マネージド サービスを通じて長野で一番の Microsoft CSP を目指す~ TOSYS が自ら実践するテレワークと、その経験に基づく提案内容とは【2/14 更新】

Microsoft Office 365 を活用したテレワークを自ら実践しながら、その成果をお客様にも提案する。このような活動を積極的に推進しているのが、長野県を拠点とする株式会社TOSYS (以下、TOSYS) です。同社は「Livestyle」というブランド名でクラウド サービスを展開、その中で Office 365 のマネージド サービスも提供しています。また Office 365 のみならず、EMS や Microsoft Azure の提案も行っており、顧客の幅広いニーズに応え続けています。 今回は TOSYS でクラウド サービスを手掛けるクラウドサービス部の松橋 寿朗 氏と三浦 一城 氏に、同社が提供するサービスの概要や自社で行ったテレワークの取り組み、今後の展望などについてお話をお聞きしました。 写真右より、株式会社TOSYS クラウドサービス部 マネージャー 松橋 寿朗 氏、株式会社TOSYS クラウドサービス部 係長 三浦 一城 氏     会社概要と「Livestyle」のサービス内容   ―― まず御社の概要についてお教えください。   松橋 TOSYS はコムシスグループの事業会社の 1 社で、主として情報通信工事や電気設備工事といった事業を行っている企業です。もともと NTT の設備工事を担当する会社として設立され、NTT の関連会社として電気通信システムの建設を担ってきました。2003 年に日本コムシス株式会社、サンワコムシステムエンジニアリング株式会社と共にコムシスホールディング株式会社を設立してその傘下に入り、2012 年に現在の株式会社TOSYS へと社名変更し、現在に至ります。光ファイバー敷設や無線基地局の建設、通信土木など、電気通信のあらゆる専門分野を有するほか、企業向け業務ソフトの開発も手掛けています。その中で私どもの部門は「Livestyle」というブランド名で、クラウド サービスを提供しています。  …


[パートナー事例]【勘定奉行の OBC】Azure の PaaS を活用しパッケージ開発方法やプロセスを変革していく~「クラウド ファースト」を掲げるオービックビジネスコンサルタントの、クラウドにかける想いと活用戦略【1/31 更新】

「クラウド ファースト」の戦略に基づき、自社パッケージのクラウド化を積極的に進める株式会社オービックビジネスコンサルタント (以下、OBC) 。2015 年に提供を開始した「OMSS+ OBCマイナンバーサービス」は「Microsoft Japan Partner of the Year 2016」の「Application Development アワード」を受賞。2016 年 11 月には主力製品をクラウド化した「奉行10 新クラウドモデル」も発表しています。 それではなぜ OBC はこれだけ積極的にクラウド化に取り組んでいるのでしょうか。そしてその具体的な戦略と、これからの展望は。同社 代表取締役社長の和田 成史 氏、開発本部 開発副本部長の唐鎌 勝彦 氏、開発本部 ICTセンター 部長の日野 和麻呂 氏にお話をお聞きしました。 株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役 社長 和田 成史 氏 (写真中央) 株式会社オービックビジネスコンサルタント 開発本部 開発副本部長 唐鎌 勝彦 氏 (写真左) 株式会社オービックビジネスコンサルタント 開発本部 ICTセンター 部長 日野 和麻呂 氏 (写真右)    …


[海外事例] ワーク ライフ バランスの実現を目指して【1/29 更新】

(この記事は The battle for balance の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   テクノロジの刷新が中堅中小企業とそのスタッフにもたらしたもの 12 年間もテクノロジを更新せずに、事業を成功させることはできるのでしょうか。世の経営者はいつもテクノロジの問題に頭を抱えています。Guardian Strata を経営する Ossie Pisanu 氏も例外ではなく、日々格闘していました。 まず、Pisanu 氏が悩んでいたのは、職場のテクノロジ環境についてです。Guardian Strata では、古いソフトウェアとハードウェアを更新しないまま、競争力を維持して事業を拡大しようとしていましたが、その努力が報われることはありませんでした。 加えて、プライベート面でも悩んでいることがありました。彼には 2 人の自閉症の息子がいましたが、自宅でも仕事を進められるテクノロジ環境が整っておらず、子どもたちと十分と接する時間が取れていませんでした。 IT のサポート コストが約 3 倍にも増加したため、Ossie Pisanu 氏は事実上 IT マネージャーの役目も引き受けることになりました。IT 関連の問題が発生すれば、解決のために毎日でも子どもを連れて出社しなければなりません。その結果、会社の経営にも子どもたちの世話にも、十分に目を向けることができなくなっていました。   Guardian Strata の従業員も現状維持に必死   テクノロジの効率の悪さは Guardian Strata のチーム メンバー全員に影響を及ぼしており、朝一番に始めた仕事が日没後まで終わらないこともしばしばでした。終わりの見えない作業と、システム クラッシュ、セキュリティ侵害、長時間のデータ処理待ちなどのトラブルにより、チーム メンバーの勤務時間は 1 日 14 時間にも達していました。   「古いテクノロジが過剰なストレスを生み出し、職場の士気を低下させていました」Ossie Pisanu 氏   Ossie Pisanu…


[海外事例] BCBG ~ デザインをクラウドで【1/22 更新】

(この記事は Designing in the clouds の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   一歩先を行くファッションは先進的な IT から   ランウェイを彩る次のビッグ トレンドのインスピレーションはあらゆるところから得られる モザイク タイルの複雑なパターンから、抽象画の鮮やかな色彩や、手織りラグのグラデーション パターンを生み出す特殊な染色法まで、アイデアは数えきれないほどあっても、それらを魅力的でファッショナブルな既製服のコレクションとして商品化するのは容易なことではありません。 この困難なチャレンジに毎シーズン取り組んでいるのが、BCBG Max Azria です。BCBG Max Azria は、最新のトレンドを繊細かつクールな方法で取り入れ、エッジーでありながら気負いのないモダンなデザインを実現していることで知られています。   流行のアイテムが生まれる舞台裏   BCBG は、数多くのセレブリティに支持されるアパレル メーカーであり、常に時代を先取りしています。世界 45 か国 550 店のショップには 19 のブランドが並び、10,000 人のスタッフが一丸となってトレンド感あふれるオリジナル デザインを開発、販売しています。商品のコンセプト化からランウェイ ショーの開催、店舗での販売に至るまで幅広いプロジェクトを手掛け、デザイナー、フォトグラファー、各ショップの担当者といったチーム全員がぴったりと息を合わせて取り組んでいます。 この完璧なプロジェクトを支えているのは、魔法ではありません。テクノロジです。   すべてを結び付ける 1 本の糸   BCBG の従業員に欠かせないもの――それはメールです。日常業務を遂行するために必要なあらゆる情報やイメージは、メールで伝達されます。BCBG 社内では、まるで流行のアイテムを形作るひと針ひと針の縫い目のように、メールが重要視されているのです。 しかし、これほどまでに重要なメール システムは、つい最近まで旧態依然としたもので、メールボックスの容量は小さく、写真やサイズの大きな添付ファイルを送ることはできませんでした。ビジュアルな要素を扱う企業にとって、美しく加工された生地のカットや、手の込んだ新しいデザイン パターンを目で見て確認することができないのは、致命的です。 そのため、従来のシステムを刷新し、BCBG が生み出すファッションと同じくらい新しく魅力的なものに変える必要がありました。   テクノロジの美  …


[パートナー事例] Empowered Office 働き方改革の推進とテレワークの導入 (NECネッツエスアイ株式会社様)【1/17 更新】

マイクロソフトパートナーであるNECネッツエスアイ株式会社様の、働き方改革推進およびテレワークをSkype for Businessを活用して行われている実事例のご紹介ビデオです。 ぜひご覧ください!          


【パートナー事例】「働きやすい、やりがいのある会社」を創るために~ SCSK が推進する働き方改革と、その一環として取り組む「どこでも WORK」~【11/22 更新】

住商情報システム株式会社と株式会社CSK の合併によって、2011 年 10 月に発足した SCSK株式会社 (以下、SCSK) 。SCSK ではその発足当初から、働き方改革が積極的に進められています。日本経済新聞社が実施した「人を活かす会社」調査では 2014 年、2015 年と、2 年連続で総合ランキング首位に。また、 2015 年には働き方改革の一環として「どこでも WORK」のトライアルにも着手しています。 それでは SCSK では具体的にどのような取り組みを行い、どのような効果を享受しているのでしょうか。「どこでも WORK」のトライアルに参加している社員の皆様に、お話をお聞きしました。 写真右より: SCSK株式会社 ITマネジメント事業部門 基盤インテグレーション事業本部 製造基盤インテグレーション部 ソリューション課長 工藤 梓 氏 SCSK株式会社 ITマネジメント事業部門 基盤インテグレーション事業本部 流通基盤インテグレーション第二部 ソリューション第三課 課長代理 八木 恵子 氏 SCSK株式会社 流通システム事業部門 流通システム第二事業本部 営業部 第三課 アシスタントマネージャ 真次 拓 氏     SCSKにおける「働き方改革」の背景とこれまでの取り組みについて   SCSKでは働き方改革を推進しており、日本経済新聞社が実施した「人を活かす会社」 調査では 2014 年、2015…


[パートナー事例] 株式会社アイキューブドシステムズ Azure採用事例 ビデオ公開【9/12更新】

以前、こちらのブログでもご紹介した株式会社アイキューブドシステムズ様(以下、アイキューブドシステムズ)の事例動画をご紹介します。 すべてオープンソースソフトウェアを用いて開発されたアイキューブドシステムズの「CLOMO」を Azure に全面移行いただいた事例を動画で公開しました。 当初は AWS をプラットフォームとして選択されたCLOMOがなぜ Azure への全面移行を決断いただいたのか、Azure がいかにお客様のご要望にお応えできているのか、パートナーの皆様に移行しやすい環境を整えているのかオープンソースで開発されたパートナー様に Azure に移行しやすい理由をお話しいただいています。 ぜひご覧ください!      


[パートナー事例]ビジネス チャットという新市場を積極的に拡大 サービス基盤を Azure へと移行しつつある WowTalk と、その提供におけるマイクロソフトとのパートナーシップ【7/12更新】

PC 向けのセキュリティ ソフトや総合オフィス ソフトの提供で高いシェアを持ち、近年はスマート デバイス市場でも革新的なアプリケーションを次々とリリースしているキングソフト株式会社 (以下、キングソフト) 。ここではビジネス チャット「WowTalk」の提供基盤を Microsoft Azure へと移行する取り組みが行われており、Microsoft Office 365 との連携も積極的に進められています。それでは WowTalk とはどのようなアプリケーションであり、なぜマイクロソフトとのパートナーシップが強化されているのでしょうか。キングソフトの皆様に、お話をお聞きしました。 写真右より、WowTalkセールスDiv. マネージャー 壁本 典之 氏、WowTalk Department Assistant Director 伍 陸 氏   会社概要と WowTalk について   まず御社の概要についてお教えください。 壁本 キングソフトは、中国の大手 IT 企業である「KINGSOFT CORPORATION」のジョイント ベンチャーとして、2005 年に設立されました。日中の高度な技術力を結集し、セキュリティ ソフトや総合オフィス ソフトを安価に提供することで、業界でトップクラスのシェアを獲得しています。また最近ではスマート デバイスの普及に合わせ、スマートフォンをターゲットにしたイノベーションも加速しています。   伍 世の中の動きに合わせてビジネスを展開するというのが、当社の基本的なポリシーです。スマート デバイス市場へのシフトを開始したのは 2013 年からですが、ツールやユーティリティなどを含め、全世界でのダウンロード数は 26 億に上っています。そのうちの 1 つとして、2014 年 3 月には「WowTalk」もリリースしています。  …


[パートナー事例]SharePoint をもっと快適に、喜んで使ってほしい 「GroupPicker」のクラウド対応を進めるインフォシェアの想いと、その具現化を支える高い技術力【7/5更新】

Microsoft SharePoint や Microsoft Office 365 に特化したソリューションやサービスを提供し、SharePoint アドオンである「GroupPicker」などの製品開発および提供も手掛けるインフォシェア株式会社 (以下、インフォシェア)。ここでは現在、この GroupPicker の Office 365 対応が進められており、2016 年 7 月にリリースされる予定になっています。それではこの GroupPicker とはどのような製品なのか。そしてどのような想いから、開発が進められてきたのでしょうか。インフォシェアを率いる 2 人のキーパーソンに、お話をお聞きしました。 写真右より、代表取締役社長 西岡 真樹 氏、取締役副社長 小松 真也 氏   企業概要について まず御社の概要についてお教えください。   西岡 インフォシェアは 2010 年 10 月に、私と小松が一緒に創業した会社です。主な業務内容は、ソフトウェア開発や販売、テクニカル コンテンツの制作、海外ソフトウェアのローカライズ、マーケティング技術支援です。もともと私はマイクロソフトで SharePoint や Microsoft InfoPath などのエグゼクティブ プロダクト マネージャーとして国内マーケティングを担当しており、小松はマイクロソフト デベロップメントで SharePoint や Microsoft Visual Studio の SharePoint 向け拡張機能の開発に携わっていました。社員数は現在 17…