[パートナー事例] パシフィックビジネスコンサルティング様~株式会社セキュア様へのDynamics ERP短期導入事例【3/21 更新】

Dynamics ERP の導入に強みをもつ マイクロソフトのパートナー企業 株式会社 パシフィックビジネスコンサルティング様が、企業の安全をトータルで提案できるセキュリティベンダーの株式会社セキュア様に短期間でDynamics ERPの導入を行っていただいた事例です。 ぜひご覧ください!    


[パートナー事例]アプリケーション フレームワーク「Justware」を OpenShift と Azure に対応~大規模先進システムを支え続ける日立が、業務アプリケーション構築基盤をコンテナ化/クラウド化する理由とは【3/7 更新】

金融、産業、流通、公共の各業界トップ ユーザー向けに、大規模かつ先進的な業務アプリケーションの設計/開発を行っている、株式会社日立製作所 (日立) アプリケーションサービス事業部。ここでは統合アプリケーション構築基盤である「Justware」を、米レッドハット社の Docker コンテナ基盤である「OpenShift Container Platform」に対応させたうえで、Microsoft Azure 上で利用可能にしています。それではなぜ同社は Justware のコンテナ化/クラウド化を進めているのでしょうか。サービスソリューション本部 サービス統括部 担当部長の広瀬 雄二 氏と、サービスソリューション本部 技術統括部 部長の立川 茂 氏に、お話をお聞きしました。   写真左より、株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 アプリケーションサービス事業部 サービスソリューション本部 サービス統括部 担当部長 広瀬 雄二 氏、株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 アプリケーションサービス事業部 サービスソリューション本部技術統括部 部長 立川 茂 氏     Justware の概要と注目すべき特長   ―― 御社は 2016 年 10 月に、日立アプリケーション フレームワーク「Justware」の Azure 対応を発表しました。まずはこの Justware とはどのようなものか、簡単にお教えいただけますか。   広瀬 Justware は、オープン…


[パートナー事例] IoT イノベーションを創出する「Red Hat JBoss BRMS on Azure」を発表~ IoT で JBoss BRMS を活用する意味と、そのシステム基盤に Azure を採用した理由【2/28 更新】

幅広い領域で大きな注目を集めている IoT。各種デバイスやセンサーから収集されたデータを分析することで、さまざまなイノベーションが実現できると期待されています。このイノベーション創出を加速するクラウド プラットフォームとして、「Red Hat JBoss BRMS on Azure」を 2016 年 8 月に発表したのが SCSK株式会社 (以下、SCSK) です。 それではなぜ IoT で JBoss BRMS を活用しているのでしょうか。そしてそのシステム基盤として Microsoft Azure を採用した理由は。このソリューションを担当するプラットフォームソリューション事業部門 ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア部 第二課の富杉 正広 氏と加藤 順昭 氏にお話をお聞きしました。   写真左より、SCSK株式会社 プラットフォームソリューション事業部門 ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア部 第二課 富杉 正広 氏、SCSK株式会社 プラットフォームソリューション事業部門 ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア部 第二課 加藤 順昭 氏   2016 年 8 月に発表した「Red Hat JBoss BRMS…


マネージド サービスを通じて長野で一番の Microsoft CSP を目指す~ TOSYS が自ら実践するテレワークと、その経験に基づく提案内容とは【2/14 更新】

Microsoft Office 365 を活用したテレワークを自ら実践しながら、その成果をお客様にも提案する。このような活動を積極的に推進しているのが、長野県を拠点とする株式会社TOSYS (以下、TOSYS) です。同社は「Livestyle」というブランド名でクラウド サービスを展開、その中で Office 365 のマネージド サービスも提供しています。また Office 365 のみならず、EMS や Microsoft Azure の提案も行っており、顧客の幅広いニーズに応え続けています。 今回は TOSYS でクラウド サービスを手掛けるクラウドサービス部の松橋 寿朗 氏と三浦 一城 氏に、同社が提供するサービスの概要や自社で行ったテレワークの取り組み、今後の展望などについてお話をお聞きしました。 写真右より、株式会社TOSYS クラウドサービス部 マネージャー 松橋 寿朗 氏、株式会社TOSYS クラウドサービス部 係長 三浦 一城 氏     会社概要と「Livestyle」のサービス内容   ―― まず御社の概要についてお教えください。   松橋 TOSYS はコムシスグループの事業会社の 1 社で、主として情報通信工事や電気設備工事といった事業を行っている企業です。もともと NTT の設備工事を担当する会社として設立され、NTT の関連会社として電気通信システムの建設を担ってきました。2003 年に日本コムシス株式会社、サンワコムシステムエンジニアリング株式会社と共にコムシスホールディング株式会社を設立してその傘下に入り、2012 年に現在の株式会社TOSYS へと社名変更し、現在に至ります。光ファイバー敷設や無線基地局の建設、通信土木など、電気通信のあらゆる専門分野を有するほか、企業向け業務ソフトの開発も手掛けています。その中で私どもの部門は「Livestyle」というブランド名で、クラウド サービスを提供しています。  …


【パートナー事例】なぜクラウド ビジネスを始めてマイクロソフトのパートナーとなったのか:クラウド パートナーが本音で語るマイクロソフトとの協業の実際 【11/10 更新】

2015 年 9 月 2 日から 3 日間にわたって、マイクロソフトの新イベント「FEST 2015」が開催されました。初日の 9 月 2 日は、「Partner Day」と名付けられ、マイクロソフト クラウドを使うメリットや先行パートナー様の成功事例など、さまざまなセッションが行われました。 「Partner Day」の 1 セッションとして開催されたパネル ディスカッションでは、日本マイクロソフト株式会社 パートナーセールス統括本部 業務執行役員 統括本部長の佐藤 恭平がモデレーターとなり、株式会社ナレッジコミュニケーション 代表取締役の奥沢 明氏、株式会社スカイアーチネットワークス 代表取締役の江戸 達博氏、株式会社HDE 執行役員 事業開発室の汾陽 祥太氏、株式会社ネクストセット/株式会社サテライトオフィスの代表取締役社長の別所 貴英氏をパネリストに迎え、4 社が本音でマイクロソフトとのパートナーシップについて語っています。「クラウド ビジネスに注目した理由」「なぜマイクロソフトのパートナーとなったのか」「パートナーのメリットとデメリット」「これからパートナーになろうとしている企業へのアドバイス」の 4 点について 4 社が語ることにより、クラウド ビジネスとマイクロソフトとの協業がどのように行われることを知る貴重な機会となりました。   次々と新しい機能が出てくることが Microsoft Azure の魅力で我々の価値になる 株式会社ナレッジコミュニケーション 代表取締役 奥沢 明 氏 2010 年から AWS (Amazon Web Services)…


【パートナー事例】 Office 365 に対応して急成長し、100 万ユーザー以上が利用しているクラウド セキュリティ HDE One の魅力とは【10/20 更新】

株式会社HDE (以下、HDE) は、1995 年に Linux に向けたソフトウェアを開発するベンチャー企業として設立され、2011年からはクラウド ビジネスを始め、ここ数年でマイクロソフトとのパートナーシップを急速に進めている会社です。同社では、クラウド セキュリティ サービスの HDE One を各社のクラウド サービスに向けて提供しており、この HDE One を Microsoft Office 365 に対応させることによって、大阪オフィスを設立するほどの急成長を遂げてきました。 2015 年 9 月 2 日~ 4 日の 3 日間開催された日本マイクロソフト最大の新フラッグシップ イベント「FEST 2015」では、HDE の執行役員である汾陽 祥太氏が参加し、マイクロソフトのクラウド パートナーが本音を語るパネル ディスカッションや HDE One を紹介するセッションに登壇しました。 今回は、これらのセッションから、HDE One の魅力と、HDE がマイクロソフトとのパートナーシップをどのように考えているのかを探っていきます。 株式会社HDE 執行役員 マイクロソフト担当 汾陽 祥太氏 クラウド サービスのセキュリティを強化する HDE One  HDE One は、1,300…


【パートナー事例】株式会社ティーケーネットサービス~クラウドを入口に、システムの全体最適を提案【10/13 更新】

株式会社ティーケーネットサービスは、マイクロソフトの最新テクノロジーを積極的に採用し、中堅・中小企業の顧客が導入しやすい価格帯でハイレベルなソリューションを提供しています。高い技術力をもって、お客様ごとの課題に的確な提案を行えるように、7つの専門分野でマイクロソフトが定める審査基準をクリアしたコンピテンシー取得パートナーです。近年では Microsoft Azure や Office 365 などのクラウド サービス提案にも積極的に取り組み、顧客満足度の高いサービス メニューを多数のお客様に展開されてきた実績により、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2015で「Midmarket Solution Provider コンピテンシー アワード」を受賞された同社に、提案時に心がけられているポイントなどを伺いました。     【画面左から順に】 株式会社ティーケーネットサービス アドバンスドソリューション部 主任 柳 卓也 氏 株式会社ティーケーネットサービス 事業開発部 大堀 信幸 氏 株式会社ティーケーネットサービス 代表取締役 武田 勇人 氏 株式会社ティーケーネットサービス シニアコンサルタント 石垣 比呂志 氏


【パートナー事例】Microsoft Dynamics® CRM Online で代理店営業支援システムを構築~日立ソリューションズによる楽天生命導入事例の概要と、金融業界における Microsoft Dynamics CRM の存在意義【10/6 更新】

一言で CRM システムと言っても、ユーザー企業のニーズは多岐にわたっています。このような幅広い要望に対し、Microsoft Dynamics CRM の高いカスタマイズ性を活かしながら最適なシステムを提案しているのが、株式会社日立ソリューションズ (以下、日立ソリューションズ) です。最近では楽天生命の代理店営業支援システムを Microsoft Dynamics CRM Online で構築、マイクロソフトのパートナー アワードにもノミネートされています。 今回は日立ソリューションズの社員としてこの案件の提案活動を行い、現在は株式会社日立製作所 (以下、日立製作所) で同様の活動を続けている、株式会社日立製作所 情報・通信システム社の齋藤 佑介 氏、新家 隆秀 氏、鎌田 裕司 氏に、楽天生命の案件概要や Microsoft Dynamics CRM Online 採用の理由、金融業界における CRM へのニーズ、クラウド シフトの状況などについてお話をお聞きしました。   株式会社日立製作所 情報・通信システム社 金融システム営業統括本部 金融営業第二本部 第一部 主任 齋藤 佑介 氏 (写真右) 株式会社日立製作所 情報・通信システム社 金融システム事業部 金融システム第四本部 第五部 主任技師 新家 隆秀 氏 (写真中央) 株式会社日立製作所 情報・通信システム社…