Schema Administrator has a mailbox?

Q: Why does the Schema Admin have a mailbox? A: It’s by design! What? Yes, this is normal behavior for Exchange Server 2013 & 2016.  If the account you are using for the install does not have a mailbox, one will be created for that account. Typically, engineers will use an Active Directory (AD) account…


マイクロソフトのコンテナー カタログの配信 (mcr.microsoft.com)

執筆者: Steve Lasker (Program Manager, Azure Developer Experiences) このポストは、2018 年 5 月 7 日に投稿された Microsoft syndicates container catalog (mcr.microsoft.com) の翻訳です。   コンテナーが最新のソフトウェア パッケージ化形式になり、ソフトウェアのコンテナー イメージを Docker Hub などから取得できるようになりました。これにより、信頼できる一貫したソースからの迅速な取得エクスペリエンスを提供することが、ソフトウェア ベンダーに求められています。マイクロソフトでは、単一のダウンロード ソースのあらゆるコンテナー イメージを複数のチャネルから検索可能な、シンジケーション モデルへの移行を開始しています。マイクロソフトと Red Hat の共同開発として始まったコンテナーのシンジケーション モデルは、今後、コンテナー コンテンツ コミュニティのオープン スタンダード共同開発の一部となります。これにより、お客様は、使い慣れたチャネルからイメージを検索できるようになり、ベンダーは、信頼できる単一ソースで最新のイメージを管理できるようになります。2018 年 5 月より、マイクロソフトは Microsoft Container Registry (MCR、mcr.microsoft.com) からのコンテナー イメージの提供と、Docker Hub および Red Hat でのコンテナー イメージに関連したコンテンツの配信を開始いたします。 Docker Hub…


Azure SQL Database でユーザー管理キーによる透過的なデータ暗号化の一般提供を開始

執筆者: Alice Kupcik (Senior Program Manager, Azure SQL Database Security) このポストは、2018 年 4 月 17 日に投稿された Transparent Data Encryption with customer managed keys in Azure SQL Database generally available の翻訳です。   このたび、Azure SQL Database および Azure SQL Data Warehouse で、透過的なデータ暗号化 (TDE) 機能の Bring Your Own Key (BYOK) サポートの一般提供を開始しました。この機能は、機密データの保護を重視する多くの企業のお客様からご要望が寄せられていたもので、これによって個別のキー管理機能を実装し、規制上およびコンプライアンス上の要件を満たすことができます。TDE の BYOK サポートは、新規の Azure SQL Databases で既定で有効化されている…


Azure の監視サービスの新たな購入方法をご紹介

執筆者: Shiva Sivakumar (Director of Progam Management, Azure Monitoring & Diagnostics) このポストは、2018 年 4 月 3 日に投稿された Introducing a new way to purchase Azure monitoring services の翻訳です。   今日では、さまざまな組織のお客様が自社の重要なワークロードを常に正常に稼働させるために、Azure のアプリケーション、インフラストラクチャ、ネットワークの監視機能を活用しています。これらのサービスは目を見張るほど成長を遂げていることから、お客様は複数の監視サービスを利用して、問題の早期発見、早期解決に取り組まれています。マイクロソフトは、お客様による Azure の監視サービス導入をさらにスムーズにするために、この監視サービスの新たな購入方法を提供することにしました。このサービスの新料金モデルには、以下の 3 つの特長があります。 1. 従量課金制 監視サービスのポートフォリオ全体にシンプルな「従量課金制」モデルが適用されます。お客様による完全な管理と把握のもと、サービスを使用した分のみ料金をお支払いいただきます。 2. データ収集量ベースのギガバイト単位 (GB) での課金 料金モデルが「ノード単位」からデータ収集量に基づく「ギガバイト単位」に変更されます。監視機能の価値は、ノード数よりも収集したデータ量とそこから抽出されたインサイトにあるというご意見をお客様からいただき、それを反映したものとなります。また、普及が進むコンテナーやマイクロサービスではノードの定義があいまいになりつつあることから、新料金モデルではこうした状況への対応も考慮しました。データ収集量に基づく「ギガバイト単位」のこの新料金モデルは、アプリケーション、インフラストラクチャ、ネットワークのいずれの監視機能にも適用されます。 3. 既存のお客様は料金モデルを選択可能 既にサービスをご利用いただいているお客様の中には、これまでの「ノード単位」モデルを維持したいと望まれる場合があると理解しています。そうしたお客様に今回の変更の影響が及ばないよう、既存のお客様には、引き続きノード単位の料金モデルをお選びいただけるようにしました。現在 Operations Management Suite のライセンスをお持ちのお客様は、引き続き従来の料金モデルをご利用いただくことも、更新時に新料金モデルに変更していただくことも可能です。 新料金モデルは、本日からすべてのお客様にご利用いただけます。この変更点の多くは、マイクロソフトとコミュニティの皆様とが協力した結果、実現したものです。Azure のインフラストラクチャ、アプリケーション、ネットワークの監視機能の構築に関し、継続的なフィードバックにご協力いただきありがとうございました。 新料金モデルの詳細については、料金計算ツール、および各製品の料金ページ (Log Analytics)、(Network Watcher)、(Azure…


Exchange 2010 and Windows 2016 DC’s

Q: Can you run Exchange Server 2010 with Windows Server 2016 Domain Controllers? A: NO. The Exchange supportability matrix is once again, used as a reference and once again, you must be very clear on what you are reading. Since there is NOT an ‘x’ in the intersection of Exchange 2010 and Windows DFL/FFL 2016…


Cost Management API で新たにタグをサポート

執筆者: Vinod Kurpad (Principal Program Manager, Azure Intelligence Platform) このポストは、2018 年 3 月 26 日に投稿された Support for tags in cost management APIs is now available の翻訳です。   Cloud Cost Management (CCM) のさまざまな API を使用すると、Azure の使用状況と料金に関する詳細なレポートを得ることができます。Azure で普及しているタグと API との関連付けの一環として、このたび Usage Details API と Budgets API の両方でタグをサポートすることになりました。将来的には、すべての API でタグ単位でのグループ化やフィルタリングが可能になります。今回のリリースでは Enterprise Agreements (EA) サブスクリプションのタグのみが対象となりますが、今後、他の種類のサブスクリプションにも適用していく予定です。 Usage Details API のタグ…


サービス終了まで残り 7 か月: Access Control Service

執筆者: Danny Strockis (Program Manager) このポストは、2018 年 3 月 20 日に投稿された 7 month retirement notice: Access Control Service の翻訳です。   Access Control Service (ACS) は、正式にサービスを終了いたします。現在ご利用中のお客様は、引き続き 2018 年 11 月 7 日までご利用いただけますが、それを過ぎると、ACS サービスが停止しすべての要求がエラーとなります。 今回は、ACS の終了に関する前回のブログ記事 (英語) の補足事項をお届けします。 2018 年 4 月に Azure クラシック ポータルを終了 2018 年 4 月 2 日以降、Azure クラシック ポータル (https://manage.windowsazure.com) は完全に終了し、すべての要求は新しい Azure Portal…


Azure Security Center 如何使用機器學習來允許自適應應用程式控制

撰 / Ben Kliger, Senior Product Manager, Azure Security Center 儘管過去幾年威脅情況發生了遽變,但惡意軟體檢測依然是最大的問題之一。有一場無盡的競賽等著我們 – 攻擊者開發新的惡意軟體,所以安全廠商創建新的簽名來檢測它,然後攻擊者又創建新的惡意軟體變種以避免檢測…循環繼續。惡意軟體並不是唯一一種可能使服務器面臨風險的應用程式。未經授權的軟體可能會引入攻擊者利用的漏洞。大多數組織缺乏必要的應用程式跟踪和控制,使他們無視這些風險。   應用程式控制(例如白名單)可以限制易受攻擊的應用程式對惡意軟體的暴露。應用程式白名單不會與快速發展的惡意軟體和新漏洞保持同步,而是會阻止所有除了已知的良好應用程式以外的東西。對於通常運行一組固定應用程式的專用服務器,白名單可以提供顯著的附加保護。您可以使用應用程式控制來: 阻止新型和未知的惡意軟體。 遵守組織的安全策略,僅指定使用授權軟體。 避免舊的和不受支持的應用程式。 防止組織不允許的特定軟體工具。   雖然應用程式白名單的概念已經存在一段時間了,但它並沒有被廣泛使用。這是由於每個服務器或一組服務器創建和應用準確的白名單策略的複雜性,以及在大型環境中大規模管理這些策略所致。   Azure 安全中心最近發布了自適應應用程式控制,該應用程式控制採用創新方法應用白名單,使您能夠在不產生管理開銷的情況下實現安全優勢。機器學習用於分析 Azure VM 的行為,創建應用程式基線,將 VM 分組並確定它們是否適合應用程式白名單,並建議並自動應用適當的白名單規則。另外,安全中心還提供了可以利用這些應用程式繞過應用程式白名單解決方案的應用程式,並提供全面的管理和監控功能,通過這些功能,您可以更改現有的白名單(例如刪除/添加應用程式)並留意白名單上的違反項目。   自適應應用程式控件目前可用於在 Azure 中運行的 Windows 計算機(所有版本,經典或Azure資源管理器)。要開始使用,請打開安全中心並選擇應用程式白名單磁貼,如下所示。 選擇資源組以查看並應用推薦的應用程序白名單規則。 新規則通常被設置為審核模式,會向違反規則的應用程式發出警告,但您也可以編輯想更改的政策,以便使用強制模式阻止這些應用程序。 您也可以隨時編輯這些規則的詳細信息。   Azure Security Center Standard 的用戶可以使用自適應應用程序控製作為有限的公開預覽。( Please send an email with your subscription IDs to ASC_appcontrol@microsoft.com to join the…


Exchange Server: Third Month, Third Week

Just a reminder, the Exchange Product Group (PG) is following the current cadence of releasing Exchange Cumulative Updates (CU) every third month (March, June, September, December) and the third week of that month. This allows a predictable rhythm for customers to plan when to upgrade their Exchange servers. With this planning, customers should download the…


PROJECT 2013 & PROJECT SERVER 2013. ACTUALIZACION PUBLICA MARZO 2018.

Hola, buenas, Podemos descargarnos la Actualización Pública para Project 2013 y Project Server 2013, correspondiente al mes de marzo de 2018. Debemos tener en cuenta que, para poder instalarla, es necesario haber instalado antes el SP1. Recordemos, por favor, el siguiente criterio de liberación de actualizaciones: las relacionadas con productos de la familia Office que no sean consideradas…