現在提供されているのは、Azure DevOps Server 2019

9 月の Azure DevOps の発表に続き、Azure DevOps Server 2019 の正式リリースを発表します。Team Foundation Server (TFS) は Azure DevOps Server 2019 に名称が変更され、お客様の専用の環境で Azure DevOps の機能をご利用いただけるようになりました。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/now-available-azure-devops-server-2019/


API Management の CI/CD パイプラインをビルドする

API は日常的に使用されており、アプリ、データ、サービスを接続するためのデファクト スタンダードになっています。さらに視点を広げるなら、API は組織のデジタル トランスフォーメーションを推進するものにもなっています。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/build-a-ci-cd-pipeline-for-api-management/


Azure Databricks – 手頃な価格の新機能

Azure Databricks は、高速かつ簡単でコラボレーションに対応した Apache Spark™ ベースの分析プラットフォームを提供します。こうして、業界最高の SLA で裏打ちされたビッグ データと AI のソリューションを構築するプロセスが高速で簡単なものになります。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-databricks-new-capabilities-at-lower-cost/


Azure Functions で SignalR Service バインドを使用したリアルタイムのサーバーレス アプリケーション

Microsoft Ignite 2018 でパブリック プレビューが発表されてから、毎月何千人にもなる世界中の開発者が、サーバーレス アプリケーションにリアルタイムの機能を追加するため、Azure Functions 用の Azure SignalR Service バインドを活用してきました。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/real-time-serverless-applications-with-the-signalr-service-bindings-in-azure-functions/


Azure Database for MariaDB に対応した VNet サービス エンドポイントを使用した安全なサーバー アクセス

Azure Database for MariaDB 向けに一般提供が開始された仮想ネットワーク (VNet) サービス エンドポイントを使用して、セキュリティを確保し、MariaDB サーバーへのアクセスを制限しましょう。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/secure-server-access-with-vnet-service-endpoints-for-azure-database-for-mariadb/


Azure Database for MySQL での読み取りワークロードのスケールアウト

読み取り負荷が高く、スケールアウトを検討中のワークロードがある場合は、すべての Azure Database for MySQL ユーザー向けに一般提供が開始された読み取りレプリカを使用できます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/scaling-out-read-workloads-in-azure-database-for-mysql/


ガーディアン モジュール:ブラウンフィールド IoT への Azure Sphere セキュリティの導入

“モノのインターネット” という言葉を聞いたときに、多くの場合、最初に心に浮かぶ絵は、インターネットに “組み込まれた” タイプのデバイスです。ただし、組み込み設計は数か月から数年に及ぶ設計作業を要し、まだ市場に出ていないデバイスにのみ適用されます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/guardian-modules-bringing-azure-sphere-security-to-brownfield-iot/


コラボレーション可能でクロス プラットフォームの複合現実アプリを開発するための Azure Spatial Anchors を発表

HoloLens を最初にリリースして以来、お客様から学んだすべてのことを振り返ってみて、とても驚いています。製造、教育、小売り、ゲームなど多くの業界で、開発者や企業のお客様が日常のワークフローで複合現実を使用されており、次に何を期待するかについてフィードバックをお寄せいただいています。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-azure-spatial-anchors-for-collaborative-cross-platform-mixed-reality-apps/


Logic Apps 向け Azure 統合サービス環境の発表

Microsoft では、開発作業を大幅に改善するエクスペリエンスを提供できるよう、あらゆるサービスに努めています。また、クラウドでソフトウェアを構築するすべての人が抱える共通の問題点を常に探しています。そうした問題点を見つけたなら、そのニーズに対応できるクラス最高のソフトウェアを構築します。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-azure-integration-service-environment-for-logic-apps/