Managed Disks の一般提供開始とスケール セットの規模の拡大を発表

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、2 月 8 日に投稿された Announcing general availability of Managed Disks and larger Scale Sets の翻訳です。   今日では、多くのお客様に「サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)」と「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)」をご利用いただき、たいへん嬉しく思っています。また、IaaS をお使いのお客様のうち 55% は、PaaS のサービスもご利用いただいています。PaaS と IaaS の両方の経験を持つマイクロソフトでは、自動管理やスケーリングといった俊敏性のメリットを提供する PaaS サービスのインサイトを活かして IaaS サービスを強化しています。今回、その PaaS からヒントを得た Managed Disks (英語) の一般提供が開始されました。PaaS 似のサポートを提供するこのサービスをご利用いただくことで、複雑なストレージ管理やスケーリング時のストレージ確保に悩まされる心配がなくなるだけでなく、PaaS と IaaS の強みを連携させた Azure VM の能力をフル活用した管理が可能になります。 Managed Disks は、作成した VM を容易に管理できるだけでなく、VM…


File Storage 用 Storage Service Encryption のプレビューを発表

執筆者: Lavanya Kasarabada (Program Manager II, Azure Storage) このポストは、2 月 6 日に投稿された Announcing preview of Storage Service Encryption for File Storage の翻訳です。   このたび、Azure File Storage 用 Azure Storage Service Encryption のプレビューが発表されました。Azure File Storage で Storage Service Encryption を使用すると、自動的にデータが暗号化されます。 Azure File Storage は、分散型クロス プラットフォーム ストレージを提供するフル マネージド サービスです。この機能を使用すると、アプリケーションで Azure のファイル共有パスを指定するだけで、Azure Files を使用してオンプレミスのファイル共有をクラウドに移行することができます。このため、クラウド ストレージの導入に開発費をかけることなく、クラウドの使用を開始することができます。また、Azure Files で保存中のデータも暗号化されるようになりました。 暗号化、暗号化解除、キーの管理はすべて透過的にマイクロソフトが行います。すべてのデータは、現在利用可能な暗号化方式の中でも特に強力な…


SQL Data Warehouse と Azure Data Lake Store のシームレスな統合が可能に

執筆者: Casey Karst (Program Manager II, SQL Server and Azure SQL Database) このポストは、2 月 6 日に投稿された SQL Data Warehouse now supports seamless integration with Azure Data Lake Store の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse は、SQL を基盤とするペタバイト規模のフル マネージド クラウド データ ウェアハウス ソリューションです。SQL Data Warehouse は柔軟性が高く、プロビジョニングは数分程度、容量のスケーリングは数秒程度で完了できます。コンピューティング能力とストレージ容量はそれぞれ別にスケーリング可能で、複雑な分析ワークロードを実行する際にコンピューティング能力を大幅に引き上げたり、アーカイブ処理時にスケールダウンしたりできます。また、クラスター構成にロックインされることなく使用量に対応する料金のみで利用できます。 このたび、外部テーブルを使用して、Azure Data Lake Store (ADLS) から Azure SQL Data Warehouse (SQL…


Outlook: グループの所有者または代理人としてメールを送信する新機能をご紹介

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Send-as and Send-on-behalf of for groups in Outlook の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび Outlook で、グループの所有者としてメールを送信する機能と代理人としてメールを送信する機能が発表されました。これらの機能をうまく利用することで、メールをより優れた顧客サポート ソリューションとして、ビジネスに活用していただけるようになります。 これらの新機能を利用すると、そのグループのメンバーは、個人の ID ではなくグループ共通の ID を使用してメールを返信することができます。その場合でも、個別の担当者が行うようなきめ細やかな対応が失われることはありません。こうしたきめ細やかな対応が必要になることは必ずあります。 Outlook の他のグループ機能と同様、メンバーはグループ宛てのメールをすべて読むことができますが、この機能を使用して返信すると、個人からではなくグループから送信されたように見せることができます。 以下のスクリーンショットは、「代理人として送信した場合」と「所有者として送信した場合」の受信者側からの見え方を示しています。 代理人として送信した場合 所有者として送信した場合 この機能は、メールを中心とした軽量な顧客サポート ソリューションをお探しの企業の皆様にぴったりな機能です。1 つのメール アドレスを継続して使用していれば、顧客から覚えてもらいやすく、信頼も得られるので、送信したメッセージを読んでもらえる可能性が高まります。 この機能が特に役に立つのは、外部顧客への対応を担うグループを設定する場合です。グループとして情報収集を行えば、顧客からの問い合わせに、よりすばやく対応できるようになるだけでなく、グループ内のメンバー全員が情報共有できるというメリットもあります。 では、いくつか使用例をご紹介しましょう。 すべての顧客の問い合わせ先として、Support@Contoso.com というグループを設定します。顧客がこのグループにメールを送信すると、このグループのいずれかのメンバーが、自分の個人 ID を明かすことなくすばやく返信することができます。これに対して顧客からさらに返信があった場合も、そのメールはグループ宛てに届くため、すべての情報が 1 つの場所に集まることになります。このため、サポート メンバーは新たな問い合わせにもすばやく対処することができます。また、グループ内での会話履歴はすべて確認できるようになっているため、グループ メンバーであれば、どの顧客の問い合わせに回答済みであるかを自分で把握することができます。 サポート メンバーには、以下のような画面が表示されます。 受信者 (顧客) には以下のような画面が表示されます。 この機能を内部で利用したいと考える組織もあるかと思います。たとえば、すべての経費精算書の送り先として特定の担当者を指定するのではなく、経理部門のエイリアス宛てに送るようにするケースが考えられます。 この場合、組織で発生するすべての経費精算書の送り先として、Billing@contoso.com…


Azure ポータルで SQL Database Query Editor の提供を開始

執筆者: Ninar Nuemah (Program Manager II, Azure SQL) このポストは、1 月 30 日に投稿された SQL Database Query Editor available in Azure Portal の翻訳です。   このたび、SQL Database Query Editor のパブリック プレビューの提供を開始しました。これはブラウザー組み込み型のクエリ ツールで、Azure ポータル内で Azure SQL Database や SQL Data Warehouse のクエリを効率的に実行できます。 このエディターを使用すると、クライアント ツールからデータベースに接続したりファイアウォール ルールを構成したりしなくても、データベースにクエリを発行できます。 また、各種新機能を使用して、データベース クエリのエクスペリエンスをシームレスに作成できます。 Query Editor の機能 データベースへの接続 データベースにクエリを発行する前に、SQL Server または Azure Active Directory (AAD) のいずれかの資格情報を使用してログインする必要があります。クエリ先の…


Azure Marketplace で Clear Linux* OS の提供を開始

執筆者: Jose Miguel Parrella (Product Manager, Open Source) このポストは、1 月 18 日に投稿された Announcing the availability of Clear Linux* OS in Azure Marketplace の翻訳です。   このたび Azure Marketplace で、Intel® アーキテクチャ向け Clear Linux* OS の提供を開始しました。Clear Linux OS (英語) はクラウド環境やデータセンター環境向けにゼロから構築された無料のオープン ソース Linux ディストーションで、パフォーマンスを最適化し Intel アーキテクチャを最大限に活用するようチューニングされています。 マイクロソフトは、Microsoft Azure がこの Clear Linux を提供する最初のパブリック クラウド サービス プロバイダーとなり、クラウド環境の Linux ユーザーと大規模なコミュニティの皆様に提供できるようになったことをたいへん嬉しく思っています。この記事では、Azure Marketplace で提供される…


Azure の請求書がメールで受信可能に

執筆者: Adam Pickersgill (Program Manager – Azure Commercial Experiences) このポストは、1 月 31 日に投稿された Now available: Azure invoices emailed direct to your inbox の翻訳です。   これまで Azure の請求書は毎月ダウンロードしていただく必要がありましたが、このたびメールの添付ファイルとして受信できるようになりました。また、メールの受信者を追加することも可能です。これにより、経理部門が請求書を直接受け取れるようになるため、時間の節約になります。 設定方法 [Subscription] ブレードからサブスクリプションを選択します。この設定はサブスクリプションごとに行う必要があります。次に、[Send my invoice] をクリックします。この項目はアカウント管理者のみに表示されます。さらに、[Opt In] をクリックします。 使用条項に同意したら、受信者を追加できます。 このブレードには、請求履歴ブレードや毎月の請求通知メールのリンクからもアクセスできます。 メール設定ブレードにアクセスできない場合 • この構成はアカウント管理者が行う必要があります。詳細についてはこちらを参照してください。 • 毎月の請求書を受け取っているがメールを受信していない場合、案内メールを適切に設定してください。 • この機能は Direct チャネルでのみ使用可能で、サポート サービスや Azure in Open などのサブスクリプションでは使用できない可能性があります。


An update to "Important notice for Office 365 email customers who have configured connectors"

Since we posted this blog post, we have received positive responses from many of our customers, who have proceeded with changing their connectors (as per instructions in the post), thereby protecting their email/domain reputation. However, we are also aware of customers who are either in the midst of making this change or need some additional…


Send-as and Send-on-behalf of for groups in Outlook

Today, we are excited to announce the ‘Send-as’ and Send-on-behalf of feature for groups in Outlook, which brings you one step closer to turning your email into a great customer support solution. With the new ‘Send as’ and ‘Send on behalf of’ feature, members of the group can respond to conversations using the shared identity…


Azure Site Recovery で Windows Server 2016 をサポート

執筆者: Rajani Janaki Ram (Program Manager) このポストは、11 月 28 日に投稿された Azure Site Recovery now supports Windows Server 2016 の翻訳です。   2016 年 9 月 26 日にアトランタで開催された Ignite カンファレンスにて、マイクロソフトはサーバー OS の最新リリースとなる Windows Server 2016 を発表しました。本製品はクラウド対応の OS であるため、従来型のアプリケーションやデータセンター インフラストラクチャで実行できると同時に、ワークロードを安全性、効率、俊敏性に優れたクラウド モデルへ移行するのに適しています。 Azure Site Recovery はこの OS と同時に利用することで災害復旧に必要な機能を強化することができます。このたび、Azure Site Recovery で Windows Server 2016 がサポートされるようになりました。これにより Windows Server 2016 でホストされている…