Azure での分析は、他のクラウド プロバイダーよりも 94% 少ないコストで最大 14 倍の速度を実現します。他を選ぶ理由がどこにあるでしょう。

これは真実です。データの量と複雑さの急激な増大により、パフォーマンスとセキュリティが分析の重要な要件となっています。しかし、すべての分析サービスが同じように構築されているわけではありません。また、すべてのクラウド ストレージが分析用に構築されているわけでもありません。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/analytics-in-azure-is-up-to-14x-faster-and-costs-94-less-than-other-cloud-providers-why-go-anywhere-else/


Visual intelligence UX for search without keywords

Jamie Maguire from Grey Matter takes a look at the features and capabilities of the Bing Visual Search API, as well as some code examples that show how you can implement the API.


ユーザー プロファイル ディスク (UPD) を使用している環境で、ユーザーがログオフ状態である場合、タスク スケジューラで構成されているユーザープロファイル領域を利用するタスクが実行できない

Windows プラットフォーム サポートの平井です。 本記事では、ユーザー プロファイル ディスク (UPD) を使用している環境で、タスク スケジューラにて構成された非対話型タスクが実行できないシナリオについて解説します。 次の条件において、タスク スケジューラで構成されているタスクが正常に実行できません。 1. Remote Desktop Service にて UPD が構成されている 2. RD セッションホスト の タスク スケジューラー にて非対話型タスクが構成されている。(”ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する” セキュリティ オプションが構成されたタスク) 3. タスクに、ユーザープロファイルの領域に対する操作が含まれている。 4. タスクの実行時、UPD に紐づくユーザーはログオフしている 上記の事象が発生する背景は次の通りです。 UPD がユーザープロファイルとしてマウントされる要件としては、対話型ログオンの一環として Winlogon.exe からユーザープロファイルディスクがマウントされる必要があります。 しかしながら、現行のタスク スケジューラにおける実装においては、ユーザーがログオフ中に実行される非対話型タスクの実行時は、タスク スケジューラからUPDをマウントするための Winlogon.exe との連携実装が存在しません。 このため、対象のユーザーがログオフの状態(UPD がアンマウントされている状態)では、対象のユーザープロファイル領域を利用するタスクについては正常に実行することはできません。 これは、現行の実装における制限事項です。UPDが構成された環境にてユーザープロファイル領域を利用するタスクを実行する場合は、対象のユーザーのログオン中にご実行いただくことをご検討ください。 尚、一般的な ローカル ユーザー プロファイル または、移動ユーザー プロファイル が使用されている環境の場合、非対話型タスクであっても タスク スケジューラ サービス…


(Azure DNS) Tip of the Day: Azure DNS: Getting ready for DNS Flag Day

Today’s tip… DNS Flag Day was February 1, 2019. On this day, DNS providers stopped supporting certain workarounds that enable name resolution for domains hosted on DNS servers that don’t fully conform to EDNS standards. For more information, visit dnsflagday.net. You can test domains for compliance by using tools on that page. At this time,…


Windows 10: Windows Defender Exploit Guard-Network Protection

Applies to:Windows Server 2019Windows 10 1809Windows 10 1803Windows 10 1709 Windows Defender (WD) Exploit Guard (EG) – Network Protection (NP) extends the malware and social engineering (e.g. Phishing attacks) protection offered by Windows Defender SmartScreen (WD Smartscreen) in Microsoft Edge browser and Microsoft Internet Explorer; Covers 3rd party browsers such as Google Chrome, Mozilla Firefox…


TNWiki Article Spotlight – SharePoint 2019: Setup Multi Server Farm in Azure with AD, Identity Services and Min Roles

Dear All, Welcome to the TechNet Wiki Tuesday – TNWiki Article Spotlight. There are plenty of authors publish articles in our TN Wiki but only few authors will be always shine like stars ,Those authors article will be always with good quality and explains in detail  for the readers.Today we will see one of our TN…


Infrastructure + Security: Noteworthy News (February, 2019)

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…

1

MWC バルセロナにおいてMicrosoft HoloLens 2 を発表

執筆者:  ジュリア ホワイト (Julia White) Microsoft Azure 担当 コーポレートバイスプレジデント (当ブログは、2019 年 2 月 24 日に米国で公開されたブログの抄訳をベースにしています)   今夜 、MWC バルセロナのプレス向けキックオフイベントにおいて、私は CEO サティア ナデラ (Satya Nadella) とテクニカルフェローであるアレックス キップマン (Alex Kipman) と共にステージに上がり、インテリジェントクラウドやインテリジェントエッジに対するマイクロソフトの世界観について詳細をお話ししました。 本日のプレスイベントでは、皆さんを HoloLens 2 の世界にもご案内しました。   HoloLens 2 の発表ビデオ   現在、マイクロソフト、パートナー企業、お客様、コンピュータ業界、さらには世界にとって非常に面白い時期が訪れています。実質的に限界の無いクラウドの演算能力や機能と、物理的な世界のあらゆる場面に組み込まれたよりインテリジェントで知覚機能を有したエッジデバイスを組み合わせることで、数年前には想像しかできなかったような体験ができるようになっています。


イベント開催のご案内 | 2019/2/25 号

マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。 遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります) なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、 [学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。 ※このエントリーは、期間内のイベントに限り、登録サイトが公開され次第順次アップデートされます。 セミナー 2019 年 3 月 5 日(火) 13:00-17:30(12:45 開場) [東京開催] SQL Server の達人になる!丸わかり 1 日セミナー SQL Server 2019 とデータベースマイグレーションの最新情報をお届け! 今回の SQL Server 丸わかり 1 日セミナーでは、前半は、新しいバージョンの SQL Server となる SQL Server 2019 の最新情報 / SQL Server と高い互換性を持つ PaaS 型のマネージド データベースである…


Tip of the Day: Windows Server Domain Name System (DNS) Flag Day Compliance

Today’s tip… DNS Flag Day was February 1, 2019. On this day, Domain Name System (DNS) providers stopped supporting certain workarounds that enable name resolution for domains hosted on DNS servers that don’t fully conform to newer Extension mechanisms for DNS (EDNS) protocol. For more information, visit dnsflagday.net. Microsoft is committed to DNS Flag Day…