Microsoft Azure アセスメントサービス (パーソルプロセス&テクノロジー)

[提供: パーソルプロセス&テクノロジー株式会社] クラウド移行において、移行前の現状分析を行い、集められたデータを評価し、移行後の簡易構成やロードマップを提示。 コスト試算など移行における具体的なプランニングを支援。 またハンズオンの提供や各種ポリシー策定支援も可能。


クラウド向け統合運用サービス (日立システムズ)

[提供: 株式会社日立システムズ] パブリッククラウド環境を含めた遠隔地のサーバーをインターネット経由でリモート監視できるサービスです。 監視設定もシンプルで簡単、月額900円(税抜)からお手軽に始められます。特に、パブリッククラウド環境の状況把握が難しい今、まさに、パブリッククラウド(Microsoft Azureなど)に対応した「App Bridge 統合監視サービス(SaaS型)」が有効です。 自動音声通知や自動振り分けなどの機能が追加され、より多くのケースでご利用いただけるようになりました。


SCSK Neural Network toolkit (SNN)

[提供: SCSK株式会社] SNNは、深層学習技術を用いた画像認識やセンサーデータ、自然言語処理のベースモデルを複数準備し、お客様の持つデータやノウハウを追加学習することで、お客様独自のAIモデルを構築します。


e-カルテ

[提供: 株式会社ソフトウェア・サービス] 医師診察診療録のみでなく、看護記録、リハビリ、栄養指導など病院総合カルテによる院内情報の共有化(共通インターフェイスによる入力/参照)を実現しています。


Corpサーバー On Azure

[提供: 株式会社豊通シスコム] TrendMicro社のウイルスバスター用の管理サーバーをAzure上に構築するサービスです。


Quest Migration Manager for Active Directory

[提供: クエスト・ソフトウェア株式会社] Migration Manager for Active Directory(AD)は、ADの統合および再構築のリスクを軽減するZeroIMPACTソリューションです。 移行を簡素化し、プロジェクト全体でワークステーション、リソース、およびEメールへの安全なアクセスを維持できるようにします。


Azureシステム開発サービス

[提供: 株式会社システナ] Azure を使って新しいシステムの開発を行います。 Microsoft Azureは、マイクロソフトが全世界で管理するデータセンターを利用し、必要な時だけ必要な仮想サーバーを利用できるクラウドサービスです。 システナでは、初期導入からAzure上でのシステム開発まで、お客様のAzure活用を幅広く支援するサービスメニューをご提供します。


Azure ハイブリッドBCPサービス

[提供: 株式会社システナ] Azureとのフェールオーバー環境を作ります。BCP対策。 Microsoft Azureは、マイクロソフトが全世界で管理するデータセンターを利用し、必要な時だけ必要な仮想サーバーを利用できるクラウドサービスです。 システナでは、初期導入からAzure上でのシステム開発まで、お客様のAzure活用を幅広く支援するサービスメニューをご提供します。


Quest Foglight for Virtualization, Enterprise Edition

[提供: クエスト・ソフトウェア株式会社] Hyper-VおよびVMwareの監視を超える機能を提供します。 Foglightは、無駄をなくし、キャパシティプランニングを促進して、VMwareが開始する計画的変更やユーザーが実行する計画的変更の影響を明らかにする制御された最適化を実現します。 マルチハイパーバイザに対応しており、組織の仮想戦略をVMware、Hyper-V、およびOpenStackの全体で推進します。 またFoglightでは、Microsoft® Active Directory®、Exchange®、Office 365®、および業務に対応するストレージを監視できます。  


Quest Change Auditor for Active Directory

[提供: クエスト・ソフトウェア株式会社] Change Auditor for Active Directoryを使用すると、ADおよびAzure ADのセキュリティとコンプライアンスを確保しながら、確実に制御することができます。 このソリューションは、オブジェクトをプロアクティブに保護すると共に、すべての変更をリアルタイムで追跡しながら詳細に可視化します。 また、内部からの攻撃や予期せぬ変更をレポート、アラート、可視化によって簡単に検出し、イベントやアクションで対応でき、複雑なネイティブツールにわずらわされることがありません。