Office 365 を迅速に導入するための手法 -Office 365 FastTrack – のご紹介


マイクロソフトでは、IT管理者向けにOffice 365 を素早く導入するための手法をご紹介しています。この手法は、“Office 365 Fast Track” と呼ばれ、シンプルに3つのステップで構成されています。
クラウドサービスであるOffice 365 は、購入前に試用版を簡単に試すことができ、購入後は数日でエンドユーザーが利用できる環境を構築することができます。場合によってはお客様個別の環境やニーズに対応するために時間を要するケースもありますが、Office 365 Fast Track で紹介している手法では、足の長くなる導入作業とすぐに利用開始するための作業を切り分けることで、利用開始までに長期間ユーザーを待たせることなく、ユーザーがすぐにOffice 365の利用を開始できる環境を整えることを目指します。

 

Office 365 FastTrack 各ステップ:

  • Step1:パイロット(数時間):Office 365購入検討フェーズでパイロット環境を素早く提供し“体感”することでOffice 365を理解
  • Step2:導入(数日):パイロット環境を素早く移行し、数日で実利用環境を展開することにより、ユーザーが短期間でメリットを享受
  • Step3:拡張(数週間):お客様個別のニーズや環境に合わせた高度な機能を追加。より快適な作業環境を提供

 各ステップごとの詳細の作業は Office 365 FastTrack  紹介サイト (https://aka.ms/ihetpl) にて紹介しています。
ぜひご覧いただき Office 365 の導入にお役立てください。

 

解説ビデオ:

また同時にOffice 365 FastTrack の各作業を紹介するサイトとビデオをLive しました。音声と映像で簡単に各ステップの概要を掴むことができます。ぜひご覧ください。

Office 365 FastTrack 概要:

 

Office 365 FastTrack 各ステップ:
Step1:パイロット(数時間):
Office 365購入検討フェーズでパイロット環境を素早く提供し“体感”することでOffice 365を理解 

 

Step2:導入(数日):
パイロット環境を素早く移行し、数日で実利用環境を展開することにより、ユーザーが短期間でメリットを享受

 

Step3:拡張(数週間):
お客様個別のニーズや環境に合わせた高度な機能を追加。より快適な作業環境を提供

 

 

 

ぜひ"Office 365 FastTrack " をご参考にしていただき、Office 365 による快適な最新環境のご準備にお役立てください。

Skip to main content