【2/6 開催】 ご参加ください!Microsoft Security Forum 2018(サイバーセキュリティ月間賛同イベント)【1/18 更新】

  内閣官房では、毎年 2 月 1 日から 3 月 18 日を「サイバーセキュリティ月間」と定め、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動を推進しています。 マイクロソフトでもこの取り組みに賛同し、サイバーセキュリティ対策に関する情報を発信してきます。その取り組みの一環として、最新のサイバーセキュリティ対策をお届けする「Microsoft Security Forum 2018」を2月6日に昨年に引き続き開催いたします。 本イベントでは、政府の取り組み、最新のサイバーセキュリティ対策と動向に関する講演に加え、有識者やお客様によるパネルディスカッションを含む構成で、対策テクノロジーにとどまらず、お客様事例や第三者機関の視点を加えたサイバーセキュリティ対策の導入など幅広い情報に触れることができる、またとない機会となっております。詳しくは以下のサイトをご参照ください。   開催日時: 2018年 2月 6日(火) 13:00~17:00 (受付 12:30~) 会場:   マンダリン オリエンタル 東京 3F 「グランド ボールルーム」 産科対象者:経営者、役員、経営企画、情報システム、およびセキュリティ対策に関わる方々   ▼ イベントの詳細およびお申込みはこちらから    


製造業で GDPR 準拠を達成するのに必要なこと【1/9 更新】

(この記事は 2017 年 12 月 15 日に Caglayan Arkan’s Blog に投稿された記事 “Achieving GDPR compliance in manufacturing” の翻訳です。最新の情報はリンク先の記事をご覧ください。)   EUのGDPR(General Data Protection Regulation, 一般データ保護規則)が2018年5月に施行されるため、この記事では製造業におけるコンプライアンスへの影響を精査してみました。 歴史的に、製造業者は、製品、サプライチェーン、ベンダー、従業員、顧客に関するデータを分析して、ビジネスの変革に役立つインサイトを得てきました。今日、世界中の製造業者は、複合現実 (Mixed Reality) によって実現されるデジタルツインのプロセスから、人工知能によって可能になる予測能力まで、インダストリー4.0の技術の恩恵を受けています。これらの技術は、製造プロセスの改善、環境への影響の低減、潜在的な資産信頼性の問題の先取り、健康と安全の向上をもたらします。 このイノベーションにより、これまで以上に多くのデータを収集し、理解し、推論し、行動を起こすことができます。しかし、データの潜在能力を最大限に引き出すことは、時には、馴染みのない規制要件や新しい規制要件への対応を必要とすることもあります。


クラウドでのセキュリティの確保【12/10更新】

(この記事は2017年10月19日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Taking security to the cloud  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     先日のブログ記事「お客様を安全なクラウド エクスペリエンスへ導く」では、従来の IT 部門にとってクラウドのセキュリティは未知の領域であり、これまでの役割や職務への固執は危険であるということをお伝えしました。マイクロソフトの IT 部門が配信するビデオ シリーズ「Expedition Cloud」の最新動画 (英語) では、主任プログラム マネージャーを務める Rob Polly が、新しいエンタープライズ クラウドにおけるセキュリティの確保について、その成果と課題を率直に語っています。


施行まで 6 か月: GDPR パートナー様による支援サービス【12/2 更新】

(この記事は2017年11月16日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 6 months to go: GDPR partners are ready to help の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   この数か月間、欧州連合 (EU) による一般データ保護規則 (GDPR) の施行を控えて、一刻も早い対応準備を促す声がますます多く聞かれるようになりました。GDPR が施行される 2018 年 5 月 25 日まで、残された準備期間はついに 6 か月となりました。支援サービス市場に参入するなら今しかありません。


Citrix Cloud PoC 環境構築サービス

[提供: 日本ビジネスシステムズ株式会社] お客様ご要件にあわせたVDI PoC環境を構築 Citrix Cloud サービスはAzure上の管理サーバーを利用するため、サーバー運用負荷が低減されます。 仮想デスクトップはクラウド、オンプレミス、その両方を利用するハイブリット環境にも展開できる仕組みを備えています。    


Express Route、VPNゲートウェイ構築パック

[提供: アジュールパワー株式会社] 自社ネットワークから安心・安全なクラウド接続を実現 全国の事業拠点とMicrosoft Azure を安全・確実に接続。閉域接続・インターネットVPN接続の2プランを準備。 安心のネットワーク運用 24時間365日監視・保守。ネットワーク・マネージドサービス 安全・確実にAzureと接続できます 閉域接続・インターネットVPN接続の2プランを準備。回線・機器フル冗長により機器・ネットワーク障害時も自動切 万全なクラウド導入 Azure とOffice 365 に詳しい技術者が環境を設定


ランサムウェアの遭遇率が最も低いのは日本: 最新マイクロソフト セキュリティ インテリジェント レポートから【11/18 更新】

マイクロソフトでは、年に 2 回「セキュリティ インテリジェント レポート」を発行し、ソフトウェアの脆弱性、エクスプロイト、マルウェア、そして、ウェブベースの攻撃を中心とした、世界の脅威の現状に関する詳細なデータと洞察を提供しています。最新版では、エンドポイントとクラウドの両面における脅威のデータを分析し、100 カ国以上の市場のプロファイリングを行いました。   ▼ 詳細はこちらから  


中小企業のお客様のセキュリティを確保する 3 つの方法【11/9 更新】

(この記事は2017 年 9 月27 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 3 ways to secure small business customers  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   今日のサイバー攻撃の手口はいっそう巧妙さを増し、特に中小企業が危険にさらされています。Security Magazine (英語) によると、サイバー攻撃の 70% 以上が中小企業を標的としたものであり、さらに危惧すべきことに、ハッキングされた中小企業の推定 60% が半年後には倒産に追い込まれています。セキュリティ侵害を受けた企業が倒産する主な理由は、復旧にかかるコストです。同記事の試算では、平均 36,000 ドルにも上ります。