[Power BI Visual Tips] データの絞り込み:フィルターとスライサー

この記事は、2016 年 11 月 30 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤   Power BI にはレポート上でデータを絞り込む手段として「フィルター」と「スライサー」という機能があります。いずれも設定するのはレポート作成者(所有者)ですが、レポートの編集権限がない場合にも値を変えるなどの操作が可能です。 「レポート上で」と太字で強調したのは、データを取り込む際に絞り込むことも可能だからです。これはこれで話が長くなるので、今回はレポート上でのデータの絞り込みにフォーカスして紹介します。


[Power BI] カスタム ビジュアルの作成方法 R + Plotly 編

この記事は、2018 年 7 月 13 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大塚 Power BI では組み込みのビジュアルを使用してデータの可視化を簡単に行えるのが一つの利点ですが、 「カスタム ビジュアル」 という機能で簡単にサードパーティ(Microsoft 製含む)のビジュアルや独自のビジュアルを作成、組み込むことが可能です。 この機能によりビジュアル「だけ」作成することはもちろん、R のプロット機能、または R + Plotly のプロット機能を使ったオリジナルの 「アナリティクス+ビジュアル」 を作成して使用することも可能になります。


[Power BI] 日付型のデータを用意する方法

この記事は、2018 年 1 月 16 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤   以前の記事 [Power BI] DAX入門(2) カレンダーテーブルの作成 にてカレンダーテーブル (日付マスタ) の必要性とその作り方をご紹介しています。このカレンダーテーブルを使うには、分析対象のデータに結合するための列、すなわち日付型の列が必要です。 また、日付型のデータがあると、例えばこんなことができます。 カレンダーを使った日付指定 今日を基準とした相対的な日付指定 時系列予測   さらにカスタム ビジュアルを使えばこんな表現もできます。 Beyondsoft Calendar Calendar by Tallan 今回は、こんなに便利な日付型の列を作成する方法をクエリ エディターと DAX の2通りでご紹介します。ただし DAX は 1990 年 3 月 1…