Does SharePoint 2016 support SAML 2.0

There may be some confusion, looking at all the public documentation for SharePoint, in regard to exactly what is and isn’t supported in terms of SAML tokens. This article https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc262350(v=office.16).aspx#plansaml states the following: SAML token-based authentication SAML token-based authentication in SharePoint Server 2016 uses the SAML 1.1 protocol and the WS-Federation Passive Requestor Profile (WS-F PRP)….


SharePoint Management Shell- List out all authentication Providers for each zone in each web Application in your farm

You may find yourself hunting for the SharePoint Web application and looking through each authentication zone to find the ones associated with a certain Auth Provider.  This can happen if you’ve ever tried removing a claims authentication provider, but the error indicates that it is associated with one or more web applications. The following script…


PowerShell Modules for Managing SharePoint Online

As a SharePoint Online administrator you have several tools available to you for automating tenant administration. When you are setting up a new  workstation it can be challenging to figure out what to install and where to get it. This post summarizes the various PowerShell tools available for managing your SharePoint Online tenant. Microsoft Online…


Announcing SC 2016 DPM Guest Blog Series

System Center 2016 Data Protection Manager was announced with a range of new features, such as Modern Backup Storage and RCT based Hyper-V VM Backups. Modern Backup Storage completely changed the way backups are stored by leveraging the new technologies in Windows Server 2016 as ReFS block cloning, giving you upto 50% storage savings, workload aware storage, and 3x Faster backups….

2

Application Lifecycle Management with SharePoint Workflows

This post is mainly for those who want to achieve email sending from SharePoint Designer Workflows. (If you don’t want to read through all the drama, jump directly to the Falling Action section.) Exposition In an enterprise environment developing SharePoint Workflows on the production environment might not be the best thing you can do. Of course…


Office 365 の 1 月の最新情報まとめ:OneDrive、アクティビティ フィードなどの機能更新を発表

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in January—updates to OneDrive, Activity feed and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 皆様、こんにちは! 今年も Office チームをよろしくお願いいたします。Office チームでは 2017 年の幕開けとして、OneDrive、Office アプリのアクティビティ フィード、Microsoft StaffHub といったさまざまな機能の更新を発表しました。この記事ではその詳細についてご説明したいと思います。 OneDrive for Business の機能更新 今回、OneDrive に対して複数の機能更新を行いました。これらは企業ユーザーの皆様を対象としたものになります。まず、SharePoint Online チーム サイトと OneDrive for Business の共有フォルダーを最新のクライアントを使用して同期できるようにしました。これにより、ユーザーの皆様が共有ドキュメントにさらに簡単にアクセスできるようになりました。また、Web での共有操作をよりシンプルなものにし、共有アクセス権の範囲や期間を簡単に指定できるようにしました。さらに、IT 部門の皆様が展開作業や管理業務をより簡単に行えるように、新たに…


SharePoint と OneDrive for Business でネットワークの場所に基づく条件付きアクセス ポリシーを適用

(この記事は 2017 年 1 月 13 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Introducing Conditional Access by Network Location for SharePoint and OneDrive for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2016 年 9 月に Ignite で告知したとおり、SharePoint および OneDrive for Business は、2017 年 1 月 20 日の初回リリースより、ネットワークの場所に基づく条件付きアクセス ポリシーを適用いたします。 このポリシーは、データの漏えい防止、規制要件への適合、信頼できないネットワークからのアクセス遮断などに効果的です。IT 管理者は、SharePoint 管理コンソールから、特定のネットワーク範囲のアクセスを制限することができます。構成後、定義されたネットワーク境界の外から SharePoint や OneDrive for Business への (Web ブラウザー、デスクトップ アプリ、任意のデバイス上のモバイル アプリなどを使用した) アクセスをブロックします。 このポリシーは、初回リリースの商用および…


サイロ化を解消: ツールを活用してコミュニケーションや共同作業を強化

(この記事は 2017 年 1 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Breaking down silos—tools for better communication and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現代では、かつてないほど働き方や働く場所が多様化しています。2015 年の調査では、労働者の 37% (英語) が何かしらの在宅勤務を経験しており、多くの企業は世界の複数拠点で多国間の提携関係を結んでいます。地理的に離れているだけでなく、同じ企業内でもプロジェクトや部門によってチームが分かれています。こうした壁がコミュニケーションのサイロ化を促し、分断を深め、チームワークや共同作業を阻む要因となっています。 サイロ化は、ビジネスに重大な (かつ有害な) 影響をもたらします。チーム間に壁ができると、組織全体のコミュニケーションが損なわれることも多く、企業全体にも次のような影響があります。 コミュニケーションを妨げ、企業文化を阻害する: チームがサイロ化すると、結果的に企業文化の形成が阻まれます。社員が求めるものは、コミュニケーション、共同作業、そして活気ある職場環境です。だれもが、自分らしく楽しく働きたい、チームの一員として働きたいと考えています。事実、労働者の 47% (英語) が、職場環境について同僚と意見を交わすことで、やる気が高まっています。 重複作業が生じる: 自分が行った作業を別のだれか (別のチームや他部署のメンバーなど) が行っていたり、複数の人間が同じ情報を探したりするのはとても非効率です。他チームのプロジェクトについて何も知らないと、ビジネスの生産性に深刻な影響を及ぼしかねません。 必要とする人に情報が届かない: マネージャーなどの管理職は、平均約 20% (英語) を社内情報の検索や特定業務に詳しい人を探すのに費やしています。 サイロ化を解消しアイデアを共有できるようにする手段として、コミュニケーション ツールが効果的です。その活用方法をご紹介します。 ファイル管理やストレージを効率化する チームや部署、ツールやデバイスにかかわらず、ファイルをシームレスに共有することが重要です。緊密に統合されたツール スイートやプラットフォームを利用することで、組織全体で人、コンテンツ、業務アプリをしっかりと連携させることができます。ツールの 1 つとしてチーム サイトを活用すると、ドキュメントの作成、情報の保管、プロジェクトの管理などを共同で実施できます。これにより、チーム間のドキュメントの共有や編集がリアルタイムで行えるようになり、さまざまなレベルで共同作業を進められるほか、あらゆるドキュメントをすぐに見つけられる保管場所として利用することができます。 生産性を向上させるには、あらゆる場所からチーム サイトにアクセスし、情報を安全に利用し、遠隔地やモバイル デバイスでも共同作業ができるようにすることが必要です。 今日の 社員の 5…


最新の SharePoint ドキュメント ライブラリのファイル管理を更新

(この記事は 2017 年 1 月 11 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Updating File Management for SharePoint Modern Document Libraries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先日、SharePoint と OneDrive 間でのファイルのコピーと移動について発表しましたが、この機能がさらに拡充され、SharePoint チーム サイト内、チーム サイト間、チーム サイトから OneDrive for Business、OneDrive for Business ライブラリ間でファイルのコピーができるようになります。 最新のファイル管理は、最新のドキュメント ライブラリ (英語) 向けに作成されています。SharePoint 内でファイルを選択すると、コマンド バーに [Copy to] オプションが表示されます。[Copy to] では、Microsoft Graph のインテリジェンスを利用することで、最も頻繁に使用するサイトが表示されると共に、フォローしているサイトを閲覧できるオプションが表示されます。最新のコピーおよび移動では、メタデータは保持したまま、単一のファイル、複数のファイル、またはフォルダー全体をコピーすることができます。 ファイル コピー先パネル この強化機能は 2017 年 1 月中旬より先行リリースが提供され、その後できるだけ早い段階で、全テナント向けに一般提供される予定です。ファイルの最大サイズは引き続き 50 MB に制限されます。2017…


Goodyear использует Office 365 для стимулирования инноваций, приносящих максимальную пользу бизнесу

Миссия компании Goodyear Tire & Rubber Company — максимально быстро выводить на рынок лучшие инновационные продукты. Недавно компания внедрила Microsoft Office 365, чтобы эффективнее создавать инновации, объединять разрозненные группы с помощью облачных служб, оптимизировать процессы и повышать эффективность мобильной работы. Сегодня сотрудники Goodyear могут совместно работать в разных регионах и часовых поясах, обмениваясь знаниями с коллегами и…