マイクロソフト、DocuSign との提携により Office 365 に eSignature 機能を統合


(この記事は 2014 年 2 月 17 日に Office ブログに投稿された記事 Microsoft and DocuSign partner to bring eSignature capabilities to Office 365 customers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

マイクロソフトと DocuSign (英語) は、長期にわたる戦略的パートナーシップを締結し、DocuSign が所有する業界最先端の eSignature アプリケーションを Microsoft Office 365 から幅広く使用できるようにすることを発表しました。DocuSign のソリューションである eSignature が Office 365 プラットフォーム上に新たに構築され、Outlook、Word、SharePoint Online、および SharePoint Server 2013 と統合されます。これにより、次のメリットが得られるようになります。

    • 管理と使用が簡単に: Office 365 および SharePoint の管理者は、すべてのユーザーに対して DocuSign アプリケーションを管理コンソールから直接追加できるようになります。
    • シングル サインオン: DocuSign には Azure Active Directory が採用されているため、Office 365 の認証情報でシングル サインオンが可能になり、アカウント管理をシームレスに実施できます。
    • ストレージのセキュリティ強化: DocuSign 上のドキュメントは自動的に Microsoft OneDrive for Business に保存され、完全に管理されます。
    • Office ストアが使用可能: ユーザーが個別に Office ストアにアクセスし、アプリや Word のテンプレートを入手できます。
    • 継続的な技術革新: DocuSign とマイクロソフトは、今後も Office 365 プラットフォームで新しい技術を提供できるよう連携関係を継続します。

紙ベースの手作業の処理に代わる技術をお探しのお客様には、まず、重要書類に署名を行う技術を取得することが重要です。DocuSign のテクノロジと Office 365 をシームレスに併用することで、ドキュメントの印刷や FAX 送信、スキャンといった煩わしい作業から開放されるだけでなく、読みづらいデータや情報の不備、署名の欠落などがあることによる再入力の手間も省けます。ユーザーは代わりに eSignatures を管理することになりますが、これにはコミュニケーションやグループ作業、ドキュメント作成の際などに普段から使用している Office アプリケーションをそのまま使用できます。このため、最終的には、生産性の向上、コストの削減、業務の迅速化につなげることができます。

詳細については、こちらのプレスリリース (英語) をご参照ください。

Comments (1)

  1. Anonymous より:

    (この記事は 2014 年 3 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Technology is enabling new ways of working の翻訳です。最新情報については

Skip to main content