ヤマハがグローバル 1.2 万人を Lotus Notes から Office 365 に移行します


ヤマハ株式会社は、ワークスタイル変革の一環として、Office 365を活用したグローバル情報基盤を導入します。本年12月から稼働開始予定であり、ヤマハのグローバル31ヶ国約1.2万人の社員が利用する、大規模なOffice 365活用事例となります。

 

ヤマハでは、取引先を含めたタイムリーな情報共有やモバイル活用といった昨今のニーズへの対応や運用コストの削減のため、Lotus Notesを用いたこれまでの情報基盤の刷新を行う必要がありました。新しい情報基盤の選定にあたっては、複数のソリューションを検討した結果、企業利用における運用のし易さ、中国からの利用に実績がある、Officeとの親和性が高い、といった項目が検討され、その結果、Office 365が選ばれました。

 

この事例について詳しく知りたい方は、以下のニュースリリースをご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content