Changes coming to the SMTP Authenticated Submission client protocol

There are a number of client protocols offered by Exchange Online to allow email clients to send email from their mailboxes. One of the most widespread protocols is SMTP Authenticated Submission (also known as SMTP Client Submission) which is supported by most email service providers. This non-proprietary protocol is used to send email by legacy…


Microsoft Azure Sphere のご紹介:インテリジェントエッジのセキュリティ保護と機能強化

執筆者: ギャレン・ハント(Galen Hunt) Microsoft Azure Sphere、パートナー マネージングディレクター このポストは、2018 年 4 月 16 日に投稿された Introducing Microsoft Azure Sphere: Secure and power the intelligent edge の翻訳です。   これからの 10 年で、ほぼすべての消費者向け機器、家庭用品、産業デバイスがインターネットに接続されるようになります。コネクテッドデバイスは、予測、発信、受信などの能力を身に付けて、よりインテリジェントにもなります。コネクテッドデバイスを製造する企業は、すべてを再考し、新製品の発売や新しい顧客体験で事業を根本的に変革し、新しいビジネスモデルで競合他社に対する差別化を図る機会を得るでしょう。 この種の日常的なデバイスは、親指の爪より小さいマイクロコントローラーユニット(MCU)と呼ばれる小さいチップを内蔵していることがよくあります。MCU はデバイスの頭脳として機能し、コンピューティング、ストレージ、メモリ、オペレーティング システムをデバイス自体でホスティングします。MCU を装備したデバイスは、毎年 90 億個以上製造され、配備されています。全体像としては、毎年世界全体の人口を上回る数のデバイスが出荷されていることになります。インターネットに接続されている MCU 内蔵デバイスはまだ少数ですが、わずか数年のうちに、年間 90 億台以上のデバイスすべてから構成されるこの産業全体が、コネクテッド MCU を装備する時代が到来しようとしています。 インターネット接続は双方向に働きます。この種のデバイスは家庭、職場、機密データへの入口になりつつある一方、攻撃の標的にもなります。どこにでもある家電製品を見回して、兵器と化したストーブ、スパイとして機能するベビーモニター、身代金を払わないと使えない冷蔵庫の中身など、最もありふれたデバイスが不正侵入を受けた時、何が起こり得るかを考えてください。デバイスが不正侵入を受けると、それはデバイスの所有者だけの問題ではなく、社会全体の問題にもなり得ることも考える必要があります。1 つのデバイスが大規模な混乱や損害をもたらすことがあります。2016 年の Mirai ボットネット攻撃ではまさにそれが起きました。このときは、不正侵入を受けたおよそ 10 万台の IoT デバイスがハッカーによってボットネットとして悪用され、実質的にアメリカの東海岸を丸一日インターネットから切り離しました。毎年何十億台ものデバイスに内蔵されて出荷されるコネクテッド MCU とペースを合わせられるソリューションで、この新たに発生しつつある脅威の状況に予防的に対処することが最も重要です。 2015 年に Microsoft Research 内部の小規模なチームがまだオンラインになっていなかった…


GDPR に基づく要求に対して Azure Portal で簡単に対応できるように

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 4 月 16 日に投稿された Streamlining GDPR requests with the Azure portal の翻訳です。   今回の記事では、今後 Azure ポータルでの提供を予定している、データ主体の要求 (DSR) に対応するための機能についてお伝えします。データ主体の要求に対応することは、EU データ保護規則 (GDPR) に準拠するうえで中心的な課題となります。そのためのシンプルかつ強力なツールをテナント管理者向けに提供します。マイクロソフトは、2018 年 5 月 25 日の GDPR 施行に先行してこの DSR 対応機能を完全にサポートし、マイクロソフトのクラウド サービス全体で GDPR に準拠します。 GDPR の施行により、EU のプライバシー関連法はこの 20 年間で最も大きな転換点を迎えます。プライバシーの権利に関して新しい国際標準が定められ、個人データの取り扱いと使用について各種要件が適用されます。GDPR の基本理念は、企業 (データ管理者) により収集される個人データについて一連の権利を個人 (データ主体) に付与することです。 GDPR…


Chcete monitorovat vaše systémy v cloudu i mimo něj, rychle a levně (zdarma)?

Správu serverů, aplikací a bezpečnosti v cloudu i mimo něj pomocí Azure: Webinář 26. 4. 2018, 14:00 – 15:00,  REGISTRACE NA WEBINÁŘ   Řešíte, jak sbírat a analyzovat logy v reálném čase i zpětně? Chcete monitorovat vaše systémy v cloudu i mimo něj? Potřebujete sledovat chování aplikací, jejich výkon, předcházet problémům a nechat si poradit díky…


Dynamics 365 for Marketing is generally available!

Dynamics 365 for Marketing is generally available in select countries and languages. Heartfelt thanks to each of you and your teams for contributing towards this significant milestone. The customer facing webpages have been refreshed with offers and content to reflect general availability. International availability Countries – USA, Canada, Denmark, France, Germany, Italy, Netherlands, Spain, UK,…


Exchange Server 2013 Enters Extended Support Lifecycle Phase

Exchange Server 2013 enters the Extended Support phase of product lifecycle on April 10th, 2018. During Extended Support, products receive only updates defined as Critical consistent with the Security Update Guide. For Exchange Server 2013, critical updates will include any required product updates due to time zone definition changes. With the transition of Exchange Server…


柔軟性が強化された Azure SQL Database の新しい購入モデル

執筆者: Alexander (Sasha) Nosov (Principal Program Manager, Azure SQL Database) このポストは、2018 年 4 月 4 日に投稿された A flexible new way to purchase Azure SQL Database の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、Azure SQL Database でエラスティック プールおよび単一データベースのデプロイメント オプションを選択できる、新しい購入モデルのプレビューを開始しました。先日、vCore 数に基づくモデルの SQL Database Managed Instance を発表し、お客様の選択肢を拡充する取り組みを進めた結果、柔軟性、制御性、透明性が向上しました。Managed Instance と同様、エラスティック プール オプションと単一データベース オプションでも、vCore 数に基づくモデルで SQL Server に Azure Hybrid Benefit を適用するとコストを最大 30%* 削減できます。 2…


Azure の監視サービスの新たな購入方法をご紹介

執筆者: Shiva Sivakumar (Director of Progam Management, Azure Monitoring & Diagnostics) このポストは、2018 年 4 月 3 日に投稿された Introducing a new way to purchase Azure monitoring services の翻訳です。   今日では、さまざまな組織のお客様が自社の重要なワークロードを常に正常に稼働させるために、Azure のアプリケーション、インフラストラクチャ、ネットワークの監視機能を活用しています。これらのサービスは目を見張るほど成長を遂げていることから、お客様は複数の監視サービスを利用して、問題の早期発見、早期解決に取り組まれています。マイクロソフトは、お客様による Azure の監視サービス導入をさらにスムーズにするために、この監視サービスの新たな購入方法を提供することにしました。このサービスの新料金モデルには、以下の 3 つの特長があります。 1. 従量課金制 監視サービスのポートフォリオ全体にシンプルな「従量課金制」モデルが適用されます。お客様による完全な管理と把握のもと、サービスを使用した分のみ料金をお支払いいただきます。 2. データ収集量ベースのギガバイト単位 (GB) での課金 料金モデルが「ノード単位」からデータ収集量に基づく「ギガバイト単位」に変更されます。監視機能の価値は、ノード数よりも収集したデータ量とそこから抽出されたインサイトにあるというご意見をお客様からいただき、それを反映したものとなります。また、普及が進むコンテナーやマイクロサービスではノードの定義があいまいになりつつあることから、新料金モデルではこうした状況への対応も考慮しました。データ収集量に基づく「ギガバイト単位」のこの新料金モデルは、アプリケーション、インフラストラクチャ、ネットワークのいずれの監視機能にも適用されます。 3. 既存のお客様は料金モデルを選択可能 既にサービスをご利用いただいているお客様の中には、これまでの「ノード単位」モデルを維持したいと望まれる場合があると理解しています。そうしたお客様に今回の変更の影響が及ばないよう、既存のお客様には、引き続きノード単位の料金モデルをお選びいただけるようにしました。現在 Operations Management Suite のライセンスをお持ちのお客様は、引き続き従来の料金モデルをご利用いただくことも、更新時に新料金モデルに変更していただくことも可能です。 新料金モデルは、本日からすべてのお客様にご利用いただけます。この変更点の多くは、マイクロソフトとコミュニティの皆様とが協力した結果、実現したものです。Azure のインフラストラクチャ、アプリケーション、ネットワークの監視機能の構築に関し、継続的なフィードバックにご協力いただきありがとうございました。 新料金モデルの詳細については、料金計算ツール、および各製品の料金ページ (Log Analytics)、(Network Watcher)、(Azure…


最も包括的な回復性戦略を可能にする Azure 可用性ゾーンの一般提供を開始

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 3 月 30 日に投稿された Azure Availability Zones now available for the most comprehensive resiliency strategy の翻訳です。   マイクロソフトは先日の Ignite において、Azure で高負荷のミッション クリティカルなワークロードのサポートを拡張する Azure 可用性ゾーンを発表しました (英語)。そして本日、米国とヨーロッパの一部リージョンを対象に、この機能の一般提供を開始しました。 Azure は世界で最も広範囲をカバーする (英語) クラウド サービスですが、可用性ゾーンを使用することで、ラック レベルで発生した障害の緩和や大規模インシデント発生時に異なるリージョンへのフェールオーバーなど、業界最高レベルの包括的な回復性戦略を提供できるようになります。同一リージョンで、物理的に離れた場所にある電源、ネットワーク、冷却装置を使用するため、フォールト トレランスが向上します。 ミッション クリティカルなアプリケーションが次々にクラウドへ移行される中、規制の厳しい業界の企業は、システムの回復性とビジネス継続性を重要視しています。小売業のオンライン販売システムから金融サービスの顧客向けアプリケーションまで、顧客にサービスを提供する場合には大きなリスクが伴います。たとえ小さなトラブルでも、企業のブランド価値、顧客満足度、収益に大きな影響を与える可能性があります。このような環境においては、最高レベルの基準を満たす多層構造の回復性アプローチでアプリケーションを開発する必要があります。 「可用性ゾーンは、低レイテンシと高可用性というお客様のニーズに応えることができます。高レベルの SLA が求められるアプリケーションは、すべて可用性ゾーンを利用して構築しています。物理的に分離されているため、きわめて高い冗長性を得られます」 – Mitch Nelson 氏 (Adobe、マネージド サービス担当ディレクター)  …


すべての Azure リージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供を開始

執筆者: Ayo Olubeko (Program Manager, Azure SQL Data Warehouse) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now generally available in all Azure regions worldwide の翻訳です。   このたび、新たに西日本、オーストラリア東部、インド西部の 3 つのリージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供が開始されました。これにより Azure SQL Data Warehouse は主要クラウド データ ウェアハウス プロバイダーで最多となる世界 33 の全リージョンで一般提供されたことになります。この一般提供開始に伴い、SQL Data Warehouse のプロビジョニングでは、33 すべてのリージョンで 99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA がサポートされます。…