリソースを LinkedIn、Twitter (英語)ブログ (英語) などで共有しています。マイクロソフトでは、OneNoteforTeachers.com (英語) をさらに改良するべく重点的に取り組んでおり、サイトとガイドをより多くの言語へと翻訳するほか、補足用の生徒向け対話型 OneNote ガイドの作成も進めています。

教師向けのトレーニングだけではありません。このページには、IT 管理者を対象として OneNote Class Notebook Creator インストール ガイドなど、学校経営者 (英語) および IT 管理者 (英語) 向けのガイドも用意されています。

どのような立場で教育に携わっていらっしゃる方でも、エキスパート トレーニング (英語) を受講し、この優れたサイトに関するご感想を広めていただければ幸いです。

 

新しいカリキュラムを OneNote に: Bing in the Classroom の授業計画

トレーニングによる基礎作り以外に、授業で使用できる具体的なリソースがあれば、教師の皆様にとっては何かと便利です。 「そうしたリソースにすぐに使用できる優れた授業計画が組み込まれており、魅力的な写真によって生徒たちを引き付け、さらに詳しく学習したいと思わせるこ とができるなら、なおさらでしょう」とマイクロソフト フェロー兼マスター トレーナーの Helen Gooch 氏は述べます。

Bing in the Classroom (BiC) (英語) は、見た目に美しい写真や短い動画を使用して、統合型の授業を行うためのリソースです。デジタル リテラシーを教えることができると同時に、全米共通学力基準 (Common Core State Standards) にも準拠しています。BiC を使用することで、生徒の学習への積極的な取り組みを促進します。

しかし、このリソースのメリットはそれだけではありません。BiC は OneNote と連携しているため、学習に最適なツールである OneNote でこれらの授業を行うことができます。

手書き入力、Office ファイル、タグ、録音音声などのマルチメディアを使用して OneNote で実行できる BiC の授業計画

 

BiC の授業計画には、当初 Word ドキュメントが使用され、その後 PowerPoint プレゼンテーションが使用されるようになりました。毎日、幼稚園~ 4 年生、5 ~ 8 年生、9 ~ 12 年生 (米国の学年表記) 向けの 3 つの授業計画が公開されています。各授業計画は、基本的な質問に回答する形式を中心に構成されています。画面クリップや音声/動画による解説を追加した り、デジタル ノートブックに文字を書いたり、絵を描いたり、注釈を付けたりできる OneNote の機能を組み合わせることで、BiC を最大限に活用できます。

OneNote について耳にしたことや、少し触ってみたことはあっても、まだまったく新しいツールだと感じている方もいらっしゃるかもしれません。OneNote チームではこの数か月間、教師の皆様が OneNote をすぐに授業に導入できるように取り組みを続けてきました。

OneNote の利用開始や補足情報については、OneNoteforTeachers.com (英語) の以下のリソースを参照してください。

OneNote は無料 (www.onenote.com) です。現在はすべてのプラットフォームおよびデバイスで利用可能なため、どなたでも授業で OneNote を使用してみることができます。手始めに BiC の授業計画をご利用ください。

皆様が OneNote でどのような授業計画を作成したか、下のコメント欄でぜひお聞かせください。

 

OneNote Class Notebook Creator がさらに 29 の言語に対応

OneNote Class Notebook Creator (英語) では、Office 365 を使用して教師の皆様向けの OneNote の機能を拡張し、教師と生徒の間でのリアルタイムのフィードバックや共同作業を行うことができます。教師の皆様は、段階的な手順 (英語) に従って授業用ノートブックをセットアップできます。

先月、21 の市場における 10 の新しい言語への対応を含む、多数の機能 (英語) が追加されました。その際、ごく近日中にその他の言語も追加される予定だとお約束しましたが、このたび、SharePoint ストアにさらに 29 の言語が追加されました。下記の Excel Power Map は、現在 OneNote Class Notebook Creator の言語サポートが提供されている国を示しています。

 

まだ Office 365 に OneNote Class Notebook Creator がインストールされていない場合には、OneNoteforTeachers.com (英語) からダウンロードできるメール テンプレート (英語)対話型のガイド (英語) を使用して、IT 管理者にインストールするように依頼してください。

 

Twitter で OneNote および OneNote Class Notebook Creator に関する会話にご参加になるには、#OneNoteClass のタグをご使用ください。

 

OneNote を入手          |     OneNote の最新情報をフォロー       

Comments (0)

Skip to main content