Office 365 での TLS 1.2 の必須化について

(この記事は 2018 年 2 月 9 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 An Update on Office 365 Requiring TLS 1.2 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Exchange Server をご利用の皆様、こんにちは。マイクロソフトでは、2017 年 12 月の発表で、Office 365 での TLS 1.0 および TLS 1.1 による通信のサポートを 2018 年 3 月 1 日に終了し、それ以降は TLS 1.2 による通信のみをサポートすることをお伝えしました。 この変更に伴い、ハイブリッド モードでオンプレミス展開を行う際はどうなるのか、共同作業プラットフォームとして Office 365 を使用しているお客様とのビジネスにどのような影響があるのかなど、詳細について多数のご質問が寄せられています。 Office 365 に TLS 1.2 を強制適用する計画については、こちらのサポート技術情報の記事 (KB4057306)…


Semi-Annual チャネルとして最初の System Center をリリース

執筆者: Bala Rajagopalan (Principal Group Program Manager, System Center) このポストは、2018 年 2 月 8 日に投稿された First System Center Semi-Annual Channel release now available の翻訳です。   このたび、System Center バージョン 1801 がリリースされました。このリリースではお客様からのフィードバックにお応えして、Linux の監視強化、VMware のバックアップの効率化、Windows Server のサポートの追加、ユーザー エクスペリエンスとパフォーマンスの向上をはじめとする多くの新機能や機能強化を提供します。 System Center バージョン 1801 は、今までより速いペースで新機能を提供する最初の Semi-Annual チャネル リリースです。Semi-Annual チャネル リリースには、18 か月のサポート ポリシーが適用されます。また、これと併せて、5 年間のメインストリーム サポートとその後 5 年間の延長サポートを提供するリリース頻度の低い Long Term Servicing チャネル…


An Update on Office 365 Requiring TLS 1.2

Hello Exchange Server followers! In December 2017 it was announced Office 365 planned to discontinue support for TLS 1.0 and TLS 1.1 connections on March 1st, 2018, and after that time only TLS 1.2 connections would be allowed when interacting with Office 365. Many of you have been asking for additional detail on what this…


VNet のサービス エンドポイントと Azure Storage 用ファイアウォールの一般提供を開始

執筆者: Alan Stephenson (Senior Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 2 月 1 日に投稿された Virtual Network Service Endpoints and Firewalls for Azure Storage now generally available の翻訳です。   今回の記事は、Azure ネットワーキングの主任プログラム マネージャーを務める Anitha Adusumilli と共同で執筆しました。 このたび、仮想ネットワーク (VNet) のサービス エンドポイントと、Azure Storage 用のファイアウォールおよび VNet の一般提供を開始いたします。Azure Storage のファイアウォールと VNet でこのサービス エンドポイント (英語) を使用すると、特定の VNet やサブネットからのトラフィックを許可するネットワーク ルールを設定して、データを保護するネットワーク境界を作成することができます。この機能は、Azure パブリック クラウドの全リージョンと Azure…


Azure Event Grid の一般提供を開始

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、2018 年 1 月 30 日に投稿された Announcing the general availability of Azure Event Grid の翻訳です。   モダン アプリケーションは、モノリシック アーキテクチャから離れる代わりに多様なサービス セットを連動させることで、クラウドの俊敏性と柔軟性を最大限に活用しています。これには、Azure のようなクラウド プラットフォームで提供される基本サービス (データベース、ストレージ、IoT、コンピューティング、サーバーレス機能など) とアプリケーション独自のサービス (在庫管理、支払いサービス、製造プロセス、モバイル エクスペリエンスなど) が含まれます。これらの新しいアーキテクチャではイベント主導による実行が基軸となるため、サービス間の通信をポーリングする手間が解消すると同時に、メカニズムが簡素化されます。イベントには、IoT デバイスのシグナル、クラウドのプロビジョニング通知、ストレージ Blob のイベントのほか、人事システムへの新規従業員の追加などのカスタム シナリオも含まれます。新しいアプリのパラダイムでは、こうしたイベントに効率よく確実に応答することが不可欠です。 このたび、Azure Event Grid の一般提供開始が発表されました。これは、イベント ベースのアプリケーションの開発を簡素化するフル マネージド型のイベント ルーティング サービスです。 Azure Event Grid はこれまでにないタイプの製品で、アプリやサービスが Azure サービスや同様のアプリの異なる部分から、対応する必要のあるすべてのイベントをサブスクライブできます。 イベントはプッシュ配信されるため、コードが簡素化され、リソース消費も抑制されます。また、変更を継続的にポーリングする必要がなくなり、料金はイベント数によって決定されます。サービスは自動でスケーリングされ、1 秒あたり数百万回以上のイベントに対応できます。 Azure…


Azure ExpressRoute の更新 – 新規パートナー、監視機能、利用の簡素化

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 1 月 29 日に投稿された Azure ExpressRoute updates – New partnerships, monitoring and simplification の翻訳です。   Azure ExpressRoute を使用すると、企業のお客様はマイクロソフトのクラウド サービスに直接プライベート接続できるようになり、従来のインターネット接続よりもネットワークの予測性が向上します。ExpressRoute では世界 42 か所でピアリングを提供しており、100 を越える接続プロバイダーが大規模なエコシステムをサポートしています。リーディング企業では、ミッション クリティカルなアプリケーションやサービスの管理と実行に欠かせない機能として、オンプレミス ネットワークから Azure への接続に ExpressRoute を採用しています。 Azure ExpressRoute エクスペリエンスの構築に Cisco が参入 Azure ExpressRoute エクスペリエンスの向上を続ける中で、ハイブリッド アーキテクチャによって内部ネットワーク内で発生するネットワークの問題を企業のお客様が理解できるというメリットがあることがわかりました。こうした内部ネットワークの問題は、クラウドで実行されるミッション クリティカルなワークロードに影響を与える可能性があります。 オンプレミスで発生する問題を解決するにはネットワークに関する高度な専門知識が通常必要になりますが、それを回避するために、Cisco と緊密な連携をとることで、お客様のネットワーク関連のエクスペリエンスを継続的に改善しています。Azure ExpressRoute をご利用のお客様がネットワーク関連の難しい問題に直面しても、両社の協力によってこれを解決することができます。 本日 Cisco は、マイクロソフトとのパートナーシップを拡大し、Cisco Solution…


Exchange Server TLS guidance, part 1: Getting Ready for TLS 1.2

Overview As the realm of security in technology continues to evolve over time, every so often we say hello to newer and more competent versions of technologies while saying goodbye to their older siblings. By the time you are reading this article you may have learned Office 365 intends to stop accepting inbound network connections…


Current MSP list published for Office 2016

In November, 2016, we published the list of .msp files (MSI patches) that have been released for Office 2013, so that Office installation images can be created with the proper set of security and non-security .msp’s in the Updates folder. We’re happy to announce that an equivalent page is now available for Office 2016. As…


Accelerated Networking で VM のパフォーマンスを最大化 – Windows および Linux 向けの一般提供を開始

執筆者: Gabriel Silva (Senior Program Manager, R&D Azure Networking) このポストは、2018 年 1 月 5 日に投稿された Maximize your VM’s Performance with Accelerated Networking – now generally available for both Windows and Linux の翻訳です。   このたび、Windows および最新版の Linux 向けに Accelerated Networking (AN) の一般提供 (GA) を開始いたします。これにより、最大 30 Gbps のネットワーク スループットを無料でご利用いただけるようになります。 Azure 内でプログラム可能な SR-IOV (英語) などのハードウェアやテクノロジにより、AN ではきわめて低いネットワーク レイテンシを維持することができます。CPU 内に存在する…