PROJECT 2013 & PROJECT SERVER 2013. ACTUALIZACION PUBLICA OCTUBRE 2017.

Hola, buenas, Podemos descargarnos la Actualización Pública para Project 2013 y Project Server 2013, correspondiente al mes de octubre de 2017. Debemos tener en cuenta que, para poder instalarla, es necesario haber instalado antes el SP1. Recordemos, por favor, el siguiente criterio de liberación de actualizaciones: las relacionadas con productos de la familia Office que no sean consideradas…


PROJECT SERVER 2016 & PROJECT 2016. ACTUALIZACION ACUMULATIVA OCTUBRE 2017.

Hola, buenas, Ya podemos descargarnos la Actualización Pública para Project 2016 y Project Server 2016, correspondiente al mes de octubre de 2017. Recordemos, por favor, el siguiente criterio de liberación de actualizaciones: las relacionadas con productos de la familia Office que no sean consideradas de seguridad serán liberadas el primer martes de mes; mientras que las de seguridad…


データベース ワークロードのコスト効率を向上させる新しい Azure VM サイズを発表

執筆者: Luis Vargas (Principal Program Manager, SQL Server) このポストは、9 月 26 日に投稿された Announcing new Azure VM sizes for more cost-effective database workloads の翻訳です。   マイクロソフトにはお客様から、「SQL Server や Oracle ではたびたびメモリ、ストレージ、I/O 帯域幅が不足してしまう。でも、CPU コア数は高くなくていい」という声が届いており、実際、お客様が使用しているデータベース ワークロードの多くでも、CPU 負荷はそれほど高くないことがわかっています。つまり、お客様が求めているのは、メモリ、ストレージ、I/O 帯域幅はそのままで、ソフトウェアのライセンス コストを抑えるために今よりも少ない vCPU 数に調整された VM サイズです。 このためマイクロソフトは、人気の VM サイズ (DS/ES/GS/MS) の最新バージョンでは、メモリ、ストレージ、I/O 帯域幅はそのままで、vCPU 数を今の半分または 4 分の 1 に抑えたものを発表しました。これらの新しい VM サイズには有効な vCPU コア数が接尾辞として追加されるため、区別しやすくなっています。 たとえば、現行の…


Current Cumulative Updates for Office – Q4 2017

As I mentioned in the Current Cumulative Updates for Office – Q3 2012 post, each quarter I will post information on the latest updates for the Office for Windows and Office for Macintosh products. The information below is being provided regarding the most currently available updates available for the supported Windows and Macintosh versions of…


What’s new for IT pros in Windows 10, version 1709

Windows 10, version 1709 (also known as the Windows 10 Fall Creators Update) is now available via Windows Update for Business, Windows Server Update Services (WSUS), the Volume Licensing Servicing Center (VLSC), and Visual Studio Subscriptions. We have also updated the Windows Assessment and Development Kit (Windows ADK) for Windows 10 and the free, 90-day…


PROJECT 2013 & PROJECT SERVER 2013. ACTUALIZACION ACUMULATIVA SEPTIEMBRE 2017.

Hola, buenas, Disculpad el retraso en publicar esto, pero la vuelta del verano ha sido interesante… Podemos descargarnos hace semanas la Actualización Pública para Project 2013 y Project Server 2013, correspondiente al mes de septiembre de 2017. Debemos tener en cuenta que, para poder instalarla, es necesario haber instalado antes el SP1. Recordemos, por favor, el…


PROJECT SERVER 2016 & PROJECT 2016. ACTUALIZACION ACUMULATIVA SEPTIEMBRE 2017.

Hola, buenas, Disculpad el retraso en publicar esto, pero ha sido un mes de septiembre de aquellos … Ya podemos descargarnos la Actualización Pública para Project 2016 y Project Server 2016, correspondiente al mes de septiembre de 2017. Recordemos, por favor, el siguiente criterio de liberación de actualizaciones: las relacionadas con productos de la familia Office que no…


Infrastructure + Security: Noteworthy News (September, 2017)

Hi there! Stanislav Belov here to bring you the September edition of the Infrastructure + Security: Noteworthy News series! As a reminder, the Noteworthy News series covers various areas, to include interesting news, announcements, links, tips and tricks from Windows, Azure, and Security worlds on a monthly basis. Enjoy! Microsoft Azure Backup and disaster recovery…


バーストに対応した B シリーズ VM をリリース

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、9 月 11 日に投稿された Introducing B-Series, our new burstable VM size の翻訳です。   このたび、新しい Azure VM サイズである B シリーズのプレビューが発表されました。これは Azure ファミリの中で最も価格が低く、CPU を柔軟に使用できるシリーズです。Web サーバー、小規模なデータベース、開発やテスト環境など、Azure で実行されるさまざまなワークロードでは、CPU パフォーマンスのバーストが発生します。このようなワークロードは、通常の CPU 使用量は少なく、トラフィックが増加したり処理が必要になったりした場合にのみスパイクが発生し、CPU がフル稼働します。従来の VM サイズでは、使用量の増加やバースト発生に備えて、普段の CPU 使用量が少なくても 100% で使用する場合と同じ料金を支払う必要がありました。 B シリーズでは、バースト発生時以外は CPU パワーをあまり使用しないワークロードを、優れたコスト効率でデプロイできます。VM が CPU の基準パフォーマンス以下の低い負荷で実行している間、VM インスタンスのクレジットが蓄積されるようになっており、クレジットが一定の量まで蓄積されると、アプリケーションで高い CPU パフォーマンスが必要になった場合に vCPU の使用量を最大 100% まで引き上げることができます。…


EA ユーザー向けに Azure ポータルで Enterprise Cost Managementのプレビューを開始

執筆者: Ruchi Chopra (Principal PM Manager) このポストは、9 月 6 日に投稿された Seamless cost reporting and analysis for Enterprise customers: now in preview の翻訳です。   このたび、Azure ポータルで Enterprise Cost Management のプレビューをリリースいたします。これにより、Azure Enterprise Agreement (EA) ユーザーは、複数のピボットにまたがるサブスクリプションのコストを Azure ポータルで表示および分析できるようになります。この機能は、サブスクリプション管理者がコストを可視化できるようにしたいという EA ユーザーの皆様からのご要望により生まれました。また、リソース グループやタグごとの細かいコスト レポートを作成したいというニーズにも対応しています。 最高のコスト管理エクスペリエンスを Azure ポータルに実装するという取り組みはまだ始まったばかりです。今回のリリースを皮切りに、今後数か月で Azure コストやサービスの管理をさらに便利にする新機能を順次提供していきます。 現在使用可能な一部の新機能をご紹介します。 今すぐお試しください この機能は、https://portal.azure.com から Azure ポータルにサインインするだけで使用できます。[Browse]、[Subscriptions] の順に選択してからサブスクリプションをクリックすると、[Overview] ブレードに以下のグラフが表示されます。 左の円グラフでは、どのリソースでコストが多く発生しているかを簡単に把握できます。右のバーン レート グラフでは当月中のコストとその先の予測を確認し、必要な対応を早期に行うことができます。…