SharePoint Database Maintenance Recommendations

Database maintenance is a highly-neglected topic in daily SharePoint operation. It seems to be common sense that database backups must occur on a regular base, but only few customers realize the necessity to do some extra work on top of that. Main reason for not creating database maintenance jobs is missing SQL in-depth knowledge (what to do…

6

エンタープライズ クラウドとしての Azure: Microsoft Ignite 2017 のハイライト

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Cloud Platform) このポストは、10 月 2 日に投稿された Azure is the Enterprise Cloud – highlights from Microsoft Ignite 2017 の翻訳です。   Ignite は、私が 1 年で最も楽しみにしている期間です。今回もお客様と直接お会いし、現在どのような取り組みを行っているのか、どのような技術ロードマップを検討しているのかなどをお話できた充実の 5 日間でした。話題はコンテナー、クラウド セキュリティ、機械学習、量子計算など多岐にわたりました。Ignite ではまた、多くの新機能や Azure サービスのリリース情報、更新情報が発表されました。 ここでは、このビッグ イベントで発表された中でも特に重要だった Azure の話題と、役立つ情報満載の記事をご紹介します。 ハイブリッド クラウドの進化: お客様の声をまとめると、パブリック クラウドが良いかプライベート クラウドが良いかという議論はほぼなくなり、分散型ハイブリッド クラウドのメリットが技術的にもビジネス的にも認められつつあるように感じました。分散型ハイブリッド クラウドはパブリック クラウドとオンプレミス上のリソースを組み合わせたもので、技術的な条件やビジネス ポリシーに対処できる最適なソリューションです。Azure Stack システムの出荷が開始されたことで、Satya Nadella が語っていた「インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジ」というアプローチに対するお客様の理解がさらに深まったように見えました。また、レポーター、アナリスト、顧客の皆様に、SQL Server…


MS クラウド ニュースまとめ – Cosmos DB の無料試用版、他 (2017/10/11)

このポストは、10 月 11 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for October 11, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。 Azure Functions – Java のサポートのパブリック プレビュー Power BI Embedded の一般提供 Azure での Node.js サポート – Application Insights SDK for Node.js の一般提供 Azure での Node.js サポート – nearForm からの Node.js サービスの移行とサポート Azure API Management – PowerBI ソリューション…


Ignite 2017 で発表されたクラウド移行の障壁を解消する Azure の新機能

執筆者: Microsoft Azure このポストは、9 月 25 日に投稿された New Azure advancements remove cloud barriers for enterprises at Ignite 2017 の翻訳です。   今回は、クラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントを務める Scott Guthrie の記事をご紹介します。 クラウド テクノロジにより、大企業、中小企業、政府機関のすべてのお客様がデジタル改革の時代に突入しました。こうした組織の大半がクラウド ファーストのテクノロジ戦略に移行したものの、現状ではテクノロジの複雑さや規制の変化など、さまざまな理由から、この戦略の実現に向けた初期段階に留まっている場合がほとんどです。この数年間、Microsoft Azure チームでは、きわめて複雑なテクノロジ要件やポリシー要件にも Azure のみを使用して対応できるように、大企業のお客様にとっての障壁をすべて解消することに集中的に取り組んできました。この取り組みは、大企業のお客様に新しい機会を提供することを目的としたものですが、それ以外のお客様にもメリットがもたらされます。マイクロソフトは基本的な理念として、企業の規模や歴史の長さを問わず、あらゆる企業や組織がクラウドによって実現されるメリットを享受するべきだと考えているのです。 オーランドで開催された今回の Microsoft Ignite カンファレンスでは、クラウドに多数の機能が求められる時代は終わり、そのクラウドを利用してどれほど大きな成果を挙げられるかが重要になったことをお話ししました。Azure には、マイクロソフトが誇る大企業に関する深い知識とテクノロジの複雑さに取り組む意欲が反映されており、あらゆるお客様が他のサービスとは異なる方法でクラウドを利用して成果を挙げることができるように支援します。これを実現するために、マイクロソフトは Ignite でご紹介した 4 つの主要分野のイノベーションに重点的に取り組んできました。その 4 つの主要分野とは、IT 部門と開発者の生産性向上、ハイブリッド クラウドの一貫性の確保、AI ソリューションの実現、そしてセキュリティ、プライバシー、コストの制御機能を通じた信頼性の確保です。 クラウドで生産性を向上 クラウドに移行するアプリケーションの規模と複雑さが増大する中で、効率的にビルド、デプロイ、管理を行うためには包括的なツールセットが必要とされています。特に管理機能について言えば、Azure の統合管理ツールのエンドツーエンドの監視機能やアラート機能は継続的に拡張されており、Azure で作成されたすべての VM のポリシーを一元管理できるようになりました。新たに Azure Cloud…


SQL Server 2017 リリースのお知らせ

本日は本年 10 月にリリースいたしました、SQL Server 2017 についてご紹介させていただきます。   ■ DATA ESTATE ビジョン Microsoft の SQL Server は、1989 年に最初のバージョンをリリースして以来、お客様の大切なデータを預かるプラットフォームとして長年ご愛顧いただいてまいりました。その製品コンセプトは、様々あるデータソースをまとめ、管理し、その活用までをも一貫して「ビルトイン」で提供することにあります。 昨今の ICT 活用シーンを振り返るまでもなく、クラウドの活用は近年ますます広がりを見せています。この一つのトレンドのようなクラウド活用もひとたび現実に還ってビジネスを遂行するための一貫したシステムとして考慮してみれば、それぞれの個体としてのシステムが、機能的、非機能的な要件、さらには経済的な理由によってクラウドとオンプレミスの適材適所に配置される、ハイブリッドな構成になっていることが多くなっています。 このような現実を見た時、データの活用基盤はどうあるべきでしょうか。データを保管する基盤ではなくて、活用するための基盤です。 その一つのご提案が、マイクロソフトが掲げる Modern Data Estate ビジョンです。 マイクロソフトのクラウドサービスである Azure は、ハイパースケールのデータセンター群を持ち、クラウドならではの先進的な技術をいち早く実装するとともに、マネージドサービスとしてデータ活用基盤を提供します。 もちろん、オンプレミスにはマイクロソフトが長年お客様、パートナー様と培ってきた、機能やノウハウ、エンジニアのスキルなど、ミッションクリティカルシステムを支えてきた実績とエコシステムがあります。 これらを、データを活用する方がそのスキルをそのままにデータ基盤をご利用いただきたい。それが、マイクロソフトのハイブリッドクラウドシステムのコンセプトです。 このコンセプトに従い、クラウドサービスである Azure は日進月歩その機能を進化させているのですが、オンプレミスを支えるメインプロダクトの SQL Server も同様に継続的に開発、サポートを続けており、この度その最新版である SQL Server 2017 を 2017 年 10 月にリリースいたしました。   ■ SQL Server 2017 SQL Server は多くのシステムでご利用いただいている実績があります。そのため、「そうそう、こんな機能が欲しかった!」という運用の経験があるからこその細かな機能改善、拡張など多々あるのですが、ここでは 3 つに絞ってご紹介したいと思います。…


Anaconda and Microsoft Partner to Offer Python and R for Powerful Machine Learning

This post was authored by Nagesh Pabbisetty, Partner Director of Program Management, Microsoft Machine Learning Services. Recently, at Strata Data Conference in New York City, Microsoft and Anaconda announced an exciting partnership to make Anaconda Python distribution into SQL Server, Machine Learning Server, Azure Machine Learning, and Visual Studio to deliver real-time insights. In addition,…


10 月から SQL Server 2017 on Windows/Linux/Docker の一般提供開始【10/18 更新】

Windows に加えて Linux や Docker 上でも動作し、オンプレミスからクラウド、ハイブリッドでの動作まで幅広くサポートする SQL Server の最新バージョン SQL Server 2017 が 10 月 2 日から一般提供開始となりました。 SQL Server の Linux 対応の意向表明から 18ヶ月の間で、Active Directory 認証から暗号化、Always On 可用性グループに至るまでのエンタープライズデータベース機能において WindowsとLinuxで同等、かつ互換性を持たせることに注力してきました。SQL Server 2017は、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、およびUbuntuをサポートしています。 この記事では、マイクロソフトが業界を牽引するモメンタム、SQL Server 2017 の優位点の概要、そして主な新機能のリストについてまとめました。


SfB Server – Prerequisite installation failed: SqlInstanceRtcLocal

Recently while adding a new Front End Server to the existing Skype for Business Enterprise Pool we got the following message on SfB Deployment Wizard Step 1: Prerequisite installation failed: Prerequisite installation failed: SqlInstanceRtcLocal For more information, check your SQL Server log files. Log files are in the folder C:Program FilesMicrosoft SQL ServerMSSQL*.RtcLocalMSSQLLog, where the *…


The Microsoft Team Data Science Process (TDSP) – Recent Updates

This post is authored by Xibin Gao, Data Scientist, Wei Guo, Data Scientist, Brad Severtson, Senior Content Developer, and Debraj GuhaThakurta, Senior Data Scientist Lead, at Microsoft What is TDSP Improving the efficiency of developing and deploying data science solutions requires an efficient process to complement the data platforms and data science tools that you…


SQL Server: Compare row count local and remote for Oracle Linked-Server-Connection

As part of an Oracle2SQL-Project, it was required to compare the row count of the destination tables stored in SQL Server and the source tables stored in Oracle. Using transactional replication, the data is continuously replicated from Oracle to SQL Server. Doing so, it is possible to implement a step-by-step-migration, migrating the read-only consumers to…