大きな成長を遂げた Exchange 2013 と Outlook 2013 のメール


(この記事は Whymicrosoft.com に 2012 年 12 月 14 日に投稿された記事の翻訳です)

1971年MIT の名代としてRay Tomlinson が、世界で初めてネットワーク メールの送信ボタンを押してから、メールがどれほど長い年月を旅してきたかを思うと興味は尽きません。25年以上かけて、メールはコミュニケーションのビジネス スタンダードとして、従来の郵便とファックスを抑え、何百万人に利用されるコミュニケーション手段として発達しました。

ソーシャル メディアの台頭にもかかわらず、メールは今も、インターネット コミュニケーションで最もよく使われる手段です

メールの発達に伴い、その使い勝手にも期待が持たれています。今日のビジネスでは、メールをいつも確実に使えるように期待されます。一流の生産性の実現が望まれます。つまりメールは、単に良いだけでは満足されない、ずば抜けていることが求められるのです。

新しいOffice では、それができます。エンド ユーザーにも、IT 管理者にも、クラウドでも、オンプレミスでも、メールは Office 365 という新バージョンへの大きな一歩を踏み出しました。

 

新しいOutlook のご紹介

新しいOutlook では、同一のユーザー インターフェース (UI) に、ユーザーが好んでよく使う機能を合わせて、どこからでもメールにアクセスできます。魅力の一部をご紹介しましょう。

  • Windows 8 スタイルUI -  クリーンでモダン、直感的なユーザー インターフェースをご覧ください。ユーザーインターフェースは、プレミアム スクリーン サイズに最適化され、どのデバイスでも没入型の、いつもと同じ環境を実現します。
  • Outlook アプリ - Outlook とOutlook Web Appからサードパーティー製Web アプリを使える、新しいOfficeの拡張性をご活用ください。

 

  • 管理しやすい - 画面を切り替えずに、その場で素早くメッセージを書き、送信できる「インライン コンポーズ」機能。今作ったメールに、ファイルを添付しますと書けば、「添付忘れ リマインダー」も登場します。

 

  • 使いやすいOffice Web App のユーザー補助 - スクリーン リーダー、ハイ コントラスト、キーボードだけで操作可能なナビゲーションなどのご要望に応え、サポートを強化しました、どうぞご活用ください。ソーシャル ネットワーキング機能も向上しました。進化した Social Connector によって、ユーザーは、LinkedIn やFacebook など自分が最も信頼するソーシャル ネットワーキングを使う人達から、自動的に最新情報を入手できます。
  • Outlook Web App のオフライン サポート - ネットワークに接続しなくても、ブラウザーでOutlook Web App を使えます。オフラインで行った内容は、次にネットワークへ接続したとき自動的に同期されます。

 

新しいExchange のご紹介

ガートナー社は新しいExchange を「Microsoft Cloud への架け橋」と呼びました。実に、Exchange Online またはデスクトップ版のどちらを使っていようと、最新のExchange によって、IT 管理者は必要な管理を行う一方で、ユーザーの生産性を高め、組織を安全に保つことができます。進化した点をご紹介しましょう:

  • フレキシブルなオプション - ハイブリッド展開を含むフレキシブルな移行オプションにより、あなたの条件にそって、クラウドへ移行できます。
  • 機密情報保護を強化 - 社内および法規制のコンプライアンス要件を満たすように、ビジネス コミュニケーションと機密情報を保護しますデータ損失保護 (DLP) は、内容の詳細な分析によって機密情報を定義、監視、保護します。また、Outlook のPolicyTips は、機密データの送信前にポリシー違反を通知します。

 

  • 法規制の順守を容易に - Exchange、SharePoint とLync から、組織のデータを定義、保持、分析するには、新しい電子情報開示 センターをお使いください。データは常にその場所にあるので、他に保存場所を管理する必要はありません。

 

新しいOutlook Exchange: 他を圧倒する高機能

新しいOffice 365 を野球選手に例えるなら、ホームラン バッターです。新しいOutlook とExchange は、多くの点でGoogle Apps とGmail を上回っています。 『PC Magazine』誌のSamara Lynnは、次のように書いています: 「Office 365 はGoogle Apps に対する答えと言うと、Google のサービスは、ある意味Office 365 と結託しているように聞こえます。(中略)Google Apps は、ストリップダウン方法としてはとても便利ですが、Office
365 が提供する大変詳細な管理面の配信はできません。」

IT の視点に立つと、新しいExchange はGmail のはるか先を行っています、特に政府規制を順守する場面で、会社情報の保存、検索、読み出しに優れています。 アーカイブは、特化された [インプレース アーカイブ] で簡単にできます。[インプレース アーカイブ] はOutlook または Outlook Web App のプライマリ メールボックス フォルダの傍に表示され、アーカイブしてないメールと同じ方法で、アーカイブしたメールに直接アクセスできます。新しいExchange には、情報を容易に検索できる電子情報開示ツールもあります。例えば、[インプレース ホールド] は、プライマリ メールボックスと[インプレース アーカイブ] で編集または削除したメールボックス アイテムを一定期間保存することができます。電子情報開示は、メール、添付ファイル、カレンダー アイテム、タスク、連絡先を、複数のプライマリ メールボックスにわたって検索できます。Exchange、Lync、SharePoint でも同時に検索が可能です。

これに対しGoogle Apps では、Vault や、来年まではPostiniというアドオン製品が必要です。これらの製品を入手するには追加で費用がかかるほか、アーカイブはそんなに簡単ではなく、電子情報開示も総合的ではありません。例えば、[インプレース アーカイブ] はありません。Vault 電子情報開示検索は、メールと、公表を前提としたインスタント メッセンジャー チャットに限られます。新しいExchange は、Policy Tips のような優れたセキュリティ対策と、高機能のデータ損失保護を備えています。

Google Apps のオフライン機能は限定的です。Facebook とLinkedIn から連絡先情報を統合できる新しいOutlook と比較すると、Google Apps のソーシャル統合はGoogle+.に限られます。Doug Miller が『The New Information Economy』に書いたように、

「Office 365 システムはOutlook とWeb の両方で機能するリッチなユーザー インターフェースを備えています。個人的意見として、予定表は更に強力です。コンシューマー製品との統合は必要ありません。全てがプロフェッショナルです。(中略)私は熱心なOutlook ユーザーです、結局Office 365 は優れているのです(Gmail よりも (中略) バックエンドExchange 機能全てを合わせ持つOffice 365 は、真のエンタープライズ ソリューションと思います、それは確かに真のエンタープライズ ソリューションだからです。

同様に、多くのユーザーがOffice 365 のメール機能を評価しています。Redmond の『Windows Insider』 コラムニストGreg Shields は、Google Apps を試しましたが、結局、彼の会社はOffice 365 へ移行しました。「Office 365 は、Google Apps からの新たな転換でした」と彼は『Redmond Magazine』で述べています。「Google Apps for Business からOffice 365 へ移行して、馴染みのあるExchange のインターフェースが気に入っていますし、前になかったLync とOutlook の完全に忠実な機能を存分に楽しんでいます。」

Rishi Khanna もGoogle Apps を使った後、Office 365 へ切り替えました。彼は『Redmond Magazine』で次のように述べています

Google Web インターフェースは、ビジネス環境に適合しないと感じました。」「Microsoft Exchange を10年間使ってきて、Outlook がとても使いやすかったので、悩みことはありませんでした。(中略)企業がメール、ワード プロセッシング、Web ミーティング、予定表、書類管理や他の統合サービスのために使えるツール パッケージを配信するという、Microsoft は素晴らしい仕事をしています。Google 製品は、2006年に市場へ登場しましたが、その機能の大半は随分と長い間、必要最小限に留まっています。私達が望むところまで至っていません。」

 

大きな発展を遂げました

Tomlinson が世界で初めてのメールを一台のコンピューターからもう一台へ自分宛に送信してから、メールがどれほど進歩したかを考えると想像を超えています。Loretta Lynn を引用すると、”we’ve come a long way, baby (よくまあ大きな成長を遂げましたね).”

確かに、新しいOutlook とExchange は、今日のビジネス ユーザーが期待する高機能の生産性を実現しています。どうぞOffice 365 Preview のOutlook とExchange を使ってみて、感想を聞かせてください。

Comments (0)

Skip to main content