Power BI で Skype for Business の活用状況を可視化する -1-

みなさん、こんにちは。Power BI を担当している川原 純一郎です。 前回の投稿からずいぶん時間が経過してしまいましたが、Power BI の活用例をこれからいくつか投稿していきます。サンプルと作成手順をステップ バイ ステップで紹介しますのでご興味のあるトピックがありましたらご自分の環境で試していただき Power BI の良さを体感いただけたら嬉しいです。 [Power BI 利用シーン別サンプル] Skype for Business Online の利用状況を可視化する (本ブログ) 利用状況の表記項目をわかりやすく表現する (Coming Soon) 会議時間/会議室の利用状況を可視化する (Coming Soon)   今回紹介するのは社内の Skype for Business Online の活用度をユーザー/組織別にどのようにコミュニケーションするのかを可視化するサンプルです。矢印の方向でコミュニケーションの方向、コミュニケーションの種類 (チャット, Web 会議等) により色を変更し、矢印の太さで頻度を表現してみました。部門間で密にコミュニケーションしているのはどの部門なのか、部門/チーム内のコミュニケーションは活性化しているのか?という観点で分析することが可能なレポートです。     Power BI は様々なデータ可視化が可能なツールです。Excel のような使い勝手なのでツール利用時には難しいスキルセットは不要です。必要なことは「どういったデータ」を「どのように表示する」かの 2 点です。今回の Skype for Business 可視化にあてはめると以下のようになります。 「どういったデータ」=「Skype for Business のユーザー毎の操作ログ情報」 「どのように表示する」 = ユーザー間のやり取り量を可視化する…


Help Bot デスク

[提供: 株式会社ビービーシステム] 人に代わって問い合わせを担当する チャットボットでの業務効率化 システムの利用方法や会社ルール、設備の利用方法などマニュアルやFAQなど、ヘルプデスクや総務部に問い合わせることなく、ビックデータを活用し情報はすべてBotに問い合わせることで即時に解決できます。 分析データはSQL Azureに記録し、必要なレポートを出力することで業務改善に貢献します。 Webチャット、Microsoft Teams、Skype for Business などお客様既存のシステムとの連携が可能で、利用環境の変更は不要なため容易に導入、体験頂く事が可能です。  


Cloud Voice technical webinars & consultations – June, July & August

Explore the upcoming partner-centric learning opportunities that will help you better sell and deploy Cloud Voice solutions by expanding your technical skillset. Engage in one of the many technical webinars and technical consultations listed below, including scenarios for Cloud Voice to help you get started, grow and optimize your practice. Technical webinars for Cloud Voice…


Office 365 Planned Service Changes for 2019

The goal of this post is to compile all publicly announced Office 365 service changes for 2019, especially those that may require admin action, into a single reference. These changes are listed below in chronological order, based on the “Action Required” or “Effective” date. Additional information and resources related to these changes are provided where…


Office 365 Planned Service Changes for 2018

The goal of this post is to compile all publicly announced Office 365 service changes for 2018, especially those that may require admin action, into a single reference. These changes are listed below in chronological order, based on the “Action Required” or “Effective” date. Additional information and resources related to these changes are provided where…


Quest On Demand

[提供: クエスト・ソフトウェア株式会社] SaaSベースのOffice 365テナント間移行、バックアップ、リカバリ、およびポリシー管理 Quest On Demandは、Azure ADおよびOffice 365のポリシーのバックアップ、リカバリ、および管理を行うSaaSソリューションです。スクリプトを作成することなく、コミュニケーションポリシーを適用し、コンプライアンスリスクを軽減し、ユーザ、属性、グループおよびグループメンバを安全にバックアップおよび回復できます。このサービスは Azure ベースです。


Quest Unified Communications Command Suite (UCCS)

[提供: クエスト・ソフトウェア株式会社] コミュニケーションシステムに閉じ込められたデータを理解できるようにし、従業員の活動やビジネスプロセス、ユニファイドインフラストラクチャのニーズにインサイトを提供し、ビジネスを改善し、保護します。 UCCS は効果的なSkype for BusinessレポーティングツールとExchange管理ツールを、ITおよびユーザーに提供します。


The LCSLog SQL Database is not logging any archiving content

Author: Sri Todi, Microsoft Support Escalation Engineer   When the ExchangeArchivingPolicy (commandlet: Get-csUser)  is set to UNINITIALIZED, Skype for Business Server 2015 is designed to first connect to Exchange to verify, if the mailbox has an in-place (or Litigation) hold. If a In-Place (or litigation hold) is active, archiving is done in Exchange, else Archiving is performed on Skype…