【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 3 【2/22 更新】

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)   最も信頼性の高いクラウド Azure は、最も包括的にコンプライアンスに対応したクラウド サービスであり、50 件のコンプライアンス認定を取り揃えています。マイクロソフトの開発手法には、お客様を保護するためのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの施策が組み込まれています。お客様が利用する 18 の Azure サービスで FedRAMP (英語) のハイレベルな認定を取得するなど、米国政府機関 (英語) 向けの最も信頼できるクラウドとして評価されています。 「企業のコンプライアンスとは、わざわざお金を払って罰を受けるようなものだと思っていました。しかし当社は現在、マイクロソフト クラウドのスケーラブルな従量課金モデルのおかげで、世界水準のサービス、柔軟性、セキュリティを提供しながら、競争力を確保できています」 Dyrand Systems、マネージング ディレクター、Ed Anderson 氏   最もインテリジェントなクラウド Azure は、開発者やデータ サイエンティスト向けに Cognitive Services API (英語)、Bot、Machine Learning、Blockchain as a Service (BaaS) を提供する唯一のパブリック クラウド サービスです。これらの機能が、Azure N シリーズ Virtual Machines での深層学習、HPC シミュレーション、リアルタイム…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 2 【 10/12 更新】

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)   より早く構築できる Azure の統合されたツールとサービスと実績のあるソリューションにより、あらゆるプラットフォームやデバイス向けのエンタープライズアプリ、モバイルアプリ、Web アプリ、モノのインターネット (IoT) アプリを素早く作ることができます。開発者は DevOps スキルや Windows での経験がなくても生産性を高めることができます。なぜなら、Azure は幅広いデバイス、オペレーティング システム、データベース、言語、フレームワーク、ツールをサポートしており、今の経験をそのまま活かせるからです。仮想インフラの管理が面倒ですか? Azure ではその必要がありません。一方、AWS では、いくつかの異なるサービスを統合させて管理する面倒くささがあります。 3M がモバイルアプリ開発を Azure で加速した方法を見る (英語)     貴社のデータセンターをシームレスにクラウドに接続できる AWS とは異なり、Azure では複雑な回避策や制限事項なく、ハイブリッド アプリケーションを簡単に構築して貴社のデータセンター、サービスプロバイダー、そして Azure 自信の中にあるリソースを活用できます。また、仮想プライベートネットワーク (VPN)、コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、キャッシュ、ExpressRoute 接続 など、より多くのハイブリッド接続を高スピードで簡単に利用できます。Microsoft Azure Stack は貴社の組織が Azure のサービスを貴社地震のデータセンターから配信できる新しいハイブリッド クラウド プラットフォーム製品です。 最後に、 Azure は 30 リージョンにわたるマイクロソフト管理のデータセンターのグローバル…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft と VMware の仮想マシン比較 【 2/6 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。)   Microsoft は競合他社と比べて、より信頼性があり、より完全なハイブリッド クラウド ビジョンを持ち、広いリーチとスケールを持ち、高い価値を提供します。   貴社のデータセンターを「トランスフォーム」しましょう 過去にとらわれているデータセンター プラットフォームを採用しないでください。Microsoft が今日の貴社のビジネスに新しい機能をお届けします。VMware の高コストで限界のあるクラウド ソリューションと、Microsoft が包括的で柔軟性がありコスト効率の高い IT 環境を提供する方法を比べてください。   ビデオ: 貴社の業務にあったクラウド ロードマップを選択しましょう Microsoft が既存の IT 資産を活用しながらクラウドのメリットを活用できるようにする方法をご覧ください。Microsoft だけが、パブリック、プライベート、そしてハイブリッド クラウドの選択肢を提供できます。   完全なクラウド プラットフォーム Microsoft は完全なクラウド プラットフォームを提供し、貴社が今日必要な機能、そして明日に備える俊敏性を備えています。   VMware Microsoft のクラウドを選択した顧客は、Windows Server 2012 R2、System Center 2012 R2 により提供される強固な基盤を利用できるだけではなく、どんどん拡張される Microsoft Azure の様々なサービスを活用することができます。これらは同じプラットフォーム上に構築されているので、開発者は ID、障害復旧、そしてモバイルサービスを統合したり、あるいは機械学習などの新しい機能を活用することができます。VMware のクラウドは構築されたばかりで、顧客に提供している自社開発のサービスの選択肢がありません。 ハイブリッド クラウドについての追加情報 Microsoft 今日のビジネスの進歩は、次から次へと出てくるビジネス上の課題をオンデマンドで解決できる柔軟なプラットフォームを求めています。Microsoft のクラウドはこれらのニーズにこたえるために、インフラ、アプリケーション、データのすべてにわたって共通のフレームワークを提供します。これは、顧客が IaaS リソース…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Skype for Business と Cisco の比較 【 12/26 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) Microsoft Skype for Business は異種のソリューションの寄せ集めではない、生産性、相互運用性、そして柔軟性が高く、単純で拡張性のあるコミュニケーション インフラです。   多くの管理が必要になるのと完全に統合されているのと、どちらがいいですか? ベンダーによっては、統合の難しさと断片化されたエクスペリエンスに課題がありますが、Skype for Business はあなたのチームをリアルタイムでつなぎます。 使い慣れたエクスペリエンス Cisco 断片化されたソリューション、複数のインターフェイス Cisco の買収を重ねてソリューションを広げるアプローチは、複雑なインフラの管理を要求されるだけではなく、ユーザーエクスペリエンスも断片化されます。そして Cisco のソリューションをオンプレミスとホスティング、オンラインで混合しようとすると、ユーザーは複数のクライアントを使用する必要があり、それぞれが断片化されてしまいます。 Microsoft 使いやすく統合されている、フェデレーション可能 Microsoft Skype for Business は、毎日使う Office アプリケーションのものとも同様の、みんなが知っている一般消費者向け Skype の使い慣れたエクスペリエンスと同様であり、企業向けの導入は簡単です。Skype for Business には統合クライアントが提供され、スマートフォン、タブレット、PC、そして Surface Hub 会議でシームレスなエクスペリエンスを提供します。 Skype for Businessフェデレーションにより、取引先と Skype for Business Online、または Lync を通してつながることができ、テキストメッセージ、在席情報、音声、ビデオ、会議、共有を行うことができます。Skype for Business では、テキストメッセージとビデオで、一般消費者向け Skype ユーザーとコミュニケーションすることも可能で、説得力のある一般消費者と企業間のエクスペリエンスを提供します。 統合されたプラットフォーム Cisco 企業向けには間違ったテクノロジー…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Office 365 と OpenOffice の比較 【 12/19 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) 展開、管理、効率で高いツケを払わないようにしましょう。マイクロソフトを選択することで、使い慣れた、流れるようなエクスペリエンスを利用でき、より効率的な共同作業が可能に。成長する柔軟性を獲得できます。   “無償” のコストは思ったより高いかもしれない 無償ダウンロードのトータルコストについて考えてみましょう。マイクロソフトを選択することで、仕事を遂行するのに必要なツールがすべて手に入り、手を抜かずに効率的に仕事をすることができます。   最新のユーザーエクスペリエンス OpenOffice 時代遅れで使いにくい OpenOffice は、現代的で直観的なユーザー インターフェイスを備えていません。最近の調査では、自らのユーザー インターフェイスを「扱いにくい」、「視覚的に魅力がない」、「非効率」と表現しています。 Office 365 使い慣れた直観的な操作 Microsoft Office 365 は洗練された直観的なユーザー インターフェイスを持ち、豊富な特長と機能を備えています。また、PC、携帯電話、タブレット、ブラウザーなど、プラットフォームにかかわらず優れたエクスペリエンスが得られるため、各人に最適なスタイルで仕事を進めることができます。   より効果的な共同作業 OpenOffice 仕事の進め方に対する制約 OpenOffice には、従業員が求める共同作業や場所を選ばないアクセスなどの機能がありません。さらに、限られた Office スイート及びグループウェアによって、仕事の進め方、仕事の場所、仕事の時間が制約されます。 Office 365 共同作業支援の促進 共同作業支援テクノロジーは、共有しやすさを促進するとともに、共有情報の一貫性を確保する必要があります。マイクロソフトは、Office 365 により、共同編集やマイクロソフト ユニファイド コミュニケーション テクノロジーとの統合、Office Online を使う選択肢など、多くの新機能を通じて共同作業支援を促進します。   成長する柔軟性 OpenOffice 妥協のコスト OpenOffice は、多くの組織が求める相互運用性、インフラストラクチャ、ツール、アーキテクチャ ニーズを満たしていません。このため、IT の複雑度が増してコストが上昇する危険があり、節約できたライセンス コストもあっという間に帳消しになります。 Office 365 将来に備えた柔軟性 Microsoft…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Dynamics CRM と Salesforce.com の比較 【 12/12 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) マイクロソフトのセールス生産性ソリューションを活用して、素早く洞察を得て、案件をもっと生成して成約させましょう。SalesForce.com の古いユーザーインターフェイス、静的なダッシュボード、限られたライセンスアクセスモデル、高い費用では、現代の最新ツールの生産性、価値、イノベーションには及ばないのです。   無比の生産性 経営層は、会社にあるデータから、セールス案件や顧客情報の管理と分析が正確にシームレスに簡単にできるソリューションを欲しています。 Salesforce.com 不完全な統合環境と直感に反した手順 SalesForce.com は限られたビジネスインテリジェンスのみを提供し、ユーザーが CRM にアクセスすることをライセンスで制限しています。 SalesForce.com は CRM データの一部を Microsoft Outlook を通じて表示しますが、すべてではありません。オフラインやサーバー側の同期機能がないため、直感に反した手順と、切り取りと貼り付けなど冗長で手動のタスクが発生します。手順は簡単ではなくミスが発生します。 Microsoft 使い慣れたツールで販売に集中 Microsoft Dynamics CRM Online は Microsoft Outlook とオンライン、オフラインの両方で完全に同期します。そして Microsoft Office 365 や Power BI for Office 365 とシームレスに連携します。ユーザーにとって Dynamics CRM の操作性は使い慣れたものであり、簡単に始めることができ、すぐに価値を生み出します。 マイクロソフトのセールス生産性機能により、販売プロセスがより価値のあるものになり、より多くの時間を販売活動に割くことができます。   誰でも洞察を活用 販売を効率よく行うには、複数のソースからの情報を使って洞察を生み出し、様々な場所にいるチームの全員に洞察を伝えなければなりません。 Salesforce.com 限定的な分析 The SalesForce.com Analytics Cloud には “what…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 【 12/5 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) マイクロソフトは、あなたのビジネスに合うように、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッドソリューションの最適な組み合わせの自由度を提供します。Azure はお客様の既存のオンプレミスへの投資を無駄にすることなくパブリッククラウドに拡張し、インフラストラクチャまたはプラットフォームサービスを選択可能にし、お客様のニーズに合った最適なソリューションを選択する柔軟性を提供します。   Azure と AWS を 8 つのポイントで徹底比較 1. 真のハイブリッド クラウドはどちら? マイクロソフトの真のハイブリッドクラウドがオンプレミスのリソースとパブリッククラウドを複雑な回避策や他の製品やベンダーなしで活用することを可能にします。機能群を簡単に貴社のデータセンター、サービスプロバイダー、そして Azure の間で移行できます。そして、この 3 つのリソースをまたいでリソースを活用できるハイブリッド アプリケーションを構築できます。AWS のクラウドのみのアプローチと異なり、Azure は柔軟性のないゼロイチのアプローチではない、効果的なハイブリッドクラウド戦略の多くの選択肢を利用することができます。 ガードナーのマジッククアドラント: IaaS と 仮想化 Web キャスト: Hybrid Cloud Seminar (Episode 2) (英語) 事例: easyJet (英語)   2. 真のハイブリッド ストレージはどちら? Azure は、セキュリティと管理性が強化された、大企業での利用に耐えうるオンプレミス、クラウド、そしてハイブリッド環境でのストレージソリューションを提供します。AWS と異なり、Azure のハイブリッドストレージオプションはデータセンターと統合できるクラウドストレージソリューションを提供します。これにより、伸縮自在で低コストなクラウドのメリットをフルに利用しつつ、オンプレミスも同時に活用できます。 StorSimple ハイブリッド クラウド ストレージ Microsoft Azure ストレージ     3. 最も優れたハイブリッド統合はどちら? AWS と異なり、Azure はサードパーティの統合ソリューションを制限しませんので、スタックのすべての層の恩恵を受けることが可能です。Microsoft BizTalk…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Office 365 と Google Apps for Work の比較 【 11/28 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) マイクロソフトのソリューションのほうが、より大きな価値、より高い柔軟性、より強固なセキュリティ、より良い管理性、より統合的なエクスペリエンスを提供することをご覧ください。Google が提供するサービスは一部の機能しか提供していませんが、マイクロソフトはお客様のビジネスに最適な Office スイートおよびグループウェアのフル機能を提供しています。   誰もマイクロソフトの Office スイートとグループウェア機能を超えられない Google Apps for Work は様々な機能がサポートされておらず、データのプライバシーについて妥協をしなければなりませんが、Office 365 はお客様が必要な機能を提供しており、お客様が信頼できるデータ保護機能を提供しています。   イノベーション Google Apps for Work イノベーションか誇大広告か? Google Apps for Work は生産性向上ツールのほんの一部の機能しか使えず、成長する事業を支えるのには最適とは言えません。Google はこのクラウドサービスを最先端と言っていますが、機能が不足している、柔軟性に欠けている、データ保護がされていないことは、その反証となっています。 Office 365 20 年以上にわたるイノベーション Microsoft Office 365 は効率よく個人の生産性向上及び共同作業を行うための Microsoft Office スイートの最新の最上位バージョンです。Office は全世界で 10 億人の人々が利用しており、20 年以上にわたるイノベーションを続けています。 業界で最も完全な機能、オンプレミス/クラウド/ハイブリッド環境にまたがるソリューション、管理性、信頼できるデータ保護機能を備えた Office 365 は、あなたの組織の生産性向上を再創造し、共同作業を新しい領域に導き、仕事のやり方を新しい時代のものに移行させることができます。   信頼性 Google Apps for…


Web 上で Office ドキュメントの作業を行う際に確認するべき 3 つのポイント

(この記事は 2014 年 10 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 Three questions to ask when you work on Office documents in the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) テクノロジは、創造性や生産性を高めるために大いに役立つものです。テクノロジのせいで共同作業が妨げられていると感じたなら、なぜうまく行かないのかを考える必要があります。たとえば Web 上で Office ドキュメントの共同作業を行うために最適なテクノロジを選択するときには、以下に挙げる 3 つのポイントを必ず確認しましょう。 1. あなたは、Internet Explorer、Firefox、Safari などのブラウザーを使用していますか? インターネット ブラウザーによる制約があっては困ります。結局のところ、ブラウザーは Web での生産性向上を達成するための 1 つの手段にすぎません。Office Online は、Internet Explorer (IE)、Chrome、Firefox、Safari をはじめとする、あらゆる主要ブラウザーで使用できます。拡張機能などのソフトウェアを追加でインストールする必要はありません。どの主要ブラウザーでも、Office ドキュメントの内容がそのまま再現されます。こうした主要ブラウザーでは、Office のファイル形式やドキュメント自体の書式設定を維持したまま、Office Online を使用して Office ドキュメントを編集することが可能です。 一方 Google ドキュメントは、Chrome…


Outlook と Gmail のどちらの電子メール アプリケーションを選択するか

(この記事は 2014 年 8 月 18 日に Office Blogs  に投稿された記事 Which email application is right for you: Outlook or Gmail? の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) クラウドへの接続を活用する現代社会では、電子メールやファイル、連絡先などにユビキタスにアクセスできることは、公私両面で生産性や効率性の鍵となります。Outlook および Outlook Web App (OWA) で構成されるマイクロソフトの電子メール ソリューションは、生産性向上に役立つほか、電子メールのみによる安全が非常に高い環境での他者との共同作業を実現します。 しかし、どの電子メール ソリューションが適しているかは個々のユーザーによって異なります。OWA、Outlook、および Gmail を並べて比較した資料を作成しましたので、ぜひお役立てください。この資料は大半の疑問に対する答えがひとめでわかるようになっており、詳細情報へのリンクも記載しています。 電子メール ソリューションを選択するうえで最も重要な基本事項は、受信トレイの管理効率です。不要な電子メールを無視したり、表示ウィンドウのレイアウトを変更したりすることは Outlook と Gmail の両方で可能ですが、Gmail ではルールを作成したり、Microsoft Word の編集ツールや書式設定ツールを利用することができません。Microsoft Excel のスプレッドシートから電子メールにセルを挿入することも、送信する電子メールの重要度を高、中、低のいずれかに設定することもできません。さらに、Gmail では電子メールのフラグ設定、分類、および並び替えの機能が不十分で、また電子メールにドラッグ アンド ドロップでファイルを添付することもできません。マイクロソフトの電子メール ソリューションでは上記のすべてを含め、多彩な機能が利用できます。 情報の高度な自動優先順位づけの実行 次期 OWA の新機能に、"Clutter" というコードネームで呼ばれているものがあります。受信トレイからあまり重要でないメッセージを削除して整理し、重要なメッセージに注目できるようにするという機能です。これは、同様の電子メールを過去にどのように処理したかに基づいて実行されます。たとえば、上司からの電子メールにいつも迅速に対応している場合、Clutter はこのようなメッセージをより目立つように表示します。また、親戚から送られてきた休暇中の写真など、あまり対応する必要がない電子メールについては、後から対応するように Clutter がより分けます。Clutter は使い込むほど判断が的確になります。Gmail の整理機能はあまり性能が高くなく、いくつかのプリセット タブに電子メールを一括で移動できるだけです。これは、個々のユーザーの操作に基づいて各メッセージを整理する OWA…