Kalenderwoche 3/2019 für IT-Experten im Rückblick: End of Support von Windows Server 2008 (R2), SQL Server 2008 (R2), Exchange 2010 und mehr

Was hat sich in der vergangenen Woche für IT-Professionals getan? Gab es wichtige Ankündigungen oder neue Wissensressourcen? Unser TechWiese-Team hat zehn interessante Links für Sie zusammengestellt. Viel Spaß beim Stöbern! Exchange Server 2010: End of Support am 14. Januar 2020 (engl.) Windows Server und SQL Server 2008 (R2) End of Support: Diese Möglichkeiten bietet Microsoft…


【お客様事例】プロ野球の試合写真に写っている選手名を Azure Cognitive Services および Microsoft Cognitive Toolkit を用いた独自モデルにより自動推定、タグ付けの労力を大幅に削減【1/18更新】

  2006 年の提供開始以来、大容量コンテンツの共有および管理サービスとして高い評価を受け続ける、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社の「IMAGE WORKS」。2016 年には日本野球機構も採用し、試合写真の一元管理に活用しています。ここで新たなニーズとして上がってきたのが、写真へのタグ付けの効率化。試合写真を利用企業に提供するには、各写真にどの選手が写っているのかをタグ付けしておく必要があり、そのために大きな労力がかかっていたのです。そこで開発元の富士フイルムソフトウエア株式会社では、Azure Cognitive Services および Microsoft Cognitive Toolkit を用いた独自画像分類モデルを活用した「選手名情報自動タグ付け機能」を開発。タグ付けの作業負担を大幅に軽減することに成功しています。また処理時間を短縮するためにAzure Durable Functions も活用。このような機能が揃っていることも、Microsoft Azure の大きなメリットだと評価されています。


IoT Edge最新技術解説 – Edgeアプリ開発とクラウド連携 [ウェビナー]【1/16更新】

2019年1月21日(月) 16:30-17:30 <概要> 最新の IoT 技術は、モノ(Edge)側で実行するアプリを、クラウド側で開発してリモートで転送・配置・実行が可能になっています。しかし、一方、カスタムな HW 上で動くモノ側のアプリ開発の実行テストは未だに難しく、工夫が必要です。 本セッションでは、この仕組みとクラウドサービスを組み合わせた最新シナリオも紹介するとともに、Edge アプリのリモート配信機能と配信可能なロジックの種類を解説します。加えて、モノ側のアプリ開発を圧倒的に加速する、デバイスシミュレータを紹介します。


Technical webinars and consultations (January, February, March and April)

Check out the list of 540+ remote, interactive technical webinars and 50 one-on-one consultations, available to help you build your technical capabilities. Through live, instructor-led webinars, you will receive interactive training with real-time Q&A capabilities – all at NO COST to Microsoft Partner Network members. If you are looking for one-on-one technical assistance, focused on…


Microsoft クラウドプラットフォーム ニュースまとめ 2018年12月【1/15 更新】

  サーバー&クラウド関連の製品やサービスの発表をお伝えする、マイクロソフト マーケティングチームの公式ブログより、最近の更新をご紹介します。 ぜひブログをブックマークして最新情報をご入手ください。   ▼ Cloud and Server Product Japan Blog はこちらから


(Cloud) Tip of the Day: Final reminder: OMS portal moving to the Azure portal

Today’s tip… Over the last 12 months, Operations Management Suite (OMS) monitoring, management, and security capabilities have been incorporated into the Azure portal. We’ve also enhanced the Azure portal with many new features and capabilities. Because the Azure portal fully replaces it, the OMS portal will be retired on January 15, 2019. You can continue…


[パートナー事例] “遅いわね。止まって見えるわ…” ~ プライム・ストラテジーの「KUSANAGI」による Web システムの数千倍の高速化【1/14更新】

今日、WordPress は Web システムとして広く使用されています。その WordPress を数千倍のレベルで高速化するプライム・ストラテジー株式会社 (以下、プライム・ストラテジー) の「KUSANAGI」を導入した企業ではどのようなメリットが生まれているのでしょうか。マスコット キャラクターに「遅いわね。止まって見えるわ」と言わせしめる「KUSANAGI」の特長とパフォーマンスについて、代表取締役の中村 けん牛 氏とマーケティング部長の楠木 大三郎 氏にお話をお聞きしました。


【お客様事例】ビル設備の動作不具合を検知、室内環境を快適に保つための AI システム開発秘話【1/13更新】

いっときのトレンドではなく、継続して成長し続ける企業となるためには、既存事業にイノベーションを起こしていくことが欠かせません。ビル内設備の監視と管理、制御を総合的に行う BAS (Building Automation System) や、BAS をもってエネルギーを最適化する BEMS (Building Energy Management System) の世界的大手であるジョンソンコントロールズは、まさに連々たる革新によって業界内での高いプレゼンスを堅持している一社です。 かつては専用コンピュータで稼働していた BAS と BEMS を 1990 年に汎用 PC ベースにするなど、同社は兼ねてより、テクノロジーの革新を進めてきました。そして現在は、先進技術である AI のサービス実装をスタートさせています。Microsoft Azure Machine Learning で構築した独自の AI モデルを FDD (Fault detection & diagnosis) と呼ばれる不具合検知サービスに実装することで、建物内の快適性をより一層高めているのです。


【はじめてシリーズ】はじめての Azure Cognitive Services 【1/12更新】

「はじめてシリーズ」動画はマイクロソフトの製品や機能、テクノロジーを分かりやすく簡潔に解説するショート動画です。わずかな時間でタイトルの製品や機能がどういったものか理解できる内容です。この「はじめての Azure Cognitive Services」では、Azure Cognitive Services について解説します。ちょっと時間が空いた時に、短時間で知識を身に付けましょう。