Microsoft Office の 25 周年とこれから


Microsoft Office は今年の 8 月に 25 周年を迎えました。Office for Windows 1.0 は 1990 年の登場だから、まだ 24 周年では?と思われるかもしれませんが、実は Office は Macintosh 版で最初に登場しており、Windows 版よりも 1 年早い 1989 年に米国で発売されています。Microsoft Office というと Windows のイメージが強いかもしれませんが、実は誕生当初から Windows 版以外の環境もサポートしていくという考え方があったのです。

以下の図では Office 95 以降のバージョンについて、主な特長を記載しています。クリックすると大きく表示されますので、クリックしてご覧ください。

Microsoft Office 95 は、Word、Excel、PowerPoint、Access といった中に含まれる個別製品のメジャーバージョンの数が揃った最初の製品になりました。(通称は "95"、バージョンは 7.0) それ以降、Windows 版ではだいたい 2~3 年周期でメジャーバージョンアップをして、Macintosh 版では Office 98 以降、2~4 年周期でメジャーバージョンアップしてきました。

そして、特にこの 10 年間、Office 2003 が市場に出た後に、モバイルデバイスやモバイル ネットワークの環境が大きく変わってきたことにより、Office も従来の「PC で使う文房具」の外側での進化が必要となりました。そこで 2008 年に一般向けのサービスとして登場したのが Office 365 の前身である「BPOS」と呼ばれるサービスで、メールやファイル共有、オンライン会議など Office と組み合わせて使うことで Office の能力がより発揮できる仕組みの原型が出来ました。                                                    

2011 年には Office クライアントも取り込んでさらに進化し、「Office 365」が登場します。これにより、常に最新の Office クライアントをクラウドサービスの一部として利用することができるようになり、加えて 1 ライセンスで複数デバイスにインストールできたり、Windows だけでなく Macintosh や Office for iPad や Office for Android などモバイルデバイスにも最適化されたアプリを利用することが可能になりました。

 

Office 365 のこの 1 年の目まぐるしい進化~2014 年

2014 年を振り返ってみると、この「Office 365」が大きく進化を遂げ完成形に近づき、従来の形態の Office にとって替わり始めた 1 年でした。2 月にはブラウザー版の Office とオンラインストレージがそれぞれ Office OnlineOneDrive/OneDrive for Business という新しい名前になりました。Power BI for Office 365 の提供開始により、Excel を使った高度なデータ分析/ビジュアライゼーションを Office 365 で誰でも行える仕組みが整いました。そして 4 月には Office 2003/Windows XP のサポート終了に伴い多くのお客様が Office 365 に移行頂きました。

7 月には、Office 365 にも含まれる OneNote とスタイラスペンで統合された Windows タブレットデバイス Surface Pro 3 が登場し、Windows のモバイル環境での利便性向上に一石を投じました。8 月には Office 365 API が登場し、REST など最新手法を使った開発プラットフォームとしても使いやすく進化しました。

10 月には中小規模の法人のお客様の Office 365 プランが整理され簡単になりました。そして、他国で先行していた一般消費者のお客様向け Office 365 が日本でもついに登場し、単体で購入できる Office 365 Solo と PC にプレインストールされている Office Premium といった日本のお客様向け独自仕様の「世界一お得な」Office が発売されました。 また、Office 365 ユーザーは OneDrive/OneDrive for Business の容量が無制限になることが発表され、Office 365 はクラウドストレージとしてもさらに魅力をアップしました。

11 月には日本でも Office for iPad の配信が開始され、Office 365 ユーザーは仕事で利用することができるようになりました。そして 12 月には法人向け Office 365 の日本データセンターもオープンし、規制業種のお客様にも門戸が開かれました。

 

2015 年にもご期待ください!

Office 365 はすでに日経 225 銘柄企業の 70% で利用されるなど、急速にユーザー数が広がっています。Office 365 をご利用いただくことで、お客様はモバイル環境が進化した最新の企業/社会インフラをフルに活用して情報共有とコミュニケーションを効率的に行うことができるようになります。その結果、しいては日本全体の生産性向上と発展にも寄与することができると確信しています。2015 年も Office for MacOffice for Android の次世代バージョンの登場をはじめとして皆様の期待を裏切らないサービス強化が予定されています。世界中で利用されている Office 365 の 2015 年の進化にもぜひご期待ください。

Comments (0)

Skip to main content