Azure pro výuku, zdarma, bez kreditky, za minutu

Portál Microsoft Learn pro online výuku postupně sjednotí a nahradí všechny ostatní místa, kam Microsoft umísťoval obsah se školením, HOLy, atd. Již nyní je ideální místo na výuku Azure s možností spouštět zdarma a ihned Azure Subskripci ve speciálním Azure Sandboxu pro účely školení bez nutnosti vkládat kreditní kartu. K čemu je a co obsahuje…


固定 データ ドライブが BitLocker ドライブ暗号化画面にてリムーバブル データ ドライブとして認識される

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの徳永です。 本記事では、BitLocker ドライブ暗号化画面で、確認されております動作についてご紹介いたします。 更新履歴 2018/11/02 事象 コントロールパネル内、BitLocker ドライブ暗号化の画面で、固定データ ドライブが、リムーバブル データ ドライブとして表示されることがございます。 発生条件 内蔵ハードディスクに関する情報が、リムーバブル メディア、またはポータブル デバイスのいずれかを示していた場合に発生いたします。 回避策 本来固定データドライブとして認識するデバイスがリムーバブル メディアとして認識する場合は、下記公開情報の Resolution を実施することで、事象を回避できる可能性がございます。お試しいただきますよう、お願いいたします。 Internal SATA Drives show up as removeable media https://support.microsoft.com/en-us/help/3083627/internal-sata-drives-show-up-as-removeable-media


Avoid Messaging Overload with the New Marketing Calendar

As you create and go live with more and more customer journeys in Dynamics 365 for Marketing the risc of recipients being overloaded with messages increases. To help you spot and avoid overloaded time frames we’ve added a new marketing calendar to Dynamics 365 for Marketing. To see all your customer journeys in a calender…


Excel帳票作成ツール for Dynamics 365 CE

[提供: 株式会社ソースリンク]   「Excel帳票作成ツール for Dynamics 365 CE」のご紹介です。 Dynamics 365 Customer Engagement向けのExcelでの帳票作成ツールです。   ■Excel帳票作成ツール for Dynamics 365 CEの概要 Excelシートを帳票として利用し、データはDynamics 365 Customer Engagementと接続し、Excelシートを帳票として利用でき、ユーザーがデータマッピングの設定を行えるExcelでの帳票作成ツール。


コマンドによるバックアップの過去の世代の削除手順 2/2

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 前回、コマンドによる Windows Server バックアップの世代管理に用いられるシャドウ コピーの削除手順についてご紹介いたしました。 今回は、弊社環境にて検証を行った、Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2012 以降の OS における、それぞれのコマンド実行時の挙動についてご紹介いたします。 なお、前回のブログは、下記よりご参照いただけます。 [前編] コマンドによるバックアップの過去の世代の削除手順 1/2   [参考] 検証 ■ 検証事項 バックアップを 3 世代分取得し、diskshadow コマンドにて、2 世代目のバックアップのシャドウ コピーを削除→ “回復” のカタログの内容とリストアが可能かどうかを確認する バックアップを 3 世代分取得し、wbadmin delete backup コマンドにて、2 世代目のバックアップを削除→ “回復” のカタログの内容を確認する   ■ Windows Server 2008 R2 diskshadow コマンド → シャドウコピーを消してもカタログは残り続ける (1) 3…


Exchange Online – Planejando Mailbox Moves para Mailboxes com +100GB

By: Caio Ribeiro César Agradecimentos especiais ao time de suporte da Microsoft – Joao Nascimento, Sergio Duarte & Fabio Baleizao. Aproveitando que irei sair de férias agora no dia 02 de Novembro, irei deixar um post de lembrança para meus amigos do suporte, consultoria e parceiros. Alguns clientes abrem chamados com problemas para migrar mailboxes…


コマンドによるバックアップの過去の世代の削除手順 1/2

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの加藤です。 Windows Server バックアップを利用する環境では、ディスク容量確保のために、シャドウ コピーの削除が必要となる場合があります。 バックアップの世代管理にはシャドウ コピーが使われているため、標準ではバックアップ取得先にシャドウ コピーが作成されます。シャドウ コピーのデータ量はボリュームの変更量に依存するため、場合によっては、バックアップ取得先のディスク使用量を逼迫させる要因になります。 今回は、コマンドによる、Windows Server バックアップの世代管理に用いられるシャドウ コピーの削除手順についてご紹介いたします。 ※ ただし、シャドウ コピーは 1 世代ごとに差分データを管理しているため、ディスク容量確保のためには。最も古い世代から削除対象の世代までのデータを削除する必要がございます。   Windows Server バックアップのシャドウ コピーとは Windows Server バックアップでは、常にバックアップ先に最新のバックアップ データが上書き保存されていくため、古いバージョンのバックアップをシャドウ コピーによって管理しています。 シャドウ コピーには、用途に応じていくつかの種類があり、Windows Server バックアップ実行時 (wbadmin コマンドを用いたバックアップ実行時) に、バックアップ先に自動で作成されるシャドウ コピーは、DataVolumeRollback 属性です。 この属性は、共有フォルダーのシャドウ コピーを削除する際に用いる vssadmin delete shadows では削除できないシャドウ コピーであり、diskshadow コマンドや wbadmin delete backup コマンドを用いて削除する必要があります。シャドウ コピー自体は vssadmin list shadows コマンドから確認することができます。…


製造業向けの IoT ソリューション: 構築するか、購入するか?

執筆者: Diego Tamburini (Principal Manufacturing Industry Lead – Azure Industry Experiences Team) このポストは、2018 年 10 月 2 日に投稿された IoT solutions for manufacturing: build or buy? の翻訳です。   製造業を営む企業のお客様が IoT の導入を検討する際によく戸惑われているのが、IoT ベンダーやプラットフォームの数があまりに多いことです。IoT はまだ新しい分野で、流通するパーツや製品の多くが発展途上です。そして、何から手を付けてよいのかわからないと考えている企業は御社だけではありません。この記事では、製造業を営むお客様とのやり取りをベースに、IoT 導入の概要とその手順についてご説明したいと思います。 IoT ソリューションの構成要素 IoT ソリューションを構築すべきか購入すべきかを判断するには、まずどのようなソリューションが必要かを正確に理解することが重要です。IoT ソリューション スタックの主な構成要素を図にまとめました (図 1)。下の層から順に説明します。 図 1: IoT ソリューションの構成要素 クラウド プラットフォーム: 開発者がクラウド ベースのソリュ-ションの開発に使用する汎用 PaaS サービスです。ここには、メッセージング、ストレージ、コンピューティング、セキュリティなどが含まれます。Microsoft Azure などのクラウド プラットフォームには、分析サービスや IoT…