クラウドとして提供されるOffice、Office 365 ProPlus とは?


現在プレビュー版をご提供中の次期 Office、Office 365 ProPlus についてご紹介します。(当Blogの内容は、製品リリース前のカスタマープレビュー版の情報をもとに作成されており、内容については予告なく変更される場合があります。) 

次期Officeは、クライアントアプリケーションがクラウドとして提供されます。これまで Exchange やSharePoint、Lync などプロダクティビティソリューションが Office 365 においてクラウドサービスとして提供されてきましたが、ついに Office クライアントアプリケーションが、クラウドとして提供されることになり、サービス名称もOffice 365 ProPlusとして新しく生まれ変わりました。Office がクラウドになった、というともしかしたら、簡易なブラウザベースのOffice を想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、マイクロソフトが提供するクラウドとしてのOfficeはそうではありません。私たちは、人々の仕事やプライベートの作業をより快適にサポートするリッチなアプリケーションのパワーを活かしながら、クラウドの利点を活用したソリューションを提供していきます。そしてクラウドとして提供されるOfficeは、マルチデバイス化が進み、より流動的になったこれからのワークスタイルに対応した Office となります。デバイス横断的に Office を利用しても、いつもの自分自身のOffice が利用でき、デバイス夫々の利点を活かしたOffice を提供することで、いつでもどこでも利用シーンに合った方法で、人や仕事とつながることのできる環境を実現します。

それではクラウドになった Officeの特徴をご紹介します。

 

あなたが主役のソリューション

ワークスタイルを取り巻く環境は急速に変化しており、特にデバイスの多様化がもたらす影響は目を見張るものがあります。PCだけでなく、スマートフォン、タブレットPCなど、多様なデバイスを使い分けて使う時代はビジネスにおいてもすでに使われ始めています。各デバイスは、それぞれ異なる特徴があり、例えば、集中して作業したいときは PC でキーボードをフル活用し、電車の中でちょっとメールを確認したい時はスマートフォンで、お客様先でノートを取りたいときはタブレットPCでタッチ操作・・・というようにデバイスの特徴に合わせて最適な利用シーンも変わってきます。一方、それぞれのデバイスで利用されるファイルやデータの保存先は様々ですので、利用シーンに合わせてデバイスを変えていくと、そのたびに、データやファイルをUSB等で持ち運んだり、自分あてに添付ファイルをメールすることが必要でした。もちろんその中で使えるアプリケーションとその設定も変える必要があります。そこで今度のOffice は、利用シーンに合わせて、最適なデバイスを使い分けながらも、デバイス横断的に、いつでもどこでもあなた自身の Office が使える環境を実現しました。デバイスや Office にあなたが合わせるのではなく、Office を利用する “あなた” が主役であり、あなたの使いたい場所、使いたいデバイスで、あなたの Office が使えます。マルチデバイス時代の働き方に対応した新しい Office が始まります。

 

クラウドとして提供される Office

新しい Office はサインインして使い始めます
 
  
 Office にサインインをすると、新しいスタート画面が表示され、いつものあなたの Office を使い始めることができます。上の画面ショットをご覧ください。右上にサインインをした人の名前が表示され、サインインをした人がよく使うテンプレート、最近使ったドキュメントが表示されています。個人設定がローミングされ、ドキュメントがクラウドストレージに保存されていることで、このようないつもの自分のOffice を利用することができます。この仕組みによって、デバイスが変わってもいつものあなたのOffice
を利用して、自然に作業を継続することができます。例えば、外出先でタブレットPCで編集したWord文書を企業向けのクラウドストレージであるSkyDrive Pro に保存し、帰社後、会社のPCでWord を起動すると、最近使ったドキュメントに、先ほどタブレットPCで編集した文書が表示され、すぐにファイルを開くことができます。更にファイルを開くと、前回作業を終了した位置から作業を再開することもできます。


またサインインは、いつも利用しているMicrosoft アカウントや、Office 365 を利用します。Microsoft アカウントは、SkyDriveやHotmail など、その他のMicrosoft サービスで使っている Microsoft アカウントと同じものを利用することで、そこで利用されているSkyDriveクラウドストレージと連携することができます。所属している組織、会社、学校がOffice 365 を使っていれば、Office 365 のアカウントを使うことで、いつも仕事や学校で利用しているOffice 365 のSharePoint にファイル保存できます。保存先のクラウドストレージはアカウント毎に予め設定できます。もちろん自分のコンピューターにファイルを保存することもできますが、デバイス横断的にファイルを利用したい場合は、ぜひクラウドに保存してご利用いただき、デバイスが変わっても使いたいファイルがいつでも使える利用環境をご体験ください。

 

ドキュメントを共有する方法も進化しました。 さまざまな共有方法が用意され、クラウド上のファイルに人を招待することはもちろん、スタート画面からソーシャルネットワークに直接投稿することもできます。
 

 

また次期 Office では、SkyDrive appが提供され、クラウド上のドキュメントを自分のローカルのハードデバイスにあるドキュメントのように扱うことができます。例えば企業向けのセキュアなクラウドストレージである SkyDrive Pro にドキュメントを保存すると、以下の画面のように、ローカルPCのフォルダに、SkyDrive Proに保存したドキュメントが自動的に表示され利用できます。インターネットに接続していない時も、ファイルが使えなくなることはありません。

 



利用シーンに合わせて Office を使う

新しいOfficeは、かつてないほど様々なデバイスで使えるようになりました。 すでにスマートフォン、タブレットPCをPCと並行して利用し、利用シーンよって最適なデバイスを使い分けるスタイルが始まっています。そこで私たちは、単に各デバイスで利用できる Office を提供するだけでなく、それぞれのデバイスの特徴を活かした Office を目指しました。いつでもどんな場所で働いていても、そのシーンに合わせたデバイスを使い、デバイスの特徴や良さを活かしたOffice を利用して、快適に仕事ができる環境をご提供していきます。

さらにクラウドとして提供するOfficeは、これまでのデバイス単位ではなく、ユーザー単位となり、月額払いのサブスクリプションとして提供させていただきます。このOffice 365 ProPlus を契約していただくと Office 365 のポータルから Office クライアントアプリケーションをインストールし、クラウドから直接Office を取得することができます。インストールは、1ユーザー辺り5デバイスまでとなりますので、いつも会社で使っている PC、移動中に使うタブレットPC、自宅のPC、Mac にインストールし利用できます。一人のユーザーが複数のデバイスを所有する時代に合わせたご提供方法となっています。

 

 

クイック実行

クイック実行は、Office 365上で仮想化されたOffice をストリーム配信しインストールする展開方法です。クラウドから 提供される Office は常に最新のOfficeとなりインストールは迅速に完了します。一度インストールが完了した後も、常にクラウドから最新のOffice が自動的にインストールされるため、いつでも最新の環境を利用できます。またクイック実行では、現在使用している Office をアンインストールせず、最新の Office をインストールでき、1台のローカルコンピュータ内で新旧Officeバージョンを共存利用することができます。これにより、以前のバージョンの Office でしか動作しないアドインを含む Office ファイルがある場合は、以前のバージョンで利用し、それ以外の作業は、最新バージョンのOffice を利用し、快適な環境で作業を進めることができます。

 

Office オンデマンド

私たちはユーザーの皆様が、いつでもどこでも、自宅にいても仕事をしていても、新しい Office を使うことができる環境を目指しています。もしいつも使っているPCが手元にない状態で、いつものOfficeを使いたいというときには、Office オンデマンドという新しい配信方法をご利用いただけます。Office オンデマンドは、Office クライアントアプリケーションを数秒という非常に迅速なスピードで展開できる新しい方法です。Office クライアントアプリケーションのインストールせずに、フル機能をすぐに簡単に使い始めることができます。また利用が終了するとPCにはOffice アプリケーションのキャッシュが残りませんので、共有端末や家族のPCなど情報を残したくない場合のご利用にも最適です。


Office Web Apps

ブラウザさえあれば、Office Web Apps を使ってどんなデバイスからもOffice のドキュメントにアクセスし、編集、共有することができます。今回、Office Web Apps は大きな進化を遂げており、編集、コラボレーション、共有の機能が大きく強化され、Office Web Apps が利用できる場も広がりました。

  • 強化された編集機能 - Word Web App では、ページレイアウトで設定できる項目が増え、PowerPoint は、画面切り替えやアニメーションが新規で追加されました。Excel は、チャートの表現が大きく進化し、データを効果的に見せる新しく追加されたインターラクティブな表現も可能となりました。OneNoteも、ナビゲーションと検索が進化しています。
  • どこにいても使えるWeb Apps - Web Apps はどんなデバイスでも、ブラウザーがあれば利用できます。最新のブラウザーで快適に動作し、新しいタッチフレンドリーなUI にも対応します。モバイルインターフェースは、現在のスマートフォンの特徴を最大限活かすように再設計されました。またWeb Apps が利用できる場も拡大しています。SharePointだけでなく、Exchange, Lync, そしてファイル共有でも Office Web Apps が利用できます。
  • コラボレーションと共有 –Web Apps を使った同時編集は、これまでの Excel、OneNoteに加え、Wordと PowerPoint
         でも可能になりました。SkyDrive Office 365にホストされた Web Apps のファイルにコメントをしたり共有することもできます.

   

さらにパフォーマンスも向上しました。UI はより洗練され、すっきりとした見栄えとなり、コンテンツに集中することができるようになっています。 アニメーションの表現もスムーズです。

 

このようにクラウドとして提供される新しいOffice は、マルチデバイス時代の新しい働き方を快適に支援します。ぜひ一度プレビュー版をご利用いただき、新しいOffice をご体験ください。

 

Comments (1)

  1. Anonymous より:

    (この記事は 2013 年 8 月 8 日に Office IT Pro Blog に投稿された記事 How to deploy Office 365 ProPlus from an on-premises

Skip to main content