新たなクラウド コンピューティング プラットフォーム-Microsoft Office 365


最新のクラウド コンピューティング プラットフォームである、Microsoft Office 365 の公開ベータ版がリリースされました。

Office 365 は、Microsoft Online Services の次のバージョンというだけではなく、Microsoft Office を含み、総合的クラウド プロダクティビティ基盤を提供するサ-ビスです。
Office 365 は、図に示されているように、4 つのコンポーネントによって構成されています。現在の Microsoft Online Services を構成する、Exchange Online、SharePoint Online、そして、Office Communications Online と Office Live Meeting が統合された Lync Online (Microsoft Lync についてはこちらを参照ください) に併せて、Office Professional Plus を月額課金のシステムで提供します。
デスクトップ アプリケーションとして圧倒的に多くの皆様にご指示いただいている Office を、インターネットの向こう側から提供されるサ-ビスと統合させ、次世代のプロダクティビティの基盤とすることを目的としています。

Office 365 の 1 つの特徴は、次の 3 種類のエディションが用意され、あらゆる企業、組織にご利用いただけるようになっていることです。

Office 365 for Enterprise

Office 365 for Enterprise は、現行 Microsoft Online Services の次のバージョンとして位置づけられます。大規模な導入から小規模なユーザーまで、どのような企業、組織にでもご利用いただけます。コンプライアンスや厳しいセキュリティ要件、IT
管理要件にも対応可能な管理項目が用意されています。
価格や詳細な機能について、この連載でご紹介していきます。

Office 365 for Small Business

主に 25 名以下の企業や組織のために用意されたサービスで、面倒な管理項目を極力削減して、どなたにでもご利用いただけるように開発されています。Microsoft Office の製品登録をするのと同様の手順で、基本的設定はすべて完了し、すぐにご利用が開始いただけます。また、価格も大変割安に設定されているので、厳しい経済状況の中でも、ご利用いただけるようになっています。

 

Office 365 for Education

学生を含めた教育機関の皆さんにご利用いただくためのサ-ビスです。このサ-ビスは、上記 2 サ-ビスがリリースされてから、しばらく経ってからのリリース予定なので、ご紹介は上記の 2 つの後にさせていただきます。またベータ版提供も今回はありません。

 

Microsoft Office

さて、Office365 という名称からも容易に想像できることですが、今回のリリースの最大の特徴は、Microsoft Office がこのファミリーに含まれていることです。2 つのご利用形態があります。
1 つは、Office をサブスクリプション、つまり月額課金でご利用いただくサ-ビスです。これは従来からのボリューム ライセンスで提供している Microsoft Office Professional Plus と同じものです。
もう 1 つは、Office Web Apps と呼ばれる、Web でご利用可能な Office です。
ユーザーが実際にさまざまな作業をするフロント エンドに、使い慣れた Microsoft Office をご利用いただくことが、マイクロソフトのクラウド サ-ビスの 1 つの大きな特徴です。

 

Microsoft Office 365の価値

Office 365 をご利用することの意味や価値は図のようにまとめることができます。
第 1 に、Office と統合することで圧倒的に高い生産性を実現することが可能となります。
第 2 に、PC でのリッチ クライアント、ブラウザ、さらにはモバイル デバイスなど、さまざまなデバイスでご利用可能であり、ほとんどの環境でアクセスできるという点があります。
第 3 に、Office との統合により、これまで使い慣れているアプリケーションをそのままご利用することで、新たなクラウド時代のプロダクティビティを手に入れることができる、というメリットを持っています。
第 4 に、マイクロソフトが、堅牢で厳密に運営している安全なデータセンターで、サ-ビスの提供とデータ保管を行っていることを実感していただけます。
第 5 に、高い管理性を求めるユーザーにはその環境を、管理を簡素化したいというユーザーには、管理項目を減らしたサ-ビスを提供することで、あらゆる規模や要件のユーザーがご利用いただけるようになっています。

今すぐベータ版に登録してぜひお試しください。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content