Office 365 Education の国内ユーザーが 170万人を突破


マイクロソフトでは、教職員・児童・生徒・学生用の電子メール、ウェブ会議、ドキュメント編集、オンラインストレージなどのグループウェア機能をクラウド経由で利用できる Office 365 Education を、2012年6月より、教育機関に対して無償で提供しています。Office 365 は、日経225採用銘柄企業の60%で利用されているクラウドグループウェアで、教育機関は、企業向けのOffice 365 Enterpriseと同じサービスを、無償で利用することが可能です。また2013年12月から教育機関向けの特典として“Student Advantage” の提供を開始し、すでに国内47教育機関の30万の生徒・児童・学生がこの特典を通じ Office 365 ProPlus  を利用しています。

このたび、Office 365 Education が国内 100 大学で利用され、教育機関向け無償クラウドサービスとしては国内最大級であることを発表します。詳しくは、以下のプレスリリースをご覧ください。

Office 365 Education の国内ユーザーが 170万人を突破 ~国内 100 大学が利用し、教育機関向け無償クラウドサービスとしては国内最大級に~

今後も日本マイクロソフトでは、児童・生徒・学生の学習環境の充実と、教職員の校務効率化をクラウドの側面から支援します。

また、現在公開されている教育機関のお客様の代表的な事例を集めてみました。

  • 東京工科大学: Microsoft Azure 上に Oracle データベースを移行するとともに、Office 365、Dynamics CRM などのテクノロジー & サービスを活用することで、将来を見据えた全学フル クラウド システムを実現
  • 筑波大学附属駒場中・高等学校: 日本の将来を担う人材育成の一助に IT 環境を整備。Surface と Office 365 の採用により、デバイスとクラウド サービスのシナジーが生むコラボレーション環境を活用。
  • 國學院大學:  1 万人余りの学生と教職員が使うメール サーバーを Microsoft Office 365 Education に移行。オンプレミスからクラウド型への転換の第一歩を踏み出す。
  • 徳島大学:  学生は可用性、教職員はセキュリティを最優先に、Microsoft Exchange Server 2010 と Microsoft Office 365 for Education によるハイブリッドなメール環境を構築
  • 印西市教育センター: 教職員、児童、生徒それぞれに Microsoft Office 365 for Education を導入。教職員間の連携を Microsoft Lync Online で強化し、ICT 授業に Microsoft SharePoint Online を利活用
  • 京都大学:  京都大学が在校生 23,000 名が使うメール システムに Live@edu を導入

その他の導入事例は以下をご覧ください。

Office 365 導入事例一覧 (公開されているもの)

Skip to main content