新しい Office 企業向け Volume License 提供開始


(この記事は Office 製品マーケティングブログのアナウンスメント記事の転載です)

 

12月1日より、Office 2013, Exchange 2013, Lync 2013, SharePoint 2013, Project 2013, Visio 2013 といった製品のオンプレミス エディションがボリュームライセンスで提供開始されました。

店頭やオンラインストアでの一般提供開始は、来年第1四半期の販売開始を予定しております。

新しいOffice は、様々なデバイスへの対応やサービスの連携強化により、ビジネスユーザーの生産性を大きく向上させる統合的な製品群です。

7月のCustomerPreview の提供開始から10月の開発完了に至るまで、皆様からたくさんの貴重なフィードバックを頂戴し製品に反映させてきました。

以下は新しいOfficeの代表的な特徴です。

  • 様々なデバイスに対応し、タッチ、ペン、マウス、キーボードをスムーズに切り替えて利用でき、モバイルでの生産性を大きく高めます。
  • ソーシャルに対応し、人々、ドキュメント、ディスカッションの情報をリアルタイムで把握できるとともに、高解像度のビデオ会議を活用し、ノートやホワイトボードを共有して簡単に会議、情報共有を行えます。
  • データ損失防止、コンプライアンスマネジメント、マルウェア対策の機能をさらに強化するとともに、オンプレミス、クラウドを問わず、お客様のビジネスニーズに応じて柔軟な展開手法を提供します。
  • クラウドサービスとの連携により、自分のドキュメント、カスタマイズしたOfficeに、いつでもどこからでもアクセスできます。 

新しい Office の購入、検証、更なる情報をお知りになりたい方は、日本マイクロソフトの営業担当者、もしくは販売パートナー様までお知らせください。

新しいクラウドサービス (Office 365) は来年第1四半期に提供予定です。

引き続き、CustomerPreview で体験ください。 

 

日本マイクロソフト Office ビジネス本部

Skip to main content