【お客様事例】コニカミノルタが働き方改革をさらに前進させるため、Microsoft Teams によるコミュニケーション変革を推進【2/17更新】

1873 年の創業以来培ってきた多彩な技術を活用して、情報機器や産業用光学システム、医療用画像診断システムなど、さまざまな分野の事業を展開しているコニカミノルタ。グローバルなビジネスを行い、全世界に 150 か国のセールス/サービス体制を確立。グループ連結では 43,299 名の従業員によって、1 兆円を超える連結売上高を達成しています。また環境 (Environment)、社会 (Social)、ガバナンス (Governance) の頭文字をとった「ESG 投資指標」として知られる「Dow Jones Sustainability World Index」の構成銘柄にも 6 年連続で採用され、2017・2018 年と最高点を獲得して、2 年連続で産業別リーダーとなっています。


We’re moving!

After a many years on Technet, Microsoft is retiring the existing blogging platform.  We will soon be migrating over to a Tech Community which many of you have already been familiarized with.  We appreciate all the many helpful comments and consistent viewership we’ve seen over the years and hope you’ll join us at our new…


Top Contributors Awards! Wiki Ninja Belt Status: Who Has What Belt Ranking and many more!

Welcome back for another analysis of contributions to TechNet Wiki over the last week. First up, the weekly leader board snapshot…   As always, here are the results of another weekly crawl over the updated articles feed.   Most Revisions Award Who has made the most individual revisions   #1 Peter Geelen with 190 revisions.  …


【2019 年版: 続】メール、Teams、Yammer の違いと、Teams 運用時のコツ【2/16 更新】

Office 365 にはさまざまなコミュニケーションツールが含まれています。それらは時には似たように見え、どのツールを使えばいいのか迷うこともあるかもしれません。これらのツールは、組織の文化やコミュニケーションの用途によって使い分けるようにしておくことで、コミュニケーションの効率をあげることができます。Office 365 に一番最近追加されたツール Microsoft Teams は、いくつかの種類のコミュニケーション手段を統合し、Skype for Business も吸収して、組織におけるコミュニケーションの核を形成するものになってきました。Spice Works 社の昨年 11 月の調査によると、Microsoft Teams は、この 2 年間でシェアが 18 ポイント伸び 21 % のシェアとなり、Slack を抜く普及率を見せています。この記事では、各コミュニケーションツールの使い分けと、Microsoft Teams 活用の方法とコツを中心に見ていきます。  


Microsoft 365 の認定資格「エンタープライズ管理者エキスパート」取得に向けた最終ステップ【2/15更新】

(この記事は2018年12月13日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Becoming a Microsoft 365 Certified Enterprise Administrator Expert—The Final Stepsの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) さて、ここからはその後の話です… (かつての人気ラジオ番組*風に)。 「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者エキスパート」の取得に向けたステップについて、続報をお伝えします。 「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者エキスパート (英語)」は、モダン ワークプレースに関するスキルや経験の証明となり、ユーザーが効率的にテクノロジを使いこなせるよう支援する際に役に立ちます。この認定資格を取得するには、アソシエイト レベルの新しい「モダン デスクトップ管理者 (英語)」「チームワーク管理者 (近日公開)」「セキュリティ管理者 (近日公開)」「メッセージング管理者 (近日公開)」のいずれか 1 つを取得し、MS-100: Microsoft 365 の ID とサービス (英語) と MS-101: Microsoft 365 のモビリティとセキュリティ (英語) の両方の試験に合格する必要があります。


Tip o’ the Week 467 – Gardyloo, It’s the News!

Edinburghers will know of the term, “Gardyloo” – perhaps a corruption of a French warning that “water” was about to need avoiding, like dodging the gutters in Blackadder. As well as regarding the loos, it’s in everyone’s interest to make sure your source of news is clean and fresh. Not fake. A startup called NewsGuard…


Tip o’ the Week 466 – Mobile Teams Tips

Teams is more than just a replacement for Skype for Business on your PC, it’s also a consummate mobile app that functionally eclipses its predecessor in many ways, and even its desktop sibling in some. If you haven’t installed the Teams mobile app on your phone, go and get it (and other Office apps) for…


Advanced Office 365 Routing: Locking Down Exchange On-Premises when MX points to Office 365

We often get request from customers to control mail flow routing in a hybrid deployment, for various compliance requirements. Achieving the desired routing greatly depends on where the MX record is pointed to and the involvement of 3rd party mail gateways. Also, use of Centralized Mail Transport and the two mandatory Office 365 native domains…


Our Shared Opportunity

Joe Macri, Vice President, UK Commercial Partner at Microsoft, looks back at the recent Partner Summit and reflects on how Microsoft partners can take advantage of new opportunities. It’s been a month since we got together at our Partner Executive Summit, so I thought I’d take the opportunity to reflect on the key messages from…


BlueHat Shanghai 2019 Call for Papers is Now Open!

We know security experts with diverse skills and experiences are found around the world. This year, the BlueHat Security Conference is coming to Shanghai! BlueHat Shanghai 2019 will take place on May 29-30 at W Shanghai – The Bund. We want to provide a venue for security researchers to come together to learn and share…