統合力に勝るマイクロソフトクラウドサ-ビス


マイクロソフトは、さまざまなクラウドサービスを提供しています。クラウドの浸透が最も早いといわれているSaaS のコミュニケーション分野でのクラウドサービスが Microsoft Office 365 です。この分野の典型的サービスは、メールサービスです。

今ではメールサービスを利用していない企業はほとんどないといってもいいほどに、電子メールは普及しています。では、「クラウドサービスによる電子メールを利用するメリットは何?」「これまでの電子メールとはどう違うの?」 といった素朴な疑問がわいてきます。

ここでは、主に大手向け組織に提供されてきたメールシステム(グループウェアアプリケーション) ではなく、一般エンドユーザーが個人用途で利用してきたPOPメールとの比較を中心に、マイクロソフトが提供するこの分野のクラウドサービスのメリットを「統合力」という視点からお伝えしたいと思います。

メールを中心に考え方時、そこから次にするアクションは、返信するや転送するなどのメール関連のタスクだけではないはずです。例えば次のようなアクションを考えてみましょう。

  • 会議をセットする
  • チャットをする
  • 直ちにWeb 会議をする

例えば、メールを読んで会議をセットする場合を思い浮かべてください。会議のセットとスケジューリングが別々のアプリケーションで動いている場合、最終的には3つのアプリケーションを行ったり来たりする必要があります。マイクロソフトの場合、これはすべてOutlook で完結する簡単なアクションとなります。

具体的には、メールの上部に表示されるリボンの中の「会議」をクリックするだけで、メールの内容が入った会議依頼のツールが立ち上がります。

メンバーはすでに入っていますので、後はそのメンバーの空き時間を確認して送信するだけです。空き時間は、「スケジュールアシスタント」によって確認することが出来るので、とても短時間で会議の設定が可能です。

最近では、コミュニケーションの手段として「リアルタイムコミュニケーション」も浸透しつつあります。いわゆるチャットやWeb会議です。メールの内容によっては、送ってきた相手の方と直ちに確認したいこともあるでしょう。その場合に役立つのがインスタントメッセージング(チャット)、音声チャット、ビデオチャット等です。

マイクソフトのサ-ビスであれば、これらのコミュニケーション手段も簡単に利用できるように設計されています。例えば、メールの差出人や宛先に入っている人のところには必ずプレゼンスと呼ばれるマークが表示されており、ここからその時に最適と思われる手段を選択することが出来るのです。

このプレゼンスは、メール上だけではなく、SharePoint Online のサイトやその他人の名前が表示されるところにはいつも表示されます。また、Office アプリケーションからは、直接SharePoint Online に保存したり、インスタントメッセージングに送ったりすることも可能です。こうしたすべてのサ-ビス、アプリケーション間の連携を強化し、意識することなくその時に必要な機能をサ-ビスやアプリケーションをまたがって利用することが非常に容易に出来るようになっています。これがマイクロソフトの「統合力」と言うもので、一つのサ-ビスやアプリケーションを決して単独では考えていないところにその長所があります。一見独立している機能が実は結びついていることによって、仕事の効率や生産性が飛躍的に向上することになるのです。

Comments (0)

Skip to main content