あなたらしい働き方をしよう ~ 最新テクノロジーが可能にする働き方とは!? ~


(この記事は 2014 年 4 月 18 日に Office Blog に投稿された記事のクロスポストです)

 

この 10 年間、テクノロジーはいろいろな部分で進化しました。ただ、日本におけるワークスタイルを見ていると、10 年前と比べてあまり変化がなく、これらのテクノロジーに投資されていないように思います。旧来の古いテクノロジーや考え方を利用しているユーザーがまだまだ多くいらっしゃいます。日本では、少子高齢化の時代を世界で一番早く迎え、女性や年配者の就労支援、育児や介護との仕事の両立、地方の活性化、国内市場の縮小によるグローバル市場への進出時のコミュニケーションなどさまざまな課題がありますが、これらの中で、この 10 年のテクノロジーの進化により解決することも結構たくさんあることをご存知でしょうか。

今回は、これらの課題を解決するために有効なテクノロジーを知っていただくために、「いつどこオフィス シーズン #2」というキャンペーンを開始します。

1) 在宅勤務、屋外、オフィスでクラウドを利用して「イキイキ」と働いている事例のご紹介

自宅でも、外出先でも、オフィスと変わらない環境で仕事ができたら。
距離の離れている事業所との情報共有が、もっと楽にできたら。そんな理想の働き方をすでに実践している企業があります。
クラウドを利用することで、企業規模を問わずこれらの実現に一歩も二歩も近づくことができます。
そのようなお客様の活用事例についてご紹介しています。

在宅勤務

  • 株式会社パソナ様......女性の育児や介護などがキャリア形成の障害とならないよう、Office 365を利用してライフステージに合わせた働き方を支援しています。
  • 株式会社ソノリテ様......徳島県神山町にサテライトオフィスを設立、現地採用したスタッフに対するコミュニケーションと情報共有、フォロー体制をOffice 365で構築しています。
  • 富士建材株式会社様......社長の病気療養中に Office 365 を利用して 300km の距離を超えて社長と社員をつなぎ、事業を継続させました。

屋外

  • 株式会社サカタ製作所様......多忙な営業社員の状況共有をスムーズに。帰社せずに外出先から Office 365 を利用してメールとスケジュールを確認できるようにして全社で 1 ヶ月あたり約 80 万円相当もの業務効率向上に成功しています。
  • 株式会社ブレス様......対面での打ち合わせが難しくなり大きく様変わりしつつある住宅メーカーの営業活動を Office 365が支援。「使い慣れたユーザーインターフェイスでそのまま使える」という特徴を生かし、社内で広く利用。
  • 株式会社三友土質エンジニアリング様......全国に分散する社員間の情報共有や営業支援システムに Office 365 を利用して業務効率改善に成功。その先進的な取り組み取り組みにより、経済産業省より「中小企業 IT 経営力大賞」の認定を受けました。

オフィス

  • オホーツク司法書士事務所様......テレビ電話サービスから Office 365 への切り替えにより、コミュニケーションしながらファイルの共有なども行なえるようになりました。コスト削減だけでなく、仕事の進め方にも好影響を与えています。
  • ワインツーリズムやまなし様......メンバーの居住地が山梨県全域に拡がっており、本業の後にわざわざ集まらなければならなかった手間を Office 365 のオンライン会議機能で解決しました。これにより、集まる必然性が大きく減りました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

2) 従業員の働き方を支えるサービスや期間限定キャンペーンのご紹介

テレワーク助成金や OneDrive for Business、モバイルとの同時購入キャンペーンなど、知ってお得なキャンペーンや情報についてご紹介します。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

また、この取り組みは今後も継続的に行っていきます。新しい企画をお知らせできるようになりましたら、改めてご紹介いたしますのでご期待ください。

 

この機会に、現代の最新テクノロジーを使うと働き方をどこまで変えることができるのか、いままでできなかった働き方ができるようになるのか、について理解を深めてください!

Comments (0)

Skip to main content