技術解説:ADLS Gen2 でクラウド分析のパフォーマンス、スケーリング、セキュリティが向上

2018 年 2 月 7 日、Microsoft は Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen2 の一般提供を発表いたしました。Azure は現在、高速でセキュリティとスケーラビリティに優れ、しかもコスト効率がよく、妥協のないクラウド ストレージ ソリューションを提供する唯一のクラウド プロバイダーとなっています。このソリューションは、極めて負荷の大きな実稼働ワークロードにも完全に対応する能力を備えています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/under-the-hood-performance-scale-security-for-cloud-analytics-with-adls-gen2/


新しい Azure Maps および SDK によるエンタープライズのモビリティの始動

モビリティ空間は、今日の市区町村および都市部が直面している最も複雑な課題の最前線に位置しています。人とモノの移動は、混乱の原因であるのと同様にチャンスの原動力でもあり、交通、汚染、不安定な暮らしの現存の課題を悪化させています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/actuating-mobility-in-the-enterprise-with-new-azure-maps-services-and-sdks/


Azure SQL Data Warehouse のクエリ ストアの一般提供のお知らせ

プレビューのお知らせ以降、数百ものお客様がクエリ ストアを有効にし、クエリ パフォーマンスについての分析情報を提供しています。Azure SQL Data Warehouse のクエリ ストアが世界規模で一般提供されることをお知らせします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-the-general-availability-of-query-store-for-azure-sql-data-warehouse/


それぞれに優れたサービスが集まって比類のないサービスを実現:3 つの優れた Azure Data Services の更新を発表

Julia White が本日のブログでお伝えしたように、Azure Data Lake Storage Gen2 と Azure Data Explorer の一般提供を開始しました。また、Azure Data Factory の Mapping Data Flow のプレビューも発表しました。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/individually-great-collectively-unmatched-announcing-updates-to-3-great-azure-data-services/


クラシック VM、クラウド サービス、Dev/Test サブスクリプションに予約インスタンスが適用可能に

本日、お客様がコストをさらに削減し、購買を管理できるようにする、Azure Reserved Virtual Machine Instances (RI) の新たな 3 つの機能を発表いたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/reserved-instances-now-applicable-to-classic-vms-cloud-services-and-dev-test-subscriptions/


Azure Cost Management がエンタープライズ契約などに広く利用可能になりました!

このたび Azure Cost Management エクスペリエンスが一般公開 (GA) されたことをお知らせします。これにより組織は Azure 上でコストを視覚化、管理、最適化できます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-cost-management-now-general-availability-for-enterprise-agreements-and-more/


Released: February 2019 Quarterly Exchange Updates

Today we are announcing the availability of quarterly servicing updates, cumulative and update rollups, for all supported versions of Exchange Server. Exchange Server 2010, 2013, 2016 and 2019 all receive an update package. These updates include important fixes to address vulnerabilities being discussed in blogs and other social media outlets. While it is not the…


15 years!

Believe it or not – as of today, this blog has been around for 15 years! That’s right… the very First post was published on February 9, 2004, with How the M: Drive came about hot on its heels. Not too shabby for something people said would never work! On this blog, we have something…


Retiring Unified Messaging in Exchange Online

Microsoft is retiring Unified Messaging (UM) in Exchange Online and replacing it with Cloud Voicemail and Auto Attendant services.  This impacts voicemail processing and Auto Attendant in Exchange Online for all customers using these workloads. The following servers connecting to Exchange UM Online will be transitioned by Microsoft to Cloud Voicemail on or before February…


LSv2 シリーズ Azure Virtual Machines の一般提供開始に関するお知らせ

お客様の多大なご協力のおかげでプレビュー版の提供を成功裏に終えることができました。ここに正式に LSv2 シリーズ Azure Virtual Machines の一般提供を開始することをお知らせいたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-the-general-availability-of-lsv2-series-azure-virtual-machines/