マクニカが Office 365 を導入して 1 日 2 時間もの業務スピード向上を実感


 

本日、半導体やネットワーク機器などを企画開発、販売する専門商社である「株式会社マクニカ」がOffice 365 を導入されたことをお知らせします。

マクニカでは、「持たざる IT」を実践したいという思いが強くあり、"物を増やさずに、スケーラブルなシステムを実現したい" という狙いから、グループ約 1,700 ユーザーのコミュニケーションを支える情報共有基盤として Office 365 の導入に至りました。

マクニカ グループの構成の一つの特徴は、クラウドサービスを利用するにあたっても、必ず VPN 接続を要求する構成にして、かつ社内システムとシングルサインオンを実現している点です。実現に当たっては、 Juniper Networks社の製品とPing Identity 社の PingFederate を利用しています。

また、スマートフォンやタブレットの活用を推進するにあたっては、BYOD (私的端末利用 : Bring Your Own Device) 方式を採用。希望対象者のうち、セキュリティ試験に合格した社員に Exchange Online との同期を許可しています。

株式会社マクニカ 情報企画部 第1課 床田 紘美 氏は次のように話しています。「先日も、スマートフォンとノート PC の両方を使い分けている人から『業務が 2 時間はスピード アップした』という評価をいただきました。デスクに縛られることがなくなったため、自分の時間を効率よく使えるようになったそうです。しかも、今までは 200 MB しかなかったメール ボックスの容量が、一気に 25 GB にまで拡張されましたので、メール管理にわずらわされることもなくなったと喜んでいただけました」。

株式会社マクニカ 情報企画部 部長 奥野 正 氏は次のように話しています。「やはり、外出時でもメールが確認できるというのは、非常に大きな変化でした。たとえば、移動の電車内で新着メールを確認した場合、すぐに返信はできなくとも、次のアクションを考える時間が生まれるというのはありがたいです。電車を降りてすぐ、スマートフォンからでも、ノート PC からでも返信できますから」。

 

図: システム概念図

 

他にも、リモート ワイプ機能など、万が一の場合にセキュリティを確保する仕組みが用意されており、前述のシングルサインオンや VPN 接続と合わせ、クラウドサービスを使って BYOD をする場合でも、利便性を損なうことなく安全に利用することができるのが、Office 365 なのです。

 

事例のより詳しい内容は以下をご参照ください。

 

Comments (0)

Skip to main content