日常業務に利用する簡単なアプリケーションを Web 化して共有


できること

Access 2010 で作成された簡単な業務アプリケーション (フォームやデータベース、Access マクロのセット) を、Web ベースのアプリケーションに変換して、ブラウザーから共同で利用できるようになります。

 

解決したい課題

Word や Excel、PowerPoint などとともに、Access は非常に多くの企業で利用されている業務アプリケーションです。さほど大量のデータ量を扱わず、また利用者が限られるため情報システム部門による標準化と展開が必要ないような、部門レベル、個人レベルでの業務処理自動化の手段として、有効活用されています。

しかし、1 つのファイルにフォームからデータベースまですべての情報を押し込んでいるという、デスクトップアプリケーションとしての性格により、複数の利用者による同時利用は、パフォーマンスや安全性の観点で適切とは言えません。また、ファイルであるがゆえに、各部門のファイルサーバーや個人のデスクトップに散在することとなり、情報セキュリティや統制の観点でも問題になる場合があります。かといって、これらのエンドユーザーコンピューティングによるアプリケーションを禁止し、情報システム部門が中央で統制するようにルールを変更するのも、情報システム部門には膨大な負荷がかかり、利用者部門ではビジネス環境の変化による適時な調整ができなくなるため、現実的ではありません。このような事情から、Access を含むエンドユーザー コンピューティング ツールの管理上の問題は放置されがちでした。

 

2010 シリーズ Office 関連製品群で解決

Access 2010 と SharePoint Server 2010 を使えば、Access で作成するフォームやテーブル、Access マクロを、SharePoint 上の Web アプリケーションとして利用することができるようになります。利用者が多く、数多くの書籍などの情報も提供されており、また過去からの蓄積の多い Access アプリケーションを Web 化することで、組織全体で共有できるため、ビジネス部門における利便性やスピード感を損なうことなく、安全に統制されたサーバー環境の中で、革新的なエンドユーザーコンピューティングを実現することができるようになりました。

作成した Access アプリケーションを、Access のメニューから「Access Services に発行」することで、Access フォームは SharePoint の Web フォームとして、Access テーブルは SharePoint のリストとして展開されます。モーダルダイアログボックスなど一部 Web 化に対応していないフォームがありますが、Web 化用に用意されているフォーム作成メニューやクエリメニューを利用すれば、戸惑うことなく Access Services 用のアプリケーションを作成することができます。Access Services への発行時に「互換性チェックの実行」を行えば、Web化 に非対応のフォームやクエリなどを簡単に特定することができますので、既存の Access アプリケーションを一旦 Access 2010 で開いたうえで互換性を確認し、問題を修正して Web アプリケーション化することができます。

 

このようにして作成された Access Services Web フォームやリストは、InfoPath やその他のツールを用いて作成された Web フォームやリストと同様に、複数の利用者による同時アクセスにも問題なく動作します。システム管理者は、SharePoint 上のシングルポイントを管理するだけで済み、バックエンド データベースとの接続なども、安全性と完全性を確保した状態で、安心して利用者に開放することができます。そして何より、利用者は必要に応じて自らの手で、作成された Access Services Web アプリケーションをチューニングすることができ、ビジネス変化への素早い対応が可能になります。

Comments (0)

Skip to main content